« ONE PIECE×39巻 | トップページ | ONE PIECE×41巻(ロビン) »

ONE PIECE×40巻

扉絵shineやっぱり、ぼんちゃん(Mr.2ボン・クレー様)

ノーメイクでダークスーツ着てると、かっこいいsign01

なんで!?なにがあって”おかま街道”へsign02

嫌な女にだまされたのかなぁ、母親とか?ありそう。

本編、舞台は、完全に司法の砦”エニエス・ロビー”へ。

ここで、ちょっと整理です。

犯罪や海賊を取り締まる海軍、これは軍事力。

統制する政治があって、初めて軍は成り立つ。

それが世界政府。CP9は、この政府に属します。

(ビビのお父さんは、この世界政府の一員)

そして、司法を取り締まる、司法の島”エニエス・ロビー”。

今回、そのエニエス・ロビーに、三権が集まってます。

裁判長を筆頭に、司法の番人・警護官たち。

世界政府の秘密組織CP9。将校クラスはいないものの海軍。

(W7からの移送に動向していたT・ボーン大佐が駐留?)

そこに、”麦わらの一味”が殴りこみです!

彼らの目的は、ただロビンを取り戻すことだけ。

でも、それが結果、世界政府に弓ひく行為になっても

「上等だ!」という、気構えです……。そうじゃなきゃ

ロビンを取り戻すことなんか、絶対できない!

少しでも、気後れしたら、きっと取り戻せないっ!

ボンクレー様もそうなんだけど、たぶんソドムとゴモラ

モズとキウイ、フランキーの仲間は、みんな

どうしようもない過去を抱えてて、仲間に出会って

ここにいるんですよね。一個一個、それぞれの話を

覗きたい気もします。こんな戦禍の中、チョッパーに

通訳してもらって、話を聞いてもらって喜ぶキングブルたち。

ウソップから、エルパフの船長2人の決闘の真実を聞いた

オイモとカーシー。どんどんパワーが集結していきます!

正直、バカで弱くて情けないスパンダムに仕えてる

CP9の面々も(特にリーダーのルッチは)、遠慮なく

戦って殺していいという、状況に身を委ねて、現状を

彼らなりに味わってるように見えますが、ちょっとだけ

”麦わらの一味”の衝動、強い結束を、羨んでるように

見えます。ルフィほどとは言わないけど、迷いなく生死を

任せられる人と仕事がしたいと、よぎってるのかなぁと。

次は、待ちに待った、ロビン(オハラ)の過去sign03

アラバスタ編、終了から10冊以上、待ちましたnote

|

« ONE PIECE×39巻 | トップページ | ONE PIECE×41巻(ロビン) »

ONE PIECE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/55073021

この記事へのトラックバック一覧です: ONE PIECE×40巻:

« ONE PIECE×39巻 | トップページ | ONE PIECE×41巻(ロビン) »