FFVIIACバトン

二次元の恋人。』水瀬 涼さんより、強奪バトン・其の弐!

「ファイナルファンタジー7アドヴェントチルドレン」バトンです♪

関連リンク→感想「ファイナルファンタジー7アドヴェントチルドレン」

 関連リンク→リプレイ感想「ファイナルファンタジー7インターナショナルDisc1」

 関連リンク→バトン「ファイナルファンタジー」

■アナタが一番気に入ったシーンはどこ?(3つ)

1.シェラ号からパラシュート降下したユフィの立ちくらみ。

2.「ズルズル、ズルズル」→「ひきずりすぎて、すり減った、かな」

3.5番街スラムの教会から、二人で去っていくエアリスとザックス。

■切ないと思ったところは?(1つ)

「来ちゃったね、ホントは壊れそうなのに・・・。質問!なんで来たのかなぁ?」

忘れて欲しい、解放してあげたい。そう思いつつも来て欲しかった

思念となっても苦悩し続けるエアリスが、ほんとに切ない!

彼女は星の代表者でも、クラウドの恋人でもお母さんでもお姉さんでもない。

自分の意志で、自分にしか出来ない、自分にできる全力を行使しただけ。

「もう大丈夫だね」ラストこの言葉で解放されたのは

クラウドではなく、エアリス自身なのかもしれません。

対象的に「私は思い出にはならないさ」というセフィロス。

生涯クラウドを精神的に追いつめ、また自分も眠ることはない。

「切ない」とは言わないけど、わざと自分を蝕んでいるような言葉です。

■逆に笑ったシーンは?

A.レノの天然ツッコミ。つっこんでる自覚もないし、ルードのボケも無視。

B.ルードの超被害的ボケ。電撃ロッドで殴られるし、グラスは踏まれるし。

それでも「相棒」と呼び掛け合える、あなたたちは本物のバディ。

C.携帯を持ってないヴィンセントに対して、マリンの「信じられない!」

D.携帯を持ってないヴィンセントに対して、クラウドの「結果は連絡する」

  →意訳「連絡する(から、携帯買っておけ)」

  →更に「連絡する」と断ったのはクラウドだけなので、ユフィの着信は拒否

■3兄弟のどのシーンが好きですか?(一人ずつ)

カダージュ:カダージュに限らす、彼らがクラウドを呼ぶ「兄さん」には

憎しみとか怒りではなくて、本当に裏切られた悲しさがありました。

クラウドと一緒に「母さん」の元に戻りたかったんでしょうね。

逆にセフィロスには畏怖や恐怖を持っていたように感じます。

ヤズー:派手な外見の割に、意外に見せ場の無い役所。

でもきっと、こういうのが切れると一番おっかないんでしょう・・・。

ロッズ:教会内ティファとの1対1バトル!BGM・ピアノソロの

「戦う者たち」これピアノで弾けるんだ、ものすごい難しそうだけど・・・。

見るだけ譜面見てみたい、かな。腕2本で足りるんだろうか。

■一番おきに入りのセリフは誰のどんなセリフですか?

ティファ「重い?一人で生きていける人以外は仕方ないよ!

独りは嫌なんでしょ?出ないくせに携帯は手放さないもんねっ!」

一人で生きていける人。意外なことに、ティファが指している位置に

あり続けているのがルーファウス。彼は外に一切、情を見せない。

タークスにも、新羅の重役にも。彼は携帯など持って無くても

誰かがついてくることを信じているのではなくて、分かっている。

■三人の方にバトンを渡してください。

どうぞ、ご自由にお取り下さい♪

==*-----------------------------------------*==

彼らの2年前の戦いは、私戦でした。怒り、復讐、自分の為。

これからも彼らは自分の為に生き続ける。それで精一杯。

人ってその程度のものなんだよなぁと考えさせられました。

やって良いことと、悪いことの話とは別ですが、大量破壊兵器が

有ったとか、無かったとかより、テロのお返しだ!と言われた方が

今となっては、人の情として納得できる言い訳に感じられます。

それにしても、双方被害が出続けているわけなのだから・・・。

襲ってくるかもしれないという仮定の恐怖を武力で解決するよりは

やはり、どんなに長くかかっても協議し続けるということが良い道

なのだと思います。でもそこに拉致が絡むので、単純にはいかない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

FFバトン

『二次元の恋人。』水瀬 涼 さんより強奪バトン。其の壱!FFバトン

■Q1/今までやったことのあるFFシリーズは?

少しかじる程度:2、4

とりあえず1週程度:5、6、8win

まぁ普通にやり込んだかな:7、8、9、10、10-2、7in、10in、10-2in

300時間はやり込んだはず:タクティクス

(※win=ウィンドウズ版、in=インターナショナル版)

■Q2/1番好きなFFシリーズはどれ?

タクティクスです。王子様の絵柄が赤ちゃんのまま

かなりご高齢になる程やりこみました~。RPG部門だと、FF9。

音楽の懐かしい雰囲気と、彩りの優しさと、宮崎アニメっぽさが好きです(笑)

カードゲームも、実物が欲しいくらい大好きでした!

■Q3/(全シリーズの中で)好きなキャラクターは?

キスティスとルールー。どちらもヒロインのお姉さん的立場にいるキャラ。

特にキスティスは、小説が1本書けそうなくらい感情移入してました。

同じような意味で、クラウドのお姉さん的位置にいたエアリス。

ルールーとは別の立場、召還士としてユウナの先輩だったドナとイサール。

ゲームの表の物語じゃなくて、見えにくい重い過去や責任を背負ったキャラに

惹かれる傾向があるようです。そういう意味ではラグナやアーロン、ジェクト。

ヴィンセント。FF7が始まる前、壊滅寸前に追い込まれたアバランチを

なんとか立て直しFF7が動き始めるきっかけを作ったバレット。

王国の為、王女の為、女王の為、国民の為、芯から誠意のスタイナー。

ごめんなさい、まだまだ、好きなキャラだらけです。まとまりません。

■Q4/じゃあ、恋人にしたいキャラクターは?

恋人・・・。レノかな。仕事とプライベートをきっちり分けられる人。

アーヴィンもいいかな。いつもは軽いノリなんだけど、構えなきゃいけない

場面や、どんなにみっともなくても逃げる場面を心得ている人。

■Q5/お友達になりたいキャラクターは?

ザックスですね。ものすごい重要人物なのに、オリジナル版では

影の影しか見えなくて、インターナショナル版でも2年前のことからしか

語られない。彼がどんなきっかけで、どんな意志で、どんな目標で

故郷を出てミッドガルでソルジャーになったのか。エアリスとの出会い

なんかも聞いてみたい。あとはジダン。同じ船に乗って華麗な盗賊業を・・・。

■Q6/FFと言えば幻獣!!あなたが選ぶFFを代表する幻獣は!?

氷の女王・シヴァ。ダイアモンド・ダストは、シリーズどのシヴァ様も美しいです。

召還獣で印象的だったのは、やはり10です。一緒に旅して、一緒に成長した

彼らを最終的に全部、葬り去らなくてはいけなかった、あのラストは辛かった。

■Q7/実際に使ってみたい魔法は?

ヘイスト。のんびり屋なので、思考回路や動作が今より少し早いくらいで

ようやく世間につりあうんじゃないかと思います・・・。

■Q8/チョコボを手に入れた。さ、何処行く?

ここほれ、チョコボ!9のチョコグラフ発掘が大好きでした~。

・・・どこ行くか。どこがいいかな。やっぱりFF9の世界を旅したいな。

■Q9/シリーズ中に登場した飛空挺で1番イカスのはどれでしょう?

FF9、劇場飛空艇。華やかなステージが大好きです。プチメテオ~☆~

○△□×ボタン剣舞。女王陛下からおひねりを頂く為、頑張りましたね~。

■Q10/忘れられないくらい大好きな曲は?

一番好きなのは「7、エアリスのテーマ」です。これは初めてゲームで

号泣したのシーンだったので忘れることはできません。→詳しくはこちらに

同じくらい好きなのが「9、独りじゃない」

ジダンは主人公なんだけど、この終盤目前の場面まで、物語の本筋は

王国の存亡や、王女のことにあって、ジダンはみんなを手助けしてる状態。

それが、あの場面、物語が自分に傾いた瞬間に、全てを独りで背負って

「ついてくるな」「俺の問題だ」と仲間を突き放して、独りで歩き出す。

この温度変化。プレイヤーも疎外するほどの鋭い気迫が印象的でした。

好きな曲は他にも「7、片翼の天使」「8、EyesOnMe」「9、ローズオブメイ」

「10、ザナルカンドにて」「10、祈り子の唄」「10、極北の民」など、たくさん♪

■Q11/感想、または新作に期待をこめて一言どうぞ。

FF7DCはガン・アクションらしいのでちょっと悩んでおりますが

12はたぶん買うと思います。ドラマチックな物語展開、期待してます!

・・・にしても、変だな。好きなキャラが同性ばっかりで

友達にしたいキャラが異性ばっかりで・・・いいのか、私?

■Q12;バトンまわすひと。

私も強奪犯です。語りたい方、どうぞ遠慮なく奪って下さい。

==*-----------------------------------------------*==

記憶の底にあるのは、FF2のオープニングです。小学生のとき

友達(やはり男子)の家で見せて貰ったあの冒険のはじまり。

まさか、冒頭でパーティ壊滅だなんて、あれは子供心にショックでした。

が、今振り返っても、ものすごく良くできたシナリオ構成だったと思います。

今の技術で、ぜひとも、リメイクして欲しいのは2です!

音楽も16bitじゃなくてフルオーケストラの生演収録で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)