« 金9ドラマ◆女帝(7) | トップページ | 受験の神様(6) »

山田太郎ものがたり(8)

極論というか、本来の形というか、山田くんの精神は

意識はないだろうけど、もう境地に辿り着いているんですね。

「別に、大学行かなくても、勉強はできる。

働きながらでも、好きな研究はできる」

だから、この子、高校入試の時も、就職するつもりで

いたんじゃないでしょうか。何かきっかけがあって

「じゃあ、行ってもいいかな」って、高校に入った。

学費免除だけじゃなかったと思う。何でしょうね……。

同じように、今回も、周りじゃなくて

彼自身が答えをみつけることでしょう。


おっきな家は、ホントにただの好意なのか、罠なのか。

たぶん、このドラマの流れ的には、ただの好意だと

思うのですが……。ただ手に入った大きな財産って

何か意味があるのかな?お金持ち。王子様。玉の輿。

そういうものは夢でいい。現実は、努力と苦労と困難と

その中で得た、自分の感情と経験と、それでいい。

それが無ければ、お金があっても、生きる意味が無い。

面白みがない。それって、つまんなくて満たされない。


*山田太郎ものがたり*

感想ログ:1話2話3話4話5話6話7話、8話

|

« 金9ドラマ◆女帝(7) | トップページ | 受験の神様(6) »

07夏ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/16231187

この記事へのトラックバック一覧です: 山田太郎ものがたり(8):

« 金9ドラマ◆女帝(7) | トップページ | 受験の神様(6) »