« パパとムスメの7日間(5) | トップページ | スクエニ貧乏 »

風林火山(越後編)

先週放送分から、本格的に、越後編に突入し

今まで、ちょこっとずつしか出てなかった、景虎様が

セリフとカリスマオーラを伴って登場していますが

見方によっては、この人、ものすごく怖い人ですよね。

仏門にあったことで、慈悲や義の心はすごく厚いのに

一方で、軍神と言われるほどの強さと賢さを誇った。

おそらく、景虎は仏門に入らなければ、自分の中の鬼や

修羅と呼ばれるものを押さえることができず、暴君に

なっていたんじゃないでしょうか。家臣にとっては、その方が

扱いやすく、切り捨てやすい存在だったかもしれません。

でも、軍神(=北神=多聞天=毘沙門天)の化身として

自分自身に戦う理由と、勝たなければならない立場を課し

宗教的なカリスマ力も使って、民衆を見方につけ、戦う。

心から神仏を信じてなければ、そんなことは出来ないし

出来たとしても、それ相応の報いも覚悟していたんでしょうね。

戦場以外では、ものすごく義に厚い面、厚すぎる面もあり

武田信玄と北条氏康の息子たちが、人質に入るのですが

その二家と再び争う事になったときも、2人を殺すことはなく

それどころか自分の養子にして家臣から守り、謙信亡き後は

この2人が上杉家の家督相続で対決することになります。

この辺の詳しい流れは、再来年の大河「天地人」にて。

直江、謙信、景勝、景虎、キャストが気になります( >o<)~ノ☆

|

« パパとムスメの7日間(5) | トップページ | スクエニ貧乏 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/16023016

この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山(越後編):

« パパとムスメの7日間(5) | トップページ | スクエニ貧乏 »