« 山田太郎ものがたり(最終話) | トップページ | 受験の神様(9) »

金9ドラマ◆女帝(最終話)

視聴者が既に知っている事実で、どんでん返しは成立しません。

あまりに、ありがちな「大逆転」で、勿体なかったです。

それが許されるのは、水戸黄門様だけ。それも1話内。

連続ドラマでは、それは通用しない。やるなら、もう一つ

最後の「大どんでん返し」を用意しなくてはいけません。

実は、やれたんですけどね。

娘のその後の姿をチラリと見せてくれれば良かったんです。

祇園で舞妓のトップを目指す姿を。

それをやると「ドラマ女帝2」を匂わせてしまうので

その辺の配慮は、すごく重要なポイントなんですが

面白みとしては、そっちの方が良かったかなぁと。

女帝・舞妓はコミックで読めます。娘の物語です。

--たぶん、そんなに派手に大逆転を狙ったわけでは

なかったんだとも思うんです。でも、それなら、中途半端。

リナの目には、まだまだ復讐の色が強く残ってるように

見えたし、そのくらいの気概を視聴者は期待してるし

「ホントの勝負はこっから!」的な雰囲気でも良かったかも。


大阪→銀座と、とっても、ゴージャスなドラマでした。

最後あのシーンの為だけに、お墓作ったんでしょうね。

お金のかけ具合が他のドラマと違います。

それとも……美術さんの渾身の作品でしょうか。

着物姿が、板につくには、ちょっと時間がかかるので

その点だけは、仕方なかったと思うけど、着付けは見事!

歩き方も、様になってたし、頑張ったんだと思います。


夜の世界の人間に、ひややかな目を向ける人もいる。

個人の考え方の問題なので、誰がどうこうできるもの

でもないんですが、結局、その人次第なんです。

そういう目で見る人がいるというのは、どうにもできない

事実。それをある物と受け止めて、それでも胸を張って

その世界で生きていくか、それはその人が決めること。

選ぶこと。だから、自分がどの世界に生きていても

ちょっと見知っただけの誰かの人生を、見下すような

そういう態度だけは、世の中、あってはいけないと思う。

もし、何か発言するならば、その人の人生や苦悩を

全部知った上でないと、いけないのだと思う。もちろん

社会一般的なマナーやモラルは、最低限守らなくちゃ

いけないと思うけど。その先は、個人の生き方次第。


◆女帝◆

感想ログ:1話2話3話4話5話6話7話8話9話、最終話

|

« 山田太郎ものがたり(最終話) | トップページ | 受験の神様(9) »

07夏ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/16453016

この記事へのトラックバック一覧です: 金9ドラマ◆女帝(最終話):

« 山田太郎ものがたり(最終話) | トップページ | 受験の神様(9) »