« 干物女?ステキ女子?その3 | トップページ | 浦島太郎の真相 »

日本沈没(レポ2)

そういえば、映画を見ていて『N2(たぶん二乗の小さい2)』

という兵器の名前が出てきたあたりから、ん?とは思って

いたんだけど、スタッフロールみたら、あらまあ、ガンダムとか

エヴァのスタッフがわんさか名を連ねていらっしゃいました。

きっと、N2の連続爆破の映像は、そちらのスタッフの手で

しょうね。あんまりにもキレイすぎて、逆に自然から異質で

わざと、そういう風に、異質に見えるように作ったんだろうなと

感じました。自然災害っぽくじゃなく、人の手の爆破だと。

小野寺さんは、最初はホントに日本から脱出して、別の地で

仕事を続けていくことを、全く疑ってなくて、まして日本を救う

なんてことは、考えてもいない。仲間が、家族の為に、教授と

日本を救えるかもしれない計画を行うことを知っても、何故

家族のところに行かないんだ?という疑問はあっても、自分が

彼と一緒に潜ることは、悩まない。英国に発つ日まで

残ったわずかな余暇で、実家に帰り、思い出と運命を共に

する決意の母の、おだやかで暖かくて、芯の通った言葉を

聞いて、何かが分かり始める。レイ子が、人を救いたいという

思いを、叶えるために、自分には日本が救えるかもしれない。

自分の仕事、与えられた役割、自分で選んだ職務。それを

全うする。--結果的には、危機管理大臣も教授も、その

1点に尽きる。それが結果、1人でも多くの人を救うことに

繋がれば、その人が生き残った事実、その人を愛する人の

思い、その思いこそが、自分が守りたいものだと辿り着く。

結果、失敗するかもしれない、奇跡が起きるかもしれない。

どっちかっていうと、失敗する可能性の方がずっと大きい。

だけど何もしなくたって、いつかは死ぬ。

だったら、できることは何だろう。N2発火作業だけじゃなくて

私に出来ることは何?あなたに出来ることは何ですか?

と、問いかけているのだと思います。


私が思うに、少なくとも、原発が止まることで、電力が止まる

心配をする、関東のメディアは、メチャクチャおかしい。

被災地で、あの報道を見てる、被災者がどう思うか

ちょっとは考えやがれ!!近隣の人が、どれだけ怖い

思いをしているか、たぶん、これが東京電力じゃなくて

東北電力だったら、メディアはこんなに騒がない。

被災者より、電力の心配をしている、その心が醜い!!

電力は、各家庭の水を引っ張り上げる力と

交通網と医療が無事ならなんとかなるんじゃない?

TV局が節電しろって訴えるのはそんなにダメなことなの?

人の心を傷つける報道の方が大事なの!?


ちょっとヒートアップしましたが、確かに大切なことの為に

譲れないこともあるよね。でも、安心して生きてく為に

ガマンが必要なこともあると思う。先日、温泉施設の爆破で

あの事業主は、地元の反対に合い、再建を断念しました。

--同じことが起きないと言えますか?被災者に、被災の苦労

原発の心配と、将来への不安と、そんなにも背負わせて

のうのうとアッカルイデンキとカイテキナクウカンで生きて

それで、本当に幸せなんでしょうか?想像して考えてみよう。

もし自分が、あの原発の隣に住んでいて、被災していたら。

|

« 干物女?ステキ女子?その3 | トップページ | 浦島太郎の真相 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/15808950

この記事へのトラックバック一覧です: 日本沈没(レポ2):

« 干物女?ステキ女子?その3 | トップページ | 浦島太郎の真相 »