« チーム・バチスタの栄光 | トップページ | 「相棒・劇場版」ネタバレ無し »

黎明に琥珀はきらめく(彩雲国物語)

彩雲国物語を読み続けて、数年になりますが、これほど

静かで動きのないお話は今まで無かったように思います。

いつも秀麗が、秀麗がダウンしてるときは、他の誰かが

ドタバタ走り回っていたような気がします。たぶん、百合姫は

ものすごいスピードで貴陽に駆けつけたんだと思いますが

その動きは、文章としては追えなかったのですが、きっと

自分で馬に乗ってきたんでしょうね~。愛する息子の為に。

彩雲国物語 角川ビーンズ文庫 黎明に琥珀はきらめく
雪乃 紗衣
税込価格 : ¥500 (本体 : ¥476)
出版 : 角川書店
発売 : 角川グループパブリッシング
サイズ : 15cm / 255p
ISBN : 978-4-04-449916-7
オンライン書店ビーケーワン

身の上話&過去話が、だんだん怖くなってきました。

旺季、悠舜、晏樹、この辺だけでも、色々あやしすぎて

うさんくさいのに、まさか、コウユウが加わるんでしょうか。

……それとも、捨て子はたくさんいて、その数え切れない

子供のうちの、幸運な(?)1人に過ぎないんでしょうか。

コウユウにとっては、大事なものを選んだ今、そんなことは

どうでもいいことなのだけど、この先の動きを考えると

全く無視もできない。全く無視できないのは、秀麗もそう。

……薔薇姫が、ヒョウ家の娘なら、紅と蒼の血を引く彼女は

ものすごい血統なのかもしれない。それ以上に、ものすごい

面々から求婚されてるわけだし、そんなもんより、熱々の

師弟愛にものすごい溢れてるし、逆ハーレム状態だったのか

いつのまにか、けっこう女友達・女仲間にも恵まれてきたし。

傷つかない道はない。誰も傷つけない道もない。

自分を守るために、身内を守るために、大事なものを切り捨てる

覚悟と決断力も必要。その度に傷を負って、だけど失った以上の

ものを手に入れる貪欲さを持つ。皇毅の「政治家と官僚」の話は

現在にも通じる問いでした。国試をトップで合格し、異例中の異例の

若さで吏部侍郎に抜擢されて、働かない上司の代わりもこなせる

ものすごい有能なエリート。与えられた仕事を片づけるだけなら

誰にでもできる。彼が持つ力は、そんなものじゃなかった。悠舜が

戻ってきて、約束が守られた瞬間に、パタリと仕事を放棄した父を

瞬殺で首にする義務があった。息子を信じて、絶対自分からは

動かなかった黎深。楊修にもさんざん言われてましたが、親バカ。

辞める気があって……というか、最初から更々、国の為に働く

つもりなんか、全然なかった黎深だから、やろうと思えば、自分の

尚書の椅子をかけて、たくさんの賭けができたはずなんです。

それをやらずに、ちょっと間違えれば、紅家がひっくり返るくらい

不利になるかもしれない可能性もあったのに、ホントに何もせず

じっと息子の決断を待った。ずっとずっと、尚書室で、何を想って

過ごしていたんでしょう。期待していたのか、信じていたのか

それとも……全てがうまくいかなかった時、秀麗だけは救える

最後の一手を練っていたのか……。たぶん、コウユウが目覚めず

黎深を断ち切れなくても、それはそれで、受け入れたはずです。

この先は、紅州から、ホントの紅家当主としての腕を振るうことに

……なるんでしょうか、あんまり期待できない。っていうか、きっと

期待したところとは、全然違う方向に視線が向いていそうです。

紅藍家の後ろ盾と、若手筆頭と言われたその役職を失った

ただの若者2人は、きっと清々しく、上り詰めていくんでしょう。

この次は、お話はどこに向くんでしょうね。次々と秀麗の手から

取り上げられた、皇毅や清雅が握る案件なのか、それとも

それらとはまた違うところか。宝鏡の件も気になるし、吏部の

人事も気になります。劉輝には、ぼうっとしてる余裕はないし

秀麗の心は動かない。約束の期限まで、残りどのくらいでしょう。

たった1人の后の座に秀麗を据える索は間に合うのか……。

なんとなく、雪乃先生の目には、ラストが近づいているのかも?


◎彩雲国物語、感想ログ

心は藍よりも深く(2005.10.04)、光降る碧の大地(2006.01.30)

藍より出でて青(2006.04.02)、紅梅は夜に香る(2006.08.30)

緑風は刃のごとく(2006.09.30)、深き眠りの水底で(2007.02.07)

鈴蘭の咲く頃に(2007.07.29)、白虹は天をめざす(2007.08.30)

隣の百合は白(2007.10.29)、黎明に琥珀はきらめく(2008.04.29)

|

« チーム・バチスタの栄光 | トップページ | 「相棒・劇場版」ネタバレ無し »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

うわ~!久し振りです。
元気でした?お仕事忙しかったんですね。
でも、今は元気そうでよかった(^v^)
今年のGW我が家は、おうちでひっそりしてます。
新緑の香りを、家でゆっくり感じたいと思います。
菜の花さんも、楽しい時間をお過ごしくださいね。

投稿: ベリー | 2008年5月 4日 (日) 14時36分

こんにちは、ベリー夫人。
ご心配頂きありがとうございます。
私も映画を見てきて、光回線用に
新調したパソコンのセットアップをして
タンスの中から夏物引っ張り出して
GWはそんな感じでしょうかね。
あとは何より、休養ですね。
掃除もしなくては。でも、残り2日(笑)

投稿: 菜ノ花 | 2008年5月 5日 (月) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/41031446

この記事へのトラックバック一覧です: 黎明に琥珀はきらめく(彩雲国物語):

« チーム・バチスタの栄光 | トップページ | 「相棒・劇場版」ネタバレ無し »