« 花ざかりの君たちへ(4) | トップページ | ホタルノヒカリ♪第3夜 »

探偵学園Q(4)

もっと前から思ってはいたんですが、このOPとED

ものすごく番組に合ってる感じで、いいですね~。


ストーリーはいよいよ、中盤突入です。ここから

本格的に「冥王星」や「ケルベロス」が出てきます。

今回の事件は、ほとんど原作通りに進行してますが

マンガと違うのは、やはり、キュウがあったかい声と

優しい素振りで、メグを思いやる気持ちが、ものすごく

伝わってくる点ですね。紙面だと、作りすぎを遠慮してか

そう、優しい穏やかな雰囲気はあまりないんですが

神木くんの雰囲気がすごくあったかくて、癒されます。

そこに、残酷なシーンとか、張りつめた謎解きが

入っていくるので、メリハリが生まれるんでしょうね。


キュウと尊敬する探偵のオジさん、団校長とレンジョウ。

この関係は、誰もが想像する通りで、間違い有りません。

ただ、どう繋がっていくかは、ドラマでのお楽しみです。

コミックでは最終巻まで、キュウの苗字が分かりませんでした。

でも、ずっと無かったはずはなく、無ければ、キュウ自身は

自分で隠していたことになり(そんな理由も必要も無い)

隠していたとしてもQクラスのメンバーが探れないわけがなく

たぶん、お母さんの姓を名乗っていたのだとは思います。


☆探偵学園Q☆

ドラマ感想:1話2話3話、4話

|

« 花ざかりの君たちへ(4) | トップページ | ホタルノヒカリ♪第3夜 »

07夏ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/15904571

この記事へのトラックバック一覧です: 探偵学園Q(4):

« 花ざかりの君たちへ(4) | トップページ | ホタルノヒカリ♪第3夜 »