« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

ウワサの通販美容品

まず先に、書いておきます。回し者ではありません。

良いコメントを書いたからと言って、謝礼を貰ってる

わけではありません。美容品ですから、個人差もあり

残念ながら、私には効果の無い商品もあります。

-----------------------

今回試したのは「バイオQQ(キュキュ)

メイクを落とした後、ジェルをマッサージすること30秒で

毛穴の角栓がポロポロ出てくる。しかも毛穴が閉じる

というキャッチフレーズの夢のようなアイテムです。

……私の肌がコキタナイのでしょうか、ポロポロどころ

じゃありません。あっというまに、マッサージする手が

ザラザラという感触になるほど、まぁ見事に取れます。

毛穴もきゅっと引き締まりますが、30年ろくな手入れも

せず、ほったらかした肌ですので、朝起きると、また

角栓が見えることもありますが……、まぁ気長に。

肌の凹凸をみえにくくるする化粧品が高くて、余計だし

隠そうとすればするほど、目立つような気もして

やはり根本解決をしなくてはと、思いたったのです。

毛穴隠しのファンデーションベースが3150円

(マキアージュのプレメーキャップスムーサー)

バイオQQが、キャンペーン価格で2079円

(ネット限定の価格。実際には10000円くらい?)

ですから、試してみる気になるアイテムでした。

ジェル1本なくなるまで、根気よくつきあってみます♪

興味のある方は

ヤフーショッピングにて「バイオQQ」検索してみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ガリレオ(3)

頑張っても、頑張ったのに、救えなかった。

あんな風に邪険にして、取り合わず、女の狂気だと

決めつけてかかって、あやうく見のがすところだった。

不甲斐なくて、申し訳なくて、謝ることさえ傲慢に思えて

声をあげて泣くことも失礼で、ただ後悔と涙が溢れてくる。

最後のコウちゃんの悔しくて申し訳なくて、でも

それを吐き出すこともできない表情が、良かったです。

向いてないのかもしれないと声にしたけれど、一方で

「あなたに頼んで良かった」と被害者の奥さんから

感謝というか、救いの言葉も貰って、湯川先生からも

こんな想いをさせてしまったという懺悔の気持ちからか

行きつけのおにぎり屋のお土産も頂いて……。往復

1時間かかるおにぎり屋さんじゃ、冷める気もするけど。

ドラマではあんまり分からないのですが

小説でもそうハッキリ書かれてるわけではないですが

湯川先生は、そんなに人の心に敏感な人ではないです。

というか、どっちかというと鈍く、それに気づいたところで

人の想いに当たり前に反応することもないタイプだと

思うので、こんな風に他人に心を揺るがされるのは

彼自身、あんまり経験の無いことなのかもしれないです。

あの喜怒哀楽表現の豊かな福山さんが、表情筋固めて

1時間ほぼ無表情でいるって、すごい演技でしょうね(笑)

事件や人々に遭遇するたび、心を壊していく刑事たち。

すさんで、つらくて、だんだんオートマチックになっていく。

心を固めて、表情を固めて、何があってもニュートラル。

だけど、広末さんのセリフのように、被害者の怒りや恐怖を

共有してくれる刑事さんに出会い、話を聞いて貰い

真相を見せてくれて、ホントに良かったと、私も思いました。

亡くなった人は戻らない……。その人に恥じない人生を

送る覚悟ができる。主人をみつけてくれて、ありがとう、と。


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話2話、3話

**東野圭吾作品・感想ログ**

手紙(読中ログネタバレ)、探偵ガリレオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探偵ガリレオ/東野圭吾

原作読んでみました~。ものすごい理系な小説ですが

さすが東野さん、同じ時間を生きてる、同じ日本人らしさ

というか、生身の人が抱える闇、関わってしまった事件を

事象としてではなく、心の奥から紐解く物語でした。

探偵ガリレオ 文春文庫
東野 圭吾
税込価格 : ¥540 (本体 : ¥514)
サイズ : 16cm / 330p
ISBN : 4-16-711007-5
発行年月 : 2002.2
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

解説を、佐野史郎さんが書いていらっしゃいます。

ガリレオのイメージキャラだそうです。

ドラマは福山さんですが……。この小説を読む感じ

私も、佐野さんっぽいかもなぁって思いました。

福山さんがダメなんじゃなくて、あんなにもイケメンで

ある必要は無いなぁと。何もなければ、外見は平凡な

湯川が、ああいうものすごい論理的な解説・謎解きを

するから、よりキラリとするものが感じられるというか

キラキラの福山さんがキラリとしても、あんまり

光らないような。月9だし、ドラマだし、視聴率は

大事だから、TV局の意図も、分かるんですが。


大事なのは、事件の謎を解くことじゃなくて、どうして

そういうことになったのか、心を紐解くことだと思う。

そういう意味では、事件に大きい小さいはなくて

もしかしたら結果として残った事件や現場は、大した

ことはなくても、人の内側に隠された狂気は

想像を絶するものかもしれない。それは決して

見のがしてはいけない欠片なのかもしれない。

むむむ、物書きの心がちょっと触発されてきたかも?


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話2話


東野圭吾作品・感想ログ

手紙(読中ログネタバレ)、探偵ガリレオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クライシスコアFF7~レポ7

2周目、ラスボス前のセーブにて、ミッション続けてます。

アドヴェント・チルドレンのメニュー画面にFF7関連作品を

紹介するコーナーがあって、その中に、アニメ版の

クライシスコアのダイジェスト映像があるんですが……。

その冒頭でエアリスが「ミッドガルの隙間から見える

空を見上げてかわした約束が、その人との最後の

会話でした……」と言うんです。この「約束」が何なのか

クライシスコアをやりながら、どっかで見られるだろうと

思っていました。1周目、教会の中で、ささやかな願いの

メモをザックスは受け取るんですが……この教会の

壊れた屋根のその上は、確かマコウロで、空は見えない。

このシーンじゃない。とすれば、どこでの会話なのだろうと

思っていました。2周目、花売りワゴンを3台作って

ツォンが見守る中、2人で公園で即売をするシーンで

ようやく見ることができました。2台目のかわいいワゴン

まででじゅうぶんかもしれません。3台目はゴツイです。

約束は、ザックスに無事に帰ってきてとか、一緒に

ミッドガルで花を売ろうとか、そういうことではなくて

空が怖い、上の街が怖いというエアリスに対して

ザックスが「上の街に出てみよう」言う、それだけです。

ザックスにとっては上の街は自分が住んでる場所で

ザックス自身も、そう深い意味を込めた言葉じゃなかった

と思うのですが、エアリスにとっては、隣町どころか

異国のような場所だったんじゃないかと思うんです。

きっと今までに見なかったものを見られるし、花も高く

売れるんだろうし、自分の人生にとって悪いことでは

無いんだと思うけど、今の生活にそう不満はないのに

わざわざ余所の世界に飛び込む必要があるだろうか。

怖い思い、辛い思いをするかもしれない。

誰かに心配とか迷惑とかかけるかもしれない。

そう考え始めると……無理に行く必要はない、と。

だけど、エアリスにとっては、初めて好きになった人との

最後の会話だった……。ザックスとの約束を胸に

ミッドガルに出て、そして同じ瞳のクラウドに出逢う。

懐かしいなぁ。やっぱり、FF7やりたい~っ!


◆おーえる之ユメ内・FF関連ログ◆

#クライシスコアFF7、プレイレポ、7

#アドヴェント・チルドレンFF7、感想バトン

#FF7インターナショナル、プレイレポDisc1バトン

#FF12、1周目2周目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隣の百合は白(彩雲国物語)

巻末のショートストーリーでシュウエイも不思議がって

いましたが、私もずっと同じことを思っていました。

「あの黎深の奥さんって一体、どんな人!?」って。

彩雲国物語 角川ビーンズ文庫 隣の百合は白
雪乃 紗衣著
税込価格 : ¥540 (本体 : ¥514)
サイズ : 15cm / 287p
ISBN : 978-4-04-449915-0
発行年月 : 2007.11
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

なんのことはない、事実上の紅家当主なのですね。

旦那にかまけてる暇などない。っていうか、旦那が

あれなので、奥さんがなんとかしないと紅州の民が

危ないという、常に吏部状態なのですね……。

身の上は、ものすごい御方でいらっしゃいました。

劉輝と静蘭のおば様であり、紅家三兄弟の従姉です。

本当であれば、王家に生まれた姫は、ヒョウ家に入り

異能があれば巫女となり、異能が無ければ有力な

貴族に嫁ぐようです。もしかしたら、珠翠は

劉輝のお姉さんにあたるのかもしれません。

彩八家からそれぞれ娘が嫁いで公子は6人で

その他2人はきっと姫を授かっているんでしょう。

で、ヒョウ家から、薔君を攫ってくるとき、紹可は

珠翠も連れてきたんじゃないかと思われます。

黎深と百合姫は、けっこうな近親婚なので

おそらくこれからも子供をもうける気はないし

黎深の気まぐれで拾われた(攫われた)にしろ

2人にはコウユウがいるから、ちっとも寂しくない。

コウユウは、人生2回ひっくり返るくらいの革命を

味わって、それでもやっぱり黎深を親愛している。

百合姫を慕い、どうしようもない当主(養い親)を

一番身近で最低最悪だと分かりつつ、離れられない。

なんていう番外編を、ここでもってくるあたり作者さんも

編集者さんも、ものすごくニクイことをやってくれますね。

次の本編は、そのコウユウと黎深と紅家の絆が問われる

物語になるのが、もう分かっているのにっ!

シュウエイは、家ではなく、兄弟でもなく、王を選んだ。

コウユウは……どうだろうか。いえ、読者には答えだけは

もう差し出されているんです。1巻の巻末に、王の側には

シュウエイ・コウユウ・秀麗・静蘭が残ることが分かっている。

どう選ぶのか、……コウユウが選んだとき、黎深は

どうするのだろう……。--でもまぁ、黎深は、秀麗が

王を選んだ時も、特に変わることはなかったし……。

結局、紹可と秀麗が王につくなら、たぶん渋々……?

なんにせよ、百合姫とコウユウと黄奇人の人生は

黎深の為にものすごーく、狂わされたんだなぁ、と。

黎深と龍蓮、頭のいい変人2人に、これほど慕われる

秀麗に、手を出そうとする劉輝とかヒョウ家とかが

ものすごく不憫に思えてきます。無事で済むかなぁ。


◎彩雲国物語、感想ログ

心は藍よりも深く(2005.10.04)、光降る碧の大地(2006.01.30)

藍より出でて青(2006.04.02)、紅梅は夜に香る(2006.08.30)

緑風は刃のごとく(2006.09.30)、深き眠りの水底で(2007.02.07)

鈴蘭の咲く頃に(2007.07.29)、白虹は天をめざす(2007.08.30)

隣の百合は白(2007.10.29)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャッジ「告白」

ベリー夫人のオススメのNHKドラマ、見てみました。

泣きましたっ!ベリー夫人、ありがとうございます。

ぅぐぐぐぐ、みんなが言葉にしないで心に抱える

それぞれの胸の内が、すごく伝わってきました!

フジドラマ「ビギナー」でも、介護疲れによる依頼殺人が

取り上げられたのを思い出しましたし、実際の事件の

ドキュメンタリーも見たことがあります。殺してしまった

残ってしまった片方にとっては「有罪が当然」なんです。

はたして、その望んだ罰を与えるのが、裁判だろうか。

刑務所に入って、残りの人生贖罪と祈りに費やすのが

本人の望みであり、静かな余生であり……楽なのかも

しれない。その罰を無理矢理「執行猶予」という名前で

取り除いて、元の生活に戻すことが、本当に正しいのか。

集落の人は、皆分かってくれるだろう。だけど、本人は

少しも癒されないのではないだろうか。それとも

苦しみながら、元の世界で生きることが罰なのだろうか。

--悩みます。答えは……とても難しいです。

裁判の答えは「本人は既に充分に悔いているのだから

必要なのは、ご主人の分まで生きること」ということでした。

その言葉をそのまま受け入れるのも、やはり難しい。

世間が許しても、自分は許せない、きっと一生……。

日本各地転々としながら働き続ける息子は、1人残した

母を想い、母は、息子に迷惑かけず、嫁いで来てくれた

嫁と息子が仲良く添い続けることを願い、嫁は結婚を

決めた日の義母を思い出し、それぞれを思いやる。

世の中、言葉にしない想いがたくさん溢れてるなぁと

私は、いったいどれほど、気づけているだろうかと

ちゃんと省みなくてはいけないと……思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モップガールep3

「もげ」っと、ドレッサーの前に戻ってくる、ももこちゃん。

だんだん自分の体質にも慣れてきたというか、パターンが

読めてきたようですが、今回も時間ギリギリまで走り通し

大友さん引き回して、真相に近づくため、できる所から

思いつくところから、手当たり次第に、かぎ回ってるのですが

不思議なくらいハズレがない。この勘の良さも桃子の能力?

本当だったら、見当違いのところを探し回って、結局

真相が掴めないまま、間に合わない!となる可能性の方が

断然高いんです。それが3発的中で止めてますから

すごいですね。大友さんも、連れ回されるのに慣れちゃって

すっかり助手(お守り役?)に定着です(笑)マスコミ関係の

親友が、桃子の過去を何か握ってるようですね。何かな。


=07秋ドラマ『モップガール』感想ログ=

1話2話、3話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都地検の女(鬼ママ)

やっぱり、アサヒのミステリードラマは面白い~。

1時間枠でも、ちゃんと見応えがありました。

マスコミ報道に踊らされないアヤさん、ステキでした。

あのお母さんはスゴイ真面目です。

生活保護に頼らず、朝~朝まで働いて、子供のお弁当も

ちゃんと作って、テーブルに俯して寝て、朝ご飯も一緒に

とって、見送って、お部屋も掃除して、その生き様を見て

育ったお姉ちゃんも、やっぱりスゴイしっかり者で、あの

家族のドラマを作ったら、泣けて仕方ないだろうなぁと

思ってしまいました。年中働いて、何年ぶりかの

たった1日だけのお休みに大好きなスノボに行って

火事になり、マスコミに叩かれ、余程悔しい思いを

したはずなのに、口をつぐみ世間にぶつかることなく

またもくもくと働き続ける。子供を置いてスノボに行って

しまったことは事実。火事になってしまったことも事実。

自分にも非があるのだと、すごく反省したんだと思う。

だけど、ろくでなしの前夫には、憎しみが募っていた。

そしらぬ顔でのうのうと遊び生きてるアイツが許せない。

そして自分が不在がちの家に、子供を残してる家に

あの男がまた来たらどうしようという、恐怖。

色んなものが、彼女を動かしてしまった。

2人とも起訴猶予になってしまうけど、たぶん

しっかり者の2人だから、その事実から逃げずに

幸せに向かって家族一緒に歩き続けるでしょう♪

検察の新しいスタッフ「マイフェアレディ計画」と

「ぼんぼん検事見習い」の成長(変化)も楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒(裁判員制度)

アサヒのミステリードラマは大好きで、見られるときは

良く見ております。特に2時間枠だったりすると

ストーリーの厚み(ミステリーの深さ)に期待できるので

できるだけ見るようにしてますが、満足の一話でした!

実際に起こりうるケースだなぁと思ってみてました。

事件(事故)自体は、連鎖とか連続なものではなくて

それぞれ個人の想いが空中でうまく一つの事件に

まとまってしまって、一個一個単純な事件のはずが

なぜか捜査が混乱してしまい、裁判員制度の導入も

あり、裁判だけはものすごくスピーディに進んでいく。

裁判長は、裁判員制度に待ったをかけるつもりで

ちょこっと手引きをしたようですが、証拠はない、と。

被害者の目線の判決、だけど裁判が被害者の

復讐の場になってはいけない。判決を言い渡す責任。

それを背負い続ける覚悟。それがないなら、裁判官を

引き受けるなという厳しい言葉。だったら、簡単に

断れる制度、もしくは、裁判員という名前ではなく

審理員とか、裁判に関わるけど、決定権は無い

役目に変えて貰えないだろうか、と思ってしまいました。

実際に自分や周りの人が選ばれてみないと、なかなか

実感が沸かないと思うのですが……一般の人を入れる

という試みには、一般的ではなく個人の価値観を持って

話し合いがあっていいということだろうとも思うし、でも

それでも過去の判例とかけはなれてもいけないとかいう

平等の理念もあるし……、事件の経緯、関係者の人となり

一個の事件の中に、たくさんのことが溢れていて……

私には、判決とか評議とか、その前に、1人1人事情や

どうしようもなかった感情とか、そっちの方が大きすぎて

1人1人の情報があまりに大きすぎて、全て許容して

その上で考えることなど、できないかもしれないと思う。

だって、自分のことだって、全然分からないのに

裁判所で初めて会う人を本当に理解できる自信なんか

全然ない。理解できないまま、無理矢理進めたところで

本当に間違ってなかっただろうかと、一生悩むと思う。

必要な疑問を投げかけてくれた、2時間スペシャルでした。

今日は名取さんの「主婦の勘♪」がスタート。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スキップ・ビート(17)

長かった「DARK MOON編」がようやく一区切りです。

蓮や百瀬ちゃんは、まだまだメインでいくんだろうけど

イジメ役→味方になっていく美緒はメインフレームから

外れて、キョーコには別のお仕事が入ってきました。

スキップ・ビート! 17 花とゆめCOMICS
仲村 佳樹
税込価格 : ¥410 (本体 : ¥390)
出版 : 白泉社
ISBN : 978-4-592-17837-8
発行年月 : 2007.10
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

ーーが、どれもみんな「美緒っぽい」役ばかり……。

「ガラスの仮面」を思い出しますね~。ミスキャストだと

言われた「2人の王女」で光の王女アルディスを見事

演じきったマヤのところには、オフィーリアとか可憐で

清楚で薄幸のヒロインの役ばかりオファーが届く。

その中で、マヤは「狼少女」を自分で選ぶんだけど

さて、キョーコにはどんな役が待ってるんでしょう。

意外と、美緒っぽいけど、美緒じゃないっていう役も

キョーコなら楽しんで役作りしそうな気がしますが。

同じ現象は、今の日本でも良くあることで、昼ドラで

強烈なイジメ役をやったマジュちゃんが、同じような

イジメ役続きだったりするんですが、たまに、貧相な

派手さの無いOLをミステリーで演じてたりもして

そういうのを見ると、あれ同じ人かな?というほどの

そのギャップも楽しんで見ることができますよね。

どう結論づけるかは、その人次第なんだろうけど

芸能界という場に身を置くなら、やはりTVに出ること

舞台に上がることが、次の仕事に繋がるチャンスで

例え、似たような役でも、細かく演じ分ける器用さとか

几帳面さというか、そういうポイントを妥協しないことが

大事なんじゃないかなぁと……思ってしまいます。

まぁ、キョーコさんはドラマとか役どころじゃない

とんでもない御方の付き人をするハメになってますが。

この方が、蓮のお父さん?お兄さん?なのかな?


「スキビ」感想ログ->11、12、13141516、17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリレオ(2)

真矢みきさんのファンになって、もう15年以上になると

思うのですが、あれほど存在感の無い、空気みたいな

演技というのは、なかなか見られないと思います。

そこにいるだけで華というか、派手な方で

女優なのに、芸人さん顔負けのボケもかましてくれる

エンターテイナーさんですが、どうしてもキツイ役が

多い傾向があって、バリバリのキャリアウーマンとか

女性官僚とか、検事とか……。検死官という特殊な役を

彼女自身がとても楽しんで、演じてるように見えます♪


2話。優待離脱。光の屈折、蜃気楼、工場内での事故隠蔽

家庭問題、真相解明のポイントはいくつかあったんですが

……幽体離脱がどうのこうの調べる前に、さっさと

故人の交友関係を徹底的に調べて、早くガッチリ

掴んでしまえば、この親子も変に傷つくことはなかったし

セールスマンも長々と警察に留められることはなかったし

警察としては、捜査順序間違ってるなぁという感じでした。

が、湯川先生の謎解きと、豪華ゲストキャストによる

物語進行は、今、現実に同じ日本で生活している、同じ

一般人の気持ちというか、東野作品らしい

人らしさを良く表現してくれたように思います。

……最後、もう少し、追求してくれると思ったんですが

武田のおばちゃん(アブちゃん)が来ることが

分かったのは、やはり足音だったんだろうか……。

わざと謎を持たせて、終わらせたのかな。

勘、期待、いつも聞いてる足音。予知では無いのかな。


アブちゃんの演技も見事でした。言いたいことはある

だけど、お母さんでも妻でもない自分が首を突っ込んで

いいことじゃないんだと、ためらって言い出せなくて

言葉を飲み込んでいる姿が、良く読みとれました。

福山さんのスカッシュ姿、とってもかっこよかったです♪


**07年秋・月9『ガリレオ』**

1話、2話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風林火山(軍師と軍神)

はっきり言って「川中島」より、見応えありましたー。

ゆう姫を失って、何のために生きるのか、戦うのか

自分を見失いかけた勘助と、家臣の欲や争いなど

俗世の混沌につくづく嫌気がさしてしまった謙信。

2人が、高野山で、偶然出会い、ちょっと殺陣もあり

曼陀羅を見て心をしずめ、やがて冷静ないつもの

自分に戻って、互いの腹のさぐり合いを始める……。

映像的に派手ではなかったんだけど、言葉じゃない

争いというんでしょうか、すごく見応えありました~!

ホントのキリスト教の人が聞いたら怒りそうですが

曼陀羅の中では、毘沙門天もマリシテンも同列。

自分自身を毘沙門天(軍神)の化身として

崇高でありたい、人民の為にありたいと願う謙信と

マリシテン(死によってより崇高な存在となったゆう姫)を

心の支えとし、それに恥じない生き方をしなくてはと

野心を胸に立ち直っていく勘助。

この後の「川中島の決戦」が、すごく楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モップガールep2

今回は、展開がスピーディでなかなか面白かったです。

ももこは、頭の回転ははやくないけど、でも、誰かを

助けられるかもしれない、それに必死になれる

すごい子です。だってねぇ、赤の他人だよ。

助けられたからって全然見返りはない。

もちろん、助けられるかもしれない命を、みすみす

見のがしたら、罪悪感は残るかもしれないけど

だからって、危険を冒してまで、他人の為に

一生懸命には、なかなかなれないのが現実です。

まして、自分でも良く分かってない能力だけど

誰かに気づかれたら、その誰かが、ももこに

対して好意的で、世間に対して善意ある人物だとは

限らない。利用しよう、研究材料にしよう

という、悪い可能性の方を先に考えてしまいます。

ももこは、たぶん自分の能力を分かってないから

そのこと自体を守ろうとか考えようとかは、しない。

というか、考える前に身体が動く。なにせ、救える

限界の時間が、彼女には分かってるわけだから

そこに間に合うために、走り回るしかない。

彼女が、自分の能力とどう向き合って、どう成長するか

これからが楽しみです。

ももこは全部通しだからいいけど、他の役者さんは

1日分撮り終わって→同じ日もう1回撮り直すとき

「ここはまだ、これを知らない自分だから……」と

整理しながら、演じているんでしょうね~。

混乱して大変そうだけど、おもしろい現場だろうなぁ。


=07秋ドラマ『モップガール』感想ログ=

1話、2話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クライシスコアFF7~レポ6

2周目、ニブルヘイム通過しました。

レベル60。セフィロス様2連戦、1分で撃破。

キングダムハーツFMで、1分で撃破されたので仕返し(笑)

今度は、7不思議制覇でマテリア「ウォール」ゲット~。

ミッション「vs神羅兵1000人」に早速、利用してます。

いつ終わるか分からないバトルで、1時間越したあたりで

電池切れしました(大笑)充電して、冷静に、続きです。


ニブルヘイムで4年(4年以上5年未満)眠っていた2人。

この後、ザックスは倒れてしまうんだけど、ミッドガルに

辿り着いて、ティファに再会したクラウドは、精神的には

17歳のままだったということで、FF7本編の終盤

思い出すまで、ものすごい背伸びして無理して

21歳になりきって、21歳らしく振る舞っていたんだなぁと。

2人を見る感じ、身体も成長している感じは無いですし

本当に実験サンプルとして、宝条にいいようにされて

しまったんだなぁと……。逆の、クラウドの視点から

見ると、カームで回想する「5年前のニブルヘイム事件」

というのは、本編のクラウドにとっては、実はたった

1週間くらい前の事で、だから、あんなにも記憶が

細かくはっきり鮮明だった。ちなみに、宝条と一緒に

事件直後のニブルヘイムに入った職員や神羅兵が

火事に巻き込まれて死亡し、新しい助手が来て

タークスが村の再建をしていると、その助手のメモで

読めますが、クラウドたちが脱走する前、放出された

サンプル(FF7で手の甲にナンバーの入れ墨を持った

黒マントのセフィロス・コピーの失敗サンプル)が

失踪したという研究者や神羅兵なのだと思います。

ニブルヘイム村には、生き残りはいなくて、宝条は

遠慮なく、いや、社員なのだから、率先して協力しろ

協力しないのは反神羅だと、脅したんでしょう。

宝条、つくづく、恐ろしいヤツです。人でなしです。

プレイするほど、宝条への恨み憎しみが増します。


ニブルヘイム→逃走→海岸までの、偵察機の狙撃の

ミニゲームですが、最初の1機は8発くらい連続で

打ち込めばOK。次の2機の前に、フィールドで95機

倒して、全部のパラメーターを10にあげて、誘導弾と

ドラム缶をうまく使って、簡単にパーフェクト取れました。

やったところで2周目だと、そんなめぼしいアイテムでも

無いですが、1周目の方はぜひ試してみてください♪


◆おーえる之ユメ内・FF関連ログ◆

#クライシスコアFF7、プレイレポ、6

#アドヴェント・チルドレンFF7、感想バトン

#FF7インターナショナル、プレイレポDisc1バトン

#FF12、1周目2周目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「バッテリー」

映画を見た方の、レビューを読んだとき、昔野球をやっていた

人が、またやりたくなったというコメントがすごく多かったのが

印象的でした。DVDレンタル100円デーを待って、ようやく

映画を見ましたが、その気持ちが分かるような気がします。

真っ直ぐだったあの頃。部活、仲間、先輩、先生、相手チーム

たくさんの人と出会い、向き合い、試合をすることで、たくさんの

経験と想いを得て、もちろん楽しいこと嬉しいことばかりじゃない

だけど、いろんな想いが交錯して、仲間でもすれ違うことも

あるけど「野球がしたい」という想いだけは、みんな一緒で

野球は1人じゃできなくて、それぞれ様々な想いを抱えたまま

グランドに出る。投げる、打つ、走る。個性があって当然。

色んな野球があるのだと、納得していく。妥協じゃない。


映画は、見事なキャスティングでしたね~。

おじいちゃん、お父さん、お母さん、タクミ、セイハ、監督。

スタッフみんな、わきあいあいじゃなくて、緊迫感を持って

映画を作ったということが、見ていて良く分かりました。

ピンと張りつめた刺すような空気っていうんでしょうか。

そういうものが感じられました。

張りつめた空気を破る感じではなく、包み込むような

セイハのぽかぽかの明るさや、皮肉っぽい顔じゃなくて

ホントにごくたまに心からふわっと笑うタクミの、素敵な

笑顔とか、張りつめた空気の中だからこそ、より大切に

感じられる「優しさ」というものを、セリフじゃないもので

見せてくれたように思います。

私は、野球はできないけど、バッテリー全部読み返したく

なりました。小説と映画では、タクミとゴウの、立ち直りが

ちょっと異なります。タクミは、ゴウが受けられなくなった後

ホントに妥協して、他の人とバッテリー組んだり、今後

ゴウと一緒に高校にあがれなくても、他の人とバッテリーを

組む覚悟を決めるんです。選ぶのはゴウなんだと。

自分の希望を押し付けない。ゴウも迷い続けています。

今はやっぱりタクミのボールを受けていたい。だけど

やはり親の病院も継ぎたい、継がなければいけない

じゃなくて、ゴウ自身が、そうなりたいと思っている。

それが両立できるか、両天秤でいいのか、今はまだ

分からない。だから、答えはまだ出せない。悩み続ける。

まだ、中学1年。可能性は、広がり続けています。


◎あさのあつこ読書ログ◎

バッテリー:1巻2巻3巻4巻5巻6巻ラスト・イニング

バッテリーファンブック:SCORE BOARD

No.6:1巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリレオ(1)

月9ドラマ「のだめカンタービレ」から、もう

1年経つんですね~。早いものです。

福山雅治さん&柴咲コウちゃんの「ガリレオ」

期待していましたが、期待以上です。

皆さま、安心して原作本、読んでみて下さい。

原作を読んだ人でもドラマは楽しめますし

逆もそうだと思います。あまり深く言えませんが

なんというか、事件(事象)へのアプローチが

小説とドラマで異なります。その違いが面白いです。

原作では、ドラマで北村くんがやってる役の彼が

湯川さんのゼミに通うのですが、そこがまず女性刑事だし

かと言ってメタメタの恋愛ドラマでもなく

ミステリードラマっぽいBGMもすごく魅力的だし

思っていた以上に、期待していいドラマだと思います。

おそらく、このドラマ、そうとう脚本練って練って

小説を読んだ人でも、別の視点で楽しめるよう

作ってると思うので、もしかしたら、東野作品らしい

生身(現実)の人間っぽさからは、少しずれてる

ところもあるかもしれません。東野ファンならば

すごく如実に感じる点なのかもしれませんが

それを細かく追求するのは、なかなか難しいですが

万人受けする月9ドラマとして、こんな解釈も

あるんだと、そういう見方でもいいかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FAIRY TAIL(6)

発売からけっこうたってますが、なかなか買う機会が無くて

読むのが遅くなりました。が、うふふ、6巻の後半、ようやく

人物出揃って、いよいよ物語の本筋が始動って感じですね。

FAIRY TAIL 6 講談社コミックス
真島 ヒロ
税込価格 : ¥420 (本体 : ¥400)
ISBN : 978-4-06-363890-5
発行年月 : 2007.9
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

グレイの兄弟子リオンと、師匠ウルの娘ウルティア。

この2人と、リオンの仲間たちが、きっと今後の

物語展開上、必要なキャラなんだと思われます。

世界に12固しかない鍵を手に入れ、物語を紡ぎ始めた

ルーシィ。彼女自身に、まだ謎というか、秘密がありそう

なので、それが狙われたか、本人も気づいてない能力か。

ギルド抗争は陽動で、本当の狙いはルーシィ確保。

ジークレインの狙いも、全く別のものだろうし

ここから、少しずつそれぞれが、色々動き始めます。

そして、ルーシィ、ジークレインなど、意味ありげな

思惑がうごめいているのは確かですが、読む側が

気を付けた方がいいのは、ナツのこと(たぶん)。


◎FAIRY TAIL感想ログ→1巻2巻3巻4巻4巻(おまけ)5巻、6巻

◎RAVE感想ログ→35(最終)巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタルノヒカリ(10)

ふわふわっと、くしゅくしゅっと、エレガントなフリルのついた

しわのつかない、やわらかブラウス、ホタル命名

「ラク★バケ」(意味:楽して、化けられる)必需品です!

ホタルノヒカリ 10 講談社コミックスKiss
IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE

ひうら さとる
税込価格 : ¥410 (本体 : ¥390)
ISBN : 978-4-06-340671-9
発行年月 : 2007.10
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

披露宴の羽衣も、そうようね~、許されるのは25未満。

あとは、アップにスッキリまとめた髪に、シックなスーツ。

元から26~に見られていた私には縁の無いもので

ありましたが、タンスの奥には羽衣が眠ってます(笑)

実家にしろ、今の家政婦状態にしろ、ホタルの根本には

「若い今を楽しく」ではなくて、「穏やかな老後」があって

これは、たぶん、今の若者が、けっこう思ってることです。

どっちかというと、セカンドライフとかって、今を楽しく

生きようと模索してるのは、ベビーブーム期、ここ数年の

間に、退職、退職予定の方々なのだと思います……。

ものすごい先を読みすぎて、弱虫になってることは

良く分かってる。自分の人生これでいいのかって

いつもいつも自問している。誰かに何か言われなくても

そんなことは分かってる。でも、未来が心配で縮こまる。

狭い自分の世界だけで、自分だけが納得して

誰も傷つけず、干渉せず、それでいいじゃないかって。

誰かと付き合えば(男女問わず)、楽しいことと同じくらい

傷ついたり、傷つけたり、誤解したり、苦しい思いを味わう。

誰もが成功者になれるわけじゃない、でも、黙っていれば

敗残者にはならなくて済むかもしれないじゃないかって。

って、勝者・敗者を決めるのも他人じゃないんですけどね。

結局、私は私の人生、これでいいの?って自問することから

全部は始まるんだと思います。誰かじゃない、自分なんです。

もしかしたら、そのきっかけは、親友の恋の為かもしれない。

その想いは、相手にとっては迷惑なものかもしれない。

それでも、それをやるかやめるか、それを選ぶのも自分。

選んだなら、自分がやったことで後戻りも後悔もできない。

さてホテルで飲みまくった挙げ句、我を忘れたホタルさん。

続きは、どうなることでしょう。部長のケーキ、豪華だなぁ。


○ホタルノヒカリ感想ログ○

コミック->1・2巻3巻4巻5巻6巻7巻

       8巻8巻おまけ9巻9巻(違う視点)、10巻

ドラマ->1夜2夜3夜4夜5夜6夜7夜8夜9夜最終夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モップガール

07年秋ドラマ、私の裏本命だったんですが……

そのまんま米ドラマ「True Calling」でした、残念。

予告ストーリー読んで、それっぽいな~

もしかしたら、和製リメイクかなぁとは思ってましたが

それでも、日本ならではの要素とか入ってくるはずと

期待していたんですが、ドラマの緻密さ、結末の皮肉さ

キャラクターの印象度、どれをとっても本家に劣ります。

まぁ「X-FILE」の制作チームに、いきなり追いつこうと

思っても無理だよね。本家の主人公は、医大を目指す

頭のいいお嬢さんで、物語の展開がすごくスピーディで

クール。こちらの主人公は、ドジでノロマなカメちゃん。

愛嬌と百面相では、こちらの方が勝ってるのかな。

裏本命切り替え「SP」に期待します。表本命は「ガリレオ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医龍2

このドラマ、リアルなので、あんまり見る気なかったのですが

ちょっと見たら、もう目が離せなくなりました。

特に後半の手術3連続は、手に汗握るというか、廊下の

お父さんと一緒に、手を組んで、ずっと祈って見てました。

今回は、現代社会と平行した医学界というか、医学財界?

民衆(マスコミ)に対して、高い技術とパフォーマンスで

人気を得、相乗効果を狙って、客を集め、その収益で

更に、スタッフや設備を増強し、財産としての病院を築く。

その中で、働くスタッフ、戦う患者、チーム・ドラゴン。

このドラマ、医療スタッフ側は、いつもすごい緊迫感なので

つかの間の癒しをもたらしてくれるのは、ゲスト出演の

患者キャストの笑顔や涙なんですよね。特にバチスタとか

重い病気の患者さんが多いわけなんだけど、だからこそ

患者側、その家族の演技ってすごーく、難しくて、きっと

すごーく、やりがいあるんだと思います。たとえ1話でも。

りょうさん、見事でしたね……。ずっと、ベッドで寝たままで

あれほど美しい女優さんも、そうそういませんよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金色のコルダ2アンコール♪レポ5

引き継ぎ柚木さま、難易度:難しいに挑戦しました~。

コンサート成功を目標にしたので、他の人との恋愛は捨てて

柚木・土浦・冬海+主人公で、奏でる曲に限定しました。

難易度:難しい、オケ曲:ホルスト、惑星

コンサート曲:ワルトトイフェル、スケーターズ・ワルツ

        ラフマニノフ、ヴォーカリーズ

        ビゼー、カルメン、間奏曲

評価:SS、BP:5500くらい

柚木さまとは、ちょっと、もうこれは取り返しつかないかも?

っていう恋愛イベントが展開されました。ピアノを教えて

あげると申し出てくれて、柚木の家にお邪魔するんですが

後日、とりまきたちに囲まれて、そこに仲裁に入った

柚木が、この期に及んで、まだ「ただの後輩指導」と

笑顔でさらりと言い放つわけです。ここで主人公はちょっと

切れて、柚木が差し出したピアノの教則本を受け取らず

落として、拾わない。柚木は、ここで、一旦は身を引く。

主人公との間に、ラインをひいてしまうんですが……

火原にあおられ、やはり譲れないと、主人公にちょっとだけ

謝る。で、ようやく、恋人と認めてくれるわけですが……

ラストのけっこう長い柚木のエンディングを見る分には

この人には、遊び感覚で裏表いろいろ仕掛けて、困らせて

ちょっとくらい翻弄させてやるくらいの女でないと、面白くない

と捨てられてしまいそうなので、良い子にならなくても

いいんだなぁと……、変にほっとしました(笑)

ゲーム中、お昼に柚木と加地が、時々笑顔で語らってます。

主人公の目にはブリザードやダイアモンドダストが見えるほど

すさまじい笑顔の冷戦です。2つくらい見ましたが、まだある?


♪金色のコルダ2アンコール、プレイレポ♪

1周目(難易度:やさしい、引継:月森)途中経過クリア

2周目(難易度:ふつう、引継:土浦)途中経過クリア

3周目(難易度;やさしい、引継:火原)クリア

4周目(難易度:ふつう、引継:志水)クリア

5周目(難易度;難しい、引継:柚木)クリア

~金色のコルダ2♪攻略レポ~

1周目(ふつう:月森+王崎)2周目(ふつう:土浦)3周目(ふつう:加地)

4周目(ふつう:志水)5周目(ふつう:火原・連鎖+土浦・通常)

6周目(難しい:冬海)7周目(優しい:柚木・連鎖+他4人・通常+冬海)

8周目(難しい:金やん)9周目(優しい:ネコ)途中経過

9周目(優しい:ネコ+月森:連鎖+他4人・連鎖→通常+冬海+王崎)

10周目(難しい:土浦:連鎖+柚木・通常)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジウ3新世界秩序

3冊シリーズ読了です。ダラダラ長くなくていいですね。

もっと書こうと思えば、たくさんの人の思いや過去も

並べることもできたと思いますが「そういうのめんどくさい」

っていう、基子のような戦闘タイプがいっぱいいるんでしょう。

すごいシンプルで簡潔でした。

ジウ 3 新世界秩序 C・NOVELS
誉田 哲也
税込価格 : ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
出版 : 中央公論新社
サイズ : 18cm / 327p
ISBN : 4-12-500951-1
発行年月 : 2006.8
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

よく、マンガやゲームでもありがちですが、すごい戦闘能力を

もった人の上司が、頭でっかちのデスクタイプで、その子は

自分の能力を活かす場がなくて、イライラしてしまうシーン。

あれはあれでいいんだと、ジウを読み終わって思いました。

戦闘能力が高いが故に、ちょっと向こう見ずなところもあったり

その能力故に、よからぬ輩に洗脳されてしまったり、そういう

ことを政治的(組織的に)防いだり、抑止したりできる

頭でっかちの、完璧なブレーンが上司でないと、その子が

潰されてしまうんだと……。ジウの、SATはまさにそうで

基子を呼び戻した小隊長が、まず頭脳タイプではなかった。

でも、彼は自分の身体で基子を救出に向かう。

基子の心を救いたいと、美咲と一緒に現場にたどり着く。

そして、その小隊長の上の上司は、頭脳タイプどころか

自分の出世のチャンスの為にSATを動かしたりしちゃう

疫病神で、またその上の人が……(3冊に渡るキー)。

基子は頭を使わず、身体で動いてしまい、嘘を信じ

いつの間にか、とんでもない悪行の中心に立っていた。

でも、その嘘が揺らぐと、助けに来てくれた美咲を信じ

背中を任せ、一緒に突入し、美咲を最後まで守る。

彼女の優しさ、強さ、弱さ、美咲は痛いほど感じて泣く。

基子はたぶん、極刑が待っているだろう。

美咲自身の未来を思うために、子供を預けたいとも

言わないだろう。だけど、できるなら、東と美咲が結婚して

美咲が愛情たっぷり育ててあげて欲しいなぁと思います。

本当は基子もそれを望んでいるんじゃないかと、思います。


◎過去ログ、ジウ警視庁特殊犯捜査係ジウ2警視庁特殊急襲部隊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジウ2警視庁特殊急襲部隊

想像していたのとは、全く別方向に進行を始めたように

見える2冊目でしたが、美咲という、警察内部の視点が

残っていて、なんとかまともに読み終わることができました。

ジウ2警視庁特殊急襲部隊C・NOVELS
誉田 哲也
税込価格 : ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
出版 : 中央公論新社
サイズ : 18cm / 297p
ISBN : 4-12-500935-X
発行年月 : 2006.3
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

その昔、太宰治の「人間失格」を読んで、自殺してしまった

人が何人もいたという話を聞きました。小説に感化され

自分なりに考え、死に辿り着いてしまう。自殺じゃなくても

映画やマンガ、ゲームに影響されて、社会常識から

外れた言動をとってしまうことって、たまに聞きます。

それが生死に関わると大きく報道されたりするんですが

それほどでないことなら、日本にも世界にも溢れてる

現象なのだと思います。このジウも、ちょっと間違うと

それになり得るものだなぁと……。美咲が、普通じゃない

危険だ、と注意を促して引き戻してくれるから、なんとか

正常でいられるんだけど、また少し読み進むと

「そもそも正常って、何と比べて、どう正常?」って

考え始めたりしてしまうわけです。

私が言えるのは、世の中を支えているのは人であり

人の持つ個性だということ。それを否定したり

わざわざ傷つけたりしなくても、自分が変われば

それは世界が変わるということ、だと思うのですが。

さて、基子さん。人を殺さない為に、警察に入った

あなたは、これから、どういう理念で、どう動くの?


◎過去ログ、ジウ警視庁特殊犯捜査係

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クライシスコアFF7~レポ5

クリアしました~。レベル44。なんかすごい頑張って

鍵あけたり、巨大なのと戦ったりしてたんですが……

ラスボスは、すごーく簡単に、ほとんど無傷で終了。

さすがに「力アップ改弐+力33」ってのは反則すぎ?

いやー。マテリア合成頑張ってみたらHP240%とか

すごいの出来まくっちゃって、ミッションもだいぶ楽に

こなせるようになりました♪水色の属性マテリアが

まだあんまり使いこなせてないので、2周目の課題。


ミッドガルの見える丘で亡くなることは分かっていた。

それでも、そのシーンを、あんな風に、終わる瞬間まで

描かれると……涙が溢れました。いいゲームだと思う。

例えゲームの中でも、人と戦うのは抵抗あった私でも

慣れというのは恐ろしいもので、vs神羅兵200人とか

意気揚々とこなすようになってしまうんです。

その強く荒い感情のまま、現実に戻ってはいけない。

自分が強いような錯覚、他人がだたのゲームの登場人物

であるような錯覚。自分が生き残る為に、自分の理由で

他人を傷つけてもいいような錯覚。あり得ないと思う人も

いるでしょうけど、私のような右脳タイプは、どっぷり世界に

浸かり過ぎて、切り替えられなくなったりするんです。

だから、ゲームの中の人間が死ぬ、死ぬ瞬間、その想い。

それを焼き付けるゲームというのは、必要だったと思う。

エアリスもそうだったんだけど、彼女の場合は、死ぬことに

未練は無い……みたいなところもあって、だからザックスの

生き延びてミッドガルに辿り着いてエアリスに会うんだ

という強い未練は、強烈でした。エアリスはザックスの何かを

感じるんだけど、クラウドに会った後でも、ザックスの生死に

ついては「わからない」と言うだけ。おそらく、ザックスの魂は

いつも、ずっとクラウドと共にあったんじゃないかと思うんです。

アドヴェントチルドレンで、黒い狼がずっと側にいますよね。

あれは、ザックスの魂なんじゃないかと……思うのです。

ちなみに、ジェネシスを「兄さん」と言って回収したのも

おそらく、アドヴェントチルドレンの3兄弟かと思われます。

声の感じ、たぶん。

声と言えば、顔形もなんですが、ジェネシスはガクトさんです。

「LOVELESS」を読み上げる彼の声が、すごくジェネシスで

いや、ガクトがジェネシスなのか?とか錯覚するほど、見事な

キャスティングだったと思います。というか、このジェネシスと

いうキャラは、やはりガクトさんから生まれたんじゃないかと

思ってしまうほど。ホントに雰囲気や空気が、ピッタシでした。

ジェネシスも、生き延びたいと思うのと同時に、消滅を願い

ようやく念願の女神に会うんだけど、拒絶され現実に戻り

……親友と一緒に古郷のリンゴ食べる夢も叶い、そして

失われた「LOVELESS最終章」も見いだす。あれが本当に

本物の最終章かは分かりません。ジェネシスの最終章です。

ジェネシス自身が言うように、解釈はいくらでもある。

つまり、最終章もその人次第で、いくらでもあるのだと。

これだけ、こんなにも、印象深いキャラでありながら

何故にクライシスコアのテーマソング歌ってくれなかった!?

いや、絢香の「Why」がダメだと言ってるんじゃなくて

これほど、魂を込めた役なら、それほどの歌が

あるんじゃないかと、思っただけなんですが……。

絢香の「Why」は最初聞いた瞬間に、エアリスの心だと

思いました。戦うことが普通のソルジャー、星の声が

聞こえることが普通な自分。世界には、たくさんの普通や

当たり前じゃないことがあって、それが価値観なんだけど

……なんというか、たくさんある価値観の中から、どうして

私たちは、こういう想いにとらわれなくてはいけないんだろう。

仕方ないよね、でも、割り切ることも出来ないよね、切ないね。

せめて、もう一度会えたら、どこで何しててもいい、その顔を

見せて。電話じゃなくて、メールじゃなくて、顔を見せて欲しい。

--エアリスは、ずっとツォンに手紙を託していた。

でも、それももう出来ない。どういう意味だったんだろう?

4年の間にミッドガルでは何が進んでいたんだろう?

やはり、鍵となるのは、ビフォア・クライシス?

タークスサイドの視点で全体見ないと全然わからん。

ezwebは、まだ遊べるキャリアが少ないのだよ、トホホ。


適度にやり込んだつもりですが、ミッション50%も

いってないし、使わず残ってしまったアイテムもあるし

金庫も開けなかったし、2周目じっくりやりこみます。

↑この中、きっとまた召還獣+マテリア、かな?


◆おーえる之ユメ内・FF関連ログ◆

#クライシスコアFF7、プレイレポ、5

#アドヴェント・チルドレンFF7、感想バトン

#FF7インターナショナル、プレイレポDisc1バトン

#FF12、1周目2周目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアリスのテーマ

今日は、FF7より、エアリスのテーマです。

←ピアニカならしてみて下さい。(が高いドレミ、が低いシラソ)

ミソド~、♭シソレ~、ミソレドラシソ~レ~

ミソド~、♭シソレ~、ドレド~♭ミレドレド~

ドレミ~、ミファソ~、ラシド~ラ~ファソラソー

ソミシ~、ラソラ~、ソミシ~、ラシド~

ドーシーラーソーミ~、ドーシーラーシーミミー

ドーシーラーソーレ~、ファソラソファドー、ラソミファミ~

ドーシーラーソーレ~、レミファミレド~

ミソド~、♭シソレ~、ミソレドラシソ~レ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クライシスコアFF7~レポ4

バカリンゴの故郷にて、マテリア集めて、いきなりレベル

高くなったようなダンジョンにて、奮闘しております。

ニブルヘイムのvsセフィロス戦がLv30で、そこから

ミッションでLv40まで上げてるんですが、それでもキツイ。

……マテリアあんまり育ててないからなぁ(笑)

ポイントは、シスネのラッキースターで、スカイハイに

持っていって、短いバトルでも早く回すことですね。


FF7から10年。当時いくら売れたからと言っても

間に10年あるわけです。その間に、ゲームに

ハマった人は、FF7を知らないわけですよね……。

私もそうですが、当時FF7を300時間以上、何周も

プレイして、ゴールドソーサーで全員のデートを見たり

死んだはずのエアリスをバトルにだけ復帰させたり

ものすごいやりこんだ人にとっては、前提の説明が

全然なくて、面倒くさくなくて、楽だったんですが……

これFF7やってないと、分かんない言葉が多いかも?

神羅が何をやってここまで大きくなった企業とか、何を

目指してるかとか、企業にソルジャーという特別な兵士が

いて、それが民衆の憧れにもなっていて、同じ企業が

警察+軍のような役割も果たしている。実質、軍事独裁。

当然、それに反発する人たちもいて、戦争が起こり

ソルジャーが投入され、英雄が仕立て上げられ、神羅の

人気と支配は広がる一方……。あ、裏の仕事を全部

こなすタークスという人たちもいます。そういうベースと

そして、ライフストリーム、マコウロ、ジェノバ、セトラなど

神話と科学の話のようなものも入り混ざってくるわけです。

たぶん、いきなりクライシスコアだけやっても分からない。

リメイクがどうとか検討もいいけど、やっぱり、PSPに

移植をして同時発売するべきだったんじゃないかなぁ。

私は、当時のポリゴン戦士のままでいいと思う。美しい

映像は、臨場感あるかもしれないけど、2等身の方が

なんというか……プレイする側が自由に考えられる。

それが間違っていても、たくさんの可能性を考えながら

プレイする方が、脳を使うし、考えたことは無駄じゃない。

あとクラウドが、美麗CGであの無表情のまま、ボス戦で

チョコボックル~☆とかやったら、なんか違和感あるし(笑)

召還獣なんかは、ほんとFF7の時から充分、美しいし。

そのままでいいから移植して~!あ、ムービーだけは

声入れてくれると嬉しい。あ、デイトナも美麗CGがいい。

って具合に、移植を考えると、注文が増えてくるんだな(笑)

とすると、やっぱり、一気に、本格リメイクが正解なのかなぁ。


◆おーえる之ユメ内・FF関連ログ◆

#クライシスコアFF7、プレイレポ、4

#アドヴェント・チルドレンFF7、感想バトン

#FF7インターナショナル、プレイレポDisc1バトン

#FF12、1周目2周目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマハ・ブログパーツ・ピアニカ

せっかくなので、ベートーヴェン交響曲、第7番、第1楽章を

ちょこっと音階で書いてみますので、鳴らしてみて下さい。

の音は高い方のドレミです)

ミ~レ#ドレ~、#ファ#ソラララシ#ド#ドシ~

#ドレミ~レ#ドレ~、#ファ#ソラララ#ドシラ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジウ警視庁特殊犯捜査係

携帯コンテンツで、試し読みしてみたら、すごく面白くて

たまたま古本屋さんでみかけて買って帰ったら

やっぱり面白くて、1日で読み終わってしまいました。

私、意外に警察モノ好きなのかも?(笑)

ジウ C・novels警視庁特殊犯捜査係
誉田 哲也
税込価格 : ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
出版 : 中央公論新社
サイズ : 18cm / 292p
ISBN : 4-12-500923-6
発行年月 : 2005.12
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

タイトルは警視庁特殊犯捜査係となっているんですが

開始早々、物語のメインとなる2人の女性捜査官は

この部署を離れます。1人は、所轄へ吐き出され

もう1人はなんとSATに。この2人が、それぞれの部署で

それぞれ、彼女たちらしく捜査・訓練に励み、そして

ラストには、誘拐犯が立てこもる廃墟内にて、それぞれ

犯罪と戦う。所轄に飛ばされたお嬢さんは、情が深くて

感情移入しやすい根っからの「泣き落としタイプ」で

SATにいったお嬢さんは「戦闘派突入タイプ」です。

SATのお嬢さんは、やはり泣き落としお嬢さんが嫌い。

でも、正面切って嫌いと宣言するほど、眼中には無い。

所轄のお嬢さんは、人が好きとか嫌いとか、そういう

判断はなく、こういう経緯で、こういうことになったんだと

全部根っこから辿って人を読む。そして愛情がある。

つまりは正反対。この2人が、姿の見えない犯人ジウに

これから、どう近づいて、対峙していくのか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クライシスコアFF7~レポ3

ニブルヘイム通過しました……。ちょこっと分かったことも

あるけど、ほとんど、FF7クラウドの回想とそう変わりません。

ザックスもあんまり掴めてないまま、翻弄されています。

(vsセフィロス2連戦はありますが、レベル30あれば平気)

分かったことは、ソルジャー1stであるザックスが、何故

足手まといになると分かってるクラウドを、あそこまで連れて

行って守らなければいけなかったのかということ。当然

一番に「友達を、見捨てることなんか出来ない」という強い

情はあるんだけど、そこはソルジャー、役に立たなければ

自分の命と引き替えにしても守るということはしないはずです。

実際、追ってきたタークスが、シスネじゃなくて、他の誰か

だったら、あの砂浜で「クラウドがいると無茶ができない」と

呟いた感じ、切り捨てることもよぎったんじゃないかと思う。

ザックス自身も、ずいぶん消耗していて、100%じゃない。

何故、あんなにもクラウドを守らなければいけなかったのか。

宝条自身が最後まで執着した、純粋なセフィロス因子を

もつサンプルは2人で、その内1人はジェノバ細胞の為に

全く影響が見られなかったザックスだから、クラウドが唯一。

セフィロス本人がいれば良かったけど、ニブルヘイムで姿を

消し(クラウドにライフストリームに落とされ)行方不明。

最も純粋なセフィロス細胞を持つのがクラウドだったから

絶対手放すわけにはいかなかった。本当に劣化を止める

ことが出来るのかは分からない。ただのモンスターに

なってしまうかもしれない。それでもジェネシスは、最後に

見いだした希望(女神の贈り物)に執着する。まして、それが

憧れ、憎み続けた、セフィロスの因子なら、絶対固執する。


FF7では、舞台だったかな、映画のタイトルとして登場し

シドも見たいな~なんて呟く「LOVELESS」ですが、どうも

娯楽用の「LOVELESS」は名場面をくっつけたダイジェストで

元の叙情詩とは、だいぶ違うようです。本来のLOVELESSは

一体誰のことで、何をさしているのか、全然分からない

例えて言うなら、歴史書とか予言書のような類のもので

ジェネシスもそう考えているようですが、私も、これは

ジェノバかセトラの民の言葉なんじゃないかと……思います。

だから、ジェノバにとっては「女神の贈り物」はメテオで

セトラにとってはホーリーなのかなぁ。というか、もう少し

深く解釈すると、この二つは元々同じもので、何かあって

分裂した、表と裏の存在なんじゃないかと思うのです……。

って、私、ジェネシス・ファンクラブ「勉強会」メンバーか!?

ちなみに、セフィロス・プレミアム・ファンクラブの会長は

たぶん宝条博士。子供の頃の写真も持ってるんだろうなぁ。


◆おーえる之ユメ内・FF関連ログ◆

#クライシスコアFF7、プレイレポ、3

#アドヴェント・チルドレンFF7、感想バトン

#FF7インターナショナル、プレイレポDisc1バトン

#FF12、1周目2周目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クライシスコアFF7~レポ2

レポ1の終わりに自分で書いたことなんですが

クライシスコア、プレイ終了後、そのままFF7を

やりたいと思う人はきっと多いと思うんです……。

このPSPって、最初の頃のPS2を小型化したものだと

聞きました。最初のPS2で、FF10ができるということは

PSPには、FF7がスッポリ移植できるんじゃないでしょうか。

どこかに手をいれる必要はないし、そのままのFF7を。

できればインターナショナルバージョンを……

ポータブルでやりたいなぁ、なんて思うのは私だけ?

できそうですよね、なんでやらないんだ、スクエニよ。

クライシスコア+FF7、ペアパックで8,000円とか。

売れるし、稼げると思う。考えなかったわけではないと

思う。ならば、移植ではなくて、リメイクを考えてる?

もしくは、その可能性を考慮して、やらなかったのかな?


またミッションにハマっているので、ストーリーは

ほとんど進んでません。それにしてもPSPは

この巨大液晶の為か、素晴らしい音響の為か

バッテリーが切れるのが、けっこう早いんですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽園/宮部みゆき

上巻を読むのは5日くらいかかったのですが

下巻は1日で読み終わってしまいました。

「模倣犯」で網川浩一を追いつめた、前畑滋子さんが

亡くなったお子さんが超能力者だったかもしれない

という疑問を抱いたお母さんに出逢い、彼が本当に

サイコメトラーだったか、そうじゃないのか、証明する為

時間はかかるのに、お金は入らないし、本にするつもりもない

取材を、自分の中の知りたいという情熱と、対峙しながら

9年前の「死の山荘」の事件や、自分自身の言動と向き合い

ながら、いくつかの人の闇に辿り着き、それ以上に

この世に溢れている優しさや愛情に遭遇し、真実を見る。

楽園(上)/宮部みゆき
税込価格 : ¥1,700 (本体 : ¥1,619)
出版 : 文藝春秋
サイズ : 20cm / 413p
ISBN : 978-4-16-326240-6
発行年月 : 2007.8
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

宮部さんは女の子を表現するのが、すごくうまいなぁと。

途中から、断章の女の子と、茜は似てるんだろうなぁと

考えてましたが、同じように、私もそうだったなぁと……

思い返しました。みんなが近づくなという場所に近づいて

痛い目みたら、みんな私を心配してくれる、そうすることで

「私」が形成されているような気がする年頃があるもんです。

私の場合は、もう1つ「勉強」という自己確立のアイテムが

あったので、その「点数、通知票」が、私自身を満足させて

「私」を形成していると思い込んでおりました。今となっては

そんなものは、二の次で、本来、感じ取るべき学校のこと

クラスのこと、友達のこと、そういうことの方を二の次にし

勉強を優先していた幼い自分が、勿体ないと思います。

悪いことが大人だと、大人になりたいと、固執して、男に

つけこまれて、いいように遊ばれて、捨てられて……。

傷つくのは自分、そして傷つけられた自分を親は

愛してくれると、守ってくれると……甘ったれて、自分が

しでかしたことを省みようともせず、他者を責めるより

我が襟を正す。誠子のおばさんがおっしゃった通りですね。


いくつか疑問が残ってます。わざと残したと思われます。

等君は、ちょっと指導が難しい子に分類された時期も

あるようですが、警察やマスコミのお世話になることは

なかったんじゃないかと思います。ならば、死の山荘の

あのワインボトルの記憶はいつ、どこで、誰から

読みとったのでしょう。雑踏の中で、偶然すれちがった

刑事の中から読みとったとも考えられますが、それなら

もっと他の事件の絵があってもおかしくないはず。

ま、分かったところで、あの事件が覆ることは無いと

……思うんだけどね……。変な期待?(笑)

あとは、20万円?これは単純に、クスリ代かな。

鳩子さんがいう「越えてはいけない一線」が、クスリ

かなぁと、私は察しました。滋子さんはどうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クライシスコアFF7ブログパーツ

スクエニ・メンバーズサイトからお借りしてきました。

FF7でブロンドのかつらを入手するため奮闘した

スクワットです。クライシスコアでは、本社内での

ソルジャー体力測定と、アイスロッジ近くの村での

低温対策の為にザックスがスクワットしてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クライシスコアFF7~レポ1

ザックスの髪型が変わるところまできました。後半かな?

よくよく考えたら、このクライシスコアのクライマックスで

ライフストリームに落ちたセフィロスは、その後、ずっと

大空洞のマテリアの結晶の中にいたわけで、ミッドガルに

現れプレジデント神羅を殺し、ジェノバの首を持ち去り

忘らるる都でエアリスを殺したセフィロスは、つまりは

うまくできたセフィロス・コピーだったわけですよね……。

あの人が自分でコピーを作るわけがないので宝条作。

諸悪の根元……宝条か。FF7の後半、ミッドガルで

宝条と闘って、殴るシーンがあるんですが、あの時の

みんなの怒りや恨みがようやく分かった気がします。

エアリスがセフィロスに刺し殺されて、白マテリアが髪の

中から落ちていくシーン。エアリスのテーマが流れて

静かなメロディの中、そのままジェノバとのバトルという

最初プレイした時は、泣いてバトルどころじゃなかった

シーンですが……この後、水葬されるエアリスの髪は

ほどけたまま、リボンはありません。このリボンを縦に

切り裂いたものを、アドヴェントチルドレンで、みんなが

腕に巻いたり、身につけています。残ったのをマリンが

リボンにしてるのかな?この桜色のリボンが、なんと

ザックスからエアリスに贈られた最初(で、もしかしたら

最後、唯一)のプレゼントだったんですね……。

やってくれます、スクエニ。しばらく動けませんでした。

ザックス、ジェネシス、アンジール、ホランダー、ラザード

所要人物でFF7に出てこない方々のほとんどが

このクライシスコアの中で命を落としていくんでしょう。

タークスだけは動きが読めませんので、シスネは

生きているのかもしれません。タークスサイドの

ビフォア・クライシスで、動きが見られるのかな?

ニブルヘイムから逃げて逃げて、ようやくエアリスの

いるミッドガルが見える丘にたどり着いたザックス。

クラウドを守って死んでしまう結末を、世界中たくさんの

人が既に知っています。結末の分かっている物語を

こんな風にゲームで作ろうとしたスタッフもすごいけど

やっぱり買ってしまう消費者も、そうとうコアだよなぁと

なんだか少し世界中の熱を感じてしまいますね(笑)

ザックスが倒れてから、クラウドが7番街スラムに

辿り着くまで、たぶんそう長い時間ではないと思います。

7~10日、もしかしたら、もっと短いのかもしれません。

花売りエアリスは、FF7冒頭で、何かを祈ってます。

……きっと、花を持ってミッドガル上の街に出るたび

ザックスの無事を祈っていたんでしょう……。そして

クラウドがやはり上から降ってきて、教会で再会した時

「同じだ」と呟いたのは、目の色や、ソルジャークラスのこと

じゃなくて、アンジールから受け継いだバスターソードのこと

だったんじゃないかと……思い返しました。

きっとクライシスコアをプレイし終わると、そのままFF7を

プレイしたくなるんでしょうね~。目に見えるようです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »