« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

大晦日

昨日までは雨だったんですが、朝には銀世界になっておりました。

夜明け前に、窓の外が明るい。夜でも散歩ができる雪の光反射。

色の濃いコートが良く目立つ、まさしく雪国に相応しい景色です。

1年振り返ると、誰もあてにしないで出きる限り1人で歩こうという

自分も他人も信じられない私の性質とは裏腹に、終始、誰かの

好意に守られ、善意に励まされ、感謝してもしても、どこか誰か

感謝を忘れてしまっているような、余裕がありそうに見えて

ただ憔悴しきっているだけの、全く余裕がなかった1年でした。

余裕を持とう、周囲を見渡そうと心がければ、そうするほど

周囲に対するアンテナが増え、その分、今まで気がつかず

当たり前だと思っていたことへのありがたさや、気づけなかった

申し訳ない思いにブチあたり、みっともなくて情けないけど

できるだけ自分の言葉で感謝を伝えなくてはと、声に出して

面と向かって、目を見て、直に伝えるようにしましたが

本当の大人の誠意であれば、その時の感謝の言葉は

もちろんだけど、後日改めて、菓子折を持ってご挨拶に

伺うことも、これからは必要だなぁと、これからの課題です。

何があるか分からない世の中、皆様が今を大事に

将来に希望や理想を掲げて、何より元気に楽しく

新しい年を迎えることを、心よりお祈り致します。

この1年本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

2007.12.31/菜ノ花

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガリレオ(最終話)

あっという間に、冬ドラマも終盤ですね。

最終話は、謎解きの部分は、スリム&ストレート。

クライマックスは、2人っきりの爆発物解体。

3時間、特大爆破物と向き合っていた湯川先生は

すごく冷静で、かっこよかったけど、恐怖から解放

された女の子が、ちょこっとすがってきただけで

ものすごい動揺ぶり(大笑)湯川先生にとっては

計算されつくしたマーキュリーより、普通の女の子の

わけわかんない感情の方が、よっぽど意味不明で

爆破物みたいなもんなんでしょうね~♪

小説版とは、また違った、独自の湯川先生が

福山さんの中でしっかり生きているんでしょうね。

映画版「ガリレオ」楽しみにしたいです。

たぶん、映画館には行けないと思うけど。


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話2話3話4話5話6話7話8話9話、最終話


**東野圭吾作品・感想ログ**

手紙(読中ログネタバレ)、探偵ガリレオ予知夢容疑者Xの献身

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転職報告

このブログで、少し書いたこともあるのですが、私は

その昔キャリアウーマン街道にいて、ノイローゼになり

無意識で自殺未遂を繰り返し、誰も信じられなくなり

引きこもりになり、家族や偶然出逢った暖かい人たちの

おかげで、なんとか社会復帰できたのですが、なんと

その暖かい人たちが集まった職場が、突然閉鎖になり

どうしたらいいのか、未来が怖くて不安で、みんなと

離れるのが寂しくて受け入れられなくて、眠れないほど

苦しんだのですが、そしたらその暖かい人たちのご縁で

とある会社の公募への申し込みのお誘いを頂きました。

驚いたのと、嬉しかったのと、必要以上に緊張したのと

色々ありましたが、面接→採用→お仕事開始となり

あっと言う間に10日が過ぎました。10日で5kg減。

各種スーパーダイエットに負けない勢いです(笑)

本日、甘い物たくさん食べて回復中です。

前のあったかい優しい世界は、すごく居心地が良くて

幸せだったけど、今のちょっとしんどい環境も、意外に

捨てがたいんじゃないかと思ったりします。少しでも

若いうちに、ちょっとでも覚えて、できることこなして

ふれあえる人たちと会話をして、気持ちを通わせて

年をとったら、若い人とも距離ができて、なかなか

うまく接することができなくなるかもしれない。だから

そういう苦労・苦悩を、乗り越えられる今のうちに

たくさん経験しておいた方がいいんじゃないかと。

辛いこと、苦しいこと、やりきれないこと、逃げ出したいこと

そういう感情を自分から排除して、慣れるんじゃなくて

その苦しさが自分の為だと、その苦しみが分かって

より当たり前の幸せをありがたく思えるんじゃないかと

辛い痛みを感じられる心こそ、ホントは大事じゃないかと

なんとなく、そう、思います。泣いていい、叫んでもいい。

グチャグチャに悩んで暗黒のマイナス思考に陥っても

それが私らしい反省の仕方なんだから、受け入れて

毎回、遺書を書きながら「死ねるか、このヤロー!」って

立ち直って、開き直って、そんなアホな繰り返しだって

間違いじゃないから、1個傷ついて、1個優しくなって

そうやって-+することが経験値なんだと思うから

5年間、ほとんど使ってこなかった言葉だけど、私に

できることを、手が届きそうなことを、結果ダメかも

しれないけど、ちょっと頑張ってみようと思います。

今までは、傷つかないために、たくさん逃げてきたけど

例えダメだったとしても、やってできなかった後悔は

やらなくて逃げ出した後悔より、絶対、中身がある。

これからは、その中身を大事にしたいなぁと思います。


履歴書を書きながら、気づいたのですが、私の節目は

どうも10~12月くらいにあるみたいです(笑)みごとに

転職の時期が揃っていました。夏に頑張りすぎて

秋~冬にエネルギー(オーラ)が枯渇してしまうのかな。

ん?逆なのか!?転職が成功するのだから

秋~冬にオーラが充満してるのか?

いや、失職とか悪いことも一緒に起きるのだから

不安定なんだろうね。女心と秋の空ってヤツ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者Xの献身/東野圭吾

身体が疲れていて、以前ほど没頭して何時間も

読み続ける体力はないのですが、でも決して

本を読まない日はありませんね。寝る前に少しずつ

読み進めて、ようやく「容疑者Xの献身」読了です。

容疑者Xの献身
東野 圭吾
税込価格 : ¥1,680 (本体 : ¥1,600)
出版 : 文藝春秋
サイズ : 20cm / 352p
ISBN : 4-16-323860-3
発行年月 : 2005.8
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

たぶん、これが映画化されるんでしょうね。

直木賞とこのミス1位をとった、珍しい作品です(笑)

湯川が、心を許した理系の同士。誰が演じるんでしょうね。

福山さんと同年代なんだけど、風貌のせいで若干

年上に見える、数学人間。ぐっさん、あたり、どう?

あのくらいの演技力が欲しいよね。でも、いい男でも

いけない、難しい役ですね。少し若いかもしれないけど

たいぞーくんとかは、どうだろう。そういえば、オシャレ

魔女アブにニセ企画で呼び出された小池さんが、この

本持って出てきて「映像化の際には是非」ってアピール

してたけど、どの役狙ってたんでしょうね。お母さんに

しては若すぎるし、弁当屋にあのボディはいらないし

あ、そうか、お母さんが昔努めていたクラブのママ?

ちょい役すぎるけど、似合いそうなのは、そのあたり。


このミステリーは、一番最初に感じる違和感が、最も

重要なキーポイントになります。読んでない方は

一番最初に「ん?」って感じたことを、覚えておいて

読み進めてください。それを覚えたままだと「なんで?」

と感じるし、忘れてしまうと、まんまと騙されます。

私は、最初から「あり?」と思ったので、なんか

推理が変な方向に流れていくのが、不可思議でした。

騙されたまま読んだ方が、いちいち「何故?」って

考えず、推理に没頭できるので、消化はいいかも。

今年も「このミス」が発表になりましたね。

文庫化されてるのから、順々に読んでいきます♪


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話2話3話4話5話6話7話8話9話


**東野圭吾作品・感想ログ**

手紙(読中ログネタバレ)、探偵ガリレオ予知夢、容疑者Xの献身

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリレオ(9)

相棒も京都地検もSPも見てるのですが、ブログを

書く時間がありませんっ!これで雪が降ったら

もっと時間がなくなるんだろうな。携帯でupしようかな。

ドラマ版ガリレオ最終エピソードは、2つの短編の

合体になりました。「デスマスク」と「水中爆発」

2冊の文庫の中でも、特別派手な物が二つです。

これに湯川先生のオリジナルエピソードが

くっつくようですね、何が出てくるか楽しみです。

真矢さんが、嬉しそうに福山さんに絡むシーンが

心から楽しそうで、見ていて幸せでした~♪


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話2話3話4話5話6話7話8話、9話


**東野圭吾作品・感想ログ**

手紙(読中ログネタバレ)、探偵ガリレオ予知夢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DS「大人の漢字練習・完全版」

1週間くらい、やってみてますが、なかなか面白いです。

最初の判定で、「読み」はレベル10(最高)で

「書き」はレベル8、平均してレベル9という状態。

失敗した、もう少し難易度の高いのを買うべきだった?

とも、思ったんですが、やってみると、なかなかです。

特に、書き順に関しては、ものすごいテキトーでした(笑)

「左」と「右」からして、合ってない。

「甘」「度」「垂」この辺も、間違って覚えていました……。

「トレーニング」→「進級テスト」→「苦手克服」という流れが

あるんですが、これの他にも、自分がダメだなぁと思った

漢字を登録して、自由にトレーニングできるページもあり

疲れてきたときの息抜きに「雑学」とか「山手線まわり」とか

ゲーム感覚で漢字の穴埋めをしたり、落ち着きたいなぁと

思ったら、「百人一首」や有名な「俳句」などを、ゆっくり

なぞり書きして、楽しみながら知識を得るページもあります。

とりあえず、1週間、適度に飽きない程度にやってみて

達成率が10%未満ですから、長い時間、楽しめそうです♪

この達成率があがると、ペンの色や音、BGM、ゲームが

少しずつ増えていくので「あと少し!」って続けたくなります。

あくまで漢字の練習なので、ペン字の練習にはなりません。

ペン字の練習は、ペンを持って、ノートに向かうしかないかな。

最近は、100円ショップでも練習帳が売ってありますよね。

NHKテキストの6度右上がりの法則のノートもいいですね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モップガールep9

残り2話ですが、今回も、あんまり本質には進展無し。

次のドラマの予告の方が、インパクトありましたね。

モップガールは過去戻り、次は未来に飛ぶドラマ。

ちょっと気になりますが、北国の冬は寒いし、灯油も

高いので夜更かしせずに、寝てしまうかもしれません。

9話。最初から、命を救えないことは分かっている。

じゃあ、何のために戻ったのか、できることは何か。

モモコは自分の直感で、この人の望みを叶えることに

集中する決意をし、いつものことながら、大友さんを

巻き込んで、救急車で走り出す。会えなかったけど

本人の望みは達せられて、遺恨なく静かに亡くなる。

大事な人が突然いなくなってしまう哀しみは、何年も

何十年も癒されることが無いかも知れないと、時々

大友さんは、実感を伴ったやりきれない呟くをもらし

全てが済んだ、立ち去り際、何かを思い出す。

さて、最終回、モモコ本人が危険です。本人の場合

戻ってこられるのか、運命を変えられるのか?

過去の真実に辿り着け!「真相は、次シーズンで」

なんてことがないように、スッキリ終わらせて欲しいです。


=07秋ドラマ『モップガール』感想ログ=

1話2話3話4話5話、6話、7話8話、9話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太王四神記(1)

つい気になって、見てしまいました。オリンピック出場を

決める野球もスマスマもさしおいて、あんまり意識は

してなかったんけど、自分でも意外なほど見たかった

ドラマだったようです。私は特別ヨン様ファンではないので

チャングムみたいな時代物に惹かれてるんだと思います。

これは、架空時代物ファンタジー。大好き要素満載です♪

1話は、旅行く村長が弟子のスジニにせがまれて、神の

時代の物語を聞かせる。この話は、村の中では

スジニがいるところでは禁句らしく、スジニは誰にも

教えて貰えなくてイライラしていた。炎を操るところから

見ると彼女自身が「朱雀」なんだと思います。そして

どんな経緯か分からないけど、彼女が育ち、師匠と

慕ってきた村長の村は、水の玄武を伝承する村。

子を守りたい激情で、心ならずも黒朱雀を産みだして

制御できなくなり、神の民を苦しめてしまった熊の一族の

セオ。神の妻になりたくて、セオが憎らしくて、どうせ

手に入らないなら、炎を取り返し、世界を奪ってやろうと

思い詰めたカジン。人を救うために降り立った為に

人の戦には介入できなかったファヌン。ファヌンが

旅行く2人が会おうとしている星の王だということは

分かるのですが、今、朱雀の炎を持っているスジニは

セオの生まれ変わりなのか、カジンの生まれ変わりなのか

キャスト表を見る限り、セオの生まれ変わりのようですが

……というか、成長した姿はセオの女優さんなんでしょうが

それが果たして、セオかカジンかは分かりませんよね。

最初に、炎を受け継いだカジンは、戦いに明け暮れても

黒朱雀にはならなかった。運命はどう転がるか、楽しみです。


BSハイビジョンでの放送でしたが、@niftyでも見られます。

http://www.nifty.com/taiousijinki/movie/01.html

CGは、最近の映画やゲームなどを見慣れていると

ハイビジョンでは、ちょっと荒いなぁと感じますが

音楽は最高です♪5.1サラウンドを持ってる方が

羨ましい!1話は拡大版だったのかな、NHKだから

CM無し、お茶を煎れる隙もないまま、1時間ちょっと

くらいでした。民放なら1時間半くらいの枠なのかな。

個人的には、人間として生を受けた後、朱雀を伝承し

戦いに明け暮れる中、神に出逢い、その力を奪われ

神の民になりたい、妻になりたい、そう願ったカジンの

人らしい生き様が、私は好きだなぁと感じました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリレオ(8)

瞬間移動について真剣に悩み、ついには

「どこでもドアってどんな構造なんだろう」と呟くように

なってしまう湯川先生。ぜひ、福山さんの声で

聞きたかった呟きですね~。ブラックホールとか

超常現象について、どんどん調べていくんだけど

ホントは、超常現象じゃなくて、人間の思いこみ

錯覚の問題だった。室内は加湿器とエアコンが動き

外はとても寒かった。結露で顔も表情も見えるはずが

なかった。妹さんは、とっさに勘違いしてしまった。

「ストーカー」という人間が、必ずしも「好意を持った

迷惑な異性」であるとは限らない。私にそれを

教えてくれたのは男性でした。「顔も名前も知ってる

女友達かもしれないよ」と。冷静に、その可能性を

考えてみると、確かに思い当たることがあった時で

「好意」ではなくて「ものすごい敵意」だったと分かり

そんな風に彼女が思い詰めるまでにしてしまったのが

自分なんだと分かり、彼女と距離を置くようにしたら

その後は、スッキリ嫌がらせが無くなり、やっぱり

そうだったんだなぁと……反省しました。

女2人の経営は、難しいものかもしれないです。

女3人で、それぞれ違う個性を持つなら大丈夫かも。

ドラマは、その辺、あまり突っ込まなかったけど。

ラスト、コウちゃんの豪快な料理手さばきを、心配そうに

見つめる湯川先生の目の表情が……可愛かったです。

「喋らなくて言いから、料理に集中してくれ。

というか、この場所で料理する理由は何だ?

あんなに散らかして、料理は片づけながらするものだ。

……もしかして、アレ喰わされるのか!?」って(笑)


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話2話3話4話5話6話7話、8話


**東野圭吾作品・感想ログ**

手紙(読中ログネタバレ)、探偵ガリレオ予知夢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SP(5)

ライバル組織というか、前の立てこもりとは全く関係無い

組織かもしれませんが、暗殺請負チームが登場です。

事件の容疑者が保釈中に、自宅マンションの浴室で

溺死。容疑者ではなく、参考人として保護されている

人物の警護をすることになったメンバーは、不必要に

大きくて派手なホテルの一室で、暗殺に怯える保護人の

警護を始める。彼らに捜査権は無いので、聞きだそうと

しないんだけど、この男の家族、この男がこのホテルに

拘る理由など、聞き出していけば、なんか見えそうですが

相手もまだ仕掛けてこないので、今回は準備ステージって

ところでしょうか。冒頭の、過去の事故の直接的な犯人と

される人物が言う、意味深とも、意味無とも受け取れる言葉。

ただ混乱させるためだけの言葉なのか、それとも本当に

何か「実」に育つようなものが、あったのか。この過去の

(偽装?)テロ事件の真相か、今真相とされている内容を

もうちょっと詳しく知りたいですね。

極秘任務のはずが、どこからどう見てもSPって……

もうちょっと演技力が必要、かなぁ(笑)


「SP」感想ログ:1話2話3話4話、5話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トワイライト9黄昏は魔物の時間

ホントに、to be continued(10~12巻へ続く)でした。

三部作って言ってたのにー、終わらないっていうか

ヴィクトリアのチームと、ベラの結婚&転化問題と

ジェイコブとの恋愛関係と、もつれにもつれた展開の

中で、すっごいことから、目を逸らされた気がします。

トワイライト 9 黄昏は魔物の時間
ステファニー・メイヤー著/小原 亜美訳
税込価格 : ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
出版 : ヴィレッジブックス/発売 : ソニー・マガジンズ
サイズ : 19cm / 303p
ISBN : 978-4-7897-3209-3
発行年月 : 2007.11
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

やっぱり気になるのは、変化(転生)後のベラの能力。

その前に、当たり前に、普通に転化できるのか。

それが、狂ってしまうとか、ベラの気持ちが変わるとか

そういうことではなくて、元から、吸血鬼たちの能力を

影響を不思議なくらい受けつけないベラが、本当に

本人が望むような姿になれるのか、ということ……。

もし、なれなかったら、ベラのショックは強いだろうなぁ。


9巻は、ヴィクトリアのグループと闘う為に、一時的に

ベラの側を離れるジェイコブが、エドワードの企みで

不意打ちのように、2人が結婚するつもりだと知って

しまい、嘆き哀しみ苦しみ、自分はこの戦いで名誉の

戦士を遂げてしまおうとまで、切羽詰まったジェイコブを

必死に引き留めるベラの情愛が、偽物じゃない

今芽生えたばかりでもない、ずっと自分の中にあった

本当の愛だと、2人が気づいてしまい、それでも

エドワードを離れていきることもできない自分を

良く分かっていて、この想いが、大事なジェイコブを

ますます傷つけるだけなんだと、到達するベラ。

どんなに謝っても償いきれず、ジェイコブが許して

くれたとしても、背負っていかなければいけない

自分の罪なんだと、ベラは胸に刻む。

欲張りな自分が、ジェイコブを傷つけた事実を。

エドワードとベラは、当初2人だけで、遠くでひっそり

結婚式を挙げるつもりだったけど、アリスの企みで

式を開催することになり、心ならずもジェイコブを

こっぴどく傷つけることになった転落をふまえ、ベラは

自分の為ではなく、両親や友人に2人で幸せになる

から安心してね、という意味で、公に結婚式を行う

ことを決める。想像していた以上に、早く届いた

招待状が、ジェイコブの精神を一気に駆り立て

ジェイコブは群を離れ、生まれ育った地を離れていく。

苦しみもがくジェイコブが、もうめちゃめちゃステキな

男性に成長するだろう姿が目に見えるようで

この先が楽しみですが……、同じくらいのペースだと

すると、続きが読めるのは、たぶん1年後くらいかなぁ。


<-トワイライト(1)愛した人はヴァンパイア

<-トワイライト(2)血は哀しみの味

<-トワイライト(3)闇の吸血鬼一族

<-トワイライト(4)牙は甘くささやく

<-トワイライト(5)狼の月

<-トワイライト(6)嘆きの堕天使

<-トワイライト(7)赤い刻印

<-トワイライト(8)冷たいキスをあたしに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モップガールep8

ストーリー的にはイマイチでした~。

桃ちゃんの最後の訴えがけも、なんか犯人の

心には全然響かないし、内容的には、11時まで

待ってたんだから、もうちょっといいもの見せて~

と言いたくなるレベルかなぁと。でも、もし何か

あるのだとすると、今回の名前の無い真犯人。

この人は、桃ちゃんと大友さんの過去に関わる

経歴のある人なのかもしれません。葉月さんに。

もう一つ、なんとなくですが、どうして大友さんが

日本人女性に絶対言い寄らないのか、これも

ドラマ的盛り上げ効果とは別に、本当の意味が何か

あるような気がしてきました。誰かを探してるとか?

12月ですし、たぶん、もうラスト数話だと思うので

そろそろ、過去の事件と、ドラマの核心が浮き彫りに

なってくると思います。楽しみっす。


=07秋ドラマ『モップガール』感想ログ=

1話2話3話4話5話、6話、7話、8話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トワイライト8冷たいキスをあたしに

大きな文字と、今時のしゃべり言葉の文章のおかげで

サクサクザクザクと読み進めております♪

トワイライト8冊目、クライマックスに向けての最終ライン。

トワイライト 8 冷たいキスをあたしに
ステファニー・メイヤー著/小原 亜美訳
税込価格 : ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
出版 : ヴィレッジブックス/発売 : ソニー・マガジンズ
サイズ : 19cm / 340p
ISBN : 978-4-7897-3208-6
発行年月 : 2007.11
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

と思ったけど、必ず絶対9冊で終わるとは限らないか。

あとで、9巻の終わりに「予告」が無いか確かめます。

8巻は、ベラには高校卒業という、一応当たり前の

人生の中では、けっこう大きな節目のところなんですが

その後に、特大イベントが待っている為、あんまり

喜ばしく無いどころか、気がついたら残り日数が全然

少なくて覚悟はできていたはずなのに、動揺するベラ。

そのとまどいの中、シアトルの新参者の群を

こちらから殲滅する為、計画を練り始めるカレン家。

本人から明かされるジャスパーの過去。

そして、ジェイコブたち人狼族に伝わる物語。

ようやく、主要人物たち全員の背景が見渡せるように

なって、こうなると最初から、読み返したくなります。

最初の頃の、ジェイコブの父ビリーの言動とか

ジャスパーやロザリーの態度とか、この8巻まで読むと

いろいろ納得できる姿勢だったんだろうなぁと思います。

新参者の群が、どうもヴィクトリアの絡むものであり

ベラが狙いだと悟ったカレン家と人狼族は、この件に

関して共闘することになり、エドワード→ベラ←ジェイコブ

という三角関係が見事に表面化し、ラブストーリーと

しても、とっても読み応えのある8巻でした。

ラスト急展開を告げています。残り1冊どうなるかな。


<-トワイライト(1)愛した人はヴァンパイア

<-トワイライト(2)血は哀しみの味

<-トワイライト(3)闇の吸血鬼一族

<-トワイライト(4)牙は甘くささやく

<-トワイライト(5)狼の月

<-トワイライト(6)嘆きの堕天使

<-トワイライト(7)赤い刻印

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »