« ピアノの森♪ブログパーツ | トップページ | パパとムスメの7日間(5) »

N響ベートーヴェン交響曲第7番

アシュケナージの指揮、NHK音響チームの技術もありますが

N響の管楽器の腕が、管楽器の響きで、こんなにも違うのかと

驚きの7番でした~。なんて表現したらいいんでしょうね。

7番は、速くて、弾くのも吹くのも叩くのも、大変なリズムです。

だから、リズムに乗って、軽やかに楽しく、カンタービレ~♪

っていうのが、のだめカンタービレのベト7だったんですが

管楽器の深い響き、軽やかなリズムと共に、格調高い低音。

この厚みがあるだけで、ベト7のイメージが全然違いました。

のだめオケは、みんな演奏するのが楽しくて仕方ないって

ビシビシ伝わってくるベト7だったけど

N響はお客様に心地よく、聴いて頂くベト7でした♪( ̄ー ̄)

第2楽章のメロディアスな弦楽器、第3楽章のサロンのような

爽やかさ、重厚さとリズムを併せ持つ第4楽章。ステキでした!

「パパとムスメの7日間」をリアルタイムで見てたので

こっちが録画。残り半分は、また今度。録画してて良かった~♪

|

« ピアノの森♪ブログパーツ | トップページ | パパとムスメの7日間(5) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/16019579

この記事へのトラックバック一覧です: N響ベートーヴェン交響曲第7番:

« ピアノの森♪ブログパーツ | トップページ | パパとムスメの7日間(5) »