« 山田太郎ものがたり(2) | トップページ | 魔女の宅急便 »

金9ドラマ◆女帝(1)

ハッキリ申し上げまして、私、女ですが、女同士の泥沼は

死ぬほど大嫌いです。昼ドラなんか見た日には発狂します。

だから水商売系も、苦手です。でも、このドラマの番宣。

「のしあがっちゃる!」という下剋上宣言が、気になって

見てしまいました。見て正解でした。これは女の世界だけど

誇り高い、女の戦いです。それも生半可じゃない。今までの

水商売系だと「心と愛は売っても、身体は売らないわ」的な

清純気質が見え隠れしていて、気持ち悪かったんですが

「身も心も、全部武器!」これは、爽快です。潔い覚悟。

……ここまできて、一歩間違うと「姐さん」路線ですが……。

いや、そうなんですよね。生半可でないホントのヤクザなら

おそらく、こういう誇り高い気質が今もキッチリあるはず。

そういうホントの任侠の心意気なら、ゴールデンタイムの

TVでも胸張って描いて、今時の若者に見せてもいいと思う。


最初のスタート地点、火の国という店の文字を見て

このお母さんはとても誇り高い人だろうと、一瞬で察しました。

譲らない人だろうと。

この国で、女の頂点って何だろう?どこでしょうね?

銀座のナンバー1ホステス?ただのナンバー1ではダメですね。

可能なら、政財界のトップの弱みを握ったナンバー1ですね。

絶対、首相の妻ではない。それでは、首相の伴侶ですから。

高名な占いの先生とか、口の上手な宗教の先生とか?

想像するだけなら楽しいですが、実際に足を踏み入れるのは

ものすごーく怖いです。ドラマやフィクションだとしても……。


加藤ローサちゃん、実は、玉木くんの彼女というゴシップを

見て、勝手に毛嫌いしておりました。でも、相応しいお嬢さん

かもしれないですね。相応しいと言われるよう、のしあがれ!

|

« 山田太郎ものがたり(2) | トップページ | 魔女の宅急便 »

07夏ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/15748255

この記事へのトラックバック一覧です: 金9ドラマ◆女帝(1):

« 山田太郎ものがたり(2) | トップページ | 魔女の宅急便 »