「アンパンマン」の真意

哲学というと難しくなるし、ちょっと違う気もするので

真意、としました。BSで、やなせさんの番組見ました。

「ぼくらはみんな生きている 生きているから悲しいんだ」

「なんのために生まれて なにをして生きるのか」

思えば、どちらも同じことを歌ってるんですね。

アンパンマンは決して強いヒーローじゃない。というか

世界最弱ヒーロー。雨にぬれても、泥をかぶっても、ちょっと

食べられても、すぐ弱くなって「ジャムおじさ~んtyphoon」と泣きつく。

正義を行うということは、自分が傷つくという覚悟

溺れた子を助けて亡くなってしまった先生・親

轢かれそうな人を助けて亡くなった警官・通りがかりの人

彼らは強い人ではなく、自分の立場や正義の為に

日ごろから(心根として)傷つく覚悟を持っていた方。

(だから死んでも仕方ないという意味ではないです。

彼らには彼らの生活があって、夢や希望を持っていた)

自分が弱くても、周囲の人に支えられながら

決して耐えることのなく進化し続ける細菌と戦う。

バイキンマンが何度やっつけても、倒れることなく

色んなメカや新兵器を携えてくるのはそういうこと。

だから、バイキンマンとの戦いはエンドレス。

震災があって、日々たくさんの悲惨な事故・災害が続き

いじめの現実があって、今の世、この現実が嫌になる。

生きてても楽しいことがなくて、どうせ辛いこと

しかないなら、いっそ、と……思いきってしまう。

なんのために生まれたのか、希望はあるのか

それぞれ違うんですよね、誰かに答えを求めても

仕方のないこと。じゃあ「自分は何がしたいのか」と

いうことですね。辛くても、それを求めたら生きていける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まつろはぬもの(1)

「まつろう(服う、従う)=服従する」だそうなので

「まつろはぬもの=服従しないもの」ということのようです。

またまた出てきました、面白げな不思議系コミック。

まつろはぬもの1ヤングサンデーコミックス
鬼の渡る古道

木根 ヲサム/恒川 光太郎
税込価格 : ¥540 (本体 : ¥514)
出版 : 小学館
ISBN : 978-4-09-151244-4
発行年月 : 2007.11
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

まだまだ枠組が見えてきません。表紙の彼(主人公?)も

何者で何を求めているのか、さっぱりわからんです。

魂に導かれ、古道(こどう)に迷い込んできた生きた人の

因縁を断ち切り、元の世界に戻してくれるんですが

彼自身は、強い感情を残したまま死んでしまった魂を

食べて記憶や身体を操る「たまばみ」の方に、用事が

あるようで、直ぐに人を救ったりせず、泳がせたり

しちゃいます。怖いですから、早めに救って下さい。

……ところで、この絵柄は、ものすごーく見た記憶が

印象が強いんですが、同じ方でしょうか?全く別人?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のだめカンタービレ(19)

「のだめ、産気づきました。帰ってピアノです」

音楽が大好きな人には、この想いはとっても良く分かる。

コンサートや、テレビ放送などを見て、心打たれて

あの曲がひきたい、あんな風にひきたいという

どうしようもない欲求にかられて、寝食もできない。

音楽でなくても「バッテリー」を見て、野球をしたいと思ったり

フィギュアスケートを見て、あんな風にできないことは

わかっていても、リンクに行きたいと思ったり、人の中には

いつも、いろんな情熱の種が眠っているんだと思います。

のだめカンタービレ 19 講談社コミックスKiss

二ノ宮 知子
税込価格 : ¥410 (本体 : ¥390)
ISBN : 978-4-06-340673-3
発行年月 : 2007.11
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

私の場合は、マキシムの「コリブレ」でした。3日3晩

あの音が頭から離れなくて、耳から遠くならなくて

取り敢えずCD買ってガマンして、積み立て預金して

念願の電子ピアノヤマハ、YDP-151を買いました。

本場のオケを目の前で感じたのだめが、千秋の

お食事のお誘いを断って、直帰ピアノレッスン♪

コンクールに燃える2人と、コンサートに触発された

のだめの住まうマンションに、受験の為、日本人の

女の子が迷い込む。恩師の娘さんで、面倒を見ることに

なった面倒見のいい黒木くん。振り回される黒木くんを

やきもき見つめるターニャ。そんなターニャを冷静に

分析して「同じこと繰り返すなよ」と、忠告してくれる

ユンロン。音と激情が溢れるアパルトメンに、飛び込んで

きた峰くん。ちっとも姿を見たことはないが、お母さまは

ちゃんといるようです。旅行好きで、家にいないようです。

キヨラのコンクールに合わせて渡欧してきたのだけど

自分のことなど関係なく、コンクールに集中して欲しい

という想いから、そっと影から見守ることに。ホントは

一番会いたいし、話したいし、元気づけてもあげたいし

R☆Sオケのことも相談したいし、峰くんも耐えている。

たくさんの想いを乗り越えて、ふっきって、奏でることに

集中する感覚を取り戻したターニャは、1次予選通過。

ユンロンは、ダメだったけど、帰ると言いつつ、心残りが

ありそうです。後悔しない道を探してくれるといいけど。


♪「おーえる之ユメ」内、のだめ関連リンク♪

ドラマ感想->1話2話3話4話5話

                      6話7話8話9話10話最終話

再・ドラマ感想->9~最終話

コミック感想->13巻14巻15巻16巻17巻18巻、19巻

サントラ関連->のだめオーケストラLIVE!レビュー

書籍関連->夢色☆クラシック(CLASSIC LIFE)

DVD-BOX->感想1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキップ・ビート(17)

長かった「DARK MOON編」がようやく一区切りです。

蓮や百瀬ちゃんは、まだまだメインでいくんだろうけど

イジメ役→味方になっていく美緒はメインフレームから

外れて、キョーコには別のお仕事が入ってきました。

スキップ・ビート! 17 花とゆめCOMICS
仲村 佳樹
税込価格 : ¥410 (本体 : ¥390)
出版 : 白泉社
ISBN : 978-4-592-17837-8
発行年月 : 2007.10
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

ーーが、どれもみんな「美緒っぽい」役ばかり……。

「ガラスの仮面」を思い出しますね~。ミスキャストだと

言われた「2人の王女」で光の王女アルディスを見事

演じきったマヤのところには、オフィーリアとか可憐で

清楚で薄幸のヒロインの役ばかりオファーが届く。

その中で、マヤは「狼少女」を自分で選ぶんだけど

さて、キョーコにはどんな役が待ってるんでしょう。

意外と、美緒っぽいけど、美緒じゃないっていう役も

キョーコなら楽しんで役作りしそうな気がしますが。

同じ現象は、今の日本でも良くあることで、昼ドラで

強烈なイジメ役をやったマジュちゃんが、同じような

イジメ役続きだったりするんですが、たまに、貧相な

派手さの無いOLをミステリーで演じてたりもして

そういうのを見ると、あれ同じ人かな?というほどの

そのギャップも楽しんで見ることができますよね。

どう結論づけるかは、その人次第なんだろうけど

芸能界という場に身を置くなら、やはりTVに出ること

舞台に上がることが、次の仕事に繋がるチャンスで

例え、似たような役でも、細かく演じ分ける器用さとか

几帳面さというか、そういうポイントを妥協しないことが

大事なんじゃないかなぁと……思ってしまいます。

まぁ、キョーコさんはドラマとか役どころじゃない

とんでもない御方の付き人をするハメになってますが。

この方が、蓮のお父さん?お兄さん?なのかな?


「スキビ」感想ログ->11、12、13141516、17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FAIRY TAIL(6)

発売からけっこうたってますが、なかなか買う機会が無くて

読むのが遅くなりました。が、うふふ、6巻の後半、ようやく

人物出揃って、いよいよ物語の本筋が始動って感じですね。

FAIRY TAIL 6 講談社コミックス
真島 ヒロ
税込価格 : ¥420 (本体 : ¥400)
ISBN : 978-4-06-363890-5
発行年月 : 2007.9
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

グレイの兄弟子リオンと、師匠ウルの娘ウルティア。

この2人と、リオンの仲間たちが、きっと今後の

物語展開上、必要なキャラなんだと思われます。

世界に12固しかない鍵を手に入れ、物語を紡ぎ始めた

ルーシィ。彼女自身に、まだ謎というか、秘密がありそう

なので、それが狙われたか、本人も気づいてない能力か。

ギルド抗争は陽動で、本当の狙いはルーシィ確保。

ジークレインの狙いも、全く別のものだろうし

ここから、少しずつそれぞれが、色々動き始めます。

そして、ルーシィ、ジークレインなど、意味ありげな

思惑がうごめいているのは確かですが、読む側が

気を付けた方がいいのは、ナツのこと(たぶん)。


◎FAIRY TAIL感想ログ→1巻2巻3巻4巻4巻(おまけ)5巻、6巻

◎RAVE感想ログ→35(最終)巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタルノヒカリ(10)

ふわふわっと、くしゅくしゅっと、エレガントなフリルのついた

しわのつかない、やわらかブラウス、ホタル命名

「ラク★バケ」(意味:楽して、化けられる)必需品です!

ホタルノヒカリ 10 講談社コミックスKiss
IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE

ひうら さとる
税込価格 : ¥410 (本体 : ¥390)
ISBN : 978-4-06-340671-9
発行年月 : 2007.10
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

披露宴の羽衣も、そうようね~、許されるのは25未満。

あとは、アップにスッキリまとめた髪に、シックなスーツ。

元から26~に見られていた私には縁の無いもので

ありましたが、タンスの奥には羽衣が眠ってます(笑)

実家にしろ、今の家政婦状態にしろ、ホタルの根本には

「若い今を楽しく」ではなくて、「穏やかな老後」があって

これは、たぶん、今の若者が、けっこう思ってることです。

どっちかというと、セカンドライフとかって、今を楽しく

生きようと模索してるのは、ベビーブーム期、ここ数年の

間に、退職、退職予定の方々なのだと思います……。

ものすごい先を読みすぎて、弱虫になってることは

良く分かってる。自分の人生これでいいのかって

いつもいつも自問している。誰かに何か言われなくても

そんなことは分かってる。でも、未来が心配で縮こまる。

狭い自分の世界だけで、自分だけが納得して

誰も傷つけず、干渉せず、それでいいじゃないかって。

誰かと付き合えば(男女問わず)、楽しいことと同じくらい

傷ついたり、傷つけたり、誤解したり、苦しい思いを味わう。

誰もが成功者になれるわけじゃない、でも、黙っていれば

敗残者にはならなくて済むかもしれないじゃないかって。

って、勝者・敗者を決めるのも他人じゃないんですけどね。

結局、私は私の人生、これでいいの?って自問することから

全部は始まるんだと思います。誰かじゃない、自分なんです。

もしかしたら、そのきっかけは、親友の恋の為かもしれない。

その想いは、相手にとっては迷惑なものかもしれない。

それでも、それをやるかやめるか、それを選ぶのも自分。

選んだなら、自分がやったことで後戻りも後悔もできない。

さてホテルで飲みまくった挙げ句、我を忘れたホタルさん。

続きは、どうなることでしょう。部長のケーキ、豪華だなぁ。


○ホタルノヒカリ感想ログ○

コミック->1・2巻3巻4巻5巻6巻7巻

       8巻8巻おまけ9巻9巻(違う視点)、10巻

ドラマ->1夜2夜3夜4夜5夜6夜7夜8夜9夜最終夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

獣神演武(1)

原作あり、マンガ担当が、ハガレンの荒川弘さんです。

ハガレンの印象がすごく強いので、ハガレンが好きな人が

同じ気持ちで手にとると、失敗って思うことが多いようですが

中国歴史物、架空歴史小説などが好きな人、つまり

荒俣さん、田中芳樹さん、なんかが好きな人には

たまらない物語です。一昔前の少女マンガを知ってる人には

とっても説明しやすいです。少年版「ふしぎ遊戯」です。

獣神演武 1 ガンガンコミックス
荒川 弘/黄 金周 /社 綾
税込価格 : ¥410 (本体 : ¥390)
出版 : スクウェア・エニックス
ISBN : 978-4-7575-2065-3
発行年月 : 2007.8
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

少女版では、鍵になるのは、清らかな巫女の心身ですが

少年版では、そうはいきません。やはり生死をかけた戦い。

自分がどうなっても、この国を変えたい、民を守りたい

強い意志を持って、少年は旅にでる。

旅の過程で出逢う人たち、仲間たち。

信頼、裏切り、真実、虚実、強さ、不思議な力、星。

壮大な舞台で、壮大な物語が幕開きました。

小説も、コミックも、アニメも、面白そうだけど

これは、RPGゲームにもってこいの題材ですよね。

スクエニ、期待してます!

……アニメ配役に、速水さんのお名前が……。

この人を、アニメ最前線に引っ張り出すとは、スクエニ

相当力を入れてますね。コミックのスタッフも、建造物を

確認するため、中国に飛んだり、とっても張り切ってますね。

自信を持って、面白い物語を書きたい、伝えたいんだと

そういう想いが見えるようです。身体を壊さないように

急がなくてもいいから、面白い物語を描いて欲しいです♪

ところで原作はどこ?まだ売ってないの?コミック先行?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏目友人帳(4)短編

後半に入ってた、短編3つが強烈にかわいかったですっ!!

コキツネ、ゴンギツネ、ユカタギツネ。フェルト生地でマスコット

人形作りたくなる程、可愛かった~。あの子のお母さんは

何が原因か分からないんだけど、亡くなってしまって、1人で

お母さんに叩き込まれた術を利用して、頑張って生きている。

イジメられても誰かのせいにすることなく、ひねくれることもなく

素直にひたすら真っ直ぐに。メロメロに可愛かったです♪


親戚の間を転々とし、同世代にイジメられていた頃の夏目は

神経トゲトゲで、誰の優しさも受け入れられなくて、きっと

情け深い先生も1人くらいいたとは思うんだけど、それさえも

「同情されてる」「あわれだと思われてる」と、ねじれた感情に

いきついてしまって、心がどんどん孤独になって、だから余計に

その世界には妖(あやかし)が、近づいて集まってしまった。

あの頃は、あやかしたちの、いたずら、ちょっかい、からかいが

ものすごく陰険に感じられて嫌だったんだけど、優しさを知った

今なら、冷たい心から発せられたものではなくて、むしろ逆に

かまってあげたかった妖(あやかし)の心が見える気がする。

だって、本当に、どうでもいい存在なら、最初から構わないもん。


ニャンコ先生、小冒険。妖の世界って、すごく広くて深くて遠くて

でも、ニャンコ先生、ものすごい近場で、ものすごくベタに

迷子の少女と出会って、おかげで、自分の中の感情を知る。

弱い人の子はずるい、自分の心をまどわす、揺るがす。

たかが人の子の言動にイチイチ困惑する自分が嫌で

その根本を食ってしまおうと、消してしまおうと考える。

それって、もう愛情なんだと思うんだけど、素直じゃないね(笑)


4巻本編(長編)の感想は、また、そのうち、じっくり書きます。

「夏目友人帳」感想ログ→1巻2巻3巻、4巻(短編)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蟲師(6)

遠い昔、それとも、夢の中の出来事でしょうか。

こんなことがあったなぁと思った6巻でした……。

蟲師 6 アフタヌーンKC
漆原 友紀
税込価格 : ¥620 (本体 : ¥590)
出版 : 講談社
サイズ : 19cm / 236p
ISBN : 4-06-314381-3
発行年月 : 2005.6
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

何も無い空から何かがおりてきて、ぽーんって

魂が飛ばされるみたいな感覚。自分の足は

間違いなく、地面についてる感覚があるのに

目から下の世界が、ぐわんと広がって……。

たぶん、気持ちとか魂だけ身体から抜け出して

「あれ?」と思って、戻ってきてるんでしょうね~。

その感覚が一番強かったのは、10歳前後くらいで

その後は、しばらくなかったんだけど、つい先日

この6巻読む前に、家の中で、それが起こって

驚きました。あまりに久しぶりな感覚だったのと

今の自分にそういうことが起こるとは思ってなかったので。

たぶん……昔のことをたくさん思い出して、ぐるぐるに

なっているからだと思います。いやなこと、こわいこと

全部忘れることが出来たら楽なのに。忘れるどころか

年々、たくさん分かるようになっていって、強くなる一方。

蟲に飲み込まれかけて助かったフキは、人には見えない

姿になってしまったけれど……もしかしたら、神隠しも

こんな風に見えないだけで、側にいるのかもしれないって

少なくとも、精神はお母さんや大事な人の側に

いるんじゃないかと、そんな風に思いました。


◎蟲師感想ログ→1巻2巻3巻4巻5巻、6巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FAIRY TAIL(5)

限定版を手に入れるのに、手間取ってしまいました~。

ストラップとか、おまけ系は、要らないんだけどね

小冊子なら、絶対欲しい。設定資料とショートストーリー!

ナツはあんまり変わってないけど、ルーシィ、エルザ

ミラ・ジェーン、タウロスは、けっこう初期設定違います。

特にルーシィはキャンディ・キャンディのようで、露出度も

全然低くて、これだと性格も別人だったでしょうね~。

だから、タウロスがあんなにかっこよかったんだろうなぁ。

FAIRY TAIL 5 講談社コミックス
真島 ヒロ
税込価格 : ¥420 (本体 : ¥400)
ISBN : 978-4-06-363857-8
発行年月 : 2007.7
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

本編は……、ウルとグレイとリオンの過去が明かされて

いざ決戦へ。って、たぶん、このクエストの最終戦は

リオンでも、デリオラでもなく、たぶんザルティ……かな?

じゃなくて……、このザルティが、どっかのギルドから

派遣されてきたソーサラーの可能性もあるのか。

どっちにしろ、この状況の一番上手を握ってるのは

ザルティだと思います。何かが動き出す、かな。


◎FAIRY TAIL感想ログ→1巻2巻3巻4巻4巻(おまけ)、5巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧