« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

新型PSPラベンダーパープル

届きました~。

できるだけ濃い色が欲しかったんですが、黒はDSで

痛い目(指紋がベタベタつく)みてるので、青系でと

思っていたら、紫があるとのことで、この色になりました♪

ピンクのフォルムも捨てがたかったんですが、PSPの

メニュー画面の色が、どぎついピンクで、もう少し

軟らかい色だったら、ピンクになっていたかもしれません。

本体自体の重さは180gですが、これにバッテリーパック

入れて、メモリスティック入れて、ゲームディスクいれると

……結果的には、DSより重くなるようです……。それでも

この巨大な液晶画面。手の中に映画がある、この感動!

素晴らしいです。DSと比べられることの多いPSPですが

性能の方向が、本当に全然違うので、両方もっていても

全然おかしくないと思います。特にPSPは、チューナー

買えばTVにもなるし、もちろん音楽プレイヤーにもなる。

無線LANでのインターネットなどは、あたりまえだし。

……何より、この性能ですね。私の持ってるPCやTVを

はるかに凌ぐ、キレイな液晶と、音響でございます。

「クライシス・コア」のレポは、そのうち。

ミッションにハマって、全然ストーリー進んでません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金色のコルダ2アンコール♪レポ4

4周目、恋愛引き継ぎ、志水くん、クリアです。今までの

4人の中で、一番、乙女ゲーと呼ぶにふさわしい展開でした。

ホワイトデーのお返しに、今までの3人、月森、土浦、火原は

光り物を持ってきていて、私がもっと若ければ、それは

とても嬉しいエンディングだったのかもしれないけど

光り物は、自分で選ばないと納得できない年齢なもので(笑)

彼らしい、心のこもった○○というプレゼントは、最高でした。

志水くんは、年は一番若いんだけど、おっとりしてるように

見えて、スポーツ万能だし、頭もいいし、気もきくし

将来大物の有望株だと思うのです。青田買い、決めとけ!

自分がスランプに陥っても、慌てることなく、これが自分に

必要な時間なんだと、さくっと割り切る潔さ。ステキです♪

難易度:ふつう、オケ曲:ラヴェル「ボレロ」

コンサート曲:ドヴォルザーク「スラヴ舞曲、第10番」

        →シューベルト「弦楽四重奏、死と乙女」

        →メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」

評価:SS、BP:5300くらい

オケ曲「ボレロ」が圧巻でした~。

次は、恋愛引き継ぎ、柚木さま。オケ曲は「惑星」に挑戦。

コンミス失格を見るかもしれない。恋愛はほどほどに……。


♪金色のコルダ2アンコール、プレイレポ♪

1周目(難易度:やさしい、引継:月森)途中経過クリア

2周目(難易度:ふつう、引継:土浦)途中経過クリア

3周目(難易度;やさしい、引継:火原)クリア

4周目(難易度:ふつう、引継:志水)クリア

~金色のコルダ2♪攻略レポ~

1周目(ふつう:月森+王崎)2周目(ふつう:土浦)3周目(ふつう:加地)

4周目(ふつう:志水)5周目(ふつう:火原・連鎖+土浦・通常)

6周目(難しい:冬海)7周目(優しい:柚木・連鎖+他4人・通常+冬海)

8周目(難しい:金やん)9周目(優しい:ネコ)途中経過

9周目(優しい:ネコ+月森:連鎖+他4人・連鎖→通常+冬海+王崎)

10周目(難しい:土浦:連鎖+柚木・通常)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金色のコルダ2アンコール♪レポ3

3周目、恋愛引き継ぎ、火原くん、クリアです。

この火原パートをやってみて、なんとなく読めました。

ゲーム上、主人公の個性は、柔軟に設定されていて

主人公自身が考える、将来の夢とかビジョンとかも

全く触れられません。ただ今まで、ゲームプレイして

アニメをチラっと見た感じ、技術も感性も才能もあるけど

初心者であることには変わりなく、基本的に1人で弾くけど

気の合った仲間たちと必要に応じてアンサンブルを

組んでいく、というステップアップで、彼女はクラシックの

ソリスト路線だと考えていたのですが、違いますね。

彼女は、例えば、王崎や月森が将来挑戦するだろう

国際コンクールで、彼らと肩を並べるような存在ではなく

オーケストラや、アンサンブルなど、アーティスト方向に

分岐していくんだろうと思います。学園のバックアップや

若きパトロンが、既にガッチリ味方についているので

その辺は全く問題なく、進んでいくように思います。

この違いをなんと表現していいのか、例えば、東海林さんや

横山さんなど、大きな国際コンクールで受賞したソリストたちと

高島さんや、フジコ・ヘミングさんなど、個性と表現力と

たくさんのバックアップを受けて、著名になった方々の違い?

音楽には、たくさんの道がある。その中で、教師を目指す

火原は、大学受験に追われつつ、主人公も大事にしたくて

どっちつかずになりかけたのを、自分でキッチリ自制して

まず、大学進学を決めます。それから、コンクールに向かう。

こんなボロボロでダメダメだけと、主人公を想う気持ちは

誰より真っ直ぐで、裏がなくて、感情的で、一番好意的。

すんごく、素直で、ストレートで、清々しくて、彼らしくてGood!

目をつむって聞いていると、FF10ティーダになりますが(笑)

難易度:やさしい、オケ曲:チャイコフスキー「交響曲1812年」

コンサート曲、ポロディン「中央アジアの草原にて」

       →ビゼー「カルメン、間奏曲」

       →ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」

評価;SSS、BP:5650

素朴な疑問。このオケ曲、ラストにホントに大砲がなるんですが

……どこで、どこのオケが演奏したのを、録音したんでしょう?

音楽協力のところに、自衛隊は入ってなかったんですが……。

私自身も、「トリビアの泉」で自衛隊が演奏したのを聞いたのが

初めてでした。録音されてる音を、タイミング良く重ねたのかな?

次は、恋愛引き継ぎ:志水くんでいきます。僕のミューズ♪

今晩は、ついに「北京ヴァイオリン」も最終回。ぜひ、来年は

チャングムと同じように、中国語の「完全版」をみたいなぁ。


♪金色のコルダ2アンコール、プレイレポ♪

1周目(難易度:やさしい、引継:月森)途中経過クリア

2周目(難易度:ふつう、引継:土浦)途中経過クリア

3周目(難易度;やさしい、引継:火原)クリア

~金色のコルダ2♪攻略レポ~

1周目(ふつう:月森+王崎)2周目(ふつう:土浦)3周目(ふつう:加地)

4周目(ふつう:志水)5周目(ふつう:火原・連鎖+土浦・通常)

6周目(難しい:冬海)7周目(優しい:柚木・連鎖+他4人・通常+冬海)

8周目(難しい:金やん)9周目(優しい:ネコ)途中経過

9周目(優しい:ネコ+月森:連鎖+他4人・連鎖→通常+冬海+王崎)

10周目(難しい:土浦:連鎖+柚木・通常)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コルダ2アンコール♪レポ2-2

若い頃って「言わなくても、こいつなら分かってくれる」って

親友でも恋人でも、思い込んで信じてしまう。信じることが

悪いことだとは言わない。でも、言葉が無ければ、相手の

心境や都合で、曲がって解釈されてしまうことだってある。

だから、ちょっとでいいから、話して、それについて

聞かれたら、ちゃんと真剣に分かって貰うまで話す。

この努力が、……私も若い頃、随分足りてなかったなぁと

今思えば、痛感するところでございます。自分でも

良く分かってない、自分の心を、誰かに伝えるのって

面倒だもん。だけど、それでも、分かって貰いたい人には

ちゃんと、グチャグチャになっても話した方がいい。

相手が聞いてくれるというなら、尚のこと、自分の

気持ちの整理にもなると思うし、話して、意見を

聞けば、違う見方とか、考え方も拓けるかもしれない。

土浦くんは「こいつなら分かってくれる」と信じて、進み

すぎて、主人公に寂しい想いをさせてしまったと、後悔

していたけど……ホントに配慮が足りてなかったのは

主人公の方じゃないかな。高等部の普通科で、コンミスを

任せられて、その為に、校内走り回って、練習ばっかりで

どっちかというと、土浦くんは、主人公に置いて行かれる

と思って、だから、一層、都築さんとか王崎さんのスキルを

得ようと必死だったんじゃないかと思うのです……。

気がついてるかな、主人公(笑)

難易度;ふつう、オケ曲:ベートーヴェン「交響曲、第7番」

コンサート曲:ワルトトイフェル「スケーターズ・ワルツ」

       →ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲、18番」

       →メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」

評価:SS、BP:5100くらい

次は、恋愛引き継ぎ:火原くんでいきます。大学進学&コンクール。


♪金色のコルダ2アンコール、プレイレポ♪

1周目(難易度:やさしい、引継:月森)途中経過クリア

2周目(難易度:ふつう、引継:土浦)途中経過、クリア


~金色のコルダ2♪攻略レポ~

1周目(ふつう:月森+王崎)2周目(ふつう:土浦)3周目(ふつう:加地)

4周目(ふつう:志水)5周目(ふつう:火原・連鎖+土浦・通常)

6周目(難しい:冬海)7周目(優しい:柚木・連鎖+他4人・通常+冬海)

8周目(難しい:金やん)9周目(優しい:ネコ)途中経過

9周目(優しい:ネコ+月森:連鎖+他4人・連鎖→通常+冬海+王崎)

10周目(難しい:土浦:連鎖+柚木・通常)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金色のコルダ2アンコール♪レポ2

土浦くん、恋愛引き継ぎでスタート。月森くんと違って、こちらは

カラカラです。ベタベタしない、アッサリモードですね~。

指揮者への道を歩き始めた土浦くんは、高等部に現れる

ようになった、都築さんに、いろいろ教えてもらったり

アドバイス貰ったり、すごーく親密。それを仕方ないよなぁと

見つめる主人公。実際、音楽科でも高校には指揮の授業は

無いわけだし、資料も少なく、まして、手の届くところにいる

先生・先輩というのも少ない。だったら、出会えたチャンスを

手放したくない土浦くんの気持ちは良く分かる……。だから

そっと見守る主人公なのでありましたが、見かねた天羽が

ガツガツと土浦くんにぶつかってくれます。アンコール2では

天羽の出番がすごく多くて、いい味だしてます。

1周目、月森くんの時も、ウィーンに旅立つ彼に、思い出の

写真(主人公)をプレゼントしたり、鈍感な男共が気づかない

主人公の迷いとか、不安とかを、真っ先にみつけて

心配してくれます。冬海ちゃんのイベントを進めることで

天羽のバイト先に行ったり、将来の夢のことを聞いたり

女の子3人が、成長していく姿が伸び伸び描かれてます。

さて、主人公よ、あとは君が、コンミスに認められるよう

頑張るだけだ。難易度:ふつう、だと、恋愛イベントで

多数キャラとイチャイチャしてる余裕は、あんまりないです。

2、3人に絞っていかないと、みんな中途半端になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コルダ2アンコール♪レポ1-2

1周目クリアしました~。

OPがキャラクターソングで、EDが最初に選んだ、オケ曲です。

2月14日(ヴァレンタイン)にコンミス審査のコンサートがあり

こっから1ヶ月ふっとんで、すぐ3月14日(ホワイトデー)に

音楽祭の開幕、オーケストラ・コンミスデビューです。

この1ヶ月間のオケの練習は一切ありません、さみしー!

人との出会い、音との出会い、自分の成長、オケの進化

アンサンブル以上に、すごい充実した1ヶ月だったはずです。

デートなんかしていられない程。プレイはできなくても

奮闘してる様子、都築さんと音楽の話をしているところとか

見たかったな~と思います。女性指揮者と、普通科のコンミス。

この2人は、今後とも学園の広告塔となっていくんでしょう。

まけるな男性陣。

難易度:やさしい、オケ曲:フィガロの結婚(序曲)

コンサート曲:ヴィヴァルディ「四季、冬、第二楽章」

        →ラフマニノフ「ヴォーカリーズ」

        →プッチーニ「蝶々夫人、ある晴れた日に」

評価:SS、BP:5600くらい

ウィーンに旅立つ月森くんを空港まで見送って、おまけ映像

「ウィーンより愛をこめて」を見て、BP引き継ぎ、土浦くんの

恋愛引き継ぎで2周目です。


♪金色のコルダ2アンコール、プレイレポ♪

1周目(難易度:やさしい、引継:月森)途中経過、クリア

~金色のコルダ2♪攻略レポ~

1周目(ふつう:月森+王崎)2周目(ふつう:土浦)3周目(ふつう:加地)

4周目(ふつう:志水)5周目(ふつう:火原・連鎖+土浦・通常)

6周目(難しい:冬海)7周目(優しい:柚木・連鎖+他4人・通常+冬海)

8周目(難しい:金やん)9周目(優しい:ネコ)途中経過

9周目(優しい:ネコ+月森:連鎖+他4人・連鎖→通常+冬海+王崎)

10周目(難しい:土浦:連鎖+柚木・通常)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験の神様(最終回)

07年夏ドラマ、私が見ていた、最後の1本です。

「旅人算の答え」--答えは無い。いつか誰かが

歩いた道、速度はそれぞれ違い、そして、行き先も

それぞれ違う道。たくさんの旅人の道は交差し

あるいは、逆を行く人もいるだろう。そして前を追い

後からくる者に追われ、並び、抜かれることもある。

前ばかり見て、ただひたすら走ってきた道子は

初めて立ち止まって、周りを見たんだと思います。

横を見たら友がいて、後ろを見たら後輩たちがいて

先人の背中、誰も辿り着けない場所を目指して

がむしゃらになっていた彼女だけど、それだけでは

得られない物も確かにあるんだと、この親子に出逢って

感じたんだと思います。「早田のバカヤロー」

食べて、叫んで、笑って、悔しさを早く忘れる強さ。

ラガーマンだったお父さんらしい、スッキリした生き方。

「あの時、悔しかった」という苦々しい記憶を、ずっと

胸に焼き付けて、憎んで、しこりを抱えて生きるより

食べて、叫んで、スッキリして、憎しみとか哀しみの

エネルギーを全部、未来の為に回した方が、ずっといい。

「受験はゴールではない」--旅人算の答えはない。

友達が、道子にしれっと、聞いてくれましたね。

「なんで家庭教師してるの?」--「好きだから」

なんの裏もなかった。ただ、教えるのが好きだった。

才能ある彼女には、たくさんの未来分岐があるだろう。

だけど、できることなら、好きな道に進んで欲しい。

受験失敗→補欠繰り上げ合格のところは、おまけっぽい

要素だと思います。あの部分が無くても、このドラマは

しっかり終わることが出来たし、ヒロシにも未来がある。

このエンディングは、未来分岐の一例だと思います。

逆にね、不合格で、3年かけて、ものすっごい高校に

合格するっていう、旅人算でも、かっこいいと思うから。

でも、ヒロシ自身の夢は、受験合格じゃなくて、早田で

野球をすることだから、自分の夢を掴む場所に辿り着いた

ここからスタートという、彼の望んだエンディングですね。

苦労があって、希望がある、ステキなドラマでした♪


『受験の神様』感想ログ

1話2話2話(2)3話4話5話6話7話8話9話、最終話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金色のコルダ2アンコール♪レポ1

データ引き継ぎで、見られなくなるイベントは無いということ

なので、思い切って最初からデータ引き継ぎで入りました!

せっかくなので、月森くんの恋愛引き継ぎしたところ……

ラブモードです。あの、月森くんが、普通科棟までちょくちょく

やってきます。放課後も、主人公を探してウロウロしてて

ようやくエントランスで会えたら「普通科まで行ってしまった」と

たくさんの人の前で、はにかみ笑顔!撃ち落とされます。

オーケストラコンサートに向けて、コンミスとしての資質を

問われ、またもアンサンブルの練習に精を出す主人公。

--データ引き継ぎの為か、曲数がものすごい多くて

ものすごい楽しいですが、1周目でBPも無いので

難易度:優しいで、限られた曲を、ちょこちょこ着実に

こなしております。最後のオケには、いつものメンバーが

誰も参加できません!こっちのみんなと、一緒に練習

できる時は、くるのでしょうか。甚だ心配です……。

イベント盛り沢山で、月森くんの恋愛イベント進行しつつ

王崎さんのボランティア手伝ったり、横浜中華街のお祭

(春節?)にみんなと一緒に行ったり、その上で

アンサンブルの練習です。校内ウロウロしてる人に

声をかけたら「いつ寝てるの?」と言われてしまいました。

ホントに、私もそう思う。でも、主人公の家は、防音無いし

住宅街の中だから、家ではそう練習できないと思う。

ということは、やはり平日の学校、休日の外での練習が

メイン。天賦の才によるところが大きく、また運(?)もある。

だから、学校内外の彼女への批判の厳しさは当たり前。

アンコールでは、優しいだけじゃない音楽世界の厳しい

空気が感じられて、身が引き締まるような感じがします。

それがいつか、暖かさや期待に変わると信じられるし

そうしてみせる、そうしたいと願い尽力する主人公の

活力にもなっているんだと思う。--でも、つくづく思うが

音楽家って、ホント、恋愛してる暇ないと思うんだよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はてしない物語(下)

読了です。ベリー夫人のおすすめ通り、この物語は

ハードカバーで読むべきです。この小説の装丁が

バスチアンが読む「はてしない物語」と同じ装丁であることは

エンデが翻訳出版するにあたって出した条件であって

日本語版は、もっともエンデの理想にあったものとして

ご本人が賞賛したそうです。文庫版は、装丁も簡素で

中の印字も黒一色なので、雰囲気がだいぶ違います。

あくまで、携帯用、保存用。最初の1冊ではないです。

はてしない物語 下 岩波少年文庫
ミヒャエル・エンデ作/上田 真而子訳 /佐藤 真理子訳
税込価格 : ¥840 (本体 : ¥800)
サイズ : 18cm / 417p
ISBN : 4-00-114502-2
発行年月 : 2000.6
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

それでも、この物語を読めたことが、とても嬉しかったです。

「はてしない物語」は読む人によって物語が変わるし

それが「本」であるとは限らない……。この言葉を読んで

「私の『はてしない物語』が書けるかもしれない」と思いました。

書きたいものは既にある、でも、書けない。なんでだろう。

私自身の勇気や、描きたい主張の内容、物語展開など

不安要素だらけで、書き始められないでいたんですが

それでいいんだと、この不確かな気持ちだからこそ、明確に

綴っていいのだと、気がつきました。既に決まったことや

断定事項では物語は、全くおもしろくない。不安で怖くて

未知だからこそ、おもしろいというか……未来があるのだと。


エンデのすごいところは、この「はてしない物語」の結末を

全く決めずに書き始めたというところです。物書きにとっては

とんでもない行動です。ハリー・ポッターの作者が、最終巻の

最終章を一番最初に書いたという逸話は、有名ですよね。

作家、物書きにとって、ラストシーンはすごく大事です。

出版社も、ラストが決まってない物語の出版話なんか

「なんの、おままごと?」と取り合ってくれないはずです。

それでも、エンデは書いた。たどりついた場所、泉。

生命の水。それは人によって、それぞれ違うもので

涙だったり、暖かさだったり、希望だったり、間違いは

何一つない。私の「はてしない物語」のテーマは情熱。

書きたいものは、もうずっと胸にある。

あとは、舞台と人と背景を考えて、書き始めるだけ。

久しぶりに、死にたくないな~って思いました。

ダイエットもしてないのに、1週間で2kg以上減です。

家の中に、なんか変なものがいる気配とか

身体の中の不調とか、すごいモヤモヤしてて怖い。

以前は……いつもの私なら、死は怖くはないんですが

こういうのって、何かが働くんでしょうね。

ずっと希望や未来が見いだせなかった私が、こうして

情熱を掴まえかけた途端に、不安の影が忍び寄る。

死にたくないな。書きたいし、読みたいし、伝えたい。

不安にさいなまれるより、まずは、健康診断か(笑)


感想ログ→はてしない物語(上)読中ログ1読中ログ2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花ざかりの君たちへ(最終回)

最後の最後で、ようやくまともにドレス着せて貰えて

良かったね~ミズキ。酔った勢いじゃなくて、ちゃんと

チュウもして貰ったし。幸せまんぷくでアメリカに♪

お別れのシーンは、だいぶダラダラした感じがあるけど

最後、スッキリ、聖子ちゃんが締めてくれて◎でした。

まひるちゃん、変態カメラマンじゃなくて、聖子ちゃんの

妹役、ホントの学園専属のカメラマンでしたのね……。

一番びっくりなサプライズでした。夏クールでは、一番

長いドラマで、ラストも2時間スペシャルだったのに

まだまだ見たかったシーンがいっぱいあります。

オスカーの双子の弟とか、ジュリア来日とか、

スポーツ断念→進学、おかんとケンカする中津とか、

関目の長距離or短距離と、病気の女の子のこと、

別荘の幽霊の話、茅島の入学したての時、良くない

噂が流れて、中津が救ってくれたこととか……。

2時間特番で、4本x30分くらいのショートドラマで

見てみたいな~なんて思いました。

堀北まきちゃんは、次もフジドラマ連投です。

DS「レイトン教授2」も決まって、じわじわと人気が

上がってきてますね。若い頃にしか出来ない役を

いっぱい楽しんで経験して欲しいと思います♪


それにしても、フジTVよ。最終回2時間スペシャル

なんてことができるなら、のだめ~でやって欲しかった!

サントリーホールのクリスマス演奏会、もっと見たかった。


◎花ざかりの君たちへ◎

ドラマ感想:1話2話3話4話5話6話

       7話8話9話10話11話、最終話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はてしない物語(読中ログ2)

バスチアンが、人がぶつかりあうことのない

個性の無い街から、霧の海を渡っています。

「私」という言葉を持たない人たち、名前もなく

いがみあうことも無いということは……つまり

憎み合うことが無い。そして、愛し合うこともない。

世界には、たくさんの人がいて、統一された一つの

意識では、文化も生まれず、つまらないだろうと

思っていましたが、それだけではないと教わりました。

自分の中に確かにある、憎しみという心。それを

自分の中にあっていいものなんだと、受け入れて

いいんだと教わった、宮部さんの「ブレイブ・ストーリー」

和製ファンタジーとして「はてしない物語」と

比較というか、並べて評される理由が分かりました。

自分の中の憎しみを受け入れて、はじめて

他人の愛の意味を知ることもできる。

愛されたいと渇望する。愛されるためには自分に

何が必要なんだろうと、考え始めることができる。

今までの自分をかえりみることができる。

だけど、バスチアンは、もうほとんどの過去を失い

かえりみることができない。自分を取り戻せるか!?

頭の中のBGMは、ハウルの「世界の約束」です。

こういう展開になると、あの映画のテーマソングが

あんまり似合ってなかったような気がしてきます。

もちろん、あれはあれでいい曲なんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はてしない物語(読中ログ)

自分の記憶と引き替えに、ファンタジーエンを創造する

バスチアン。だんだん、優しさや臆病だった心も忘れ

暴走がちになっていく。賢者とはそういうものだと刷り込まれ

自分の世界に戻る意志もなくし、力をふるい続ける。

エンデが描く、バスチアンの姿は、いじめられっ子の象徴。

現実が嫌で、異世界に逃避し、自分の好きな世界を作り

そこに君臨し、支配し、自分がいじめられていたことを

忘れたいと願い、もちろん現実に帰りたいはずがない。

いじめは「いじめられた」と本人が感じれば

相手にいじめたつもりが全くなくても、成立する。

でも、相手は、何かきっかけがあってやったはず。

そもそも、それは何だったんだろう?

いじめられっ子は、いじめの事実に哀しみ苦しみ

相手に、いじめられる要因となった自分の何かを

省みようとしない。それを気づかせてあげられるのは

親や友達、教師、まったく関係ない人、つまり、他人。

自分の世界は、常に他人の世界と接していて、自分で

閉ざさなければ、たくさんの声を聞くことができて

傷つくことも裏切られたと感じることもあるんだけど

だけど、多くの言葉は、聞いても害はなくて、その中から

自分が何を受け取るか、感じられるかが大事なんです。

アトレーユとフッフールが、バスチアンに必死に訴える。

「おひかりを外しなさい。君のために」ファンタジーエンの

未来より、バスチアンを思いやった、本当の友の言葉は

届くのか。残り、下巻の半分になりました。クライマックス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジゼロックスCM

その昔、生まれて初めて、受験して落ちた会社だったような

記憶も薄れ、普通にCMが見られるようになりました(大笑)

ブログパーツではなくて、ただのリンクです。60秒バージョンの

CMが見られますので、興味のある方はのぞいてみてください。

1人1鍵。1人1弦。かくし芸もビックリな大技ですよね~♪

SONYかな、ウォークマンを聞きながらランニングしてる女性の

後ろを、部品の名前をもったカッコイイ外人がおっかけてくる

CMもけっこう好きです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花ざかりの君たちへ(11)

こちらもビデオ録画だったので、見るのがたいぶ

遅くなってしまいました~。今時ビデオテープです。


佐野vs中津。ミズキを挟んだラブバトル。

ドラマならではの展開ですね。原作では中津は

あっさり「大好きだよ、ごめん」ってふられます(笑)

それにしても、中津株急上昇ですね~。

イケメン・パラダイス、一番おいしい役だったと思います。

でも彼自身が実は、そうとうなサッカープレイヤーで

あることは、全然触れられることなく。サッカー部の先輩が

ものすごい、日向小次郎みたいにかっこいい人なんですが

その御方の出番もなく……ちょっと寂しい。

いや、残り1話に期待します!2時間スペシャルだし♪

ひばり様、90番勝負では最初から勝負がつきません。

91番勝負にしなくては……。まぁ。ひばり様のことだから

イケメン全員のパフォーマンスが見たかったのかも?


ありえない設定の学園ドラマ、この辺で打ち止めかと

思ってましたが、日テレで「有閑倶楽部」スタートです。

もう、次に「テニスの王子様」がきても不思議じゃない。

ジャニーズjrたちよ、テニス特訓に励むのだ~(笑)

個人的には「フルーツ・バスケット」見てみたいなぁ~。

……問題は、イノシシとか虎あたりかなぁ(苦笑)


◎花ざかりの君たちへ◎

ドラマ感想:1話2話3話4話5話6話

       7話8話9話10話、11話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おーえる川柳

思いついたので、忘れないうちにメモっておきます。

増えていく 保険と サプリと 化粧品

別バージョン

増えていく しみと くすみと 化粧品

上の方が、笑える分だけ救いがあるかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験の神様(9)

食べ物を食べるシーンで、何故こんなにも私たちは

泣かされてしまうのでしょう。記憶に新しいところだと

「千と千尋の神隠し」で、おにぎりを泣きながら食べる

千尋の姿に、なんと表現したらいいか分からない想いが

溢れて、泣けて仕方なかった人は多いと思います。

私の場合は、その前に「壬生義士伝」で、河川敷で

新撰組が凍ったおにぎりを食べるシーンで泣きました。

もっと、あると思いますが、07年・夏ドラマ、私の中の

No.1は「受験の神様」道子が煮物を食べるシーン。

3人に夢と目標を訊ね受け止めて、彼女自身も自分の

目標を現実にするために、決意を新たにしたシーンじゃ

ないかと思うんです。彼女の目指すものは、ホントに

生半可じゃなくて、中学校に行ってる場合ではなかった。

人の生死がかかっていて、彼女は自分のせいだと思ってる。

そうじゃないと、いくら周りが言っても、どうにもできない。

気休めは、逆に彼女の心を追いつめるだけ。

だから、何も聞かず、ただ食事会の席に招いて、一緒に

安心してご飯が食べられる、そんなひとときの安らぎに

ほっとして、涙が溢れたのかもしれません。

彼女は、まだ泣けない。自分のせいで眠ったままの

兄は、食べることも泣くこともできない。笑うことも。

彼女が背負ったものは、とても計り知れない……。

それなら、何故、彼女は、自分の時間を割いてでも

小学生たちに、勉強を教えているんでしょうね。

彼女自身にとって「無駄」な時間じゃないでしょうか。

兄や自分のようなことを繰り返さない為だろうけど

--自分の勉強より、家庭教師を優先するならば

彼女は、やはり自分や兄のことよりも、子供たちの

未来を尊いものだと考える、すごい人格者ですよね。

なるほど、ホントに「受験の神様」だったんですね。

ラスト1話。合否はともかく、彼らの受験経験は

ものすごく価値のあるものだったと、断言できます!


ようやく、黒田ユウキ君みつけました!

ヒロシか道子の学校の先生かとにらんでいたんですが

会社の営業部でした。あの美形子役が

いつのまにか、あんなに、イケメンになって♪


『受験の神様』感想ログ

1話2話2話(2)3話4話5話6話7話8話、9話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金9ドラマ◆女帝(最終話)

視聴者が既に知っている事実で、どんでん返しは成立しません。

あまりに、ありがちな「大逆転」で、勿体なかったです。

それが許されるのは、水戸黄門様だけ。それも1話内。

連続ドラマでは、それは通用しない。やるなら、もう一つ

最後の「大どんでん返し」を用意しなくてはいけません。

実は、やれたんですけどね。

娘のその後の姿をチラリと見せてくれれば良かったんです。

祇園で舞妓のトップを目指す姿を。

それをやると「ドラマ女帝2」を匂わせてしまうので

その辺の配慮は、すごく重要なポイントなんですが

面白みとしては、そっちの方が良かったかなぁと。

女帝・舞妓はコミックで読めます。娘の物語です。

--たぶん、そんなに派手に大逆転を狙ったわけでは

なかったんだとも思うんです。でも、それなら、中途半端。

リナの目には、まだまだ復讐の色が強く残ってるように

見えたし、そのくらいの気概を視聴者は期待してるし

「ホントの勝負はこっから!」的な雰囲気でも良かったかも。


大阪→銀座と、とっても、ゴージャスなドラマでした。

最後あのシーンの為だけに、お墓作ったんでしょうね。

お金のかけ具合が他のドラマと違います。

それとも……美術さんの渾身の作品でしょうか。

着物姿が、板につくには、ちょっと時間がかかるので

その点だけは、仕方なかったと思うけど、着付けは見事!

歩き方も、様になってたし、頑張ったんだと思います。


夜の世界の人間に、ひややかな目を向ける人もいる。

個人の考え方の問題なので、誰がどうこうできるもの

でもないんですが、結局、その人次第なんです。

そういう目で見る人がいるというのは、どうにもできない

事実。それをある物と受け止めて、それでも胸を張って

その世界で生きていくか、それはその人が決めること。

選ぶこと。だから、自分がどの世界に生きていても

ちょっと見知っただけの誰かの人生を、見下すような

そういう態度だけは、世の中、あってはいけないと思う。

もし、何か発言するならば、その人の人生や苦悩を

全部知った上でないと、いけないのだと思う。もちろん

社会一般的なマナーやモラルは、最低限守らなくちゃ

いけないと思うけど。その先は、個人の生き方次第。


◆女帝◆

感想ログ:1話2話3話4話5話6話7話8話9話、最終話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田太郎ものがたり(最終話)

ようやく分かりました、あの担任の「ぃやぁ~」という悲鳴は

「嫌」ではなくて、「いや~、うれしい」の方だったんですね。

あっという間に結婚。おめでとう。


久しぶりに裏の無い、嫌味の無い、クセの無いドラマでした。

だんだん疑心暗鬼になって見てる自分が恥ずかしくなって

そのうち、疑わなくても、安心して見てていいんだと思える

ようになって、ああ、ドラマ見る地点から、私の生活って

ガード張り巡らして、傷つかないよう、裏切られないよう

先読みしまくっているんだなぁって、気づかされました。

最後は、二宮くんの笑顔に、私も撃ち落とされました。


太郎くんは大学へ。次男が中学。その下全部小学校?

義務教育とはいえ、学費も大変だ~。でも、みんなで

一緒にいることを選んだ山田くんには、嬉しいことで

あって、全然苦ではない。今度は、最初から御村くんも

たかこも一緒だし、夢だった研究もできるし、幸福♪


*山田太郎ものがたり*

感想ログ:1話2話3話4話5話6話7話8話9話、最終話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探偵学園Q(最終話)

用事があってビデオ録画だったので、順番ごちゃごちゃです。

キング・ハデス様。期待していただけに、ちょっと残念でした。

ケルベロスがあんなにも、あやしく不自然な雰囲気なんだから

ハデスも、一風変わった凡人には理解できない、もっと異質な

イメージでも良かったんじゃないかなぁと。わざとなんでしょうか

東北なまりがあるようにも聞こえて、田舎っぽかったし

あんなに顔黒くしなくても良かったんじゃないかと……。

ラスト1話だけなら、特別出演で、もっと大物連れてきても

良かったんじゃないでしょうか。ヨーロッパの紳士的な

イメージをもっていたので、色白でスマートで背が高くて

……中井貴一さんみたいな人が良かったなぁ。それなら

ケルベロスとあの女の人と並んで立って、迫力あるもん。

期待していただけに、残念でした。

ラストシーンも、ドラマとコミックは違います、コミックでは

棲龍館ホテルが炎上します。こっちの迫力が見たかった!

つくづく、勿体ない。コミックの方が結末がドラマチック。

子役たちが、ものすごい迫真の演技と、裏のない笑顔で

良いドラマを作ってくれただけに、大人のバックアップの

詰めが、ちょっとずつ足りてなかったように思います。

最終話になってようやく気がついたんですが、帽子と

メガネで隠れて、よく見えなかったんですが、カズマ役の子

ものすっごい可愛い、美少年ですよね~。これだけの

イケメンにかこまれたメグが羨ましい!でも、これだけの

イケメンの中で、それでも食い気優先の、君も可愛い!

探偵業じゃなくても、モデル業でもいけそうなチームです(笑)

彼ら一人一人の、今後の活躍に期待したいと思います♪

また、特番か映画でQクラス復活できたらいいねぇ。


☆探偵学園Q☆

ドラマ感想:1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話、最終話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタルノヒカリ♪最終夜

干物女・雨宮ホタル、人生と恋愛の階段を2つ上がって

結局、干物生活に戻る!落ち着くところに落ち着いたという

ほっとするエンディングでした。あまりに期待通りすぎて

ちょっと面白みにかけたなぁと、感じるところもありますが

でも、これはこれで良いエンディングだったと思います。

ありがちでありふれた言葉かもしれないけど、ホタルは

「あまりに近すぎて見えなかった」状態だったんだよね。

それが、離れてみて、物足りない、物寂しい、ああ今日、

今、話したい。憎まれ口でも、ケンカでもいい、話したい。

会いたい。ただ、それだけの想い。それが恋とか愛とか

そういう名称のものかは、分からない。だけど会いたい。

そういう、自分の中のどうにもならない、欲に気がつく。


私個人的には、なんとか打開策をみつけて、マコト君と

2人で生きていく姿が見たかったです。そうでなければ

干物女を卒業して、ステキ女子とは言わないけど

彼女らしい新しい生き方を、1人で模索し生きる姿とか。

私の中に、高野部長とのハッピー・エンドだけは

あまりに王道すぎて、ありませんでした。

そういう意味では、すごく意外だった。だけど!

コミック9巻読み終わった時の、私の怒りの感想

ブログ(↓にリンクがございます)このとき、ホタルには

包容力があって、一緒に歩いていける誰かが現れて

欲しいと、そういうことを書いた記憶があるんですが……

言われてみれば、とっくに最初から近くにそういう人が

いたんですね……。コミックの部長は、奥さんとの離婚

(というか、結婚の事実が無かった)ショックを、静かに

重く深く引きずってる節があるので、そううまくいく気も

全然しないんですが、でも、そういう部分も含めて

ホタルと部長の遠慮ない間柄だから、ズケズケ言い合って

意外と、簡単に無理なく越えていけるかもしれないのだと

そういう可能性にも気がつきました。コミックとドラマは

別物。どういう未来が待っているか、マコト、ユウカ、要。

新刊は、10月かな。楽しみに待ちたいと思います♪


最後、部長、憎まれ口で、しれっとスゴイこと言いました

よね。皆さん、ちゃんと、お聞きになりましたでしょうか。

「お前は、もう一生恋なんかしない。私という素晴らしい

男にであったから」ここまでは、ありがちなセリフ。

「未来も来世も、ずっと」ある意味、すっごい独占欲。

ものすごーく、ホタルのこと、好きなんだなぁと……。

離れていて、1人で頑張るホタルを1年遠くから見て

褪せることなく、おそらく部長の中では、想いが育って

いったんでしょうね♪うきゃきゃきゃ、良かったね~。


「女はこれが最後の恋であればいいと思う。

男は女にとって最初の恋でありたいと思う」

誰かが言った有名な言葉らしいですが

この言葉を聞いたとき、いたたたた、と思いました。

コミックでホタルが「結婚したら、もう恋愛しなくていい」と

言ったときも、うぐぐぐぐ、とうなりました。

どちらも、ものすごく図星をついてくれて、痛烈でしたが

この言葉の持つ意味が、今日、ちょっと分かったと思う。

今までは「この人と結婚したら、もう恋愛沙汰で悩んだり

苦しんだりしなくていいんだ、楽になれる」って受け取って

いた言葉なんですが、違うなぁと……。この言葉は

「ずっと一生、この人を愛し続ける」という意味なんだなぁと。

ホタルは、部長を愛し続けられる場所に帰ってきたんだと。


○ホタルノヒカリ感想ログ○

コミック->1・2巻3巻4巻5巻6巻7巻

       8巻8巻おまけ9巻9巻(違う視点)

ドラマ->1夜2夜3夜4夜5夜6夜7夜8夜9夜、最終夜

| | コメント (0) | トラックバック (1)

はてしない物語(上)

映画の印象があまりにも強くて、読んだ気になっていた本です。

ようやく上巻を読み終わりました。もっとファンタジックな

物語だったような気がしていたんですが、ものすごくリアルな

物語です。ファンタジックなファンタジーエンを旅することが

こんなにも怖いことだったろうか、と読みながら考えました。

はてしない物語 上 岩波少年文庫
ミヒャエル・エンデ作/上田 真而子・佐藤 真理子訳
税込価格 : ¥756 (本体 : ¥720)
サイズ : 18cm / 329p
ISBN : 4-00-114501-4
発行年月 : 2000.6
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

現実とかけはなれた世界が、時々、現実とリンクする。

「はてしない物語」の中に、自分がいる。

虚無、恐怖と不安、そんなものを前にすると、ファンタジーが

単純に好きっという、お軽い気持ちは、ふっとんでしまって

イジメっ子は怖いけど、おとなしくしてれば、諦めてくれるし

家に帰るもの嫌だけど、石のように感情を閉ざしていれば

傷つくこともないし、何も果てしない世界に、自分が行く

必要はないじゃないか!--と、開き直ってしまいます。

それでも、世界の殻を破るため、自分の殻を破るため

卵の殻を破るため、幼ごころの君は、はてしない物語を

無限ループに突入させる。バスチアンに自らの意志で

来て貰うため。--いよいよバスチアンの旅が始まる!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山田太郎ものがたり(9)

久しぶりに見れましたね~。「妄想★玉の輿たかこ姫」

最後のチャンスか?(笑)担ぎ手も、若手に変わってた?

……豪邸に引っ越して、自分の感情と、家族の喜びの

間で、揺れ動き、バイトがなくて、家事もなくて、余裕すぎて

よけいに悩む太郎くん。そんな太郎を見守る、御村くんと

たかこ。御村くんの、セリフの無い、表情だけの演技が

すごく冴えてました~。自分の想いを伝えるんじゃなくて

親友だからこそ、彼の出す答えを、見守る、その目線が

ちょっと冷たく見えたんだけど、そうじゃなくて、信頼してる

からこそ、放っておけるという証なんだなぁと思いました。

そして、家族に嫌われるかもしれない、家族の残念な顔を

見るかもしれない、最悪、拒絶されるかもしれないという

覚悟を持って「元の家に戻ろう」と決めた、太郎くんに

家族はあっさり「いいよ、さっそく、引っ越し準備~」と(笑)

次は、アメリカ?エアギター?賞金ゲット?意味不明!


*山田太郎ものがたり*

感想ログ:1話2話3話4話5話6話7話8話、9話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DSすばらしきこのせかい(3)

ビイト編、クリアしました。これにて1週完了。

1週終わりなんだけど、細かい謎が、また増えて

やりこみモードにて、レポートを読んで、裏事情を

垣間見ることになります……。が、レベルが

上がらないのは、テンションも上がらなくて

やりがいがないので、ラストを知った上で

最初からもう1回プレイしてみようかなと……。

ラストバトルの前に、二つ質問がでます。

たぶん、これは、それぞれどちらを選んでも

ラストバトル→エンディングに入るんでしょう。

でも、迷ったこと、選んだこと、ゲームする側が

悩みます。「ホントに渋谷を守りたいか?」

「人が好きか?」渋谷を守るというのは、UGの

渋谷を守るという意味なのか、RGの渋谷なのか。

両方なのか。それにしても、私は渋谷で生きて

いるわけじゃない。渋谷が無くても生きている。

自分を含め、人が好きかと聞かれたら、嫌い。

誰か、個人に好意を持つことはあっても、人という

全体でくくった時に、好きとは言えば、ウソです。

この二つの質問は「このせかいがすきですか?」と

聞いているんだと思う。人と傷つけあい、憎みあい

それでも生きていかなきゃいけない、このせかいを

ホントに心から受け入れることができますか?と。

くしくも、映画ヱヴァンゲリヲンが公開されていますが

TV版のラストでも、シンジが問いかけられます。

このままでいいの?傷つかなくていいせかいが選べる。

それは君の選択次第。誰かを気にする必要はないんだ。

シンジはすごく自然に、元のせかいを選ぶんですが

……私に同じことができるだろうかと、改めて考えました。

たぶん、悩んで、迷って、でも迷ったまま、中途半端も

嫌で、ぐるぐるし続けるだろうな、と。だけど……

人がそれぞれ違う意識と感情を持ち、ぶつかり合う

この世の中だからこそ、人の和ができて、集会が始まり

政治が行われ、国が成り立ち、生活が成り立つ。

そして、その中でも、また人がそれぞれ、違う感性を

持つから、音楽が生まれ、物語が生まれ、ゲームも

開発される。統一された意識の中では、音楽も物語も

意味をなさず、ゲームは生まれない。

だから、私の答えは、すごく単純で、バカバカしいもの

だけど、人をぶつかるのも怖いし、傷つくのも嫌だけど

他人のいるせかいを受け入れて、たくさんの意識の中で

生まれる、すばらしい恩恵を、まだ楽しみたいと思う。


それにしても、ゲームは、いつのまにか「感動した。

泣いた。すごいっ!」だけじゃなくて、「考えさせる」

ものに移ってきてるんですね。次の予定は

9/13、ファイナルファンタジー7クライシスコア

ですが、PSPがいつ届くかは分かりませんので

9/20、金色のコルダ2アンコール

プレイは、こちらが、先じゃないかと思います♪


DS♪すばらしきこのせかい♪プレイログ

シキ編ヨシュア編、ビイト編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験の神様(8)

「ワンワン鳴いている」んじゃない「わんわん泣いている」んだ。

いいセリフでしたねー。子役のセリフに、こんなに教わった

ドラマは無かったように思います。山口くんの、ドキッとした

顔も、すごくリアリティがあって、大人は知らず知らず子供を

なめてるんだと、痛感しました。子供の頃の想い、忘れちゃ

いけない。日記とか、作文とか、できる限りとっておかなきゃ

いけない。おじいちゃんの言葉も名言でしたね。「誰のため

でもない、自分の為の勉強なんた」長年、校長として学校を

生徒を見守ってきた、とても意味ある言葉だと感じました。

おじいちゃんは、「受験勉強」をさして「勉強」と言ったわけでは

ないんだと思います。おじいちゃんが言う勉強というのは

「受験勉強でも、スペイン語でも、子供でも老人でも、学ぼう

という自我を持って、知識を得ようとする、その姿勢」のこと。


神様・道子先生の、涙と「いいお通夜だったわね」という

その言葉が、色んな感情を含んでいて、すごく意味深で

でも、その表情を全て殺してしまうほど、壮絶な何かが

あったことは確実で、もう触れてはいけないんだと……

よく伝わってきました。彼女は「よくないお通夜」を体験

したんでしょうね。それは、すごく寂しいお通夜だった。

「オヤジが死と生の間の壁になっていて、オヤジが

死んで、次は自分が、子供にとって壁になる番だ」

私も、他人にとっての、自分の死を考えるきっかけに

なりました。私自身は、自分のお通夜にお客さんが

少なくても、静かでいいと思っていたんだけど、家族は

私の死を悼む人が少ないと、すごく寂しい想いを

するんじゃなかろうかと。家で死ぬことが、望みなら

家族を思いやる死でなくてはいけないんだなぁと。

大事な人に、つらい記憶を焼き付ける死ではいけない。

私の人生、大事な人の為に、みつめなおさなくては!


『受験の神様』

感想ログ:1話2話2話(2)3話4話5話6話7話、8話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金9ドラマ◆女帝(9)

最終章……、最終回ではなかったようです。やられた。

なんつーか、銀座のホステス・アヤカの方が品格があって

政治家の娘のリナの方が、下品に見えてきましたね。

アヤカはだんだんと風格も出てきたように見えます。

次は、お父様を巻き込んだ、スキャンダル。

親子だと言わなければ、パパの政治生命に関わる。

だけど親子だと話せば、パパの家族が壊れてしまう。

ようやく、独立して、自分の店を持とうと

動き始めたばかりの、アヤカだというのに。

総理の愛人?の店なら、ウソかホントか分からないけど

まあ行ってみようやって、はやるかもしれないけど

総理の隠し子の店じゃ……足運びづらいような……。

予告では政界がスキャンダルに揺れて慌ただしい様子を

流してましたが……、たぶん、女帝を目指すアヤカが

何かをやってくれると思います。信じます。期待します。


◆女帝◆

感想ログ:1話2話3話4話5話6話7話8話、9話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Beautiful World/宇多田ヒカル

「うたばん」でフルで聞いたら、なんか言葉にできない

想いがバンバン沸いてきました。ヒッキーもたぶん

そういう想いを込めて作った曲だから、こんなふうに

ちょっと抽象的で、なにを言ってるか、掴みづらい歌詞に

なったんでしょうね。だからこそ「もしも願いが叶うなら」

という、率直なフレーズが、すごく胸に刻まれる。

何かすごく特別なことを望んでるわけじゃない。

3億円の宝くじがあたるとか、金メダルをとるとか

そうじゃない。自分でもうまく言えないんだけど

そういうことじゃなくて、……ただ、笑って欲しいとか

ただ、側にいたいとか。当たり前すぎて、普段は

自分でも全然分かってない、言えない、伝えられない。

だけど、それが得られたら、それだけで、もういい。


期間限定ブログパーツお借りしてきましたが、はしっこが

切れてます(笑)本物は、ヒッキーのサイトでご覧下さい。


「ヱヴァンゲリヲン・序」はヤシマ作戦のリメイクだそうです。

10年前は、あんまりピンとこなかったんだけど、日本中の

電力を任されて撃つなんて……すごいことだよね……。

今なら分かる。確かに、そんな権力と実力を持つネルフは

ものすごく危険。自衛隊が突入しても、おかしくない……。

「人の敵は人」冬月さんの言葉の意味が、良く分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタルノヒカリ♪第9夜

20代にして恋をあきらめた干物女が、ゆっくり起き上がる

物語・・・・・・という、コンセプトで見ていたので、ちょっと

虚をつかれたというか、見えなくなっていたなぁと気づかされました。

あこがれて、大好きで、なんか間違った展開かもしれないけど

付き合うことになって、いきおいで同棲生活することになって

ものすごく幸運なことに「そのままの自分(干物)」も受け入れて

もらって、すごく都合が良いことづくしで、これからの生活も

緊張するだろうけど、すごく楽しみでもある。だけど・・・・・・

お互い、言いたいこと言い合って、そのままの自分で

いられて、飾ることなく、ケンカしても戻ってきて、また

変わらずケンカの続きしたり、縁側で一緒にビール

飲んだり、気分的には、同居人というより、ペットみたいな

もんかもしれないけど、そういう気を使わない間柄も

捨てたものじゃない。というか、むしろ、すごく理想。

それは、恋愛ではないかもしれない。愛でもない。

だけど、好意ではある。好きではあるんじゃないかな。

ホタルもケロっと「好きですよ」って言ったし。

もちろんラブではなくて、ライクなんだけど

ーーなんつーか、そのくらいの気持ちの間柄の方が

気楽だろうなって。部長も、親友も、ものすごく惚れて

ようやく口説き落とした奥さんとうまくいかなくて

離婚で疲れた二人にとっては、そういう気にしない

関係が、ものすごく欲しかったものじゃないかなぁって。

山田姉さんが言うとおり「正解はない。自分で悩んで

選んだものが、自分の答え」ですね。

残り1話。何が起こるかな。それぞれの未来も気になる。

次の水10は、菅野ミホちゃんで「働きマン」


○ホタルノヒカリ感想ログ○

コミック->1・2巻3巻4巻5巻6巻7巻

       8巻8巻おまけ9巻9巻(違う視点)

ドラマ->1夜2夜3夜4夜5夜6夜7夜8夜、9夜

| | コメント (0) | トラックバック (1)

探偵学園Q(10)

ついにラストエピソード。

原作中、一番好きな「連鎖殺人事件」です!

テンポがスピーディで、ノンストップ、推理してる余裕がなく

その上、リュウが犯人である状況証拠ばかりでてきて

ものすごく、焦って、ぜんぜん集中できない。

疑い、憎しみ、思いこみ、そういう感情を全部利用されて

信頼を試され、その隙間をついて揺らぐ心をとらわれる。

「自分は傷ついてもいい、結果だまされてもいい、それでも

リュウを信じる」という自己満足では絶対いけないんです。

「いくら証拠が出てきても、リュウが自分で犯人と言っても

絶対信じない。自分が知ってるリュウを絶対疑わない」

もし裏切られたら……という例えも、キュウの中にはない。

疑わない、迷わない、目をこらして、耳を澄ませれば

必ず真実に辿り着くことができる。おそらく、リュウも

その道を1人で探っているのだから、負けられない。

……むむ、まてよ、この展開だと……わざと、乗せられて

犯人おびき出し作戦&冥王星捕獲作戦が展開できる?

ハデスが全然出てきませんね。もう出てる人なのかな?


☆探偵学園Q☆

ドラマ感想:1話2話3話4話5話6話7話8話9話、10話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花ざかりの君たちへ(10)

ひばり&オスカー以外は、ドレスが浮いてましたね~。

ドレス自体、学園祭向けっぽい、テラテラのチープで

おまけに、たぶん、この子たち、自分で着てますよね。

ドレスにも着付けってものがあんのよ?

ちゃんとペチコート付けてから着れば、筋肉かお肉か

分からないけど、身体のラインが、あんなくっきり

段々になることはあり得ないはず……。勿体ない。


触れてくれるな、とは言われても、どうしてもひっかかってる

ことは分かり切っていて、お節介だとは分かりつつも、首を

突っ込んでしまい、逆鱗に触れてしまった。自業自得とは

分かっていても、傷つけてしまった、怒らせてしまった

その後悔と申し訳ない気持ちが、どんどん溢れて涙になる。

中津が優しく抱いて、甘い言葉をかけてくれるんですが

……こういうとき、どうかな。ぐらっと傾くタイプと

こういう優しさや甘さは、今の自分にはあってはいけないと

拒絶するタイプといると思いますが……ミズキはどうかな。


普段はものすごく冷静で、良く周りを見て、考えてる人でも

何かこだわりのある1点においては、憎悪の感情が強くて

違う見方ができなくなることって、あります。佐野の場合は

お母さんが亡くなった時の哀しみと、父親が来てくれなかった

憎しみが、相乗効果になって、深く心に染みついている。

佐野くらい冷静なタイプなら、ちょっと考えれば、お父さん

だって悲しくなかったわけじゃない、側にいたかったはず、

仕事に行って役目を果たすことを望み、送り出していたのは

お母さんの方だっただろうと、辿り着くことができるはずです。

そういう思考さえも、一切閉ざしてしまうほどの衝撃だった。

大事な人の死って、そのくらいの衝撃をもたらす。

そうやって固く閉ざしてしまった部分を触れられるのは

ものすごく嫌なことで、ましてそれが大事な人だったら

こんなドス黒い感情に巻き込みたくなくて、拒絶して

傷つけてしまう。だから言わないでくれと頼んだのに。

でも、何かのきっかけになって、その想いが少しでも

ほどけてくれたなら……何か変わるかもしれない。

自分は傷ついてもいい、嫌われても仕方ない。

佐野が自分から逃げなくて済むなら。

ミズキの願いは、届くか。


◎花ざかりの君たちへ◎

ドラマ感想:1話2話3話4話5話6話7話8話9話、10話

| | コメント (0) | トラックバック (1)

DSすばらしきこのせかい(2)

2周目、ヨシュア編終了です。

分かってきた、これは「やりこみ型RPG」ですね。

食料を買える時に買い込んでおいて、成長させて

時には休ませて、うまい具合にプレイを進める。

成長が遅ければ、イージーモードでバッヂを数で

稼ぎ、成長が追いつけば、ノーマル→ハードで

強くて、価値のある、貴重なバッヂを狙う。

バトルも上面を操作ボタン、下面をタッチペンで同時に

行うので、焦ることは良くありますが、飽きることはない。

飽きたな~と思う頃に、BGMが変わったり、新しい

敵が出てくるので、対策に乗り出さなくてはいけない。

DSの機能を最大限にいかした、面白いゲームです。

定価はDSにしてはちょっと高めですが、それくらいの

価値はあります。中古で4500円以下ならお得です。


ヨシュア編。やればやるほど、謎が深まります……。

ホントにヨシュアは消滅してしまったのか。

元からUGにいなかったはずのヨシュアが

消滅しても、それは消滅したとは言えない……。

コンポーザーの言葉ですが、それはヨシュアが

RGで生きているという意味なのか、UGには

関係ない、知ったことじゃないということなのか。

やっぱり、わからん。次はビイト編っ!


DS♪すばらしきこのせかい♪プレイログ

シキ編、ヨシュア編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験の神様(7)

今回、思いの外、恵美ちゃんに肩入れしていたように見える

受験の神様。もしかしたら、この2人は似てるから反発し合う

のかもしれません。負けず嫌いで、意地っ張りで、あんまり

愛嬌もない。こんな私が名門女子中学なんて似合わないと

悩む恵美の気持ち、仲間や両親より分かったのかもしれない。


自分のキャラじゃない。誰が見ても不似合い。誰が聞いても

冗談だと思う。だから、そんな本音は胸にしまって……。

だけど、譲れないものもある。それに気が付けたら

似合わないとか、無理だとか、そうじゃなくて

やってみなくちゃ気が済まない。掴めるかもしれないものを

挑戦する前に手放して、後悔するのは自分だから。

後悔を、誰のせいにもしたくないから。ダメならダメでいい。

やってみないで、決めつけたくない!この気持ちは

ディズニーの「ハイスクール・ミュージカル」と一緒ですね。

夢は自分のもの。でも夢を掴んだら、一緒に喜んでくれる

友達も両親もいる。それって、すごくステキなことです♪


おばあちゃんの優しさに触れた受験の神様が、ほんの一瞬だけ

ただの女の子の表情になりましたね。ここまで思い違いを

していたのかもしれません。ただの推測ですが、彼女は

もしかしたら、もう既に孤独なのかもしれません。

何かの理由で、とっくに両親はいなくて、面倒見て

育ててくれたおばあちゃんも、亡くなっている……。

病院にいるのが、おばあちゃんなのかもしれませんが。

だから、学費免除で入れる学校を探して、トップ合格。

生活の為に、無駄に時間を使わず、できる仕事

家庭教師で生計を立てている……。もしかしたら

入院している誰かの為の医療費も、稼いでいるのかも。

だから、義務教育でもない高等部に進んでいる暇はない。

働く為、なんじゃないでしょうか……。(私の勝手な推測)


『受験の神様』

感想ログ:1話2話2話(2)3話4話5話6話、7話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金9ドラマ◆女帝(8)

ほとんどの夏ドラマが、クライマックスに向かって

佳境にはいってきました!展開が面白くなったり

読めなかったり、王道だったり、いろいろですが

残り1話。どういう展開になるんでしょうね。

泥沼だけは嫌なんだけど……。


歌舞伎町ナンバー1・ホスト、夜王も、女帝と同じく

お客様に育てて貰って、ならせて頂くもの。

自分一人が「俺は夜王だ」なんて叫んでも、裸の王様。

ドン・キホーテ貫いて、思いこみを真実にしてしまう

人もいるかもしれないけど、やっぱり、自分じゃなくて

周りが認める人になりたいと、思うよね。夜王、女帝とか

そういう名称じゃなくて、タクミ、アヤカという人間として。


アヤカが、タクミを落とすために出ていったとき

色気を使って、女として落とすのかと思ったのですが

とんだ思い違いでした。人として、心で人を落とす。

信頼、過去、未来、素の自分の心だけで人を動かす。

この誘いにのって、タクミに目に見える利益は何もない。

それでもタクミは折れた。アヤカの本当の言葉の中に

自分でたくさん思うことがあって、そういう言葉を直に

ぶつけてくれたアヤカに対する感謝と、そして、たぶん

貸しを作っておいて損がない人物だと見込んだから。

ラスト、逆恨み……ではないか、自業自得なんだけど

アヤカの為にタクミもお金も立場も、何より自分を

傷つけられたカオルは激情して、刃物を持ち出す。

さて、ラスト1話、どういう展開になって終わるでしょう。


◆女帝◆

感想ログ:1話2話3話4話5話6話7話、8話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »