« ホタルノヒカリ♪第5夜 | トップページ | 山田太郎ものがたり(6) »

金9ドラマ◆女帝(5)

私も、このドラマの中のたくさんの女の子と同じように

「女帝」の意味をはき違えていたようです。

銀座No.1のホステスとか、銀座No.1の売上の店のママ

ではないんですね。みんなに愛され、守られ、支えとなり

言ってみれば、銀座の軸のような存在のことなんですね。

アヤカの目指す「女帝」が、どういう存在かは分からないけど

個人的な復讐心を抱えたままのアヤカでは、周囲が

認める「女帝」にはなれない……。どちらを選ぶのだろう。

女として、母の恨みをはらすのも、それはアヤカの自由。

だけど、このドラマのタイトルが示す通り、おそらくは

本来の意味での「女帝」を目指していくことになるんでしょう。

だとしたら、出来るだけ早い段階で、実の父への復讐心は

忘れるか、失敗してダメになった方が、彼女の為だろうなぁ。

いっそ、銀座を捨てて、実の父の力を使って、2世議員って

手もあるんだけど(笑)まぁ、それは無いでしょう、たぶん。


アヤカと一緒に行動し、アヤカの心の支えでもあるミキちゃん。

この子ホントに裏は無いんだと思うんだけど、その分

なんというか、器の大きな人かもしれませんよね。

親友。全ての秘密を話すことはないけど、心の底から

信じられる誰かが居るだけで、状況は全然違うと思う。

だけど、その分、彼女がホントに裏切らない存在であるなら

彼女を不慮の事故や、誰かの策略で傷つけられたり

失ったりしたとき、アヤカの哀しみ苦しみは、より深い。

大事な誰かがいて落ち着く。だけど、失ったら傷つく。

傷つくのは自分、自分が傷つきたくないからといって

一緒に居たいというミキを突き放すのも、それはエゴだし。

--そうか、なるほど、ナオトの心は、そういうことなのかも。

守りたい、近くで支えになりたい、だけど、傷つくところは

見たくない。でも、側にいて出来ることもあるかもしれない。

だから近くにいるけど、精神的には絶対、干渉しない……。

うひゃー、なんか、それも、究極の愛のカタチ!?


◆女帝◆

感想ログ:1話2話3話4話、5話

|

« ホタルノヒカリ♪第5夜 | トップページ | 山田太郎ものがたり(6) »

07夏ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/16071595

この記事へのトラックバック一覧です: 金9ドラマ◆女帝(5):

« ホタルノヒカリ♪第5夜 | トップページ | 山田太郎ものがたり(6) »