« STRONG WORLD(カットシーン) | トップページ | fanfare/Mr.children(STRONG WORLD) »

サイモンの災難(クラッシュ・ブレイズ)/茅田砂胡

発行が2008年3月の本なのですが、この頃から

私自身の仕事や、家族の病気などが続いて

4年ほど、ブログが全くつづれない状態でしたが

この4年間、一番読み返した本かもしれません。

heart04heart01大好きですheart04heart01

サイモンというのは、まだ新人の映画監督さんで

ジンジャーは自分のところに送られてきた彼の脚本を

読んで気にいるんだけど、宇宙的大女優の名前で

その素晴らしい映画の価値を損なわせたくなくて

アイリーン・コルトという20代の新人女優のふりをして

オーディションを受けて、組んだことのない若い役者や

スタッフの中で自身も給仕、メイクなども担当しながら

映画撮影に参加していく。一人若い俳優が、役どころを

掴めず、監督側も説明できずにいたところ、役そのものの

ヴァンツァーをみかけて、金銀黒・ファロット・赤黒ゴジラ

全員絡んだ状態で、映画関係者に関わる事故が連発する。

フルキャストの大暴れなんですが、この小説

最初から最後まで、女王ジャスミンではなく

控えめに、でも確実に大女優が君臨し続けますcrown

惑星追放になりそうになったりshock何度も殺されそうに

なったりimpactするサイモンですが、最強の災難は

なんといっても、本気で婚約指輪ringを渡した相手が

「あのジャンジャー・ブレッド」だったと、知る瞬間coldsweats02

ここだけでいいから、OAVにならないかと

映像で見たいと、切望してしまいます。

他のどんな主要キャストより、超絶声優しか

演じられない、ジンジャー・ブレッド!誰ならできる!?

|

« STRONG WORLD(カットシーン) | トップページ | fanfare/Mr.children(STRONG WORLD) »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/55407641

この記事へのトラックバック一覧です: サイモンの災難(クラッシュ・ブレイズ)/茅田砂胡:

« STRONG WORLD(カットシーン) | トップページ | fanfare/Mr.children(STRONG WORLD) »