« 「相棒・劇場版」ネタバレ無し | トップページ | 崖の上のポニョ »

「歓喜の歌」

ご無沙汰しております。

私自身がありがたくも忙しいのと、家族の入院などで

ほんとにTVを見る時間どころか、寝る時間もありませんが

久しぶりにドラマを見ました。

「歓喜の歌」

もちろん悪かったのはダブルブッキングをした職員。

でも女性コーラスのお母さんたちも、最初は聞く耳持たずで

見てる側からすると、どっちの態度も悪いなぁって思ったけど

それぞれの事情を見聞きするため、大泉さんが自ら

お母さんたちを尋ねて歩いて、見て、聞いて、彼女たちが

歌う理由、どれだけ歌が必要かというのを理解していく姿は

すごく現実的で、涙があふれました。シングルマザーのママが

車に駆け戻って、子供に「あなたも大切だけど、自分も大切」と

飾り無く、自分の本音をぶつけて、自分の子供に理解して貰おうと

する姿は、…賛否両論あるでしょうが、私は正しいと思いました。

「どうせ伝えなれない、分かってもらえないから、言わない」と

口を閉ざすうちに、心を閉ざしてしまう。親も子も。それなら本音で

ぶつかって、たとえ傷つけても、理解してもらう努力の方がいい。

コミカルにシリアスに、ものすごくテンポ良く描かれたドラマでしたが

ラストの第九は、ホントに女性コーラスかと思うほどの重低音で

圧巻でした!いつもはソプラノを引き立てるために、手加減している

アルトが思いっきり歌ってる迫力が、ホントにものすごかった!

女性コーラスだから「透き通って」「透明で」なんて概念が吹き飛ぶ

迫力と、愛情と、喜びに満ちた歓喜の歌、ホントに最高でした♪

|

« 「相棒・劇場版」ネタバレ無し | トップページ | 崖の上のポニョ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです~(o^-^o)
あっという間に、夏も終わっちゃいましたね。
そちらのほうは、雨がしつこく振って大変でしたね。
もう寒いみたいだし、今年は夢のような紅葉が見られるかも知れませんね。
これから始まる、心地よい秋。
いろんな秋を楽しんでくださいねヽ(´▽`)/

投稿: ベリー | 2008年9月 7日 (日) 21時55分

お久しぶりです、ベリー夫人。
皆さんお変わりなくお元気ですか?
あっという間に季節がめぐってますね。
この「歓喜の歌」のラストソングは
中島みゆきさんの「時代」でした。
中学校の音楽で歌って、それ以来
そらで歌える曲の一つですが
今、改めて歌詞を読んでみると
すごく、奥深いな~って思いました。
お嬢さんの音楽の教科書には
どんな曲が載ってるんでしょうね。
その曲のどれか1つでも、娘さんの
これから先の人生の支えになるものに
なれは、いいですね~。

北東北の秋の紅葉は、タイミング次第ですが
ものすごいですよ「山が燃える」という言葉の
意味が、ほんとにわかります。

投稿: 菜ノ花 | 2008年9月14日 (日) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/42406361

この記事へのトラックバック一覧です: 「歓喜の歌」:

« 「相棒・劇場版」ネタバレ無し | トップページ | 崖の上のポニョ »