« はてしない物語(読中ログ) | トップページ | 花ざかりの君たちへ(最終回) »

はてしない物語(読中ログ2)

バスチアンが、人がぶつかりあうことのない

個性の無い街から、霧の海を渡っています。

「私」という言葉を持たない人たち、名前もなく

いがみあうことも無いということは……つまり

憎み合うことが無い。そして、愛し合うこともない。

世界には、たくさんの人がいて、統一された一つの

意識では、文化も生まれず、つまらないだろうと

思っていましたが、それだけではないと教わりました。

自分の中に確かにある、憎しみという心。それを

自分の中にあっていいものなんだと、受け入れて

いいんだと教わった、宮部さんの「ブレイブ・ストーリー」

和製ファンタジーとして「はてしない物語」と

比較というか、並べて評される理由が分かりました。

自分の中の憎しみを受け入れて、はじめて

他人の愛の意味を知ることもできる。

愛されたいと渇望する。愛されるためには自分に

何が必要なんだろうと、考え始めることができる。

今までの自分をかえりみることができる。

だけど、バスチアンは、もうほとんどの過去を失い

かえりみることができない。自分を取り戻せるか!?

頭の中のBGMは、ハウルの「世界の約束」です。

こういう展開になると、あの映画のテーマソングが

あんまり似合ってなかったような気がしてきます。

もちろん、あれはあれでいい曲なんですが。

|

« はてしない物語(読中ログ) | トップページ | 花ざかりの君たちへ(最終回) »

半身浴で読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/16485279

この記事へのトラックバック一覧です: はてしない物語(読中ログ2):

« はてしない物語(読中ログ) | トップページ | 花ざかりの君たちへ(最終回) »