« 受験の神様(1) | トップページ | パパとムスメの7日間(3) »

シャーロック・ホームズと賢者の石

タイトルはハリー・ポッターからお借りしたのでしょうか(笑)

タイトルだけでなく、ものすごい、コラボ小説でした。

世の中、けっこうパロディとかオマージュ本は出回ってます。

著作権の問題とかありますが、正しい、出版方法であれば

作家本人だって、他人が書く、自分の小説の登場人物を

読んでみたいって思うんでしょうね。最近、日本で流行して

いるのが、シェアワールドという世界観を借りた、別の物語や

スピンオフという、主人公でない登場人物に視点を当てた

ストーリーですね。作家が死んだら、物語が完結しない。

だけど、ホントの意味で、物語を捉えている誰かがいるなら

続きっぽいものを描いてもいいのかなぁと思うこともあります。

シャーロック・ホームズと賢者の石
KAPPA NOVELS本格推理小説

五十嵐 貴久著
税込価格 : ¥860 (本体 : ¥819)
出版 : 光文社
サイズ : 18cm / 241p
ISBN : 978-4-334-07656-6
発行年月 : 2007.6
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

○彼が死んだ理由-ライヘンバッハの真実

ホームズを現実の世界に引っ張り出した、序章ですが

……なかなか面白い解釈でした。私自身は、ホームズを

全部読んだわけではないし、他作家さんが書いた小説を

読むのは初めてですが、同じように解釈した人も、今まで

何人かいるんでしょうね。モリアーティ教授=○○○○と。

五十嵐さんの心が感じた、ちょっと毒々しいホームズです(笑)

○最強の男-バリツの真実

これは、完璧に、対になる、大元の原作を知らないと

面白みが分からない小説なんでしょうが……。

ジゴロウさんって、きっと実在した人なんでしょうね♪

○賢者の石-引退後の真実

表題作。帯にも書いてありますが、すごい傑作です。

A.ドイル氏+五十嵐さんだけのコラボではありません。

最後には、あの映画界の名作の主人公が誕生します!

いやぁ、彼の最初の冒険が、ホームズとコラボとは(笑)

来年あたりに、新作が予定されている、あの超大作。

最後は、この少年が、R.フェニックスに見えましたよ~。

○英国大使館の謎-半年間の空白の真実

ホームズ先生、日本上陸。確かに半年くらいないと

当時は船旅だったから、日本になんか来られないよね。

日本人でないと描けない、ホームズ・パロディですが

実際に英国でおこった、切り裂きジャック事件の

余波(本波?)でもある、物語。意外と、真実は、ホントに

こういうことだったのかもしれませんね。国際問題に

なるから、内密に、処理されたのかもしれません……。

ここにも、また一癖違ったコラボが実現しております。

こっちは、ちゃんと実在した物書き、岡本綺堂、誕生です♪

……ちゃっかり(うっかり?勝手に?)五十嵐さんの小説から

リカさんも登場……。できることなら、ホント成敗して下さい。


五十嵐さんの小説に魅了されて、まだ、3ヶ月くらい

読んだのも、まだ3作で、ドラマも始まったばかりですが

この方の小説は、ホントに同じ人が書いてるの?っていう

ジャンルも、文脈も、ものすごく柔軟で、これからも自由な

スタイルで、面白い作品を、届けてくれると期待できる

素晴らしい作家さんだと思います♪皆さん、注目です!

ものすごーい、人情劇とか感動大作も読んでみたい!


--五十嵐貴久、読書ログ--

交渉人リカシャーロック・ホームズと賢者の石

|

« 受験の神様(1) | トップページ | パパとムスメの7日間(3) »

半身浴で読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/15761588

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロック・ホームズと賢者の石:

« 受験の神様(1) | トップページ | パパとムスメの7日間(3) »