« SP(3) | トップページ | ガリレオ(6) »

喪の女王8(流血女神伝最終巻)

遂に終焉です。いつもは1日で全部読み切るんですが

分厚さと、字の細かさと、余白の少なさの為、たぶん

普通のコバルト文庫の、1.3~1.5倍くらいの文字数

あったんじゃないでしょうか、3日かかりました!

喪の女王 8 コバルト文庫
須賀 しのぶ
税込価格 : ¥630 (本体 : ¥600)
出版 : 集英社
サイズ : 15cm / 361p
ISBN : 978-4-08-601090-0
発行年月 : 2007.11
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

あとがきで、須賀さんは「この物語を書くために、コバルトに

応募した」と、書いていらっしゃいます。渾身の27冊。

もしかすると、バンディーカ女王の番外編をあと2冊、

この最終巻の後半部分を、もう1冊。計30冊くらいで

満足の「女神伝30冊完成」だったのかもしれません。

ここまで付き合ったし、個人的には、そこまでじっくり

細かく読みたかった気もしますが、終わりは終わりです。

タイアスの化身=ドミトリアス、オルの化身=バルアン

そしてザカリアの化身=カリエ。この3人は、死なない

だろうと思っていましたが、血の王となってしまった

バルアンが退場となってしまいました。若干16歳の

アフレイムが王になり、リトラではフィンルに「母親が

怖い」とこぼしていた幼い少年が、自分から母親を探し

始め、おかげでカリエは島→本土に渡り、ドミトリアスに

再会を果たす。これから、イーダルやミュカ、リネなど

たくさんの思い出に再会して、アフレイムやナイヤの

いるリトラに向かうことになるんでしょうねえ。あんまり

触れられていないのですが、ユリ・スカナはどうなった

のでしょうね。ネフィシカの急死が発表され、ゼリカが

女王になり、パーヴェイと仲良くやっているんでしょうか。

……甚だあやしい……。そもそも、ゼリカの本来の

意図はどこにあったんだろう。戦争でルトヴィア領土を

奪うことが目的ではなかったはず、バルアンへの

義理があったから協力せざる得なかっただけで

本当は、心からネフィシカと同じように、国土や国民を

守り、育てる立場に上がることを望んでいたのかも

しれない。でも今、彼女の周りは、軍人が主体です。

と、すると、理想の為に、ゼリカは、バンディーカと

同じことをしなくてはいけないのかもしれません。

とても皮肉なことですが。これは、別の物語ですね。

とにかく、皆、自国のことで手一杯で、たぶん他国に

干渉している暇はしばらく無いでしょう。よしよし。

カリエとエドは結婚して、子供も授かったようですが

何がどう転がって、そういうことになったのやら

読みたいような、読まなくても分かるような(笑)

たくさんの仲間を失ったトルハーン、最後はセーディラを

守るだけの存在となり、戦地を離れ状況を見守った

ラクリゼ、他にもきっと、たくさんのものを失った人が

集まる島でも、やはりカリエは原初の光のように

皆を照らし、意外ともてたんじゃないでしょうか。

そのカリエが一番信頼していたのは、やはりエドだった。

もし、ラクリゼが、本当にクナムの息子で、999番目の

クナムだったら、ラクリゼとカリエは、ものすごいお似合い

だったろうなぁとも思いますが、ラクリゼは女性で

混沌と破壊の中に有り続けたザカリア女神の、唯一の

親友とか姉妹みたいな、存在だったのだと思います。

神のきまぐれはただのきっかけであり、決めて動くのは

いつだって人。動かしていくのは人。都合の悪いこと

縁起の悪いことを神に押し付けて、拝んでも変わらない。

変わろうとする意志、それを成し遂げる努力、間違いに

気づいたら、反省し謝るべきことは謝罪して、そして

修正する姿勢、辛くても怖くても、どんな風に言われても

あとは顔を上げて、歩くだけ。どうせ歩くなら前向きに。

たくさん、読みたいサイドストーリーはあるんですが

ここは、ちょこっと時間をおいてからでも、いいかなぁと

思います。作者さんも、どうぞ「書き上げて満足!」と

言わずに、もっともっと貪欲に、次々物語を書いて

読者に届けてくれたら嬉しいです。次作も期待してます。

「帝冠の恋」……って、ホントに恋の物語?なのか?


◎須賀しのぶ作品感想ログ

流血女神伝->喪の女王(1、、8)

ブラック・ベルベット->緋の眼(読中ログネタバレ

|

« SP(3) | トップページ | ガリレオ(6) »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/17118123

この記事へのトラックバック一覧です: 喪の女王8(流血女神伝最終巻):

« SP(3) | トップページ | ガリレオ(6) »