« ガリレオ(2) | トップページ | 相棒(裁判員制度) »

スキップ・ビート(17)

長かった「DARK MOON編」がようやく一区切りです。

蓮や百瀬ちゃんは、まだまだメインでいくんだろうけど

イジメ役→味方になっていく美緒はメインフレームから

外れて、キョーコには別のお仕事が入ってきました。

スキップ・ビート! 17 花とゆめCOMICS
仲村 佳樹
税込価格 : ¥410 (本体 : ¥390)
出版 : 白泉社
ISBN : 978-4-592-17837-8
発行年月 : 2007.10
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

ーーが、どれもみんな「美緒っぽい」役ばかり……。

「ガラスの仮面」を思い出しますね~。ミスキャストだと

言われた「2人の王女」で光の王女アルディスを見事

演じきったマヤのところには、オフィーリアとか可憐で

清楚で薄幸のヒロインの役ばかりオファーが届く。

その中で、マヤは「狼少女」を自分で選ぶんだけど

さて、キョーコにはどんな役が待ってるんでしょう。

意外と、美緒っぽいけど、美緒じゃないっていう役も

キョーコなら楽しんで役作りしそうな気がしますが。

同じ現象は、今の日本でも良くあることで、昼ドラで

強烈なイジメ役をやったマジュちゃんが、同じような

イジメ役続きだったりするんですが、たまに、貧相な

派手さの無いOLをミステリーで演じてたりもして

そういうのを見ると、あれ同じ人かな?というほどの

そのギャップも楽しんで見ることができますよね。

どう結論づけるかは、その人次第なんだろうけど

芸能界という場に身を置くなら、やはりTVに出ること

舞台に上がることが、次の仕事に繋がるチャンスで

例え、似たような役でも、細かく演じ分ける器用さとか

几帳面さというか、そういうポイントを妥協しないことが

大事なんじゃないかなぁと……思ってしまいます。

まぁ、キョーコさんはドラマとか役どころじゃない

とんでもない御方の付き人をするハメになってますが。

この方が、蓮のお父さん?お兄さん?なのかな?


「スキビ」感想ログ->11、12、13141516、17

|

« ガリレオ(2) | トップページ | 相棒(裁判員制度) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/16856440

この記事へのトラックバック一覧です: スキップ・ビート(17):

« ガリレオ(2) | トップページ | 相棒(裁判員制度) »