« ONE PIECE×34巻 | トップページ | カエルの王女さま#11(最終回) »

ONE PIECE×35巻

カヤから貰った船(Gメリー号)=ウソップの旅、そのもの。

普段、ウソばっかりで、イザって時にはだいたい逃げる方向で

人知れず役に立ってるのは、人柄からの人脈と裏も底もない

仲間を想う純粋な気持ち(しかも本人、長所に気付いてない)。

ルフィと一番仲良しと言っても過言じゃないと思います。

その二人が、Gメリー号をめぐって、口論→喧嘩→決闘と

決定的に「船長(キャプテン)」と「船員(クルー)」として決別。

普段、ほぼ全く、感情を表に出さないルフィが、あれほど

激情を駆りたてられたのも、相手が気心知れたウソップだから。

サンジが足で止めた「船長として言ってはいけない言葉」も

本当に気を許してたウソップに、心の底から自分の真意を

疑われて、悔しくて、辛くて、瞬間の怒りで出かけた言葉。

それを半分聞いてしまったウソップの心が先に壊れる。

今まで、どんなに怖くても、化け物じみてても、常識から

外れてても、仲間だからついてこられた。でも、みんなの

お金もメリーも守れなくて、自信を根こそぎ失ってる時に

ルフィに瞬間でも「いらない」と思われた。

信頼してたからこそ、気持ちが折れるのは早かった。

「おれは この一味をやめる」

海賊旗が泣いてます……(P83)

荷物をかき集めて、宿屋に移っても、誰も寝つけず

ロビンの行方も分からないまま、アイスバーグ襲撃の濡れ衣が。

ルフィは一晩中、外で頭冷やしたかと思ったら

2億ベリーを奪った主、フランキーのふざけた登場にブチ切れ。

全然、頭冷えてないし、というかウソップとの決別が

あって尚更、恨み増してるし。もう拠点破壊したじゃん…。

扉絵spaゲダツ様は土番長と森番長を従えspa掘り進んでます!

|

« ONE PIECE×34巻 | トップページ | カエルの王女さま#11(最終回) »

ONE PIECE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/55018679

この記事へのトラックバック一覧です: ONE PIECE×35巻:

« ONE PIECE×34巻 | トップページ | カエルの王女さま#11(最終回) »