« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

怪獣のバラード

中学校の合唱曲集に載ってる曲で、アップテンポで

唱歌という感じがあまりしない曲です。

砂漠に住んでる怪獣が、キャラバン(行商の旅人)と

出会い、彼らと一緒に砂漠を歩き、海が見たい

人を愛したいと、夢をみる……。たぶん、キャラバンと

一緒に旅することも、怪獣の中の、憧れや希望で

ホントの怪獣は、砂漠に隠れたまま、キャラバンと

真っ赤な夕日を見送っているんです。

最近、この曲のことが頭を離れません。たぶん

これを感じるのは私だけじゃないと思うのですが

この「怪獣は私」だなぁと……常々、思うのです。

夢をみたい、人を愛したい、私にだって心はある。

でかけよう、砂漠捨てて、愛と勇気のあるところ。

自分の殻を破りすてて、自分から前に進めという

けっこう真剣な応援ソングなんじゃないかと、それを

わざと、こんなアップテンポな曲にのせて、ポップに

あんまり悟られないように、おどけて、楽しく歌わせて

くれていたんじゃないかと、中学卒業して15年もたって

ようやく、なんとなく気がつくことができました。

あのころ、本気になって歌っていた、平和、環境、

旅立ちの曲は、そっちの方がグレードが高いように

思えて、かっこよく真剣に聞こえていたんだけど

ホントに大事だったのは、怪獣(人)の心だった

のかもしれないと、今頃、ちょこちょこ思うのです。

思ったこと、忘れないように、書き留めてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都地検の女(日記)

はじめから誰かにみせるつもりの日記

(学校の先生宛の日記や、友達同士の交換日勤)と

自分の行いや感情を整理するための、自分だけの

日記は、全く質が異なるものです。

それを例え家族でも読まれることは、プライバシーの

侵害であり、注意する→警告する→訴えるという手順が

可能なものだと思います。精神的暴力に値します。

だから、訴えた過程で相手が望むなら、示談に応じ

水に流しましょう、次は許しませんよと、慰謝料を頂いても

良いと思います。もし普通の家でそれが適応になるのなら

社会的に地位が低い、自分なんか、と思ってる前科有りの

社会復帰者にとって、社会的貢献度が高く、人を見下す

ことで自分が優越感に浸っている人に、自分の日記を

コソコソ読まれるようなことは、断じて許し難かった。

縁の無い前科のある人間を雇い入れ、仕事を与え

少ない売り上げの中から、もしかしたら自分自身の

貯蓄の中から小遣いを与え、生活を共にすることは

本当に社会的に素晴らしいことです。でも、だったら

本音で本心から、その人とケンカをするくらいに

おごり高ぶった自分の態度を見直し、視線を対等にして

向き合って、ケンカしても笑いあえる方が、たぶん

お互いの為だったんじゃないかな。双方が、弱いところを

見せて、分かり合って、埋めあって、これからそんな風に

変わっていけたらいいなぁと、思います。

主婦検事・鶴丸アヤさんは、今回、こういうことに時間を割き

容疑者を不起訴にし、すぐまた逮捕されてしまったので

事の顛末は如何にしろ、その事実は彼女の経歴に

バチっと書かれてしまうので、これからお偉いさんたちが

やってきて、一悶着おこり、次のシーズンは京都地検じゃ

ないかも!?(笑)そーねー、娘も大学受験みたいだし

身軽になって、離島とか、ド田舎とかも面白いかも?


∈○∋京都地検の女・07秋∈○∋

鬼ママ本妻と愛人沈黙の男女電報、日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トワイライト(7)赤い刻印

ついにシリーズ最終章の開幕です♪

待ち遠しかったような、終わりを読むのは寂しいような。

きっと明るいエンディングに繋がるだろうと期待しつつ

みんながみんな幸せってことは無いだろうなぁと……。

トワイライト 7 赤い刻印
ステファニー・メイヤー著/小原 亜美訳
税込価格 : ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
出版 : ヴィレッジブックス/発売 : ソニー・マガジンズ
サイズ : 19cm / 331p
ISBN : 978-4-7897-3207-9
発行年月 : 2007.11
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

ヴォルトォーリーの一族から期限を迫られ

ヴィクトリアという暗殺者に追われ

恋人エドワードと親友ジェイコブの間に挟まれ

おそろしく周りがみんな美形な上、ほとんど

全部嬉しくない状況の中にいる、ベラ。

やっと監禁解除で、外に出られるようになったけど

エドワードは過保護で、どんな遠くからでも飛んでくるし

ジェイコブはストレートで、思ったことも、本気じゃないけど

冗談にならなりようなことを、ガツガツ言ってくるし

なんだか心休まる場がとても少なくて

アンジェラと女の子だけの静かな時間を持ったり

半分監禁状態だけど、アリスとお泊まり会をしたり

うるさくない女の子たちだけの時間が、ベラには

今まで、ものすごく不足していたんだなぁと

チャーリーの心配がちょっとだけ分かりました(笑)

今までも味方で、これからも同じだけど、どうしても

ベラに冷たく当たってしまうロザリーの過去のこと

ジェイコブが話してくれた、人狼族が感じる「刻印」

運命の相手の話など、ラストに向けて少しずつ

バスルのピースが埋められてきた感じです。

ベラの神経がだいぶ慣れてしまって、大袈裟に書かない

せいなのかもしれませんが、7巻はアクション控えめでした。

8巻は、何か動くかな?


<-トワイライト(1)愛した人はヴァンパイア

<-トワイライト(2)血は哀しみの味

<-トワイライト(3)闇の吸血鬼一族

<-トワイライト(4)牙は甘くささやく

<-トワイライト(5)狼の月

<-トワイライト(6)嘆きの堕天使

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒(歌の絆)

今週分。いやはや、ものすごい内容でした。

2時間ドラマの題材でも良かったと思います。

人気ロックバンドのボーカルが他殺で見つかり

真剣交際中の女性が「犯人です」と自首する。

でも、どうにも誰がみても決定打に欠ける彼女。

男の周辺を洗ってみると、たくさんの縁が出てきて

どれが本線なのか、手繰りようがないほど。

その中で、デビュー前のバンドに目を付けた右京さんは

さくさくと、盗作疑惑→自殺→移植の線を詰め始める。

案の定、現在の彼女は心臓移植で助かったレシピエント。

一方、殺された男が、デビューのきっかけとなった曲を

結果的に盗んでしまったのが、自殺した前のバンドメンバー。

ホントは、盗むつもりもなかったし、もちろんその友達の

ことも新しいメンバーに入れるつもりだった、だけど……

できなくて、悔しくて、ちょっと欲にも目がくらんだかもしれない。

その後、カリスマに祭り上げられて、売れて、もてて

どんどん輝いてく自分に、酔っていたかもしれない。

だけど、彼女に巡り会えたことで、自分を取り戻し

罪悪感を感じ、例え全部失ってしまっても謝罪して

本当の姿で生きたいと、願った。そしたら、今度は

今の自分を一緒に作り上げてきた、もう1人の影の自分に

とって、それは「やっと掴んだ夢の破壊」となってしまった。

謝りたい、このままじゃ歌えない、彼女と向き合えない。

その気持ちは、すごく大事だったんだけど、ちゃんと

もう1人の自分とも時間をかけて話し合うべきだった。

自分を作り上げているのは、自分だけじゃないんだと

芸能人なら、その自覚が必要だった。多くの人に

支えられ、また、自分が輝くことで、彼らや彼らの家族も

生きているんだと。しがらみと言う人もいるかもしれない。

だけど、簡単に断ち切ってはいけない。ちゃんと説明して

理解して、その後を考えて、納得してからじゃないと

「引退」とか言えないんじゃないかな……と、私は思います。


もう1人、自殺してしまった、歌の持ち主の彼女。

売れに売れてる昔の親友を、心の底から憎みながら

でも、押さえに押さえて、移植された心臓の持ち主で

ある女性の幸せを、見守ることが、自分の幸せで

恨みを忘れて普通に平穏でいたかったのに、歌が

彼女を引き寄せ、憎いアイツに出逢わせてしまった。

そこから戸惑いや苛立ちが込み上げて、ついに

言ってはいけない、ドナーとレシピエントの関係を

その過去を明かしてしまう。言ってしまったことを悔やみ

だけど、彼女に幸せになって欲しいから、どうしても

止めたくて、許せなくて、押し掛けてしまう……。

彼女たちにも、じっくりと話す必要があったんだと思う。

ボーカルの彼は、自分が変わろうと苦悩していることを

話し、謝罪し、お墓参りに一緒に行けば良かった。

その姿をみたら、憎しみも少しずつ薄れるかもしれないし

何より、彼女自身がようやく自分の為の人生を再開

できたかもしれない。若い頃は、即決即断即行が

大事な気がして、心を置き去りにしてしまいがちだけど

間違ってないか、見のがしてないか、立ち止まって

話せる人がいたら聞いて貰って、意見を聞いたり

話すことで自分の考えをまとめることも必要だと思う。

だから、心を許せる人に出会えたら、その人を大事に

して、その奇跡に感謝しなきゃいけない。

「相棒」の二人は、すごい良いパートナーですよね。


・○・「相棒」07秋シリーズ・○・

裁判員制度第3の男ミステリー作家タクシー白いシャツ

歌の絆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒(白いシャツ)

先週分です。ドラマはリアルタイムで見ていたのですが

ブログは書きかけで止まってました。

大物俳優さんが出てくるときは、半分以上の確率で

犯人だと思っていいと思うのですが・・・・・・、今回は

あまりに演技がかっていて、逆に違うのか?誰か

かばっているのか?これがホントに真実か?と

どこまでも疑心暗鬼に勘ぐってしまいたくなる内容でした。

制作側もそれが狙いだったと思うので

ものすごく良い作りだったと思います♪

多少の罪を被ってでも、どうしても隠し通したかった

最大の秘密。それに繋がる自分自身の傑作の絵。

発表したいけど、絶対できなかった絵が、盗まれて

転々とし、とても身近な喫茶店に帰ってきてしまった。

狂いだした歯車、おもってもみなかった事故。

色んな要因がちょっとずつ結びついて、右京さんの

中に、ちょっとずつ引っかかって、ようやく真相が

明らかに。亡くなった2人の若いお嬢さんの名誉が

回復されることを祈ります。パトロンであんなもん

かもしれないのですが……旦那が若い子囲って

その子が事故で転落死しちゃっても、自分のパーティの

方が心配で、それを口に出すようでは、大物とは

言えませんね。思っても声にしない、お嬢さんの不憫を

思いやらなくては、上に立つ人間として、低レベル。

立場的には、生粋のセレブでも、心構えが欠落した

外見セレブよりは、本物のセレブになる為に

自分を磨く、成金セレブの方が、絶対ステキです!


・○・「相棒」07秋シリーズ・○・

裁判員制度第3の男ミステリー作家タクシー、白いシャツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒼い瞳とニュアージュ(完全版)

WOWOWで深田恭子ちゃんが主演でドラマ化と

噂になってますが、読んでみたら、ホントに適役だと

納得できる作品でした~。大人なのに可愛くて

派手なんだけど品があって、賢いのにバカっぽい。

DVDか何かになったら、見てみたいです。

蒼い瞳とニュアージュ 完全版 角川文庫
松岡 圭祐
税込価格 : ¥540 (本体 : ¥514)
サイズ : 15cm / 241p
ISBN : 978-4-04-383611-6
発行年月 : 2007.9
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

「千里眼」とは、持ち味が全然違う作品でした。極端な程。

千里眼が、緊迫の手に汗握る高速スピーディドラマなら

こちらは、どっかのほほんとしてるように感じるんだけど

いつのまにか、2人で秘密基地にたどり着いちゃった……

みたいな、部分部分だけ見るとホームドラマなイメージ?

決して、あてずっぽの勘ではないんだけど、捜査とか順序とか

そんなのとっぱらって、人が当たり前に自然に考える道筋を

当たり前に追っていったら、誰より早くラストに着いちゃった

……みたいな感じでした。ウサギとカメなら、カメさんですね。

もちろん、千里眼がウサギ(負け)という意味ではありません。

その場合、ウサギは戦闘機に乗っていますので……。

エンターテイメントとして、読み応えもあり、映像化の醍醐味も

あり、大衆受けするのは「千里眼」なのだと思います。

たぶん、書きやすいのも岬美由紀の方だと思います。でも

私個人的にはニュアージュ一ノ瀬恵梨香が好きだなぁと。


誰に隠すわけでもない自分の過去。弱い自分。

戦って勝つつもりなんか、最初から、そんな気無い。

誰が偉いとか、手柄をあげるとか、そんなことは

どうだっていい。大事なのは、自分に助けを求める

誰かの話を聞いてあげること。もし助けられるなら

自分がしてあげられることを、精一杯やりたい。

見返りなんか必要ない。助かったこの命が、もし

多くの人を、人の心を救えるなら、何も必要ない。


■◇■松岡圭祐、感想ログ■◇■

千里眼(完全版)、蒼い瞳とニュアージュ(完全版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれ、ブライスくん!

ブ厚いアンソロジー「C★N25」、取り敢えず先に

茅田さん関連だけ、探して読みました!

巻頭カラーの中に、ウォルとリィとシェラのカットが

あります。状況から察するに、シェラの煎れた美味しい

紅茶に、リィがブランデーを足している……のかも?

C★N25
C★NOVELS編集部・編
税込価格 : ¥1,680 (本体 : ¥1,600)
出版 : 中央公論新社
ISBN : 978-4-12-501000-7
発行年月 : 2007.11.25
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

デルフィニア戦記外伝「がんばれ、ブライスくん!」の

前に、茅田さんと鈴木さんの取材旅行記と

「シンデレラinクラッシュ・ブレイズ」のショートコミックが

掲載されています。ヨーロッパは、旅行で行くのは

楽しそうだけど、日本人が居住して仕事するには

……イライラさせられそうですね。だから、小中学校は

完全寄宿制で、規律ある生活をさせているのかも?

シンデレラby赤ゴジラ、王子様byダニエルという

怖い設定。シェラの作ったド派手なドレスは短命で

ガラスの靴は50kg、他も適材適所の配役です♪

こういうのは同人誌で、たくさん書かれてるんでしょうね。

読みたいような、怖いような。白雪姫とか、かぐや姫とか。

かぐや姫の難題は面白そうだなぁ。ものすごいハードル

高い宝探しゲームin宇宙全域。もう、誰か、書いてる?


お久しぶりのデル戦外伝、バルロの庶子ブライスくん。

ティレドン騎士団の見習いとなり、国内随一の貴族の

おうちから稽古に出かけるブライスくんと、お母さんに

なったけど、なかなかうち解けられずに苦悩する

ロザモンド。そして特殊な状況の為に、流れる噂話や

周りの人々の態度など、ブライスくんは自分の環境が

ガラリと変わってしまい、戸惑いやジレンマに悩む。

良き理解者、相談役として、親子共々、ナシアスに

お世話になることに。ユーリーがどんな風に育つか

分からないけど、ユーリーが庶民と接する状況に

なったとき、今度はブライスくんがユーリーを支えて

あげられると、いいかなぁと……思ったりもします。

ウォルとポーラの長男は、フェルナンくんだそうです。

フェルナンとバルロの双子とナシアスの子供を見守る

ブライスくん、なんて微笑ましい図も見たいですね~。

すっごく好かれてそうだ(大笑)お母さんに似て賢く

お父さんに似て強く育って欲しいです。義理のお母さんも

強いし、ナシアスは(狡)賢くて強いし、いい環境だぁ♪

さて、あとは、少しずつ、このブ厚いアンソロジーを

制覇していこうと思います。ちなみに厚さ=4.5cm


◎茅田砂胡作品感想ログ◎

レディ・ガンナー(蒼天の輝き

クラッシュ・ブレイズ(パンドラの檻オンタロスの剣ソフィアの正餐会

            ミラージュの罠夜の展覧会

デルフィニア戦記(大鷲の誓い、がんばれ、ブライスくん!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリレオ(7)

ゲスト俳優があまりにも大物すぎると、見始めから

犯人が分かってしまって、2重トリックになり得る筈の

部分が、ちょっと勿体なかった気もしますが、でも

面白かったです!湯川先生が、警察とは関係なしに

勝手に推理と検証進めてって、結局、自殺ではなく

財産搾取の為の偽装結婚と誘導不倫と、殺人事件を

いっぺんに暴いてしまった。かっこよかったです。

さすが、ガリレオ!

怖いのは、世の中にこういう詐欺師はたくさんいて

詐欺師と分かっても、騙されてしまう純粋な人も

たくさんいるとことです。全部全部むしり取られて

一文無しになって、挙げ句病気になってしまっても

純粋に信じ愛しただけの側に、後悔はないでしょう。

一方、そうしてしまった方はどうなんでしょうね。

罪悪感なんて心は既に無いからできるのか、

その人を見て、ちょっとでも改心することができるのか

でも、改心して良心の呵責に苦しむことなんか

相手は望んでないのだから、そのままでいいのかも。

自分が被害にあったり、周囲が迷惑を被ったりしないうちは

誰かの生き方に、とやかく言う権利はないですね。

「予知る(しる)」の小説版は、もっと怖い伏線と結末です。

結局、4人とも死亡という、すさまじさだったと思います。

興味のある方は、読んでみて下さい。

次は、「瞬間移動」こちらは、小説版はあんまりパッと

しなかったので、映像になることで、どう活かされるか

期待したいと思います。ポイントは黄色のコート。

なんか、印象がダブるなぁと思っていたら、「SP」と

「ガリレオ」の音楽担当は、同じ方だったのですね~。


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話2話3話4話5話6話、7話


**東野圭吾作品・感想ログ**

手紙(読中ログネタバレ)、探偵ガリレオ予知夢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の展覧会(クラッシュ・ブレイズ)

いつか起こるような気もしていたけど、予想以上の

大事件になりました……。リィとドミニクの「暁の天使」

暁(あかつき)= 太陽の昇る前のほの暗いころ。

古くは、夜半から夜の明けるころまでの時刻の推移を

「あかつき」「しののめ」「あけぼの」と区分し、「あかつき」は

夜深い刻限をさして用いられた。夜明け。明け方。

待ち望んでいたことが実現する、その際。「当選の―には」

Yahoo!辞書より、引用致しました)

夜の天使はルゥのこと、その天使の待ち望んでいるのがリィ。

夜の展覧会 C・NOVELS Fantasia
茅田 砂胡
税込価格 : ¥945 (本体 : ¥900)
出版 : 中央公論新社
サイズ : 18cm / 219p
ISBN : 978-4-12-501001-4
発行年月 : 2007.11
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

結局、リィの所有権を認めつつ、美術館に預けることに

なりましたが、そこまでの道のりが長い長い。長い上に

ハチャメチャで、大物窃盗団から、地位ある教授から

狂った贋作家も絡んで、入り組んだ面白いミステリーでした♪

このくらいの中身ある濃い作品が、やっぱり楽しいけど

ブレーンに徹して、暴れる場所の無かったご夫婦の姿も

もう少し見たかったかなぁと……。いや、金銀天使だけで

このボリュームだもん、赤黒ゴジラが加わったら

1冊で収まらない騒ぎになるのは目に見えてるか……。

クラッシュ・ブレイズのファンは今更3冊になろうと

5冊になろうと、結局揺らがないとは思うんだけどね。

ハリー・ポッターの最終巻読むまでは、死ねない!

って思ってたけど、このシリーズも同じくらい好きだなぁ。

金銀黒天使、赤黒ゴジラ、他のサイドストーリーとかも

もっとずっと読んでいたいなぁと心から思います♪

C★NOVELSの25周年記念アンソロジーが出ている

ようなので、デル戦外伝チェックしつつ、面白げな

作品探しをしたいと思います♪でも次はトワイライト!


◎茅田砂胡作品感想ログ◎

レディ・ガンナー(蒼天の輝き

クラッシュ・ブレイズ(パンドラの檻オンタロスの剣ソフィアの正餐会

            ミラージュの罠、夜の展覧会)

デルフィニア戦記(大鷲の誓い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SP(4)

病院占拠、なんとか死人無しで終わりましたが……

お金は稼げたらしいし、お掃除屋さんのバンに乗った

別動部隊は楽しそうだし、現総理はテロ対立姿勢

まっしぐらだし、この先もっと危ない展開になりそうです。

下の階からテロリストを制圧していくときの、いたずら

みたいな小細工。TVを見ているだけだと、ちょっと

笑えたり、しらけたりしそうですが、元軍人で、ビリビリに

緊張張りつめた警戒中、ちょっとしたいたずらのような

小細工が、一瞬の隙に繋がり、その隙さえあれば

制圧できるという判断の元、だったのでしょうね。

最後は、けっこう派手だったけど。

同じフロアであれだけの爆発音が聞こえたら

ロビーに集められた人たちは、逃げ出さないだろうか。

1人くらい、パニックになって、飛び出したら

もう後から後から、次々逃げ出すと思うのだけど

そうなってもいい、あの爆破が最終戦だと思って

岡田くんもやったと思うんだけど、人の心理って

難しいです。震度5くらいの揺れが夜中に来て

気がついたけど、物が落ちてくるほどじゃないと

思って、また寝る人。取り敢えず、ライフラインが

生きているか確認してから、寝る人。緊急警報が

あるかもしれないから、TVやラジオをつけたまま

寝る人もいるかもしれない。そして、家族を叩き起こして

一度外に避難する人。この人を過剰だと言えるだろうか。

大袈裟だ、パニックがすぎると言えるだろうか。本当に

生き残れるのは、もしかしたらこのタイプの人かもしれない。


「SP」感想ログ:1話2話3話、4話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モップガールep7

先週は、バタバタしていて見られなかったのですが

公式サイトのストーリー読んでみた感じ、ミステリー的には

面白みがあったみたいだけど、ドラマの展開には

あんまり関わりなかったみたいなので、セーフ。

今回、ラストでついに、桃ちゃんと大友さんの縁が

見えてきました~。過去に戻る能力を持っていた

女性。その人が身を挺して守ったのが、桃ちゃん。

この日、葉月さん(大友さんの恋人)は、たぶん

死ぬ運命だった桃ちゃんを救って、死んでしまった

んでしょうね。詳しいことは、また来週以降~。

今回は、スーパー高校生たちの、恋愛沙汰と

高校生にいじめられ恐喝される真面目な先生と

何を言われようと暖かい心で見守ってきた保険医と

様々な想いの絡まった、だけど解いてみれば

意外なほど単純な物語でした。私はやっぱり

年が近いので、保険医の先生の方に感情移入して

しまうんですが、子供って怖いもの知らずで残酷で

それが強さだと思ってるところがあって、それを

怒って、手を上げてでも止める大人もいるんだけど

ただ殴られても分からない困った子供もいて

(本当の暖かさを知らないから、痛みも分からない)

そういう子にこそ、こういう保険医が必要なんだけど

双方に、女の感情があると、それは難しいかもしれない。

片方は、相手を振り回して、嘘で独占して、自分の

物にして、楽して、ただお気楽幸せになりたい子供。

もう片方は、自分が相手とどうこうなりたいとか

なれるとかは、全く考えて無くて、ただ相手を救いたい

相手の毒になる存在を消し去りたい、自分が犯罪者に

なってでも。だからこそ、相手と結ばれる幸せには

全く興味がない、というか、想像してもいない。

ただ、相手に、心穏やかに幸せになって欲しいだけ。

親子ほども年の離れた2人で、釈放されたとしても

すんなり会えるわけでもないし、保険医の性格から

察すると、静かにどこかに消えそうな気もするけど

2人が出会えて、ほんの少しでも、暖かい気持ちを

共有できた幸せは、大事な思い出になることでしょう。

次週あたりから、能力の秘密に、ちょこっと迫るのかな?


=07秋ドラマ『モップガール』感想ログ=

1話2話3話4話5話、6話、7話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボジョレー・ヌーヴォ

1週間ほど遅くなりましたが、ボジョレー祭り致しました。

赤(ヴィラージュ)は、いい感じに渋くて良かったです。

皆さん、お住まいの都道府県の、自慢の霜降り牛で

お召し上がり下さい。ロース2枚5千円くらいするお肉。

高級肉に合います、油に負けません。最高です♪

もう1本は、地元の甘口ロゼを空けてしまったので

ボジョレーのロゼは、クリスマスまで保管です。

ワインと牛とチーズで、身体の中、脂肪やコレステロースが

大変なことになってるはずですので、本日は野菜メニュー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

まつろはぬもの(1)

「まつろう(服う、従う)=服従する」だそうなので

「まつろはぬもの=服従しないもの」ということのようです。

またまた出てきました、面白げな不思議系コミック。

まつろはぬもの1ヤングサンデーコミックス
鬼の渡る古道

木根 ヲサム/恒川 光太郎
税込価格 : ¥540 (本体 : ¥514)
出版 : 小学館
ISBN : 978-4-09-151244-4
発行年月 : 2007.11
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

まだまだ枠組が見えてきません。表紙の彼(主人公?)も

何者で何を求めているのか、さっぱりわからんです。

魂に導かれ、古道(こどう)に迷い込んできた生きた人の

因縁を断ち切り、元の世界に戻してくれるんですが

彼自身は、強い感情を残したまま死んでしまった魂を

食べて記憶や身体を操る「たまばみ」の方に、用事が

あるようで、直ぐに人を救ったりせず、泳がせたり

しちゃいます。怖いですから、早めに救って下さい。

……ところで、この絵柄は、ものすごーく見た記憶が

印象が強いんですが、同じ方でしょうか?全く別人?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリレオ(6)

今回は、ドラマ版の方が良かったかもしれません。

どっちも、それぞれ面白みがあったと思います。

ドラマは柴咲コウちゃんという魅力的な女優さんが

わけわかんないなりにも、ガリレオ先生について周り

知らず知らず湯川先生を少しずつ変えていく……

みたいなところに多少、重点が移ってきてるようで

そういう魅力、見方、あるいは、そういう考え方に

なってしまったが故の思わぬ失敗とか、後悔とかが

これから月9をドラマチックに動かしていくのかなぁと。

子供の頃の、あいまいな記憶、無理矢理辻褄合わせた

間違った事実、そういうのって結構あるんだと思います。

自分に都合のいいように解釈して、思い込んで、それを

あたかも事実のように納得して、真実になっている。

だから、自分の中で揺らぎようの無い真実でも、疑って

みることは必要なんでしょうね。どうして、自分はそれを

こんなにも嫌っているんだろうって。ホントに嫌いだろうか。

いつからだろうか、何が原因だろうか。ひょっとしたら

原因は、これとは無関係のものじゃないだろうか、って。

次回は、小説もミステリーとしての読み応えが深かった

エピソードです。裏を読んで、裏の裏つまり表を良く見て

それぞれが抱える「隠したい事実」を探し出せっ!

誰と誰が手を組めば、成り立つ可能性があるのか

そこが分かると、ちょっと推理が楽になります♪


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話2話3話4話5話、6話


**東野圭吾作品・感想ログ**

手紙(読中ログネタバレ)、探偵ガリレオ予知夢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喪の女王8(流血女神伝最終巻)

遂に終焉です。いつもは1日で全部読み切るんですが

分厚さと、字の細かさと、余白の少なさの為、たぶん

普通のコバルト文庫の、1.3~1.5倍くらいの文字数

あったんじゃないでしょうか、3日かかりました!

喪の女王 8 コバルト文庫
須賀 しのぶ
税込価格 : ¥630 (本体 : ¥600)
出版 : 集英社
サイズ : 15cm / 361p
ISBN : 978-4-08-601090-0
発行年月 : 2007.11
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

あとがきで、須賀さんは「この物語を書くために、コバルトに

応募した」と、書いていらっしゃいます。渾身の27冊。

もしかすると、バンディーカ女王の番外編をあと2冊、

この最終巻の後半部分を、もう1冊。計30冊くらいで

満足の「女神伝30冊完成」だったのかもしれません。

ここまで付き合ったし、個人的には、そこまでじっくり

細かく読みたかった気もしますが、終わりは終わりです。

タイアスの化身=ドミトリアス、オルの化身=バルアン

そしてザカリアの化身=カリエ。この3人は、死なない

だろうと思っていましたが、血の王となってしまった

バルアンが退場となってしまいました。若干16歳の

アフレイムが王になり、リトラではフィンルに「母親が

怖い」とこぼしていた幼い少年が、自分から母親を探し

始め、おかげでカリエは島→本土に渡り、ドミトリアスに

再会を果たす。これから、イーダルやミュカ、リネなど

たくさんの思い出に再会して、アフレイムやナイヤの

いるリトラに向かうことになるんでしょうねえ。あんまり

触れられていないのですが、ユリ・スカナはどうなった

のでしょうね。ネフィシカの急死が発表され、ゼリカが

女王になり、パーヴェイと仲良くやっているんでしょうか。

……甚だあやしい……。そもそも、ゼリカの本来の

意図はどこにあったんだろう。戦争でルトヴィア領土を

奪うことが目的ではなかったはず、バルアンへの

義理があったから協力せざる得なかっただけで

本当は、心からネフィシカと同じように、国土や国民を

守り、育てる立場に上がることを望んでいたのかも

しれない。でも今、彼女の周りは、軍人が主体です。

と、すると、理想の為に、ゼリカは、バンディーカと

同じことをしなくてはいけないのかもしれません。

とても皮肉なことですが。これは、別の物語ですね。

とにかく、皆、自国のことで手一杯で、たぶん他国に

干渉している暇はしばらく無いでしょう。よしよし。

カリエとエドは結婚して、子供も授かったようですが

何がどう転がって、そういうことになったのやら

読みたいような、読まなくても分かるような(笑)

たくさんの仲間を失ったトルハーン、最後はセーディラを

守るだけの存在となり、戦地を離れ状況を見守った

ラクリゼ、他にもきっと、たくさんのものを失った人が

集まる島でも、やはりカリエは原初の光のように

皆を照らし、意外ともてたんじゃないでしょうか。

そのカリエが一番信頼していたのは、やはりエドだった。

もし、ラクリゼが、本当にクナムの息子で、999番目の

クナムだったら、ラクリゼとカリエは、ものすごいお似合い

だったろうなぁとも思いますが、ラクリゼは女性で

混沌と破壊の中に有り続けたザカリア女神の、唯一の

親友とか姉妹みたいな、存在だったのだと思います。

神のきまぐれはただのきっかけであり、決めて動くのは

いつだって人。動かしていくのは人。都合の悪いこと

縁起の悪いことを神に押し付けて、拝んでも変わらない。

変わろうとする意志、それを成し遂げる努力、間違いに

気づいたら、反省し謝るべきことは謝罪して、そして

修正する姿勢、辛くても怖くても、どんな風に言われても

あとは顔を上げて、歩くだけ。どうせ歩くなら前向きに。

たくさん、読みたいサイドストーリーはあるんですが

ここは、ちょこっと時間をおいてからでも、いいかなぁと

思います。作者さんも、どうぞ「書き上げて満足!」と

言わずに、もっともっと貪欲に、次々物語を書いて

読者に届けてくれたら嬉しいです。次作も期待してます。

「帝冠の恋」……って、ホントに恋の物語?なのか?


◎須賀しのぶ作品感想ログ

流血女神伝->喪の女王(1、、8)

ブラック・ベルベット->緋の眼(読中ログネタバレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SP(3)

前後編じゃなかった、前中後編だった……。

いや、ひょっとすると、まだ続くのか???

病院占拠して自分たちはテロリストだと堂々と

宣言し、私設秘書らに、株売買をさせる。

真の目的は何なのか?黒幕は誰なのか?

やっぱり、まだまだ分からないことだらけで

何も書きようがありません!占拠された病院。

手術中の前総理、閉じこめられた多くの民間人。

SPの仕事は要人警護。彼らのなすべきことは

何だろう。民間人解放と要人救出を同時にやるには

テロリストを完璧に制圧しなくてはいけない。

2人でできることなのか、というか手術中だし

派手に動かず、解決を待つ方が正解なのか……。

救出の命令は下っていない。様々な立場の人たちの

たくさんの思惑が、水面下で動いているんでしょうね。

予告でチラリと見えた、岡田くんのランニング姿に

ドキドキしちゃいました~♪次回は見逃せません!


「SP」感想ログ:1話2話、3話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のだめカンタービレ(19)

「のだめ、産気づきました。帰ってピアノです」

音楽が大好きな人には、この想いはとっても良く分かる。

コンサートや、テレビ放送などを見て、心打たれて

あの曲がひきたい、あんな風にひきたいという

どうしようもない欲求にかられて、寝食もできない。

音楽でなくても「バッテリー」を見て、野球をしたいと思ったり

フィギュアスケートを見て、あんな風にできないことは

わかっていても、リンクに行きたいと思ったり、人の中には

いつも、いろんな情熱の種が眠っているんだと思います。

のだめカンタービレ 19 講談社コミックスKiss

二ノ宮 知子
税込価格 : ¥410 (本体 : ¥390)
ISBN : 978-4-06-340673-3
発行年月 : 2007.11
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

私の場合は、マキシムの「コリブレ」でした。3日3晩

あの音が頭から離れなくて、耳から遠くならなくて

取り敢えずCD買ってガマンして、積み立て預金して

念願の電子ピアノヤマハ、YDP-151を買いました。

本場のオケを目の前で感じたのだめが、千秋の

お食事のお誘いを断って、直帰ピアノレッスン♪

コンクールに燃える2人と、コンサートに触発された

のだめの住まうマンションに、受験の為、日本人の

女の子が迷い込む。恩師の娘さんで、面倒を見ることに

なった面倒見のいい黒木くん。振り回される黒木くんを

やきもき見つめるターニャ。そんなターニャを冷静に

分析して「同じこと繰り返すなよ」と、忠告してくれる

ユンロン。音と激情が溢れるアパルトメンに、飛び込んで

きた峰くん。ちっとも姿を見たことはないが、お母さまは

ちゃんといるようです。旅行好きで、家にいないようです。

キヨラのコンクールに合わせて渡欧してきたのだけど

自分のことなど関係なく、コンクールに集中して欲しい

という想いから、そっと影から見守ることに。ホントは

一番会いたいし、話したいし、元気づけてもあげたいし

R☆Sオケのことも相談したいし、峰くんも耐えている。

たくさんの想いを乗り越えて、ふっきって、奏でることに

集中する感覚を取り戻したターニャは、1次予選通過。

ユンロンは、ダメだったけど、帰ると言いつつ、心残りが

ありそうです。後悔しない道を探してくれるといいけど。


♪「おーえる之ユメ」内、のだめ関連リンク♪

ドラマ感想->1話2話3話4話5話

                      6話7話8話9話10話最終話

再・ドラマ感想->9~最終話

コミック感想->13巻14巻15巻16巻17巻18巻、19巻

サントラ関連->のだめオーケストラLIVE!レビュー

書籍関連->夢色☆クラシック(CLASSIC LIFE)

DVD-BOX->感想1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都地検の女(電報)

結婚式に招待されなかった少年が、お祝いの言葉を

どうしても伝えたくて、精一杯のプレゼントを考える。

ママっていうか、こいつは母親の資格ないなぁ。

最後も、ドラマをまとめるために、あんな風に謝罪を

言葉にしたけど、現在あんな勝手ママはたくさんいて

あんな風に子供に守って貰ったのにも気づかず

気づいたとしても、素直に謝ったり、一緒にいようと

言い出せなくて「施設に預けるのがこの子の為」と

逃げる人の方が多そうです。私が思うに、古今東西

ダメ親の元で育った子供は、メチャクチャしっかり者

だと思うので、ほっといても勝手に成長して、あっと

言う間に、親のこと見捨てて独り立ちしていくはず。

所詮、ニートになれるのは、裕福な家庭だよね……。

「主婦の勘!」というキャッチフレーズで、些細な事件を

掘り起こして大きな犯罪をみつけたりする、とても軸の

通った面白いドラマなんですが、よくよく考えたら、この

ドラマのホントの面白いところは、名取さんの演じる

鶴丸検事の、あのサバサバした性分じゃないでしょうか。

ただ男みたいにサバサバしてるんじゃなくて、時には

おばさん仲間と世間話、うわさ話に花を咲かせ、悪口も

さんざん言うけど、愛情があるからこそ本人の前でも

堂々と言い合っても大丈夫で、裏も表も、良さも悪さも

そういうの全部抱えていて、魅力があるなぁと感じました。

事件の真相の部分は、想像してたのは全く逆で

新しい旦那の方が、悪徳業者だと思い込んでましたし

子供に指摘されて良かったのだと、言った青年には

謝罪と後悔が垣間見えました。勝手ママが、ホントに

成長できるかは分からないけど、新しいパパを

見捨てることなく、潤ちゃんと赤ちゃんと一緒に

出所を待って、4人で新しい人生が歩けたらいいかな。


∈○∋京都地検の女・07秋∈○∋

鬼ママ本妻と愛人沈黙の男女、電報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅田次郎 新選組読本

久しぶりに電車に乗って出かける用事があって、電車の中で

読む本は何がいいかなぁと、本屋で30分以上、探して、もう

そろそろ出発しなきゃ、でもまだ決めてない!ってときに

目に飛び込んだのが、この本で、ちょっとめくって、すぐレジに

持っていきました。思えば、私と浅田作品との出会いは

「鉄道員」で、それを初めて読んだのも、新幹線の中でした。

その辺のお話、感想は、こちらをご覧下さい。→鉄道員

浅田次郎新選組読本 文春文庫
浅田 次郎/文藝春秋編
税込価格 : ¥680 (本体 : ¥648)
サイズ : 16cm / 277p 図版16p
ISBN : 978-4-16-721781-5
発行年月 : 2007.9
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

インタビューや、対談、イラスト、地図などが掲載されている

新選組読本、です。作家さん同士が、新選組について語る

のを読むという機会は、あまりないですよね。自分が小説を

書くために集めた資料や、考察から、イメージがどんどん

ふくれあがっていきます。浅田さんの「壬生義士伝」の元に

なっているのは、子母澤さんの「新撰組始末記」なんですが

……私、今回、この読本を読むまで、子母沢さんの始末記は

史実だと思っていました。こっちもまた、かっこいいところは

ほとんど作り話だったなんて~(哀)--史実が、はっきり

してないからこそ、作家さんたちは、自由に描くことができ

読者もまた、それぞれの新撰組を想像することができる。

じゃあ、ホントの新撰組って一体なんだったのか。彼らが

いなくても、明治維新は進んだし、大政奉還にもなった。

事実、歴史上、そんなに重要ポイントでは無いのに

どうして、こんなにも心を捉えられてしまうんだろうか。

古今東西、ヤンキー軍団は目立って不思議にもてる。

一見、悪っぽくみえる奴らは、バカかもしれないけど

芯が無いわけじゃない。やることなすこと、目立つのが

大好きで、揃いの羽織を着て、我が物顔で京を歩く。

威勢のいいこと言って、ケンカっぱやくて、いつのまにか

藩お抱えになってしまい、見栄っぱりの余り、引き際に

上手に退けなくて、五稜郭まで辿り着いてしまう。

帯にも書いてあるんですが、彼らは、決して英雄ではない。

現代人と何も変わらない、等身大の普通の人間です。

この読本を読んで、少し分かってきたかもしれません。


文中で、浅田さんも語っていますが、盛岡の街並みは

ほとんど変わっていません。つい先日も、バスに乗り

石割桜のある裁判所→擬宝珠のついた上ノ橋を通り

紺屋町→肴町まで歩き用事をこなして、買い物をして

中の橋を渡り、盛岡城跡公園前→明義堂(現仁王小学校)

前を通過し、盛岡駅まで戻ってくるルートを辿りました。

八幡宮と高松の池を通れば、もう壬生義士伝ツアーです♪

この街並みや通りに、たくさんの人の人生が刻まれていると

考えると、県庁所在地なのに、こんなにもコマコマして

面倒なこの土地に、なんか不思議な愛着がわきます(笑)


年末になると、渡辺謙さんの10時間ドラマを思い出します。

もう6、7年くらい前になると思うんですが、この本の口絵に

渡辺さんと浅田さんの隊士姿のツーショットお写真も♪

渡辺謙さんと並んで、小さく見えないってことは、浅田先生も

けっこう長身なんでしょうね~。そろそろ、盛岡では文士劇の

時期。高橋克彦さん、浅田さん、内舘さんなど、作家さんが

小さな劇場の舞台に上がります。地元人もチケット取れません!

年始あたりにBS放送されると思いますので、待ちましょう~。


浅田次郎作品過去ログ

◎鉄道員->ネタバレ

◎天国までの百マイル->ネタバレ(其の壱其の弐

◎壬生義士伝->

ネタバレ(其の壱其の弐其の参其の四其の五其の六其の七

◎椿山課長の七日間->読中ログ1読中ログ2ネタバレ1ネタバレ2

◎地下鉄(メトロ)に乗って->読中ログネタバレ

◎中原の虹・第一巻->26ページ163ページ読了

◎中原の虹・第二巻->50ページ120ページ

◎浅田次郎 新選組読本->感想

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒(タクシー)

自分の罪や醜い部分を隠そうと、ごまかそうとして

誰かを助けて、罪悪感をプラマイした偽善者。

助けるどころか、それ以上の恐怖や不安を

植え付けたことなど、考えてもいない、自己中人間。

さっさと落とし物を届け出していれば良かったのに

手の込んだことをやって、かえって逃げられなくなった。

この人は自業自得だし、ストーカーさんにもお灸には

なったんだけど、このドライバーを「いい人」と信じ込み

「自分が話したばっかりに、恐ろしいことになってしまった」と

恐怖に震える若いママは、ストーカーの恐怖より、もっと

もっと震える心を押し殺していたんじゃないでしょうか。

自分が薬を使って、タクシーに乗せた為に

ドライバーは刺され、川に落とされたのかもしれない。

自分が捕まったら、この子はどうなるの?

実際には、薬を飲ませただけで、殺人事件も

起こってなかったのだし、相手は正真正銘ホントの

ストーカーだし、彼女は大した罪には問われないと

思いますが、ドライバーが「死亡」状態で、逃亡に

成功していたら、真相が分からず、どうなっていたか

読めませんね。杉下さん、さすがです!


自分が犯した罪を償うために、他のことで社会貢献

することは、結局、自分の為なのかもしれません。

罪悪感をプラマイするために、ボランティア活動に

取り組むことは、償いにはならないのかもしれない。

罪は罪として、一生背負い、消えることはなく

良い行いもまた、良い行いとして、刻まれる。

きっと、良い行いをしようと、その切り替えた心こそ

変わろうとした決意こそが、大事なんでしょうね。


・○・「相棒」07秋シリーズ・○・

裁判員制度第3の男ミステリー作家、タクシー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千里眼(完全版)/松岡圭祐

有名なシリーズですが、自分でも意外なことに

手に取ったのは初めてです。読みたいなぁと

ずーっと5年くらい思っていたのですが、思ってる

うちに巻数が増えてしまって、どれが1冊目か

分からなくなってしまっていましたので、今回

「完全版」として大幅改稿出版されたこの機会を

逃さず、読んでみました。

千里眼 完全版 角川文庫

松岡 圭祐
税込価格 : ¥660 (本体 : ¥629)
サイズ : 15cm / 452p
ISBN : 978-4-04-383606-2
発行年月 : 2007.9
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

臨床心理カウンセラーとか、戦闘機F15とか、すっごい

わけわかんない世界の話なんですが、作家さんの

文脈がとても読みやすいので、置いて行かれるという

感じが全くなく、臨場感もあり、自分の鼓動が早すぎて

外の音も聞こえないっ!というほど集中して読みました。

作者さんの大幅改稿にて、世界観が、現代社会に調整

されているのですが、不景気で、格差社会で、異常な

犯罪が増え続け、国会は荒れて、未来の不安が募る。

その不安につけ込んで、カウンセリングを利用して

人間をロボットのように操り、最終的には国家を狙った

テロリスト。彼らにとってはクーデターで、成功すれば

革命と呼ばれるものになる。具体的に、彼らがどんな

世界を目指しているのか、それは分からないけど

たくさんの人の命を犠牲にして立ち上げた国家には

きっと反対勢力が持ち上がって、戦争が絶えない国に

なってしまうような気がします。

そんなことをしなくても、個人個人の世界が変わるのは

そんな難しいことじゃないとも思う。自衛官として苦悩する

岬美由紀が、被災地で「千里眼」と呼ばれる先生に

出逢ったこと、それこそが彼女の革命だったのだし

人は自分で気がついて変わることができる生き物。

心をロボトミーや宗教で、強制することはできない。

それほどの何かが「千里眼」の過去にあるんでしょうね。

完全版シリーズにて、これから追っかけたいと思います。

次は「蒼い瞳とニュアージュ(完全版)」か

そろそろ覚悟を決めて「流血女神伝(最終巻)」かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリレオ(5)

私が、ミカン取りに行ったり、コーヒー作りに立ったり

していたので見のがしたのでしょうか、アーチェリーの

弦の説明……ありました?何で出来ているから、あんな

火の玉みたいな炎が出るとか、市販されている弦じゃ

なくて、お父さんが自分で作ったものだって……。

あぁそうか、無くていいのか。真似た自殺が起こらないとも

限らないもんね……。このご時世、同じことを考える人は

意外と多いのかもしれないから。今回は、完璧に軍配が

小説の方に上がったと思います。小説版「絞殺る」は

お母さんはホントに一切関わりません。知っていたかも

しれないけど、完璧なアリバイの上に、「どうだったかしら」

「覚えてないわ」→「そういえばレシートがあった」などと

捜査を攪乱するというスゴ技もやってのけ、ガリレオ先生の

火の玉の実験は行われますが、警察は自殺と断定できず

事故として処理する方向になります。湯川先生も実験後

「これは事故、保険金が支払われるといいね」と呟きます。

ドラマの方は、だいたい中間地点で、2人がちょっとだけ

相手を意識し始める……みたいな、展開でしょうか。

映像には無かったんだけど、長野まで往復6時間。

大半を湯川先生は眠っていたと思われますが……

狭い空間で6時間は、けっこう大きいですよね。

最初から当たり前で、あんまり違和感持ってなかったけど

よく考えたら、興味があるとは言え警察に協力してくれる

大学の先生なら、当然って顔で、後部座席に座りそう

だけど、湯川先生は、最初から助手席にいましたね~。

ステンドグラスの花は、あの後、2人で、どっちがいいか

咬み合わないチグハグな会話で、決めるんでしょうね。

あり?予告見なかったかも、見た記憶が無い……。


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話2話3話4話、5話


**東野圭吾作品・感想ログ**

手紙(読中ログネタバレ)、探偵ガリレオ予知夢

| | コメント (0) | トラックバック (1)

SP(2)

2話目にして、もう前後編……。来週の続き見るまで

あんまり書く内容も無いんですが、繰り返し流れ

その度に鮮明になっていく、過去の記憶が、重要な

意味を持っているだろうことは、良く分かりました。

彼自身の能力、境遇、おそらく両親だろう2人は一体

何の犠牲になったのか、その背景、ほくそ笑む総理。

まだまだ謎だらけです。

手術中の襲撃、病院占拠、目的は何なんでしょう?


「SP」感想ログ:1話、2話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャッジ「島人」

とっても未来ある最終話でした~。

リゾート開発の差し止めをして、計画中止で万々歳

じゃなくて、島の為、島の人の為に、共存のリゾートを

島の人たちとアイディア出し合って、産みだしていく。

リゾートじゃなくて、旅人の為の、もう一つの集落。

地元住人を主体とした、環境に関わる裁判の

最も大きな実例は、有明湾だと思います。

この同じ土地の人たちが、ぶつかりあう裁判に

触れた方々が、ドラマにしたり映画にしたり

内容や場所は、実際の裁判に差し障りないよう

変えてあるんですが、こういう問題が起きるのは

決して他人事ではないんだよ、と訴えてくれています。

環境が変わり、漁業ができなくなれば、生きる基礎を

失い、生活ができなくなる。工事を差し止めれば

既に漁業を辞め、その工事に携わることで新たな

生活を始めていた人の生活が滞る。大変な事態です。

そして、この対立する人々は、元々は仲間だった。

神経的にも、壮絶な痛みを伴う状況だと思います。

ドラマは裁判官の和解への力量、弁護士の説得力に

重点を置いていて、その助言はとてもありがたいもの

なんですが、開発に携わる企業や、建設が終わった後

実際にその集落と共に生きることになる地元住民の

柔軟で前向きな姿勢というのは、重要だと感じました。

否定するだけじゃなくて、お互いの言い分を聞いて

譲歩や解決案を出し合って、双方が検討を重ねる。

大変な苦労で、苦労の割に、相応の見返りもなくて

でも、利益や環境や未来の為に、油断があっても

いけないから、裁判を通して、和解という効力のある

結果を導き出したことは、何もせずにいるより、全然

良かったのだと思います。じっくり時間をかけることにした

裁判官の判断が良かったですね。もし裁判員制度が

始まった時、裁判員を長期的に拘束しない為に、きっと

短い時間での審議が行われるでしょう。不安が残ります。

時間をかけるべき裁判を、裁判所が省いてくれると

いいんですが、それだって100%確実とは言い切れない。

講習会とか、不安を取り除き、知識を与えてくれる場が

数年前のIT講習会みたいに、盛んに行われるといいですね。


==NHKドラマ「ジャッジ」感想ログ==告白、島人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モップガールep5

前回助けられなかった後悔、戻っても助けられないかも

しれないという恐怖にさいなまれつつも、みんなに慕われる

社長の容疑を晴らすため、モモコは自分で戻ることを決めて

約束の隕石を意識的にしっかり握りしめる。

命はもちろん、それより、モモコは大事な心を救うことが

できました。分かってなかったわけじゃない、でもお互い

譲ることもできなかった理由があって、それがこの世界。

色んな考えの人がいるから、様々な色合いを見せている。

相容れないかもしれない、でも理解してないわけじゃない。

葬儀に関して言えば、本人の願いは散骨だったけど

まだ若い娘を失い、残された両親がこれから生きていく

ために、お墓が必要だと考えた社長の心もよくわかる。

お墓は、残された人の為の形なんですよね。

残された人が祈る場所。語りかける場所。

残された人が作った物だから、それが無くてもホントの

想いは、亡くなった人にはきっと届くし、心から祈って

なければ、例えお墓の前でも、心は届かないでしょう。

死後、ホントに自分の願いを絶対叶えて欲しいのなら

有効な情報を明記した、遺言書を作っておくべきです。

その確かな本人の意思表示が残っていれば、肉親なら

「海に散骨」も、きっと理解してやってくれます。

未来のことは分からない、だけど、モモコは前回の

ショックから少しだけ立ち直ることができたようです。

そろそろ前半終了かな?この先の、どう動くか楽しみです♪


=07秋ドラマ『モップガール』感想ログ=

1話2話3話4話、5話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都地検の女(沈黙の男女)

とある事件に絡んで、自ら「犯人です」と名乗り出た男女。

1人は20代の青年で、ぶっきらぼうを装ってるけど

実はその年で介護福祉の仕事に従事する好青年。

もう1人は80代のおばあちゃん。2人はデイサービスの

施設で、家族のように仲良しの間柄で、お互いを

かばい合っているのは一目瞭然なんだけど、理由が

分からない。2人とも、恐ろしいほど口が堅い。

ならばと、先に真犯人を逮捕したところで、ようやく

重い口を開いてくれる。たった2週間だけの、夫婦。

戦地から、身体も骨も遺品も何一つ戻ってこなかった夫。

夫と自分の墓を作りたかったのに、骨が無いとダメだと

冷たく断られ、夫が勤務していた列車の見える丘に

ひっそり佇む墓標と空の箱。何も入っていない箱が

あんなにも切なく、たくさんの想いを物語ってる様を

初めて見ました。60年胸に秘めた想い。戦争が憎くて

どす黒く染まった心を、デイサービスの青年が少しだけ

あったかくしてくれた。その優しさのあまり、うっかり

話してしまい、誠実な青年が、自分を想ってとってしまう

行動まで気が回らなかった。申し訳ない、でもありがとう。

12時にくるお客さんというのは、12時に通る電車

当時は汽車を運転していたのが、旦那さんだったのかな。


∈○∋京都地検の女・07秋∈○∋

鬼ママ本妻と愛人、沈黙の男女

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒(ミステリー作家)

拘束されると、執筆の時間が減る。

だけど、こんなギリギリになって、出逢ってしまった

面白い人間に興味惹かれて、最後「あなたにもっと

早く出会えていたら、もう2、3作はかけたのに」と

いう彼女の脳裏には、きっと刑事系のミステリーの

構想とか、人物とかが思い浮かんで「書きたい!」って

いう衝動が溢れていたんでしょうね……。

昔から、ミステリー作家を殺人犯とした挑戦的な

ミステリードラマはありましたが、今回ほど物語の

作りのいいものは、今までなかったように思います。

どうしても、作家と探偵役の謎解き対決になりがちで

人としての作家の心情や事情は後回しにされたり

極端に、作家側の心理に偏って、現実と小説の

境が無くなってしまった狂気になったりするから。

今回はどちらでもなくて、夫は心から作家としての

妻を愛し、執筆中で邪険にされることが分かっても

ちゃんと食べるように促した。妻は夫の好意を

分かっていても、書ける時に書かなくてはと、優しく

することが出来なくて、結局、病気になってしまった。

妻がいなくなる、そんな世界に自分の場所はない。

ならば妻が最後の1作を書けるほどの衝撃と動機を

自分が作ってあげられるなら、その小説が読めなくても

書けないまま亡くなる妻の無念より、ずっとずっといい。

ホントに心から愛し合って、支え合って、感謝しあって

いた夫婦だから、逆に書けなくなる可能性だってあった。

でも、妻は、夫の最後の願いを必ず叶えるために

キーボードを打ち続けた。犯行後の心境、刑事たちに

嗅ぎ回られるプレッシャー、追いつめられて、逃げ場を

失っていく絶望感。真実、自分が感じる全ての感情を

文章にして。どんな理由があれ自殺は、自分を殺す

犯罪で、その遺体を置き去りにし、真実を隠し

続けたことも犯罪です。きっと理解はして貰えない。

だけど、裁判官の裁きより、世論の声より、彼ら夫婦に

とって優先すべき、重要なことだった。犯罪になっても。


・○・「相棒」07秋シリーズ・○・

裁判員制度第3の男、ミステリー作家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリレオ(4)

香取くん起用により、田上というキャラも、ストーリーも

原作から、だいぶ変化した内容でした。これはこれで

いいんだけど、小説の「壊死る」も、いい内容なので

ドラマだけの人は、なんか勿体ないなぁと……思ったり。

振動数や周波数で、人は気持ち悪くなったり、もっと

重大な症状が出るのかもしれない。それを思うと、今

現代人が当たり前に使ってる、健康機器や電動歯ブラシ

など、なんかちょっと怖くなったりもします。もちろん

基準をクリアできているからこそ、流通しているので

しょうけど、商品には故障があり、人には個人差がある

……と、変に勘ぐって、考えてしまったり……。

香取くんの、唇の端っこだけで、くくっと笑って

それを堪える表情とか、すごく良かったですね~。

いかにも、おごり高ぶった科学者って感じでした。

今回、福山さんと真矢さんの、研究室(?)での

やりとりが、私個人的に、ものすごーく嬉しかった。

見ていて楽しかった。呼吸もテンポも良かったし。

この2人ホントにエンターテイナー。舞台でも通用しそう。


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話2話3話、4話

**東野圭吾作品・感想ログ**

手紙(読中ログネタバレ)、探偵ガリレオ予知夢

| | コメント (0) | トラックバック (1)

予知夢/東野圭吾

ガリレオシリーズ2冊目、読了です。ふしぎ系事件を

集めた短編集で、事象を湯川先生が解き明かしていく。

事件の真相だけではなく、犯人の心まで暴かれる。

予知夢 文春文庫
東野 圭吾
税込価格 : ¥490 (本体 : ¥467)
サイズ : 16cm / 270p
ISBN : 4-16-711008-3
発行年月 : 2003.8
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

読み終わって思ったのは、人は思想や言動は自由で

その人らしく生きていいのだけど、他人と共に

生きる世界という意識やモラルを忘れ、踏み外すと

その先には、相応のしっぺ返しが待っている、と。

隠そうと、知識を利用し、完全犯罪が成り立つはずが

他人の手でやすやすと解き明かされて、さらされれば

完全犯罪は一転して「完全計画犯罪」になります。


そんな事件の中で、自分を殺すことで、保険金を得て

家族や社員をなんとか救いたいと計画した、社長さん。

信頼を受け、荷担することになった右腕。

知っていて、知らないふりをすることで、夫の意志を

尊重した奥さん。「絞殺る(しめる)」は、物語的にも

ミステリーのセンス的にも、私の好みというか、心に

響くお話でした。全部を解き明かした後、湯川先生が

「これは事故で、保険金がおりればいい」と言うシーン。

彼自身の手で実証して見せたんだけど、もう1回

お偉いさんの前でやってみせてくれと、頼まれたら

引き受けるのかな……。証拠は処分されてしまい

疑いだけが残る現実。荷担した彼らは、これから

真実を指摘された後でも、知らぬ存ぜぬ証拠は無いを

言い通して、救われるだろうか、苦しまないだろうか。

その苦しみこそ、社長を殺した罰だと背負うのかな。


人生、お墓に持っていこうという秘密や想いが1つや2つ

誰でもあると思います。でも、それは少なければいい。

他人にとっては大したことじゃなくても、自分には

心が張り裂ける程、死に匹敵するほどのものもある。

苦しみや、悩みや、迷いや、憎しみ、哀しみ、それと

向き合うのはとても辛いことで、耐え難い痛みです。

だけど、逃げなくていいんです。これらの感情は

自分の中にあっていいんです。ない人なんていない。

ある物として受け入れていいんだと思います。

そういう深い暗い想いを持つからこそ、優しさや

幸せを、もっともっと暖かく感じることができるから。


次は、ガリレオシリーズ長編「容疑者Xの献身」です♪


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話2話3話

**東野圭吾作品・感想ログ**

手紙(読中ログネタバレ)、探偵ガリレオ、予知夢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSP金色のコルダ♪プレイレポ1

PSP版の追加要素があると聞いて、いつかやってみたいと

ずっと思っていたんですが、追加要素うんぬんの前に……

私が普段使っているゲーム用のTVがめちゃくちゃ古いのと

私自身の視力もめちゃくちゃ悪いのが原因なんですが……

PSPの画面で、目の前でプレイして、ものすごく驚きました。

ステージ用の衣装やアクセサリだけではなく、練習用の

強化アイテム(レザーアームやアロハシャツなど)まで

すごく細かくキレイにデザイン・彩色されていて、キャラが

楽器を演奏するときの腕や身体の動きも、すごく柔らかで

イヤホンつけてプレイすると、音がキレイなのはもちろん

何より、解釈のファータの位置が、とても分かりやすい!

こんなにも細かく作り込んであるゲームだということを

PSP版やるまで、全然気がつきませんでした~。

悲しいやら、嬉しいやら、申し訳ないやら……。

なるべく早く、TVとメガネ買い換えたいものです。

追加要素は、リリのクイズとか、クリア後のおまけなど。

機能的な追加は、前にプレイしたときの選択肢が分かる

しおりの表示、「ここで練習すると走ってるうちにイベントが

発生してしまうかもしれないよ」、という注意表示など

すごく親切になりました。気持ち、主人公が走る速さも

少し上がったんじゃないかと思いますが、気のせい?

コルダ2、アンコールなどをプレイした後だと、演奏が

聞こえる範囲が、最初から広いのがありがたいです(笑)

コルダ2、アンコールは、4、5人入るかどうかですが

最初のコルダは、運がよければ7、8人以上入ります♪

あと志水君が、コルダ2、アンコールより速く喋ります。

コルダ2、アンコールの頃は、すっかり主人公に気を

ゆるしていて、のんびり、ゆったり、話しているのかも?

クリアで集めた楽曲をオートで演奏し続けてくれる機能があり

イヤホンを使うと……携帯クラシックオーディオになります♪


♪金色のコルダ2アンコール、プレイレポ♪

1周目(難易度:やさしい、引継:月森)途中経過クリア

2周目(難易度:ふつう、引継:土浦)途中経過クリア

3周目(難易度;やさしい、引継:火原)クリア

4周目(難易度:ふつう、引継:志水)クリア


~金色のコルダ2♪攻略レポ~

1周目(ふつう:月森+王崎)2周目(ふつう:土浦)3周目(ふつう:加地)

4周目(ふつう:志水)5周目(ふつう:火原・連鎖+土浦・通常)

6周目(難しい:冬海)7周目(優しい:柚木・連鎖+他4人・通常+冬海)

8周目(難しい:金やん)9周目(優しい:ネコ)途中経過

9周目(優しい:ネコ+月森:連鎖+他4人・連鎖→通常+冬海+王崎)

10周目(難しい:土浦:連鎖+柚木・通常)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SP(1)

バレーボール→バイオハザード2→SP

1時間NHK「ジャッジ」見ましたが、帰ってきてから

寝るまで、ほとんどフジTV見続けることになりました。

視聴者に多くを語らないドラマ、いいですね~。

主人公の能力は、たぶん人の心が読めるとか

ではないです。おそらく、気の起伏が見える。

今風に言えば「オーラが読める」んだと思います。

でも、それは自分が緊張してる時には全然ダメで

あのお見合いデートを「いい感じ」と本気で思ってる

あたり、オーラどころか、空気も読めてないです(笑)

彼自身の過去、幼い頃の両親の事件、刑事になった

理由、SPになるまでの経緯、いろんなことが知りたい。

ストーリー、音楽、映像、キャスト、スタッフ。

たぶん、久々の「伝説になりうるドラマ」だと思います♪


自分を笑ったヤツを殺してやろうと思う気持ち

分かる気がします。そいつが憎いんじゃない。

自分の為に、壊れそうな……もう壊れてしまった

自分を元通りにするために、自分の世界に

その人間が必要ないと、考えてしまうことがある。

偏った見方で、間違った考えだけど、そう考えて

踏みとどまれば犯罪にはならないんです……。

頭のいい彼は、そこで踏みとどまれるはずだった。

だけど、気持ちを増長した誰かがいる……。

ネットというのは恐ろしいです。冗談で「やっちゃえ」と

書いた言葉が、相手にとっては「許可」になってしまう。

そして、決断し、断行したのも本人だけの罪になる。

このドラマの黒幕には「その意志」がありますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャッジ「命」

今回も、泣かせて頂きました。次が最終回なんて、早い。

命の重みを考える。島の滑走路をぐるりと囲む、特攻花。

島の娘たちの気持ちは「あなたは1人じゃありません。

花と一緒に、私も飛んでゆきます」と、託したのだと思う。

だけど、青年たちは「キレイな花を戦場に持っていくのは

しのびない。この島の花となり、未来を彩って下さい」と

植えていった。もしかしたら、魂となって帰ってくるから

その時の目印に置いていきます、と思った人もいるのかも。

ホタルになって帰ってきます、というドラマもありましたよね。

特攻隊として国を守るため死んでいった息子との約束。

「■■■100歳まで長生きしてくれ」塗りつぶされた文字。

自分の半分も生きてない裁判官を先導して、ぱたぱたと

走る様がすごーく可愛くて、戸籍訂正して貰えるのが

ものすごーく嬉しいんだと、体中から喜びが溢れている

おばあちゃん。訂正して貰えて、安心して亡くなったり

なんてことも、ちょっと考えましたが、このおばあちゃんなら

よその息子の分まで、まだまだ長生きしてくれそうです!


幼い子供を女手一つで育て、島には他に頼れる人が無く

本人は充分に反省もしていて、謝罪の気持ちに溢れ

実刑になったら「子供たちが!」という悲痛な声が

あちこちから響いてくるのですが……。もう、叫ぶことも

苦しむことも、悩むこともできない、子供を失えば……。

憎むことが生きる糧となり、喪失感が日々深くなる。

そんな遺族を前にして「実刑を受けたら、子供は!」

という、叫びは……私が個人的に思うに、乱暴です。

そんなことは声にしてはいけないと、私は思います。

もちろん、声にして訴えないと、裁判官に事情は

伝わらないのですが、遺族の前で言っていいのか。

確かに子供は不憫です。だけど、今は施設もあるし

迷惑はかけるけど、お兄さん夫婦もいる。ならば

子供に不自由をかけることになり、仕事も無くし

未来のことは何もハッキリしないけど、でも刑を受け

反省し、これからの人生を新たに見いださなくては

いけない。子供の為に、模範的に日々しっかり生活し

一日も早く出所しなくてはいけない。たぶん1年無しで

出てこられるでしょう。遺族の哀しみは1年では消えない。

これからの為に、未来をみつけるために、ようやく

俯いた顔を少しずつ上げていこうかと、ちょっとだけ

そんな未来に関わる話ができるように、なっただけ。

人を奪う、人生を無くす。失った家族の心も死んでいく。

思いもよらない不慮の事故。いつ自分が加害者になり

被害者になるか分からない。双方に、またその家族や

親戚にどれだけ迷惑をかけることになるか分からない。

日々、充分気を付けて行動しなくてはいけないですね。

交通事故に充分気を配っていても、私たちには災害や

病気、戦争やテロなどの危険が、まだたくさんある。


==NHKドラマ「ジャッジ」感想ログ==告白、命

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モップガールep4

救えなかった。その上、救いもない。最初に

救いたいと思ったのは、メイド喫茶のマリちゃん。

彼女を救うために、不眠で奔走したのだから

その結末は間違いじゃなかった。間違いがあったと

するならば……最初の思いこみだったんです。

「ストーカー無理心中事件」と決めてかかってしまった。

ようやく真実が見えたところで、変えられたのは

マリの運命だけで、世間一般的にはストーカーと

呼ばれる存在に間違いはないけど、純真すぎる

正義感の持ち主の青年の運命は変えられなかった。

後悔のうずまくモモコの心には、まだ届かない

かもしれないけど、塚田自身は、自分がマリと

お近づきになりたいとか、どうこうなりたいとか

そんなことは望んでいなかったし、彼女を守りたい

彼女に救われた恩返しがしたい、その願いは

ちゃんと全部叶えられたんです。悔いはない。

お母さんも、加害者として無言の帰宅をした息子より

女性を詐欺師から守りきったナイトとして帰り、その

事実をモモコが全部見ていてくれたことに、とても深く

感謝していた。マリは、騙されていたと分かっても

彼女の心意気を貫く。ヒロキを支えたい、と。

視聴者には皮肉すぎるエンディングなんですが

彼女がこう言い出すということは、彼女が根っから

本当に心のキレイな女性であるという証拠です。

ここで、どうしようもないヒロキを見捨てる女でなく

公園で気落ちしていた塚田に笑顔で接した時と同じ

本当に芯と真心のある強く優しい女性だと思います。

改心してくれればいいけどね、どうでしょうか。

モモコは、変えられなかった自分の力の無さを悔い

塚田の心に最後まで全然気づけなくて、結果

失ってしまい、謝ることもできなくて、苦しみ泣く。

受け継いだナイト。自分には貰う資格は無い……。


本家・米ドラマ「トゥルーコーリング」でも、シチュエーションは

全然違いますが、何度戻って頑張っても、同じ人が死んでしまい

ぐるぐるぐるぐる回り続けて、結局、その人が救って欲しかった

のは自分じゃなくて、重病の娘で、その娘に、自分の臓器を

移植してくれ……というのが願いだった、というストーリーが

ありました。主人公にやりきれない想いは残るんだけど

その人の心からの願いは叶えられて、きっと感謝している。

例えそれが、家族の望まない、自己満足な結果であっても。


人は、真実、他人を救えるのだろうか。傲慢だろうか。

それは神の領分なんだろうか。傲りだろうか。

「救いたい」という心ではいけないのかもしれない。

結果として「救うことになった」のなら、それは

感謝されることじゃないよ、と言えるし、お礼も

受け取れるけど、最初から「救いたい」と思って

成し遂げたことは自己満足(エゴ)であって

謝礼や賞賛はもちろん、感謝も望んではいけない。

だって、やりたくて勝手にやっただけなんだもん。


=07秋ドラマ『モップガール』感想ログ=

1話2話3話、4話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都地検の女(本妻と愛人)

男性が聞いたらぶっ飛びそうな話ですが、やはり

本妻・愛人問題は、本人たちが向き合って

ケンカするのが、てっとり早いと思います。

胸の内をさらけ出して、言いたいこと言ってしまわないと

病になってしまう。彼女たちは、どちらも、社長として

ではなく、人として、相手をとても大事にしていたから

私欲ではなかったから、顔を合わせて、それが良く

分かったから、2人とも、大事な人を失った同じ

哀しみを抱えていると分かったから、もう大丈夫。

一見、ただの事故のように見えた事件の裏には

愛人問題→恐喝が隠れていて、もみ合いはあったけど

結果的には、やっぱり事故だった。救急車を呼ばず

逃走したので、助かる可能性のある人を見殺しにしたという

ことで殺人罪になるんでしょうか。世間体やマスコミや

汚職問題という、表世界の大きな流れ。警察、地検

裁判など、昨今の事件は、常にマスコミが関わり

それは報道の方向で、誤解だけじゃなくて、間違った

判断とか捜査とか、表層の流れに巻き込まれかねない

たいへんな情報世界に突入してしまってるんだなぁと

……今更ながら思いました。事故に遭わず

事件を起こさず、倫理ある言動を心がけなくては。

相棒といい、これといい、今クールのアサヒミステリーは

脚本がいいですね~。放送作家にも憧れてしまいます♪


∈○∋京都地検の女・07秋∈○∋

鬼ママ、本妻と愛人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒(第3の男)

今回も見応えありました~。

特に最後の「ニュースを見のがしたという、嘘で

シラをきり通すことだけはプロとして出来ない」という

スペシャリストのプライドは、かっこ良かった!

彼女が計画殺人を思いついたのは、もしかしたら

陣川さんに会った後じゃないかと思います。あれほど

人のいい刑事なら、騙されてくれるかもしれない、と。

そして、それより先に、本当に殺意があったのか。

階段から落ちただけでは死なないこともあり得る。

焦って逃げて、うまく引っかかって、頭から落ちる確率は

そう高かったわけじゃないと思うのです。そうすれば

「何かにつまづいたようだ」という証言が残り、疑いが

回ってくる可能性もあった。迷っていたんでしょうねぇ。

フィナンシャルプランナーになりたかった。

たくさんの顧客を得て、信頼できる仲間も増えて

夢を叶えたはずだった。顧客が増えて、投資の桁が

増えていくのが「怖かった」というセリフは、彼女が

その世界にいながらも、まともな金銭感覚を持ち

続けていたという、常識人の証です。市場が開いてる

うちは、個人でも会社でも、その世界の人はパソコンの

前を離れることができない。いつのまにか、減ることが

怖くて、仕方なくなってくる。もう充分稼いだはずなのに。

辞めることはいつでもできるはずなのに、できない。

額が大きい分、パチンコより毒素の強い中毒なのかも

しれませんね。私は、ただの活字とコーヒーの中毒♪


・○・「相棒」07秋シリーズ・○・

裁判員制度、第3の男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »