« ガリレオ(最終話) | トップページ | 憑神/浅田次郎 »

大晦日

昨日までは雨だったんですが、朝には銀世界になっておりました。

夜明け前に、窓の外が明るい。夜でも散歩ができる雪の光反射。

色の濃いコートが良く目立つ、まさしく雪国に相応しい景色です。

1年振り返ると、誰もあてにしないで出きる限り1人で歩こうという

自分も他人も信じられない私の性質とは裏腹に、終始、誰かの

好意に守られ、善意に励まされ、感謝してもしても、どこか誰か

感謝を忘れてしまっているような、余裕がありそうに見えて

ただ憔悴しきっているだけの、全く余裕がなかった1年でした。

余裕を持とう、周囲を見渡そうと心がければ、そうするほど

周囲に対するアンテナが増え、その分、今まで気がつかず

当たり前だと思っていたことへのありがたさや、気づけなかった

申し訳ない思いにブチあたり、みっともなくて情けないけど

できるだけ自分の言葉で感謝を伝えなくてはと、声に出して

面と向かって、目を見て、直に伝えるようにしましたが

本当の大人の誠意であれば、その時の感謝の言葉は

もちろんだけど、後日改めて、菓子折を持ってご挨拶に

伺うことも、これからは必要だなぁと、これからの課題です。

何があるか分からない世の中、皆様が今を大事に

将来に希望や理想を掲げて、何より元気に楽しく

新しい年を迎えることを、心よりお祈り致します。

この1年本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

2007.12.31/菜ノ花

|

« ガリレオ(最終話) | トップページ | 憑神/浅田次郎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年もお世話になりました。
手土産の課題は、とてもよくわかります。
「物やお金ではなく気持ち」という方は多いですが
そいう言う人の中には、人の好意は当たり前!というひとも
いらっしゃいますよね。
ずっと昔、父が
  「気持はモノや金だから、覚えておきなさい」
と、言った事がありました。
結局は気持ちの表わし方なんですよね。
実は私、プレゼント好きなだけなんですけどね(笑)

また来年もよろしくお願いします。
銀世界の中で、よいお年をお迎えくださいね。

投稿: ベリー | 2007年12月31日 (月) 21時50分

ベリー夫人、あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願い致します。
世の中、たくさんの人が、それぞれの価値観を
持って生きていて、だからこそ変化があって
おもしろい世の中なんだけど、その為に
価値観の違いに翻弄されたりもするんですよね。
挨拶を交わす、気持ち(お礼)を送る。
でも、本当に大事なのは、人の繋がりなんだと
思います。何年か前の大河ドラマで、江口さんが
坂本龍馬をやった時、使った言葉で、すごく
納得してしまったんですが「この国は、幕府とか
朝廷じゃなくて、人の繋がりが動かしている」と。
龍馬ほど大きな世界ではないけど、私の世界を
作っているのは、ご縁があり出会えた皆さんとの
繋がりなんだと認識したセリフでした。ベリー夫人と
出会えたこと、心からありがたく思っております。

投稿: 菜ノ花 | 2008年1月 2日 (水) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/17530578

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日:

« ガリレオ(最終話) | トップページ | 憑神/浅田次郎 »