« ONE PIECE×35巻 | トップページ | 絶対小顔コルセット »

カエルの王女さま#11(最終回)

音楽堂コンサートもう少し見たかった~。

浪漫飛行とか、あの鐘~とかも歌ったのかなぁ。

ゆめ市音頭も、絶対歌って踊る伏線だと思ったのに。

ドリームガールも歌ってくれるの、期待してたのに。

よく考えたら、ドラマの中で、政治の世界に

入っちゃってる小泉家長男(笑)違和感無し。

最後は、妻を、義父を、市を支える風格でした♪

こういう役やると、ホントにお誘いがくるんでしょうね~。

ミオはニューヨークへ再挑戦。

シャンソンズは、新しいメンバーをたくさん入れて

館長も一緒に再始動。人が増えれば、ハーモニーは

変わるし、揃わなくなるし、今まで以上に大変だけど

歌うことが楽しければ、大丈夫♪いろいろあるだろうけど

聞いて、考えて、歌って、乗り越える力は持ってるから。

シャンソンズだけじゃなくて、バンドやダンス

演劇(ミュージカル)グループなんかも出来て

月一・持ち回りで公演ができるようになれば最高

歌じゃなくても何でもいい。町の力、人の力、自分の心。

ひっぱたかれて、叩きつけられて、変われる強さ。

日本に欠けてる元気のこと、言ってたんですよね。

|

« ONE PIECE×35巻 | トップページ | 絶対小顔コルセット »

12春ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カエルの王女さま#11(最終回):

« ONE PIECE×35巻 | トップページ | 絶対小顔コルセット »