« ONE PIECE×57~59巻(超新星たち) | トップページ | ONE PIECE×57~59巻(海軍) »

ONE PIECE×57~59巻(エースとルフィ)

顔がね、もう、お兄ちゃんと弟なんです。ずっと。

エース救出の瞬間が、一番、それっぽいです。

二人とも「にぃ」って。

お互いにだけ見せてきた、にんまり顔っていうか。

ルフィが「エースは強い、勝ったことない」とずっと

言い続けてるんですが、ルフィ自身もすごいスピードで

強くなってるし、もうそんなに差はないんじゃないかと

勝手に思ってました。でも全然、ケタ違いでした……。

大将クラスなんですね……。青キジと互角。

あの地獄みたいな戦況で、なんでもない涼しい顔。

弟を庇う余裕まで見せて、どんどこ進んでいきます。

精神的には、けっこう屈折してました。

最初ジンベエや白ひげに襲いかかった感じを見ると

他人を信じることは苦手なんじゃないかと思います。

その変わり一度理解し合った相手には、家族のような

信頼を置く。だからこそ、黒ひげの裏切りは許せなかった。

エース自身が、相手に捧げる信頼は、たぶん強大。

それがエースの器の大きさで、白ひげ海賊団も

ルフィたちも、その安心感というか、解放感が心地よかった。

でも、エースは全然無意識だから、相手が自分を

どう思ってるかなんて、推し量ることが出来なくて

自分が処刑されそうになって初めて、これほど

皆に愛されていたことを理解して、こんな状況なのに

嬉しくて、泣いてしまう。「おれは腐ってる」と。

ルフィを守るため、盾になったのは、反射だったと

思います。ルフィ自身の選んだ冒険の中で、戦って

倒れるなら仕方ない。だけど、ここは自分が原因と

なった戦場で、そこでルフィの命を落とすわけには

いかない。道理が違う。どうやら、自分が助からないと

分かっても、気遣うのはルフィのこと。ここで自分が

倒れたら、インペルダウン→海軍本部と何度も

死にかけながら追いかけてきた、しかも一度は

救出できた自分を、ルフィの隙で無くしたりしたら

どれほど悲しむだろう、苦しむだろう、責めるだろう。

「ごめんな、ちゃんと、助けて貰えなくて」「ありがとう」

サボを含めた、子供時代からのことは、60巻のログで。

頂上決戦ログ、まだもう少し続きます。次、海軍。

|

« ONE PIECE×57~59巻(超新星たち) | トップページ | ONE PIECE×57~59巻(海軍) »

ONE PIECE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/55262852

この記事へのトラックバック一覧です: ONE PIECE×57~59巻(エースとルフィ):

« ONE PIECE×57~59巻(超新星たち) | トップページ | ONE PIECE×57~59巻(海軍) »