« モップガールep8 | トップページ | SP(5) »

トワイライト9黄昏は魔物の時間

ホントに、to be continued(10~12巻へ続く)でした。

三部作って言ってたのにー、終わらないっていうか

ヴィクトリアのチームと、ベラの結婚&転化問題と

ジェイコブとの恋愛関係と、もつれにもつれた展開の

中で、すっごいことから、目を逸らされた気がします。

トワイライト 9 黄昏は魔物の時間
ステファニー・メイヤー著/小原 亜美訳
税込価格 : ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
出版 : ヴィレッジブックス/発売 : ソニー・マガジンズ
サイズ : 19cm / 303p
ISBN : 978-4-7897-3209-3
発行年月 : 2007.11
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

やっぱり気になるのは、変化(転生)後のベラの能力。

その前に、当たり前に、普通に転化できるのか。

それが、狂ってしまうとか、ベラの気持ちが変わるとか

そういうことではなくて、元から、吸血鬼たちの能力を

影響を不思議なくらい受けつけないベラが、本当に

本人が望むような姿になれるのか、ということ……。

もし、なれなかったら、ベラのショックは強いだろうなぁ。


9巻は、ヴィクトリアのグループと闘う為に、一時的に

ベラの側を離れるジェイコブが、エドワードの企みで

不意打ちのように、2人が結婚するつもりだと知って

しまい、嘆き哀しみ苦しみ、自分はこの戦いで名誉の

戦士を遂げてしまおうとまで、切羽詰まったジェイコブを

必死に引き留めるベラの情愛が、偽物じゃない

今芽生えたばかりでもない、ずっと自分の中にあった

本当の愛だと、2人が気づいてしまい、それでも

エドワードを離れていきることもできない自分を

良く分かっていて、この想いが、大事なジェイコブを

ますます傷つけるだけなんだと、到達するベラ。

どんなに謝っても償いきれず、ジェイコブが許して

くれたとしても、背負っていかなければいけない

自分の罪なんだと、ベラは胸に刻む。

欲張りな自分が、ジェイコブを傷つけた事実を。

エドワードとベラは、当初2人だけで、遠くでひっそり

結婚式を挙げるつもりだったけど、アリスの企みで

式を開催することになり、心ならずもジェイコブを

こっぴどく傷つけることになった転落をふまえ、ベラは

自分の為ではなく、両親や友人に2人で幸せになる

から安心してね、という意味で、公に結婚式を行う

ことを決める。想像していた以上に、早く届いた

招待状が、ジェイコブの精神を一気に駆り立て

ジェイコブは群を離れ、生まれ育った地を離れていく。

苦しみもがくジェイコブが、もうめちゃめちゃステキな

男性に成長するだろう姿が目に見えるようで

この先が楽しみですが……、同じくらいのペースだと

すると、続きが読めるのは、たぶん1年後くらいかなぁ。


<-トワイライト(1)愛した人はヴァンパイア

<-トワイライト(2)血は哀しみの味

<-トワイライト(3)闇の吸血鬼一族

<-トワイライト(4)牙は甘くささやく

<-トワイライト(5)狼の月

<-トワイライト(6)嘆きの堕天使

<-トワイライト(7)赤い刻印

<-トワイライト(8)冷たいキスをあたしに

|

« モップガールep8 | トップページ | SP(5) »

翻訳本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/17249267

この記事へのトラックバック一覧です: トワイライト9黄昏は魔物の時間:

« モップガールep8 | トップページ | SP(5) »