« リスト編曲ベートーヴェン交響曲第7番 | トップページ | 山田太郎ものがたり(1) »

風林火山

「春日の局」以来、大河をほとんど見のがしたことの無かった

私が、今年は見てませんでした。1話というか、年末にNHKの

番宣を見てたときに、あまりにも役者さんたちが汚くて……。

いえ、実際はもっと汚かっただろうし、役者さんたちも最初

もっと汚くて、スタッフがお願いして、あのくらいキレイ(?)に

なったそうなんですが。それでも、見る気が失せてしまった。

ですが、後半突入と同時に、若(越後の龍)が登場~。

綺麗で、儚くて、色鮮やかで、若の登場の回からは見のがさず

仕事が急がしくても、なんとか夜10時前に帰ってきて再放送を

見てます!毘沙門天(北天、軍神)の化身と呼ばれる謙信ですが

どの大河でも、その圧倒的カリスマにより、そうとう美化され

神仏化されて、本当の彼の生き様とか、心の揺れとかには

あまり注目されていません。来年は、大奥。その次に、直江が

きます。再来年の謙信の役、その解釈に注目したいと思います。

|

« リスト編曲ベートーヴェン交響曲第7番 | トップページ | 山田太郎ものがたり(1) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/15624853

この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山:

« リスト編曲ベートーヴェン交響曲第7番 | トップページ | 山田太郎ものがたり(1) »