« ONE PIECE×1巻 | トップページ | ONE PIECE×3巻 »

ONE PIECE×2巻

ナミちゃん、登場。2巻のテーマは crown ring ですかね~。

また更に長い感想になりそうなので、先に敵キャラさんの事。

真っ赤なお鼻に不思議な頭(自毛?)の船長さんと

やっぱり不思議な頭の獣使いさん、曲芸師さん登場。

この3人は、嫌いじゃありません♪週刊誌の少ないページで

毎回注意を引く何かが必要だとしたら、ほとんどのキャラが

異色にならざる得ないんでしょうけど、変わった頭(耳?)の

猛獣使いモージと、剣技よりパフォーマンス性に偏ったカバジは

普通(?)の海賊より、やっぱりバギーの目に止まったと思うのです。

3人がどんな出会いだったかは分かりませんが

海賊はアピール力も必要?ネームバリューの世界だなぁと・・・。

 

海賊の宝は、もちろん金銀財宝。ルフィも「ワンピース」を

求めてるけど・・・財宝の海に埋もれて酒盛りする姿は

想像つかない。そういうシーンもあるだろうけど

それに陶酔する感情は、ほとんどないんじゃないかと。

もし、それを手に入れたら「海賊王」になれるけど

仲間失うことになるんだったら、一度諦めそうな気がする。

いや、違うか。どっちも取る!?ルフィの内面が全く読めないので

(読まなくていい?勘ぐる程、深くない?ホントに真ストレート?)

ルフィの深読みは、ほどほどに。↓でシュシュの事で少しだけ。

 

それに引き換え、ワンピースはもちろん興味なし

海賊になる気は絶対ない、ナミの宝は「村」

大事な人を殺されたことと、1億で村を買うことが

連結した同じ事件なのかは分からないけど

彼女には生きて帰らなきゃ行けない場所がある。

おそらく、待ってる人(たち?)がいる。だから「仲間」にも、なれない。

 

町長の宝は「町民たちと、この町」若い頃、海賊に襲われて

生き延びた人たちと、辿りついた地を切り開き、町を興し

過去の教訓もあって、しっかりした避難所も建設・・・。

作者さん・編集さん、彼の人生から考えたんじゃないでしょうか。

 

この2巻、一番、思いの丈を叫んでいたのがシュシュでした。

「主人との思い出・約束の店」を焼かれて泣き叫ぶ声。

もし、モージがホントに獣を理解してるなら

ルフィよりシュシュの声が聞こえているんでしょうけど

従わせることは出来ても、感情は分からないのか

聞こえているけど、情けは無いのか・・・どっちかな。

シュシュの思いを、怒りを代弁したルフィが

ここまでで一番、感情を表に出していたように思います。

関わんなきゃいいってボヤきながら、既に関わった船長と

一緒に戦うゾロが巻末、自分でいう「海賊だ」というセリフ。

意外と早く、自分が「海賊」だと受け入れたんだなぁと(笑)

次はバギー戦、決着。今のところ、ほぼ陸上戦・・・???

|

« ONE PIECE×1巻 | トップページ | ONE PIECE×3巻 »

ONE PIECE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/54841051

この記事へのトラックバック一覧です: ONE PIECE×2巻:

« ONE PIECE×1巻 | トップページ | ONE PIECE×3巻 »