« 風林火山(軍師と軍神) | トップページ | スキップ・ビート(17) »

ガリレオ(2)

真矢みきさんのファンになって、もう15年以上になると

思うのですが、あれほど存在感の無い、空気みたいな

演技というのは、なかなか見られないと思います。

そこにいるだけで華というか、派手な方で

女優なのに、芸人さん顔負けのボケもかましてくれる

エンターテイナーさんですが、どうしてもキツイ役が

多い傾向があって、バリバリのキャリアウーマンとか

女性官僚とか、検事とか……。検死官という特殊な役を

彼女自身がとても楽しんで、演じてるように見えます♪


2話。優待離脱。光の屈折、蜃気楼、工場内での事故隠蔽

家庭問題、真相解明のポイントはいくつかあったんですが

……幽体離脱がどうのこうの調べる前に、さっさと

故人の交友関係を徹底的に調べて、早くガッチリ

掴んでしまえば、この親子も変に傷つくことはなかったし

セールスマンも長々と警察に留められることはなかったし

警察としては、捜査順序間違ってるなぁという感じでした。

が、湯川先生の謎解きと、豪華ゲストキャストによる

物語進行は、今、現実に同じ日本で生活している、同じ

一般人の気持ちというか、東野作品らしい

人らしさを良く表現してくれたように思います。

……最後、もう少し、追求してくれると思ったんですが

武田のおばちゃん(アブちゃん)が来ることが

分かったのは、やはり足音だったんだろうか……。

わざと謎を持たせて、終わらせたのかな。

勘、期待、いつも聞いてる足音。予知では無いのかな。


アブちゃんの演技も見事でした。言いたいことはある

だけど、お母さんでも妻でもない自分が首を突っ込んで

いいことじゃないんだと、ためらって言い出せなくて

言葉を飲み込んでいる姿が、良く読みとれました。

福山さんのスカッシュ姿、とってもかっこよかったです♪


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話、2話

|

« 風林火山(軍師と軍神) | トップページ | スキップ・ビート(17) »

07秋ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/16847147

この記事へのトラックバック一覧です: ガリレオ(2):

« 風林火山(軍師と軍神) | トップページ | スキップ・ビート(17) »