« 夏目友人帳(4)短編 | トップページ | 山田太郎ものがたり(7) »

金9ドラマ◆女帝(6)

この子、すごく変な復讐手段考えてたんですね~。

パパに抱かれて、その後に出生の秘密を明かすなんて

あんまり効果的じゃないなぁ。その事を政治的な

スキャンダルに利用するなら別だけど、それじゃあ

相手より自分の将来が、絶望的なことになるだろうし。

しかも、パパ、ちゃんと「熊本行ってきたよ」ってお守り

くれたじゃん。パパの方が先手打って、アヤカのこと

もしくはアヤカのママのこと調べに行ってきたんだよね。

傷ついて苦い思いするのは、アヤカの方だろうなぁ……。

政治の世界は、タヌキの化かし合いみたいなもんで

真っ直ぐで真面目な人が正直者とは限らない。

じゃあ、一体誰が一番腹黒いんだろう?なんて疑っても

その答えには意味がなくて、そうじゃなくて、結局

自分が信じられるのが誰で、その人の為に自分は

何が出来るのか、大事なのはそこなんだと思う……。


大事な人の為に、出来ること、やってあげたいこと。

それは政治の世界だけでなく、男女の間にも当てはまる

ことで、素直で裏の無いミキちゃんは、ヤクザな男に

引っかかって、貢ぐ→搾り取られる状態になりかける。

それをアヤカに止められ、確かめに行って事実を知り

自殺する。あの男に裏切られたショックからじゃない。

それは薄々勘づいていたことだから、そうじゃない。

唯一心から信頼できるアヤカを疑ってしまった自分が

許せなかったんだと思う。心の広いアヤカは、きっと

そんなことを、いつまでも根に持ったりしないだろうけど

「疑ってしまった」という事実は、ずっと自分の中に残る。

罪滅ぼしは、自分が納得いく形で、納得できるまでやったいい。

でも、アヤカにとっては、ミキが生きて元気に明るく楽しく

側にいてくれることが、何より、心の支えになるんだと思う♪


アヤカの啖呵すごかったですね。意志の強さが真っ赤な

炎のオーラになって見えるようでした。かっこよかった。

ゴルフの時も、変わりに撃たれた時も、まだ二代目の

情婦候補だったと思うんですが、単身乗り込んでいって

男たちを睨み、啖呵を切った姿を見た二代目の目は

今後怖い存在になるかもしれないから、気を付けるべき女

あれだけ肝っ玉の座った女は、カタギにしておくには惜しい、と

色んな意味を持った、複雑な表情をしていました。役者だ!


色んな世界の男たちが、アヤカの周りに集まってきました。

ナオト、君はどうなの?ホントにアヤカのことはもういいの?


◆女帝◆

感想ログ:1話2話3話4話5話、6話

|

« 夏目友人帳(4)短編 | トップページ | 山田太郎ものがたり(7) »

07夏ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/16151358

この記事へのトラックバック一覧です: 金9ドラマ◆女帝(6):

« 夏目友人帳(4)短編 | トップページ | 山田太郎ものがたり(7) »