« 魔女の宅急便 | トップページ | 受験の神様(1) »

ホタルノヒカリ(9)

失恋→ボロボロで立ち上がれなくて、もがく9巻ですが

読み終わって、ちょこっと考えるうちに、なんだか闘志が

グツグツと沸いてくるのは何故でしょう。

ホタルノヒカリ 9 講談社コミックスKiss
IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE

ひうら さとる
税込価格 : ¥410 (本体 : ¥390)
ISBN : 978-4-06-340655-9
発行年月 : 2007.7
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

マコトくん「1人で恋愛する」って、どういう意味なの?

どういう気持ちから出てきた発言なの?詳しくお姉さんに

話してみてくれるかい?--ってな気になるのは私だけ?

おそらくですね、彼は、ホタルの同居人が、高野部長だから

言った言葉なんですよ。女友達とか、彼女の身内なら

そんな言葉は出てこなかったんです。他人である高野部長を

まるでお父さんのように慕って信頼しているホタルを見たから

出てきた言葉なんです。だって、1人で恋愛したって

バカで変な方向に行き詰まって、自分のこと見失って

1人で突っ走って、そういうの「オバカ!」って止めてくれる

存在くらい認められないはずがない。家族だったり

友達だったり、時には異性だったりするでしょう?

自分で向き合うことも大事だけど、可能性を広げる点では

周囲の存在は、その時は迷惑に感じても、ありがたいもの。

つまりは、やきもち。嫉妬だよね。それを受け入れられない

マコト君の許容量の無さだよね。ハッキリ言わせて貰えば

ホタルにとっては、親友、先輩、殿、部長のアドバイスにより

完璧じゃないけど、確実にステップアップできた失恋だけど

マコトにとっては無理矢理、切り捨てただけの失恋でしょう?

それも、嫉妬から、ホタルを独占したい本心からの叫び。

彼自身の言葉が何も語られてないのが、いい証拠。

マコトはリベンジしてきます。ホタルは気持ちは残っていても

女として階段を一段上がってる。さて、どうなるか、見物です。


ユウカちゃんの「ホタルさんなんか」このセリフ、私も

殿と一緒で、というか殿以上に、一瞬で切れたと思います。

普段、そう簡単には怒らないし、下火がついても、じわじわと

怒りが込み上げて、一晩寝てから、くわっと怒ったりする方

なんですが、こういう発言には、その場で切り返します。

「ねえ、それ、どういう意味?説明して?」と、冷却沸点です。

例え、取引先との電話でも、怒ります。譲りません。っていうか

こういうの、その人の為に、声に出して、怒ってやった方が

いいんだと思う。誰も怒ってくれない、気づかせてくれない

環境に育ってしまって、そんな言葉(本音)がついうっかり

口をついて出てしまうなんて、ものすごく甘い!許されない。

殿は、ユウカちゃんに幻滅したとか、そういうことは全く

思ってないんだよ。もっと、いい女になって欲しいんだよ♪


いつのまにか、マコト君→マコトになってました(笑)

私個人的には、今まで出てこなかった、そのままのホタルを

受け入れてくれる、器の大きな男性の登場を期待したいっ!

いや、違うな。ホタルをもっと磨き上げてくれる

一緒に歩いていける存在が、現れてくれたらいいなぁ。

ホタルちゃん「一生結婚できない!?」て、もがくあなたは

もう干物女ではないよ。干物女はそんなこと考えもしない(笑)


○ホタルノヒカリ感想ログ○

コミック->1・2巻3巻4巻5巻6巻7巻8巻8巻おまけ、9巻

ドラマ->1夜

|

« 魔女の宅急便 | トップページ | 受験の神様(1) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/15751571

この記事へのトラックバック一覧です: ホタルノヒカリ(9):

« 魔女の宅急便 | トップページ | 受験の神様(1) »