« ONE PIECE×55巻 | トップページ | ONE PIECE×57~59巻(クロコダイル&ティーチ) »

ONE PIECE×56巻

なんとなくカラーのカバーをとってみたら、中は

表:ストロングワールド・ルフィの黒スーツ姿!

裏:(同)ルフィ冒険服姿!さすが映画公開直前発売notes

私のは2011年冬地点で、第30刷。

あと10冊で既刊追いつくのに、30って……。

出世欲バリバリの副所長ハンニャバルさんからすごく

責任感と頼りがいのあるセリフが。「海賊が普通の

世にいるだけで、一般人は不安で眠れない。その

囚人を管理するインペルダウンから脱走を許したら

世間は大混乱に陥る」と。この方は、自分の野心の為

所長になりたかったわけじゃなくて、世界の平和を

守りたい一心の、ホントにすごい監守さんでした……。

正しい!近くの刑務所・少年院から、一人でも脱走したら

世の小中学校は保護者同伴で生徒帰宅措置です。

我に帰りました。ルフィの熱さ見てると忘れてしまいます。

海賊=悪、海軍=正義。たぶん、読者目線のウソップが

フィルタかけてくれないから、ルフィの強くて

眩しい魂が直接心に届いてしまうんですよね。

改めて、エース&ルフィが選んだ「海賊という道」を

考えてしまいます。エースの父が、ゴール・D・ロジャー。

自首したロジャーに、頼られてガープが育てた子。

エースにしろ、ルフィにしろ、ガープがどうして海兵に

拘ったのかようやく分かった気がします。二人とも

親のことが知れた途端、世間からつまはじきにされる

かもしれない。その時、強い海兵、ガープほどでなくても

名前と地位があれば、彼らは普通の世で生きていける。

じぃちゃん、孫たちの未来、ほんきで憂えてましたweep

もちろん、この「ワンピース」というコミックは、ルフィが

海賊という道を選んで旅に出たから始まった物語だけど

……シャンクスに会ったルフィはともかく、エースが

海賊という道を選んだのは、どうしてだろう。自分の出生を

ひた隠しにしてたことを考えると、晴れの舞台でお披露目~

を狙ってたわけじゃなくて、ホントに知られたくなかったんだと

思う。逆に、海兵になって、悪い海賊を捕まえる!くらいでも

おかしくない、気がしますが……。もう少し、読み進めます。

扉絵で、飛ばされた仲間たちの状況が少し見れました。

精神崩壊おこしてるサンジwobblyロビンは運命とも言える

革命軍との出会いflairフランキーはベガパンクの生家へwrench

ウソップは、豊かな森cloverで元気に太ってます♪

ロビンと革命軍、これは10年以上前に結びついても

良かったラインなんですよね。革命軍にとってはオハラの

真実、オハラが研究してきた内容を知る重要な人であり

ロビンにとっても、当時まだ幼かった身体を守ってくれる

家になりうる場所で、更に政府が隠してる情報を知ることが

できる重要な機関だった。当時からいたら、もちろん幹部

クラスだったことでしょう。でも、そうなっていたらルフィたちと

出会うこともなかった。今から関わるなら、ゲスト扱いですね。

それでもきっと、ドラゴンと会える。どんな話するのかな。

「元気か?」「ふふ、助けて貰ったわ」くらいで終わりかなnote

|

« ONE PIECE×55巻 | トップページ | ONE PIECE×57~59巻(クロコダイル&ティーチ) »

ONE PIECE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/55260887

この記事へのトラックバック一覧です: ONE PIECE×56巻:

« ONE PIECE×55巻 | トップページ | ONE PIECE×57~59巻(クロコダイル&ティーチ) »