« 探偵学園Q(7) | トップページ | 受験の神様(5) »

ケータイ文学賞第1回大賞「解氷」

アクセス方法 
【i-mode】 iメニュー→メニューリスト→コミック/書籍→小説→プチぶん
【EZweb】 EZトップメニュー→カテゴリで探す→電子書籍→総合→プチぶん
【Y!ケータイ】 メニューリスト→書籍・コミック・写真集→電子書籍→プチぶん

盛岡の街が舞台でございます。知ってる場所がチラホラと。

でも、そういうことはエッセンスであって、この物語は

私もそうだけど「学校や社会の当たり前を、当たり前として

どうしても受け入れられなかった自分は異常なんだろうか」と

悩み続けている、多くの人に読んで欲しいと思います。

勉強していい点数と偏差値を持って、よりランクが上の学校に

進むことが、どうして当たり前なの?それが喜ばれるのは何故?

それに逆らうと、どうして叱られなくてはいけないの?って

私も、この小説の主人公と同じように疑問に思っていて

だけど「私の夢はキャリアウーマン!」と自分に言い聞かせて

私はガツガツその道を走り、家族にストレスをぶつけ、周囲を

蹴落として傷つけて、勝ち残ることが正しい道だと突き進んだ。

でも、そうじゃないと気がついて、自分の世界が変わっても

やはり、多くの人は、この感覚を理解してくれない……。

例え誰も理解してくれなくてもいい、自分だけで歩こうと覚悟して

そんなときに主人公はプロポーズされた……。どうしよう……

不満があるわけじゃない、理解されてないと感じてるわけじゃない

それでも、こういう私でホントにいいんだろうかと、思い悩む……。


こういう文章が、いつか書けたらなぁと思ってしまいました。

その為には、書くことなんですが……。何冊、新しいノートと

新しいペンを買っても、書き始めることができません……。

5年前、私が自分で負った傷は、思った以上に深いようです。

自分の世界が変わるということ、それは、価値観が変わること。

だから、小説も、その中で生きる人たちの生き様も、たぶん

変わってしまったんでしょうね。それでも、つたなくても、書くことを

始めたい。描きたいとう。文も絵も。描きたいものはたくさんある。

|

« 探偵学園Q(7) | トップページ | 受験の神様(5) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「解氷」の作者の淺里です。遅ればせながら(遅れすぎですねf^_^;)読んでいただいてありがとうございます。小説、ドラマ…、フィクションストーリーが大好きなのですね。最近のOLの野望の進捗状況は如何でしょう?これから時々、寄らせて頂きます。よろしくお願いします。「プチぶん」で連載進行中です。よかったら寄ってみて下さい。ではでは。

投稿: 淺里大助 | 2008年6月24日 (火) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/16139264

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ文学賞第1回大賞「解氷」:

« 探偵学園Q(7) | トップページ | 受験の神様(5) »