« 金色のコルダ2アンコール♪レポ1 | トップページ | コルダ2アンコール♪レポ1-2 »

受験の神様(最終回)

07年夏ドラマ、私が見ていた、最後の1本です。

「旅人算の答え」--答えは無い。いつか誰かが

歩いた道、速度はそれぞれ違い、そして、行き先も

それぞれ違う道。たくさんの旅人の道は交差し

あるいは、逆を行く人もいるだろう。そして前を追い

後からくる者に追われ、並び、抜かれることもある。

前ばかり見て、ただひたすら走ってきた道子は

初めて立ち止まって、周りを見たんだと思います。

横を見たら友がいて、後ろを見たら後輩たちがいて

先人の背中、誰も辿り着けない場所を目指して

がむしゃらになっていた彼女だけど、それだけでは

得られない物も確かにあるんだと、この親子に出逢って

感じたんだと思います。「早田のバカヤロー」

食べて、叫んで、笑って、悔しさを早く忘れる強さ。

ラガーマンだったお父さんらしい、スッキリした生き方。

「あの時、悔しかった」という苦々しい記憶を、ずっと

胸に焼き付けて、憎んで、しこりを抱えて生きるより

食べて、叫んで、スッキリして、憎しみとか哀しみの

エネルギーを全部、未来の為に回した方が、ずっといい。

「受験はゴールではない」--旅人算の答えはない。

友達が、道子にしれっと、聞いてくれましたね。

「なんで家庭教師してるの?」--「好きだから」

なんの裏もなかった。ただ、教えるのが好きだった。

才能ある彼女には、たくさんの未来分岐があるだろう。

だけど、できることなら、好きな道に進んで欲しい。

受験失敗→補欠繰り上げ合格のところは、おまけっぽい

要素だと思います。あの部分が無くても、このドラマは

しっかり終わることが出来たし、ヒロシにも未来がある。

このエンディングは、未来分岐の一例だと思います。

逆にね、不合格で、3年かけて、ものすっごい高校に

合格するっていう、旅人算でも、かっこいいと思うから。

でも、ヒロシ自身の夢は、受験合格じゃなくて、早田で

野球をすることだから、自分の夢を掴む場所に辿り着いた

ここからスタートという、彼の望んだエンディングですね。

苦労があって、希望がある、ステキなドラマでした♪


『受験の神様』感想ログ

1話2話2話(2)3話4話5話6話7話8話9話、最終話

|

« 金色のコルダ2アンコール♪レポ1 | トップページ | コルダ2アンコール♪レポ1-2 »

07夏ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/16537686

この記事へのトラックバック一覧です: 受験の神様(最終回):

« 金色のコルダ2アンコール♪レポ1 | トップページ | コルダ2アンコール♪レポ1-2 »