« 2012年9月 | トップページ

ハンガー・ゲーム(ネタバレなし)

予告や、雑誌情報を読む限り、海外版「バトルロワイヤル」

だと思ってたのですが、大違いでした。泣きました……。

ファンタジーというよりは、近(超)未来の話になるんだと思います。

12の地区(区画)から、それぞれ男女1名ずつが選出され

最後の一人になるまで、ステージの中で戦い続ける。

区画の住人には「はむかうな」という見せしめであり

特権階級の人にとっては、非日常の娯楽番組。

12地区のカットニスという女の子が、妹の代わりに

このハンガー・ゲームに志願し、戦場にあがる。

自然や動物さえも、コンピュータで作成され

ハンガー・ゲームの舞台に、次々送り込まれていく

超ハイテク世界。その一方で、生々しい人間ドラマが

戦場でも特権階級の中でも、もちろん区画の中でも進行し

恋愛、駆け引き、暴動など、基本的に人間ドラマです。

特にルーのシーンは、号泣しました。続編も楽しみです。

映画ーオフィシャルサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ