« 白虹は天をめざす(彩雲国物語) | トップページ | ホタルノヒカリ♪第8夜 »

探偵学園Q(9)

ケルベロスvsナナミ、直接対決!

冥王星ではなくて、ケルベロス個人との心理・推理対決。

そして、キュウにとっては、最も手強くて、だけど自分で

なんとかしなくてはいけない、自分の中の憎しみや殺意

真っ黒な闇のような感情との対決。

これをホントに心から断ち切ることは、たぶん出来ない。

だけど、自我で押さえることならできる。

仲間を信じる心、悪意と闘う心、そういうものより

この闇の感情が強いわけがないと、自分を信じる。

何より、こういう闇の心をしった後のキュウの方が

また一層、みんなの心に響く言葉がかけられると思う。

闇の無い人間なんかいない。そんな人の想像の

きれい事なんかじゃ、他人の心には響かない。


私も、生き霊とぶほど、人を恨み憎んだことがあります。

私の場合は、その人の為に、失ったものを悔やんで

結果、自分を消してしまおうと泣き苦しんだんですが

遺書を書きながら「ちょっと待てよ」と、思い当たりました。

「こんなヤツの為に、私が死んでやる義理がどこにある!?」と。

生きて、恨んで憎み続けてもいいじゃないかと。

「あれ、でも、それも、勿体ない。恨んで憎んでるのは私。

私の心だけが、こんな真っ黒な闇に、染まってるのは

アイツのせい?それって屈辱、絶対、勿体ないっ!」と。

もちろん、それでスッキリ忘れられたわけではないけれど

時間がたって、自分にも大事なものが出来ると、そういう

真っ黒な感情は、小さくなって隅に追いやられていきます。

でも、自分にも、そういう心があったのだということは

決して忘れてはいけない。自分にも、家族にも、周りの人にも

いつ、どんな言動から、そういう気持ちが根付くか分からない。

きっかけは、誤解かもしれない、勘違いかもしれない。

でも、そういう想いが育って、犯罪になってしまうことも、ある。


ハデスと団も、リュウとキュウのような親友でライバルだった。

間柄が近しいほど、闇の根本は深く暗くなるのかもしれない。

次回は、冥王星との直接対決っ!


☆探偵学園Q☆

ドラマ感想:1話2話3話4話5話6話7話8話、9話

|

« 白虹は天をめざす(彩雲国物語) | トップページ | ホタルノヒカリ♪第8夜 »

07夏ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/16290875

この記事へのトラックバック一覧です: 探偵学園Q(9):

« 白虹は天をめざす(彩雲国物語) | トップページ | ホタルノヒカリ♪第8夜 »