« SP(4) | トップページ | ガリレオ(7) »

夜の展覧会(クラッシュ・ブレイズ)

いつか起こるような気もしていたけど、予想以上の

大事件になりました……。リィとドミニクの「暁の天使」

暁(あかつき)= 太陽の昇る前のほの暗いころ。

古くは、夜半から夜の明けるころまでの時刻の推移を

「あかつき」「しののめ」「あけぼの」と区分し、「あかつき」は

夜深い刻限をさして用いられた。夜明け。明け方。

待ち望んでいたことが実現する、その際。「当選の―には」

Yahoo!辞書より、引用致しました)

夜の天使はルゥのこと、その天使の待ち望んでいるのがリィ。

夜の展覧会 C・NOVELS Fantasia
茅田 砂胡
税込価格 : ¥945 (本体 : ¥900)
出版 : 中央公論新社
サイズ : 18cm / 219p
ISBN : 978-4-12-501001-4
発行年月 : 2007.11
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

結局、リィの所有権を認めつつ、美術館に預けることに

なりましたが、そこまでの道のりが長い長い。長い上に

ハチャメチャで、大物窃盗団から、地位ある教授から

狂った贋作家も絡んで、入り組んだ面白いミステリーでした♪

このくらいの中身ある濃い作品が、やっぱり楽しいけど

ブレーンに徹して、暴れる場所の無かったご夫婦の姿も

もう少し見たかったかなぁと……。いや、金銀天使だけで

このボリュームだもん、赤黒ゴジラが加わったら

1冊で収まらない騒ぎになるのは目に見えてるか……。

クラッシュ・ブレイズのファンは今更3冊になろうと

5冊になろうと、結局揺らがないとは思うんだけどね。

ハリー・ポッターの最終巻読むまでは、死ねない!

って思ってたけど、このシリーズも同じくらい好きだなぁ。

金銀黒天使、赤黒ゴジラ、他のサイドストーリーとかも

もっとずっと読んでいたいなぁと心から思います♪

C★NOVELSの25周年記念アンソロジーが出ている

ようなので、デル戦外伝チェックしつつ、面白げな

作品探しをしたいと思います♪でも次はトワイライト!


◎茅田砂胡作品感想ログ◎

レディ・ガンナー(蒼天の輝き

クラッシュ・ブレイズ(パンドラの檻オンタロスの剣ソフィアの正餐会

            ミラージュの罠、夜の展覧会)

デルフィニア戦記(大鷲の誓い

|

« SP(4) | トップページ | ガリレオ(7) »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/17174970

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の展覧会(クラッシュ・ブレイズ):

« SP(4) | トップページ | ガリレオ(7) »