« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

ミラージュの罠(クラッシュ・ブレイズ)

罠って……、どっちが、どっちに張った罠のことでしょう……。

罠をかけやすいように、山に呼び出してあげて、猶予を上げて

罠に飛び込んであげて、罠にはまってあげて、めんどくさいから

一箇所に集めたところを一網打尽して、マスコミを呼び出して

隠密部隊に、最高の屈辱を与えることって、罠じゃないの?

ああ、だから「ミラージュ」なのか、影のように映った「罠」ってこと。

ミラージュの罠 C・NOVELS Fantasia
茅田 砂胡
税込価格 : ¥945 (本体 : ¥900)
出版 : 中央公論新社
サイズ : 18cm / 221p
ISBN : 978-4-12-500991-9
発行年月 : 2007.7
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

なんでこんな事態になるのか、きっかけは忘れてしまうほど

些細なことだってことだけは分かってるので、モチベーションも

全然上がらないし、そのくせ、変な輩だけ、沸いて出てくる。

プロであるはずなのに、同じくプロのシェラに気づかない。

それは、現場で同業者に出くわしたり、争った経験の無い

シェラにとっては未熟者の証。でも薬や武器はいっちょまえ♪

結果的には、一般市民(課題目標)の枠を越えることなく(?)

子供チームだけで、任務完了。お見事でした。が、ようやく

証された真相が……。もうちょっと華やかなネタだったら

楽しかったのに、不倫現場かい。ダグラスも可哀相にね~。

次は、中央公論新社のアンソロジーで「デルフィニア外伝」


◎茅田砂胡作品感想ログ◎

レディ・ガンナー(蒼天の輝き

クラッシュ・ブレイズ(パンドラの檻オンタロスの剣ソフィアの正餐会

            ミラージュの罠)

デルフィニア戦記(大鷲の誓い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴蘭の咲く頃に(彩雲国物語)

ザ・スニーカー増刊号、小説雑誌「ザ・ビーンズ」より

彩雲国物語、ショートストーリー感想です。軽度ネタバレ?


静蘭が清苑公子と呼ばれていた頃の、王宮のお話です。

この静蘭という名前を付けたのは、秀麗のパパママだと

思うんですけど、この名前にも、意味があったんですね。

鈴蘭の君と呼ばれていたのは、静蘭のお母さんです。

そして、秀麗やたくさんの国民が苦しんだ、悪夢のような

8年間。公子たちが争い続け、国が荒れまくった内乱。

そのきっかけとなった王の病。これの仕掛け人が発覚。

ものすごい驚きです。現在の静蘭も、今はその真実を

把握しているらしいですが、当時の清苑が、気が付いて

いたら……、事態は変わっていて、シュウエイは清苑の

側近として近くにいて、藍家の3人も王に仕えていて

全然違う彩雲国物語が出来ていたんだなぁと……。

この短編で、静蘭の過去をちょこっと垣間見た後

本編を最初から読み直すと、彼の意味ありげなのに

真意がわからない言動に合点がいくように思います。

私が一番に「そういう意味だったのか」と感じたのは

静蘭が劉輝を、藍龍蓮の元にわざわざ連れて行くシーン。

挨拶、面通しにしては、なんか雰囲気が違う。なんか

もっと意味ありげなのに、その真意が分からない……。

そう感じていたんですが、ものすごい意味があった。

あれは、昔自分が犯してしまった失敗を、繰り返さないため

絶対やっておかなきゃいけないことだった。例え、その後

どういう流れになるのだとしても「会いに来た」という事実を

残して置いて、マイナスは無いんです。その事実がどうとか

そういうことを置いといて、劉輝と龍連は、勝手に意志疎通

して、勝手になんとなく仲良くなっていったりするんですが(笑)

その他にも、たくさんあるんだろうし、静蘭の過去半分は

まだ彼とエンセイと作者さんの中に眠ってるんでしょうね。

たぶん、読者が簡単に触れられる内容の過去ではない。


彩雲国物語、最新刊は、9/1発売予定♪


◎彩雲国物語、感想ログ

心は藍よりも深く(2005.10.04)、光降る碧の大地(2006.01.30)

藍より出でて青(2006.04.02)、紅梅は夜に香る(2006.08.30)

緑風は刃のごとく(2006.09.30)、深き眠りの水底で(2007.02.07)

鈴蘭の咲く頃に(2007.07.29)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験の神様(3)

受験の神様、女子中学生家庭教師、菅原道子さんの

やろうとしてることが、見えたかもしれません。

ただ、彼女は、その展開を読まれたところで、痛くも痒くもなく

というか、むしろ「やっと気づいたの?」とか、冷笑しそうです。

受験勉強は、塾でも何でも、やっていけばレベルに到達して

科目は受かるラインに到達することは、難しくないんです。

受験の神様なら、尚のこと、短期間で、漢字の基礎力を

あれだけ上げられたし、ヒロシ君にも努力という才能が

眠っていただけで、それが目覚めてしまえば、強いはず。

あと、受験に足りないものは、何より精神力。

本人が、受験会場で冷静でいられる落ち着きや

面接官の話を良く聞き、答えを考えられる冷静さ

受験に立ち向かうという、長距離を走り続けられる

モチベーション。親側にも、仕事や家庭を両立しつつ

その上で、子供の受験を支えるのだという覚悟。

根底から、彼女は、鍛えようとしてるんじゃないでしょうか。

口には出さなくても、本人や家族が、互いに不満に

思ってることや、友達や仕事仲間が、不信に思ってることを

わざと表面に持ち出して、直視させて、考えさせる。

何故かというと、受験本番・直前にこそ、こういう不安要素は

表に出てきやすいから、先にそれを取り除き、尚且

自分で、それを乗り越えることによって、揺らぎ無い心を

持たせようとしているんじゃないでしょうか。

……そう考えると、この神様は、そういうのを超越した存在。

全く揺らぎ無い。感情の起伏も全部コントロールしてます。

このくらいの女の子が当たり前に考える、恋愛とか

そういうので、悩むことは無いんだろうなぁ……。

このお嬢さんも、変わっていければいいけど

それも今の段階では、望めない気もしてきました。

次は、牧場合宿!自然から、たくさん学びとれ♪


『受験の神様』

感想ログ:1話2話2話(2)、3話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田太郎ものがたり(4)

「玉の輿パート2」の打ち上げ花火→「玉の輿2連敗」の爆破。

このお嬢さん、ものすごーく、愛嬌あるかも……。

ものすごく、かわいく見えてきました(笑)この家族構成も

ものすごく好きです。一人娘を自分なりに心配する、お父さん。

世間一般主婦の代表のような、明るく強く優しい、お母さん。

この子は、変な子に育ちようがない、いい環境で育って

だから「玉の輿」とかいう、幸せな夢を純粋に持っている。

次回は、御村くんとお近づきになるのかな。今度はホントに

「玉の輿」だけど……、あっちにその気は、全然ないだろうし

たぶん「玉の輿パート2」だって、山田くんが好きって想いを

自分でうち消す為に、自分で盛り上げたような感情だったと

思うので、それに自分で気が付けば、超ド級貧乏でも

なんだって関係なくなるはずなんだよね。

っていうか、山田くんが就職して、あの能力で、仕事始めれば

貧乏解消→あらちょっと余裕がある生活?になるのは、意外に

早いんじゃないかと思うので、将来確実な「青田買い」だと思う、

御村くんだって、今住んでるおうちは旧家だけど、彼自身の

財産じゃない。華道の家元なんて、お家騒動とか大変なんだぞ。

そんなものに巻き込まれて、ぐちゃぐちゃの人生よりは

山田家きっと確実サクセスストーリーの方が、いいと思うな♪


*山田太郎ものがたり*

感想ログ:1話2話3話、4話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金9ドラマ◆女帝(3)

めちゃくちゃ疲れて帰ってきて、人間ドラマみても

全然、心は晴れないし、癒されもしないことは分かってます。

だから、金土の夜は、バラエティやドキュメンタリーの方が

心にはいいんですが……、金曜9時に、疲れた心身も

そんなもんはお構いなしと、うち砕く勢いの「女帝」爽快です。


ライバルを失って、恋人とも離ればなれになって

心機一転、銀座デビューになった夜。高校の同級生で

代議士の娘(超お嬢さま)が、敵意むき出しで現れる。

表情殺して、ジュースをふき取るアヤカですが

その心の中に燃え上がった炎が、目にみえるようでした。

「よく、私の前に、現れてくれた。私は私の力で、あなたの

所、あなたの上まで、のしあがってやる。待ってなさい」と。


◆女帝◆

感想ログ:1話2話、3話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FAIRY TAIL(5)

限定版を手に入れるのに、手間取ってしまいました~。

ストラップとか、おまけ系は、要らないんだけどね

小冊子なら、絶対欲しい。設定資料とショートストーリー!

ナツはあんまり変わってないけど、ルーシィ、エルザ

ミラ・ジェーン、タウロスは、けっこう初期設定違います。

特にルーシィはキャンディ・キャンディのようで、露出度も

全然低くて、これだと性格も別人だったでしょうね~。

だから、タウロスがあんなにかっこよかったんだろうなぁ。

FAIRY TAIL 5 講談社コミックス
真島 ヒロ
税込価格 : ¥420 (本体 : ¥400)
ISBN : 978-4-06-363857-8
発行年月 : 2007.7
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

本編は……、ウルとグレイとリオンの過去が明かされて

いざ決戦へ。って、たぶん、このクエストの最終戦は

リオンでも、デリオラでもなく、たぶんザルティ……かな?

じゃなくて……、このザルティが、どっかのギルドから

派遣されてきたソーサラーの可能性もあるのか。

どっちにしろ、この状況の一番上手を握ってるのは

ザルティだと思います。何かが動き出す、かな。


◎FAIRY TAIL感想ログ→1巻2巻3巻4巻4巻(おまけ)、5巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタルノヒカリ♪第3夜

3夜……?3話……?まだ3回でしたっけ??

もう既に5回くらい放送してるような、当たり前な感じ?

干物女の浸透度、おそるべし……。

たしかに、瞬間のインパクトとして大きいのはステキ女子。

だけど、心に残るのは、不器用で、言葉をうまく操れない

ホタルの言動なんだよね。ホタルが言ったようにユウカなら

ものすごい印象的で、華やかでキラキラのセリフを言える

場面、ホタルは腰をひくばっかりで、警戒態勢になっていて

ラスト、ちょっとだけ自分の言葉をしどろもどろに伝えられた

その事実だけを、ものすごーく喜んで。マコトくんも、ただ

自分の仕事を見てくれて、評価というか、ホタルの目に映る

お店の新しい姿の感想が聞くことができて、ただ嬉しい。

(ファッション誌の着回し30日で、なんとかそれっぽい)OLと

イケメンアーティストだけど、言ってること、やってることは

恋愛マスター山田姐さんに言わせると「幼稚園児並」になる

でしょうね(笑)いや、でも、それが、いいんだよね。

作ってない、ありのままの、その恋愛(片思い)の姿が

たぶん、意外と、今の日本の映像世界の中では新鮮です。


思えば、昨今のドラマは極端ケースなんですね~。

途方もないお金持ちと雑草の恋愛(花より男子)とか

男子校の男子寮に女子潜入(花ざかりの~)とか。

そうか……、私のような、根っからの干物女から見ると

このマンガとドラマは「あるある、そうだよね」という共感

ドラマだけど、華やかなステキ女子の皆さんから見ると

「ホタルノヒカリ」も極端なケースになるんでしょうか……。

負けたとは思わないけど、なんだか、それもむなしいような。


マコトくんをめぐって、ステキ女子vs干物女の勝負開始!

って、なんだか、ゴングなる前に、勝負ついてそう(笑)

その気になって、気合い入れれば入れるほど、空回りして

結果、落ち込むホタルの様子が、目に見えるようです。

そう、勝負じゃない。ユウカは、自分に負けないって

言ったけど……、私は違うと思う。誰かの為なら

大事なものの為なら、自分にも負けていいと思う。

プライドとか全部捨てて、みっともなくて、目も当てられなくて

もしかしたら嫌われて、それでも、大事なものを少しでも

守れたら、それでいいときだって、あるんじゃないかな。

伝えるのも、分かって貰うのも、難しいかもしれないから

誰にも理解されない、自己満足で終わるかもしれないけど。


○ホタルノヒカリ感想ログ○

コミック->1・2巻3巻4巻5巻6巻7巻

       8巻8巻おまけ9巻9巻(違う視点)

ドラマ->1夜2夜、3夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探偵学園Q(4)

もっと前から思ってはいたんですが、このOPとED

ものすごく番組に合ってる感じで、いいですね~。


ストーリーはいよいよ、中盤突入です。ここから

本格的に「冥王星」や「ケルベロス」が出てきます。

今回の事件は、ほとんど原作通りに進行してますが

マンガと違うのは、やはり、キュウがあったかい声と

優しい素振りで、メグを思いやる気持ちが、ものすごく

伝わってくる点ですね。紙面だと、作りすぎを遠慮してか

そう、優しい穏やかな雰囲気はあまりないんですが

神木くんの雰囲気がすごくあったかくて、癒されます。

そこに、残酷なシーンとか、張りつめた謎解きが

入っていくるので、メリハリが生まれるんでしょうね。


キュウと尊敬する探偵のオジさん、団校長とレンジョウ。

この関係は、誰もが想像する通りで、間違い有りません。

ただ、どう繋がっていくかは、ドラマでのお楽しみです。

コミックでは最終巻まで、キュウの苗字が分かりませんでした。

でも、ずっと無かったはずはなく、無ければ、キュウ自身は

自分で隠していたことになり(そんな理由も必要も無い)

隠していたとしてもQクラスのメンバーが探れないわけがなく

たぶん、お母さんの姓を名乗っていたのだとは思います。


☆探偵学園Q☆

ドラマ感想:1話2話3話、4話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花ざかりの君たちへ(4)

久しぶりに、原作読み返してるんですが……

マンガの佐野は、ミズキにも周りにも、けっこうキザなセリフを

吐きまくるので、生身の佐野が「俺に触るな、関わるな」っていう

けっこうとがった態度を取るのが、新鮮に感じられます。

これが「ボケボケのミズキを、そっと守る→独占したい」に

変わっていくのかと思うと、そのギャップが、逆に楽しみですね。

ホントにラブラブになれるんだろうか……疑問だ……。


まだ、飛べるか分からない、でも、こっそりグランドに戻って

走り出していた佐野。それをみつけて、ミズキを呼んで

ただ一緒にいて安心して、ただ一緒に笑える。それだけの

空間と時間が、どれほど、居心地良くて、あったかいだろう。

その時は、全然気が付かなくて、ちょっと友達との距離が

近すぎて、ちっちゃなことでギスギスしたりもするけれど

それでも、離れてみて初めて、そのありがたさが分かるもの。

ミズキ、佐野、中津、だけのことじゃなくて。世の中に普通に

溢れている、学校、部活、職場、ご近所、ネット、様々な縁というものを

ありがたいと思えるようになったのは、やはり年の功なのかな(苦笑)


ところで、ある必要があったのか、疑問な、合コンシーン。

あの「あいのり」のノリが、今時の高校生の恋愛のテンポ

なんだろうか……。だとしたら、みんな、その時思ったことを

アナログにもノートとペンを持って、書きとめてるのか!?

いや、書き留めなくても、若いから覚えていられるのか!?

その時にしか沸かない感情ってあるからね、書き留めるのは

大賛成だけど、あいのりって、別に恋愛の仕方を教える

番組じゃないよね……。まして、合コンの手引きでもないし。

いや、合コンの手引きなのか?まぁいいや、他人の恋愛なんて。

たぶん、あのシーン、重要なのは、コマリちゃんだけ。

コマリちゃんと中津のカップルが誕生すると、もうすぐ……。


◎花ざかりの君たちへ◎

ドラマ感想:1話2話3話、4話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fake/五十嵐貴久

ヤクザな詐欺師vsハイテク探偵のイカサマポーカー対決です。

小説で全て表記するのは、ものすごーく大変。映像化、希望!

「Fake」個人的満足度:★★★★★★★★★☆(95%)

個人的には、オーシャンズ12はもとより、オーシャンズ11より

断然面白かったです!ただ、ラストが、あまりにも……。

(残り5%はこのラスト……。でも、だからこそ中身が生きる)

ものすごく活き活きした、エンターテイメント小説です。

Fake 幻冬舎文庫
五十嵐 貴久
税込価格 : ¥800 (本体 : ¥762)
サイズ : 16cm / 577p
ISBN : 978-4-344-40980-4
発行年月 : 2007.7
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

ここから、ネタバレ含みます。

「絶対負けないポーカー」この地点で、きっと、どんでん返しが

あるだろうなぁとは思っていました。でも、宮本さんが、大変

だけど、正直、ものすごく楽しそうに、ハイテク機器の作成や

設置をしてる様子が、活き活き描かれていて、どんでん返し

から目を逸らしてしまう。「これは、うまくいくのかも?」なんて。

でも、実際は、見事に、足元、残さず全部救われた

どんでん返しが起こる。ホントに全部、黒幕まで。

ところが、完敗、茫然自失の宮本さんをさしおいて、物語は

超ハイテク→ものすごーくアナログな泥棒さん方向に展開。

ここまでくると、ものすごーく、爽快!3人が、アカデミー賞級の

演技力で、全員を騙しきった、本物のフェイクだったことが

分かって、全編振り返って、全部確かめたくなるんですが……

ラストは、ものすごく苦々しかった。10億という当方もない

大金を、不法手段によって、手に入れた代償というんでしょうか。

この感情は、ものすごく重かったです。軽くてはいけないんですね。

ものすごく良く出来た小説だと思います。ステキでした!!


4人の今後のことを考えてみると……

宮本さん:このまま黙ってはいないはず。

ラスベガスあたりで修行してるかも?

カナ:その頭脳と才能があれば、どこでも需要はあるだろうなぁ。

大事なのは、彼女が何を選ぶかだと思う。

おじ様:彼だけは、どこにも逃げ隠れできない。ホームを守るため。

ホームを守る地位を手に入れるため、きっと表舞台に出てくるはず。

バカ息子:意外と、ホントに、完璧に才能のある坊ちゃんでした。

今回はカナや父親がいたから助かったけど、一番、足を捕まれそう

なのが彼なので、しばらくはお父さんと一緒にいた方がいいのかな。

大学に行けなくても、芸術を認められるチャンスはきっとやってくる!


--五十嵐貴久、読書ログ--

交渉人リカシャーロック・ホームズと賢者の石、Fake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパとムスメの7日間(4)

4話で、4日経過ってことは、意外と早く戻るのかな?

来週は、おそらく選挙速報で、無いんだろうけど。


秘密基地のような会議室で、女子高生の口調で啖呵切った後

隅っこで、小さくなって、携帯握りしめて、たそがれる舘さんが

ホントに、学校の見えないところで、小さくなってる女子高生の

ようで……可愛かったというか、切なかったというか……。

社内プレゼンで、あんな啖呵切る度胸、パパにはなかったし

大体、パパにはあんなこと言える情報も無かったから、あれは

あれでいいんです。いざ、社内革命。別に経営うんたらとか

じゃなくて、客がいる商売は、客がメイン。御前様じゃないの。

プレゼンってのは、御前様に、お客様のニーズに応える為

こんなことを考えてますよ~っていうアピール。それを通して

おかないと「何でこんなことが必要なの?」という疑問が出て

それに一個一個対応するのは効率が悪いので、こういうこと

展開するつもりですよーと、お話を通しておく場です。じゃ

なんで、あんな大袈裟な設備で、えらそうな人が集まるかと

言うと、えらそうな人を同時に一箇所に一気に集めるには

それなりの名目が合った方が、えらい人も「○日は会議」って

理由が付けやすいから、それだけ。んで、本来であれば

このプレゼンの資料を持ち帰って、考えたり、検討したりして

再度、中身について話し合う場が持たれて、そこで決定。

その場で、すぐ何かが決まるってことは、あんまり無いです。

決まるっていうか、じゃあ、この路線で動いてみて、不都合

とか、疑問点が出てきたら、必要レベルで会議しましょうか

ってな、イージーな緩いノリの時もある。企画って、面倒で

大変な割に、おじゃんになることの方が断然多いんです。

だから、一個一個に凹んでいられないし、逆に、通った企画を

教えて貰って学んだり、自分の企画を反省したりする……。

でも、昨今の企業は「仕事を家に持ち帰るな」「定時で帰れ」が

基本だから、なかなか自分一人で、反省とか勉強とかしにくい。

定時すぎたら、プライベートに切り替えなさいってことなんだろうけど

プライベートをのんびり過ごすためにも、仕事スッキリ区切りつけて

会社出たいんだよね~。日本人って、仕事にわがままなのかな。


起案(啖呵)=ムスメ、企画(実質計算+スケジュール調整)=パパ

意外と、ものすごくいい流れかもしれませんね。パパの方は、化学

白紙だったみたいだけど。中高の化学って、楽しいんだけどなぁ。

パパ、きっと文系だったんだろうな。大学出て、いいとこ就職して

エリート街道ではないかもしれないけど、突出せず、へま踏まず

今までやってきたんだろうに……。さて、この先どうなることやら。


☆パパとムスメの7日間☆・・・1話、2話3話、4話

| | コメント (0) | トラックバック (1)

受験の神様(2)-2

昨日、書こうと思って、まとまらなくてやめたんですが

「頑張る」<ー>「頑張らなくていい」

使いどころを間違うと、相手を怒らせるかもしれない

言葉で、ドラマでラグビー部の監督が選手に言った時も

「え?」と感じた人は多いんじゃないかと思います。

特に、TOKIOにガチンコ勝負のイメージを持ってると

「頑張ってる人に、頑張らなくていいって言うのは、失礼?」

とか、いうことも考えちゃいます。逆に

「既にすごく頑張ってる人に、頑張れって言うのも、失礼?」

とか、いろいろグルグル考えちゃうわけです。

頑張ることを楽しんでる人には「頑張って」でOK

苦しんで頑張ってる人には「頑張れ」はNGってこと?

でも、それって、芝居上手な人相手だと分からないよね。

そこで重要なのが、日本人が持つ「相手を推し量る能力」

難しいけどね、自分の子供の気持ちは、親としての思いが

あるから、歪んでる時もあるんです。子供の友達の方が

それを分かってる時がある。それをすくい取った上で

子供のことを考えて、その子の為になるバックサポートを

考えて、選択しなくちゃいけない。たぶん、考える上で

人数は多い方がいいんです。両親、兄弟、祖父母って。

だから、正解・不正解ではなく、ケースバイケースってこと。


『受験の神様』

感想ログ:1話2話、2話(2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験の神様(2)

スガワラミチコさん、学問の神様から頂いたお名前ですね。

自分のことを詮索されるのが、ものすごく嫌なんだろうなぁ。

家のこと、家族のこと、自分の育ちや思い出。

何もない冷たい環境で育ったか、ものすごい暖かい状況から

全部失って感情や表情まで無くしてしまったか、どっちかかな?

この家族との出会いが、何か少しずつ変えていくんだろうな。


中学受験。義務教育だから、受けなくても、普通に公立の

中学には進めるし、勉強が出来なくても、お金で入れる

私立中学だってある。通うのは大変だし、入ったら入ったで

やっぱり苦労はあるし、良いのか悪いのかは分からない。

だけど、挑戦すること、やってみること、その気持ちに

姿勢に意味があるのかもしれない。

自分で何を学びたいか、気づかせてくれる

考える機会をくれる、そんなドラマかもしれません。


『受験の神様』

感想ログ:1話、2話

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ミラージュの罠(クラッシュ・ブレイズ)試し読み

クラッシュ・ブレイズ最新刊。7/25発売です。

中央公論新社HPにて、試し読みができます。→here

なんか、妙なところで、妙な縁が出来てしまったらしく

妙なことが起きそうです(笑)楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田太郎ものがたり(3)

3話目にして、ようやく、このドラマの主旨というか、流れが

ちょっと分かりかけてきました。王子様(周りの勝手な妄想)と

超貧乏生活のギャップの笑いとか、何か大きな事件が起きて

その困難を乗り越えて……とかいう、物語ではないんですね。


金曜日の夜。学生も仕事人もストレスは最高潮。遊びに行ったり

飲みに行って、歌って、お酒を飲んで、カラカラにストレス発散も

いいけど……、笑顔で気持ちを切り替えることができるドラマです。

妄想とか、誤解とか、てんこもりで、ただ楽しく笑えて、それが

原因で、ちょっと傷ついたり、傷つけたりするかもしれないけど

でも、考え方で、人の感情はいくらでも変化するんだと

気づかせてくれる、そんな感じです。あのエアギターのOPが

物語ってますよね。それぞれ個性ある音色(?)のエアギター。


スーパー攻略大作戦!とっても楽しかったです。

特に、松阪牛争奪戦のシーンは、撮影も、そうとう

楽しかったんじゃないでしょうか。エプロン、割烹着姿で

草原で、買い物かごを持って走るなんて、その絵だけで

ものすごく楽しくて、幸せで、笑えて。走ってる人間の音が

牛の走る音なんですよね。もー最高でした、ステキでした。

そして、いつも、家族を大事に思って、家族の幸せを考えて

家族に尽くしてる太郎の優しさが、師匠と親友から、返って

くる。お野菜と、バーベキュー用炭コンロ。物品じゃなくて

優しさとか幸せの想いが、ものすごく暖かくて、見てるだけで

幸せになれます。でも例えば「私は不幸ど真ん中」って時に

見て、同じように「幸せ」って思えるかは分かりません。

すごく羨ましくて、憎たらしくて、嫌ってしまうかもしれない……。

逆に、悔しくて泣けてしまうかもしれない。でも、それでも

気が付くことが出来ると思う。ホントに私が欲しいのは高価な

物品じゃなくて、優しさとか暖かさとか、見えない想いなのだと。


*山田太郎ものがたり*

感想ログ:1話2話、3話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金9ドラマ◆女帝(2)

ドラマスタートから終わりまで、目が離せないっ!

1.レイコvsママ、立場とプライドの女の戦い

アヤカは最初からレイコをライバルと思ってません。

ホステスの世界を知らないアヤカにとっては、教材であり

のし上がるための絶好の踏み台だから、もっともっと

強く美しく、プライド高くあって貰わなければ困るっ!

※ちなみに、マジュさんは映画ではアヤカを演じたらしい。


2.妖怪との戦い、3連戦

初日:身の上話をして、帰られる

二日目:本心をぶつけて、自分から立ち去る

三日目:絶対逃げない

必要以上のメイクと、質素すぎるアヤカの服のバランスに

違和感を持った人もいるかと思います。普通のホステスの

化粧の濃さにビックリする人もいるでしょう。でも、それは

何もホステスに限ったことではなくて、OLだって同じです。

メイクは戦装束。化粧をしたら絶対泣けない!自分への意地。


3.芯の支えになる為の、今は見えない男の戦い

これだけ心がしっかりしていて、覚悟があって、目標がある

女を、本当に、心底、彼女の為になることを、例えアヤカが

優しさを望んでいても、それを突き放し、傷つけても貫く。

アヤカを彼女が望む場所へ、導く為に。


女性団体から抗議がきそうな内容でしたが

他人からの抗議とか、物事の善悪とか、そういうこと

全部分かって、自分で選んだ道。覚悟したことなんです。

だから、止める気なら、本気の覚悟でないと、止められない。

でも、アヤカには「この先を見てみたい」と思わせる何かが

眠ってる感じがします。戦い、強さ、覚悟、なんて連ねると

艶やかさが薄れてしまいますね。見た目(絵柄)は、これから

もっともっと華やかになっていってくれることを、期待します♪


◆女帝◆

感想ログ:1話、2話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦島太郎の真相

日本酒のバーで、3人の中年オヤジたちが、映画や

TV、音楽の話題に花を咲かせ(けっこうマニアな領域?)

その横で、大学院生のお嬢さんが、静かに豪快に今日も

一升瓶を空けるペースで、聞き耳をたてています。

過去のブーム→現在抱える事件→昔話の逸話を交え

→事件の真相(心のアリバイ)を、解いていく……。

浦島太郎の真相
KAPPA NOVELS 恐ろしい八つの昔話

鯨 統一郎
税込価格 : ¥840 (本体 : ¥800)
出版 : 光文社
サイズ : 18cm / 231p
ISBN : 978-4-334-07654-2
発行年月 : 2007.5
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

○浦島太郎の真相

目からウロコって、こういうことを言うんでしょうね。

確かに言われてみれば、この物語は、竜宮城に行った

若者ではなくて、陸に残された人が作っただろう物語。

つまりは、漁の事故で、海で消えてしまった夫や息子が

どこかで助けられて、幸せにくらしているんだと

信じたかった、妻や母の想像の物語ですね……。

○桃太郎の真実

……うふふ、これは、私は、そうだろうと思っていました。

昔、人形芝居で、桃太郎に成敗される「鬼」がものすごく

可哀相で、号泣した記憶があって、今も胸に残ってます。

だって、この「鬼」は何も悪いことしてない。鬼ヶ島という

彼らだけの島で、暮らしていたのに、桃太郎とかいうヤツが

乗り込んできて、鬼たちを倒して、宝を持っていってしまう。

こんなヒドイ物語が、あるだろうか……って。

○カチカチ山の真相

……納得です。確かに、復讐にしては大袈裟すぎますよね。

でも、ホントは、こういうことだったのですね。タヌキめ……。

○サルカニ合戦の真相

なんと、まぁ、これって、大化の改新を後世に伝えるための

物語だったのですね。日本語で、そがのいるか、とか

なかのおおえのおうじ、とか、たいかのかいしん、と書くと

今の人たちには、何でそんなに重要視される事なのか

イマイチ分からないかもしれませんが。これは革命です。

数年前にも、アジアでありましたよね、軍事クーデター。

つまり、この革命がなければ、今の日本は無かったという

歴史上とても大きな事柄です。だからこそ、語り継がれた。

○一寸法師の真相

誰でも、まるっきり他人事ではない物語だったんですね。

ヒルコ様。水子様です。身内に誰1人、流産などの経験が

無いという人は、そういないと思います。あまり知られたくない

ことだから、隠してるというか、話さない人もいるでしょうけど。

だから母は夢を見る。小さくても、賢くて強い、我が子の姿。

○舌切り雀の真相

言われてみれば、一目瞭然ですね~。おばあさんは○○○様。

でも、そう言われるまでもなく、この昔は、おじいさんは結局

雀の都に越してしまうし、おばあさんもしっぺ返しくらうし

必要以上に怖くて、仕打ちが行きすぎたのは分かります。

うん、でもね、どうだろうなぁ、判断迷うところだけど、ホント

貧しくて、コンビニの廃棄されたお弁当をあさるホームレスとか

そのくらいの人なら、わざわざ残ったご飯でノリを作るまでも

なく、残ったご飯食べちゃうっていうか、ご飯は残らないよね。

お腹空いた人に、残ったご飯を見せて、仕事をさせるところから

仕事の采配、間違ってると思うなぁ。いくら天国と地獄の

クラス分けテストだとしても、慈悲が無いように思えます……。

仕事やり終えて、空腹で、天国に昇華した人が正しいの?

○こぶとり爺さんの真相

こぶの解釈によって、色んな風に受け取れる、けっこう

重みのある昔話だったのですね。こぶと言えば、まず

漢字で「瘤(こぶ)」と書くように、そのまま病気の意味。

そして「こぶつき」というように、子供のこと。

これが転じて、面倒ごとのこと。最初のおじいさんは

世渡りうまかっただけで、特別いい人じゃないんだよね。

後のおじいさんの方が、無骨で無愛想で不器用だけど

ものすごい芯の通ったあったかい人かもしれない。

判断する方だって神様じゃない。人を見る目を持て!

○花さか爺さんの真相

昔から、日本には「勿体ない精神(リサイクルの心)」が

ずーっとあったんですね~。気が付くと、すごく嬉しい♪


できることなら、鯨さんには「かぐや姫」とか「笠地蔵」とか

もっともっと、昔話の解釈をたくさん披露して欲しいです!

続編、希望っ!オムニバスドラマ化も希望!

大物すぎるかもしれないけど、さんま&たけし&タモリと

女子大生ハル子は、ちょっと年齢離れてるかもしれないけど

松たか子なんて、配役でいかがでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本沈没(レポ2)

そういえば、映画を見ていて『N2(たぶん二乗の小さい2)』

という兵器の名前が出てきたあたりから、ん?とは思って

いたんだけど、スタッフロールみたら、あらまあ、ガンダムとか

エヴァのスタッフがわんさか名を連ねていらっしゃいました。

きっと、N2の連続爆破の映像は、そちらのスタッフの手で

しょうね。あんまりにもキレイすぎて、逆に自然から異質で

わざと、そういう風に、異質に見えるように作ったんだろうなと

感じました。自然災害っぽくじゃなく、人の手の爆破だと。

小野寺さんは、最初はホントに日本から脱出して、別の地で

仕事を続けていくことを、全く疑ってなくて、まして日本を救う

なんてことは、考えてもいない。仲間が、家族の為に、教授と

日本を救えるかもしれない計画を行うことを知っても、何故

家族のところに行かないんだ?という疑問はあっても、自分が

彼と一緒に潜ることは、悩まない。英国に発つ日まで

残ったわずかな余暇で、実家に帰り、思い出と運命を共に

する決意の母の、おだやかで暖かくて、芯の通った言葉を

聞いて、何かが分かり始める。レイ子が、人を救いたいという

思いを、叶えるために、自分には日本が救えるかもしれない。

自分の仕事、与えられた役割、自分で選んだ職務。それを

全うする。--結果的には、危機管理大臣も教授も、その

1点に尽きる。それが結果、1人でも多くの人を救うことに

繋がれば、その人が生き残った事実、その人を愛する人の

思い、その思いこそが、自分が守りたいものだと辿り着く。

結果、失敗するかもしれない、奇跡が起きるかもしれない。

どっちかっていうと、失敗する可能性の方がずっと大きい。

だけど何もしなくたって、いつかは死ぬ。

だったら、できることは何だろう。N2発火作業だけじゃなくて

私に出来ることは何?あなたに出来ることは何ですか?

と、問いかけているのだと思います。


私が思うに、少なくとも、原発が止まることで、電力が止まる

心配をする、関東のメディアは、メチャクチャおかしい。

被災地で、あの報道を見てる、被災者がどう思うか

ちょっとは考えやがれ!!近隣の人が、どれだけ怖い

思いをしているか、たぶん、これが東京電力じゃなくて

東北電力だったら、メディアはこんなに騒がない。

被災者より、電力の心配をしている、その心が醜い!!

電力は、各家庭の水を引っ張り上げる力と

交通網と医療が無事ならなんとかなるんじゃない?

TV局が節電しろって訴えるのはそんなにダメなことなの?

人の心を傷つける報道の方が大事なの!?


ちょっとヒートアップしましたが、確かに大切なことの為に

譲れないこともあるよね。でも、安心して生きてく為に

ガマンが必要なこともあると思う。先日、温泉施設の爆破で

あの事業主は、地元の反対に合い、再建を断念しました。

--同じことが起きないと言えますか?被災者に、被災の苦労

原発の心配と、将来への不安と、そんなにも背負わせて

のうのうとアッカルイデンキとカイテキナクウカンで生きて

それで、本当に幸せなんでしょうか?想像して考えてみよう。

もし自分が、あの原発の隣に住んでいて、被災していたら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干物女?ステキ女子?その3

ここで、やっときた。恋愛オーラなんぞ、ここ2年くらい自分でも

見たことないさ~。他人に見えるほどのオーラなら5年以上?

今週のあなたは、干物女? ステキ女子?
今すぐ診断してみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干物女?ステキ女子?その2

これは分かる!相手任せになるような人格じゃないもん。

「不思議思考回路」の自覚あります。相手任せっていうか

人に振り回されるような可愛い性格じゃあ、ありません(笑)

今週のあなたは、干物女? ステキ女子?
今すぐ診断してみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干物女?ステキ女子?その1

んん?そんなバカな!?私がステキ女子に分類されるはずが……

「急なお誘い」かぁ……家でる時っていうかメイクしてる時から

女優モードに入るからなぁ(大笑)そういう意味なら、いつでも平気。

今週のあなたは、干物女? ステキ女子?
今すぐ診断してみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本沈没

DVD発売から約半年、映画公開からだと1年くらいでしょうか。

念願の「日本沈没」ですっ!ありがとうレンタル100円デー♪


ずっと見たかった映画なのは間違いありません。見れない期間が

あまりにも長かったから、いっそう見たい気持ちは強かったです。

でも、ホントは見るのが、ものすごく怖い映画でもありました。

2年くらい前でしょうか、ドラマ「救命病棟」で、関東地震をテーマに

取り上げていましたよね。あの時、災害の映像は、第一話の数分

だけで、あとは、救助や救命、生き残った人の苦悩と後悔と……

たくさんの想いを描いていたのですが、でも、あの数分の映像は

ものすごく怖かった。キツかった。神戸の地震から10年たった

今でも「まだ、この映像は早いんじゃないか」と私は感じたんです。

だけど「早い」なんてことは、無かったんです。

今回の地震、新潟で被災した、父と同じ団塊の世代くらいの

男性がインタビューでこう話されてました。「被災も避難生活も

経験が無くて分からない、不安だ」と……。きっと、多くの人が

被災も避難も経験せずに、生まれて死んでいくんです。だから

この男性にとっても、未来もし、私が、これを読んでる貴方が

被災しても、おそらく「一生一度の経験」になると思うんです。

だったら、映画でも何でも、想像できる映像を見ておいた方が

いいんです。怖いけど、予備知識が合った方が、まだ冷静で

いられるんです。実際、この映画の中で描かれている、パニックは

ものすごいものでした。スーパーで略奪、道路には車が羅列し

避難がままならず、結果、更なる混乱と被害を産んでゆく……。


そんなパニックの中、避難誘導を続ける警察官。もう誰も

動ける人が残っていない街で救助を続けるレスキュー隊員。

感情を表に出さず、キビキビと動く自衛官。彼らの姿は

「もういい、もう逃げて、あなたにも家族がいるでしょう」と

ものすごく胸が詰まりました。たくさんの飛行機が、日本人を

乗せて飛び立って、おそらく帰りは空で戻ってくる……。

この国が、都市が、日本の心が、どんどん欠けていって

見てるのが、本当に辛かった。技術とか産業とか経済とか

外国が評価する日本の価値と、日本人が思う日本の価値は

絶対一緒ではないんだなと考えさせられました。首都の

ビル群が海に沈んでも、日本人の心が生きている限り

日本は沈まないんだと、なんとなく伝わってきた気がします。

あの状況を見て、「日の丸」がついた飛行機が、どんなに

心の支えになるか……良く分かりました。たぶん、現在の

被災地でも、自衛隊の車に日の丸は描かれているでしょう。

その赤い丸が、それだけで、心の支えになるんですね……。

日の丸。太陽、火の色、心の火、情熱、命、血。

何なんでしょう。こんなにも、意味があるものだったのかと

今更気が付くなんて、思ってもいませんでした。


日本の結末、2人の結末は、見てご確認下さい。

私も、もう一回みて、もっと考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタルノヒカリ♪第2夜

仕事から帰ってきて、ドラマ始まる前に食事を済ませて

食器も洗って、のんびりビールも1本空けてるのに

ホタルがプシュって缶ビール開ける音と、幸せそうな

あの顔見ると、一緒に飲みたくなりませんか!!??

サントリー・アワーズとカクテルパートナー・ライチスプモーニを

空けてしまいました……けっこう、グルグルする~(笑)


ドラマ版「ホタルノヒカリ」の関係図が見えてきましたね。

姐さん(山田)→殿(要)→ステキ女子(ユウカ)

→天然王子(マコト)←→干物女(ホタル)……かな。

今のところ。

ホタルの浮き沈みが、すごい激しくて、私も一緒なので

すごい共感しちゃいます。上・平均・下。平均の自分を

ずっと保っていることが出来なくて……人前では、仕事に

かまけて、恋愛の自分や、素の自分を、表層意識から

一切追い出してしまう。そうでないと、上(ハイテンション)の

自分と、下(自滅思考)の自分が、飛び出してきそうで

なんとか仮面かぶって、自分を押し殺すことで精一杯。

で、その反動が、ビールとか、ダイエットにもならないバタ足に

繋がるんだよね(苦笑)とっても、良く分かるさ~。

そういう自分が、ものすごーく嫌で干物やってるんだから♪

でも、そうやって、押さえつけても、時々、不思議なほど

あふれてくる激情ってあるんだよね。ホタルの場合は

マコトを助ける為に、あえてマイナス事例の資料を作る。

結果、書き上げたマコトのラフは、私的にもイメージOKでした。

次は、実際にあのパン屋で見られると思うんだけど、たぶん

イメージ的には、和風モダン路線じゃないかと思います。

直ぐ横にいて、見守ってくれる誰かの存在って、デザイナーに

聞いてみれば直ぐ分かると思うけど、プレッシャーにはなっても

いい影響は出ないんだよね。アーティストは放っておくのが

私個人的には、いいと思う。道に迷ったら「気分転換しておいで」

じゃなくて、「出て行け!」くらいの気持ちで、ぶつかった方が

たぶん結果は返ってくる。--嫌われるかもしれないけど。

ホタルがそこまで考えていたかは分からないけど、ホタルの

姿勢はすごく良かったと思う。オフィスで、簡単に渡さなかった

からこそ、資料の意味も、ホタルの意図も一段と深まったはず。

これは実は、部長が最後に言った「死んでもお前は干物」も

同じ意味合いです。あれだけ言いまくれば、いくらダメダメな

ホタルでも「この野郎、見てろ~」とか、30秒くらいは思うでしょ?

その結果、超早打ちしたメールの為に、朝まで眠れないほど

後悔するんだけど(笑)で、着信の音が、すこぶる怖い……。


姐さんが、後輩たちにメールのご指導をしていらっしゃいましたが

皆さん、ホタルのようなメールの書き方は間違いです!

内容もアホミヤでしたが、メールの本文入れる前に、送信先に

アドレス(名前)が入っていたら、途中で間違って送ってしまいます!

(過去事例。あとで書き直そうと思っていたメールが、下書き

ボックスに既にない、あの恐怖……。一瞬で血の気が引きます)

メールの宛先は、本文が書き上がって、見直して、送信する前に

入れるようにしましょう。そうすると、万が一、途中で誰かに

見られても、誰宛のメールかわかりません。ちなみに、私が

途中で意味不明なメールを送ってしまった相手には、謝罪と

弁解の為、1000円の日本食ランチをご馳走いたしました……。

社内の先輩だと、この程度で済みますが、友達や想い人の場合

ランチどころか、最悪、救いがない場合も、あり得ます……。


次回は、ホタルがちょっと干物から前進するかも?

私も10時まで、ビール飲まないで、待つことにしよう……。


○ホタルノヒカリ感想ログ○

コミック->1・2巻3巻4巻5巻6巻7巻

       8巻8巻おまけ9巻9巻(違う視点)

ドラマ->1夜、2夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探偵学園Q(3)

最初は、あまりにも、胡散臭すぎて、イマイチだなぁ~と

思っていたケルベロスが、なんだか、イメージにハマって

きました(笑)彼自身が持つ癖や雰囲気が、彼らしい

ケルベロスの世界を作ってるというんでしょうか、今後

どんどん、対決していくでしょうから、とても楽しみです。


最初から、比較的友好的な、メグとキンタと、いつのまにか

一緒に捜査するキュウ。相変わらず、単独で、自分の視点で

事件を追うリュウ。そして、なんとなくQクラスにいるけれど

ゲーム開発とか、違う分野も掛け持ちして、イマイチ自分の

ホントにやりたいことが掴めていないカズマ。ちょこっとずつ

それぞれの道が、交差したり、重なったり、またズレたり……。

いい距離感を持って、捜査が進んでいきます。事件解決と

いう点で、5人は、共通意識を持っているから、高い視点で

誰かを出し抜こうとかではなく、信頼するという意識で、うまく

連携できているように見えます。例えば、今回の事件。

犯人は分かって、警察も動いてるんだし、ホントなら、警察と

一緒に現場に行くか、解決はしてるんだから、熱血のキンタや

ほっとけないキュウやメグは絶対行っただろうけど、リュウは

別に現場急行しなくても良かったんだよね。謎解きだって

終わってるし、逆に現場に行けば、ケルベロスたちと鉢合わせ

する可能性が出てきてしまう。今はまだ知られたくない真相。

でも、その場のテンションとかもあっただろうけど、事件を

最後まで見届けて、キュウの言葉を聞いて、みんなで帰る。

事件とは関わりない、些細なことや会話を通して、リュウも

他のみんなも少しずつ、変わっていく。キュウも成長する。

次は、みんなで学校潜入♪

今回、推理の方が、ちょっとあっけなかったので、次回期待。

ミナミ先生、人前に出ないでコソコソしてる時は、なかなか

かっこいい姿してるのに、人前だと、こっぱずかしい格好ばっか。

彼の趣味なんだろうか(笑)こっちの探偵学園の、他の先生

たちも、そろそろ出てくるかなぁ。ゴツイ先生とか、変態とか。


☆探偵学園Q☆

ドラマ感想:1話2話、3話

| | コメント (0) | トラックバック (1)

花ざかりの君たちへ(3)

黒髪だったけど、しーちゃん(シズキ)イメージ通りでした~。

かっこよかったし、かわいかったし、きれいだったし、渋かった。

北斗との初対面のシーン。何かの電波をお互いキャッチし

深く関わる前に、そそくさ逃げる姿が、イメージ通りっ!!


ミズキは、お兄ちゃんを前にして、感情が高ぶると、男子寮だと

いうことも忘れて「あたしっ!」と叫ぶ叫ぶ。バレますで~(笑)

転校初日で、北斗にバレ、

同日、入寮初日に、ユウジロウと霊感少年にバレ、

3話、ついに佐野にバレました。

次は、確か……第1寮(?)水漏れによる寮閉鎖。

イケメン2寮と、文化系3寮に、体育系1寮が乱入して

更に濃い、男子寮になります(笑)

原作では、意外に早く、中津はミズキLOVEを

公言するんだけど、まだ頑張ってもがいてますね~。

そして、今回、意外にも、本心かどうか分からないけど

ミズキ自身に佐野への恋愛感情が無いことが判明。

……そりゃそうか、ホントに真実、心から好きな人と

16、7の女の子が終始一緒にいられるわけないもん。

上半身裸見た瞬間に、心臓発作で倒れるっつーの。

ミズキ、平気な顔で、普通に会話してたよね……。


◎花ざかりの君たちへ◎

ドラマ感想:1話2話、3話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタルノヒカリ(9)違う視点

前のログは、読み終わって直ぐ、怒った状態で書きました。

率直な私の素の感情なので、それはそれで残しておきますが

(間違った感情かもしれないという予感はあるんですが

 最初に感じたものって、意外と後から大事になるので……)

時間が経って、別の視点もちょっと考えられるようになりました。

親友、ユウコの視点です。

彼女、すっごく、いい友達だよね……。私だったら、親友が

こんな状態になったら、「全部吐きやがれ」ってマコト君に

事の真相を全部聞きに行ったと思うんだよね……。いや

それは、それで、マコト君の本心が、ホントに分かるなら

どういう気持ちで発した言葉なのか、態度なのか、全部

すくい取れるなら、それは、それでいいんだけど……。

でも、彼女はそれをしなかった。大事なのは、今傷ついて

もがいて、立ち上がろうとしている、ホタルの心だということを

ちゃんと分かっていて、しっかり傷ついて、ちゃんと泣いて

自分で立ち上がる為の、環境を作ることに専念している。

お節介でない、ホントの友情だよなぁって、思わされました。


ホントに、めちゃくちゃ傷ついて、立ち上がれなくて、この世も

自分もどうでもいい時って、ホントにどうでもいいんだよね。

うっかり死んじゃっても全然構わないから、自分が生きてる

人間だってことも、念頭になくて、食べなかったり寝なかったり。

この感覚がひどくなると、食べなくても寝なくても、ずっと

考え続けて、悩んでも抜け出せなくて苦しいから、勝手に

死のうとしてしまったりするんだけど、そういう状況にならない

ようにだけ、ユウコは家族のように、ホタルを見守る。

同じ年しか生きてない友達だもん、心のケアなんて出来ないさ。

だけど、ただ一緒にいて、本音でケンカすることは、できる。

それが、どれほど、あったかくて、ありがたくて、幸せか。

ホタルは、すっごく身にしみたんだろうなぁ。


○ホタルノヒカリ感想ログ○

コミック->1・2巻3巻4巻5巻6巻7巻

       8巻8巻おまけ9巻、9巻(違う視点)

ドラマ->1夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人的見解(山オンナ壁オンナ)

これだけ、夏ドラマを見ている私ですが、1本だけ

どうしても見れないドラマがあります。拒否反応で。

「山オンナ壁オンナ」って、タイトルからしてセクハラだと

感じるんですけど、皆さんは、どう思うんでしょう?

健全なドラマ内容で、コメディで、きっとサクセス

ストーリーで、面白いんだろうなぁとは思うんですよ。

でも、このタイトル、あからさまに、女性の胸を「山」とか

「壁」とか表現してるでしょう?その影響で、世の男性が

オフィス仲間を「あいつは壁、あいつは山?」みたいな

会話をし始めたら、完璧、セクハラ成立ですよね?

男性は意外に、自分が話してる言葉がセクハラだと

分かっていないケースが多いんですが、女性が「嫌だ」と

感じて申し立てれば「セクハラは成立する」んです。

明確な規則や罰則がしっかりある会社も少ないですが

被害届を出せば、セクハラは犯罪になり得るんです。

私は、とある会社で、男性たちが「あの人、あの体格で

足だけは、ツルみたいにほっせーよな」なんて、平気で

話してるのを耳にしたことがあります。セクハラ成立だし

本人が聞いたら、ものすごく傷つく上に、聞いてた私も

この会社の人には『あの人××だよな』と噂されてるかと

思うと、この会社には二度と近づくまいと思いました。

こんなことは、人によるし、些細なことかもしれないけど

会社や個人の品位、信頼も落とす行為だと思います。

もうちょっと、考えて欲しいなぁと……思ったりします。

TV局は、考えなかったんだろうか……。出版社も……。


あれ、でも、なんで「干物女」は許されるんだろう?

いや、他人に「お前、干物女だね」と言われたら嫌だけど

でも、意外に笑って切り返せるしなぁ。切り返す言葉は

けっこうあるし(笑)干物は干物をコンプレックスとも

思ってないんだなぁ(大笑)以上、個人的見解でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパとムスメの7日間(3)

面白いですね~。すっごい自然にムスメに思えるけど

演じてるのは、舘さんなんですよね~。心が乙女だ~。

眼光きつくて、態度でかくて、すっごいパパに見えるけど

演じてるのは、たぶん現役女子高生なんですよね~。

すごい、演技力、集中力ですよね。ちょっとでも何か

詰まったら、演技できなくなりそう。でも、周りもけっこう

大物で固めて、みんなで作り上げてる感じがします♪


入れ替わってみると、パパの仕事も、ムスメの学業も

とっても大変で、その他に、お互いのつきあいがあって

入れ替わって始めて、お互いのことが分かり始める。

ムスメには意中の人がいて、彼は何故かオヤジっぽい

硬派なムスメ(パパ)に、より関心を示す。

入れ替わったパパ(ムスメ)は、OLのハートをキャッチして

いつのまにか、うっかり不倫街道の入り口に立っている。

ぎゃ~、どうなるのか気になる~。原作読みたいけど

ハードカバーだし、ドラマも楽しみたいし、ガマンっ!


入れ替わって、面白そうな人生、かぁ。

心が揺れ動くということを放棄、拒否してるからなぁ。


☆パパとムスメの7日間☆・・・1話、2話、3話

| | コメント (0) | トラックバック (4)

シャーロック・ホームズと賢者の石

タイトルはハリー・ポッターからお借りしたのでしょうか(笑)

タイトルだけでなく、ものすごい、コラボ小説でした。

世の中、けっこうパロディとかオマージュ本は出回ってます。

著作権の問題とかありますが、正しい、出版方法であれば

作家本人だって、他人が書く、自分の小説の登場人物を

読んでみたいって思うんでしょうね。最近、日本で流行して

いるのが、シェアワールドという世界観を借りた、別の物語や

スピンオフという、主人公でない登場人物に視点を当てた

ストーリーですね。作家が死んだら、物語が完結しない。

だけど、ホントの意味で、物語を捉えている誰かがいるなら

続きっぽいものを描いてもいいのかなぁと思うこともあります。

シャーロック・ホームズと賢者の石
KAPPA NOVELS本格推理小説

五十嵐 貴久著
税込価格 : ¥860 (本体 : ¥819)
出版 : 光文社
サイズ : 18cm / 241p
ISBN : 978-4-334-07656-6
発行年月 : 2007.6
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

○彼が死んだ理由-ライヘンバッハの真実

ホームズを現実の世界に引っ張り出した、序章ですが

……なかなか面白い解釈でした。私自身は、ホームズを

全部読んだわけではないし、他作家さんが書いた小説を

読むのは初めてですが、同じように解釈した人も、今まで

何人かいるんでしょうね。モリアーティ教授=○○○○と。

五十嵐さんの心が感じた、ちょっと毒々しいホームズです(笑)

○最強の男-バリツの真実

これは、完璧に、対になる、大元の原作を知らないと

面白みが分からない小説なんでしょうが……。

ジゴロウさんって、きっと実在した人なんでしょうね♪

○賢者の石-引退後の真実

表題作。帯にも書いてありますが、すごい傑作です。

A.ドイル氏+五十嵐さんだけのコラボではありません。

最後には、あの映画界の名作の主人公が誕生します!

いやぁ、彼の最初の冒険が、ホームズとコラボとは(笑)

来年あたりに、新作が予定されている、あの超大作。

最後は、この少年が、R.フェニックスに見えましたよ~。

○英国大使館の謎-半年間の空白の真実

ホームズ先生、日本上陸。確かに半年くらいないと

当時は船旅だったから、日本になんか来られないよね。

日本人でないと描けない、ホームズ・パロディですが

実際に英国でおこった、切り裂きジャック事件の

余波(本波?)でもある、物語。意外と、真実は、ホントに

こういうことだったのかもしれませんね。国際問題に

なるから、内密に、処理されたのかもしれません……。

ここにも、また一癖違ったコラボが実現しております。

こっちは、ちゃんと実在した物書き、岡本綺堂、誕生です♪

……ちゃっかり(うっかり?勝手に?)五十嵐さんの小説から

リカさんも登場……。できることなら、ホント成敗して下さい。


五十嵐さんの小説に魅了されて、まだ、3ヶ月くらい

読んだのも、まだ3作で、ドラマも始まったばかりですが

この方の小説は、ホントに同じ人が書いてるの?っていう

ジャンルも、文脈も、ものすごく柔軟で、これからも自由な

スタイルで、面白い作品を、届けてくれると期待できる

素晴らしい作家さんだと思います♪皆さん、注目です!

ものすごーい、人情劇とか感動大作も読んでみたい!


--五十嵐貴久、読書ログ--

交渉人リカシャーロック・ホームズと賢者の石

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験の神様(1)

この夏、私の裏本命ドラマです。(表本命はホタルノヒカリ)

まだ、1話なので、そう踏み込んだことは、全然描かれて

いないのですが、この親子が受験に向かう様を通して

おそらく、このスガワラミチコという女子中学生のことも

つっこんで描いていってくれると思う。雰囲気的には

ハケンの品格なんだけど、この年で、この性格になるには

そうとうな理由があるか、もしくはホントに神様ミチコ様。

そうか……逆なのかもしれない。ミチコは、あまりにも

才能が有りすぎて、面と向かって「ロボット女」なんて

言ってくる大人が周囲に1人もいなかったのかもしれない。

……筋肉バカで、大人と呼べるかわからん親だけど(笑)

それでも、対等な目線で、言い合える相手が

既にいない域に達してしまっているのかもしれない。

どういう方向に進むか分からないけど、分からなかった

算数の旅人おっかけ問題とか、単位の違う計算とか

「分からなくて悔しい」という思いが、そのうち「分かって

楽しい」に変わっていくんだよね。100円ショップで

小学生の国語とか算数のドリル見ると、買ってやってみたく

なるのって、私だけでしょうか?ボケ防止によさそうかなって。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ホタルノヒカリ(9)

失恋→ボロボロで立ち上がれなくて、もがく9巻ですが

読み終わって、ちょこっと考えるうちに、なんだか闘志が

グツグツと沸いてくるのは何故でしょう。

ホタルノヒカリ 9 講談社コミックスKiss
IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE

ひうら さとる
税込価格 : ¥410 (本体 : ¥390)
ISBN : 978-4-06-340655-9
発行年月 : 2007.7
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

マコトくん「1人で恋愛する」って、どういう意味なの?

どういう気持ちから出てきた発言なの?詳しくお姉さんに

話してみてくれるかい?--ってな気になるのは私だけ?

おそらくですね、彼は、ホタルの同居人が、高野部長だから

言った言葉なんですよ。女友達とか、彼女の身内なら

そんな言葉は出てこなかったんです。他人である高野部長を

まるでお父さんのように慕って信頼しているホタルを見たから

出てきた言葉なんです。だって、1人で恋愛したって

バカで変な方向に行き詰まって、自分のこと見失って

1人で突っ走って、そういうの「オバカ!」って止めてくれる

存在くらい認められないはずがない。家族だったり

友達だったり、時には異性だったりするでしょう?

自分で向き合うことも大事だけど、可能性を広げる点では

周囲の存在は、その時は迷惑に感じても、ありがたいもの。

つまりは、やきもち。嫉妬だよね。それを受け入れられない

マコト君の許容量の無さだよね。ハッキリ言わせて貰えば

ホタルにとっては、親友、先輩、殿、部長のアドバイスにより

完璧じゃないけど、確実にステップアップできた失恋だけど

マコトにとっては無理矢理、切り捨てただけの失恋でしょう?

それも、嫉妬から、ホタルを独占したい本心からの叫び。

彼自身の言葉が何も語られてないのが、いい証拠。

マコトはリベンジしてきます。ホタルは気持ちは残っていても

女として階段を一段上がってる。さて、どうなるか、見物です。


ユウカちゃんの「ホタルさんなんか」このセリフ、私も

殿と一緒で、というか殿以上に、一瞬で切れたと思います。

普段、そう簡単には怒らないし、下火がついても、じわじわと

怒りが込み上げて、一晩寝てから、くわっと怒ったりする方

なんですが、こういう発言には、その場で切り返します。

「ねえ、それ、どういう意味?説明して?」と、冷却沸点です。

例え、取引先との電話でも、怒ります。譲りません。っていうか

こういうの、その人の為に、声に出して、怒ってやった方が

いいんだと思う。誰も怒ってくれない、気づかせてくれない

環境に育ってしまって、そんな言葉(本音)がついうっかり

口をついて出てしまうなんて、ものすごく甘い!許されない。

殿は、ユウカちゃんに幻滅したとか、そういうことは全く

思ってないんだよ。もっと、いい女になって欲しいんだよ♪


いつのまにか、マコト君→マコトになってました(笑)

私個人的には、今まで出てこなかった、そのままのホタルを

受け入れてくれる、器の大きな男性の登場を期待したいっ!

いや、違うな。ホタルをもっと磨き上げてくれる

一緒に歩いていける存在が、現れてくれたらいいなぁ。

ホタルちゃん「一生結婚できない!?」て、もがくあなたは

もう干物女ではないよ。干物女はそんなこと考えもしない(笑)


○ホタルノヒカリ感想ログ○

コミック->1・2巻3巻4巻5巻6巻7巻8巻8巻おまけ、9巻

ドラマ->1夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔女の宅急便

何度も何度も、繰り返し見てきた「魔女の宅急便」ですが

宮崎作品は、どれも、何回みても、その時々、違うことを

考えさせられます。公開当時、小学生か、中学生だったと

思うのですが、その時は、キキとウルスラの声が一緒だと

全然気が付かなかったんです。それが、何回か見て

「あれ?」っと引っかかって、確信して。でも、今思うと

この2人は、2人に分かれてるけど、1人の裏と表というか

どっちが裏とか表とかじゃないんだけど、同じ人間の中に

存在する、心の会話なんだなぁと、感じました。だから

「ある日飛べなくなったら」→「書くのをやめる」という

あの会話が、同じ1人の声である必要があったんだなぁと。

ユーミンのEDも、当時聞いた時は、どうしてこれが、この

映画のEDなのか分からなかったんですが、今夜聞いたら

「小さい頃は神様がいて、不思議に夢を叶えてくれた~」という

歌詞は、子供の頃、抱いた夢は、両親がすくい取って

一つ一つ叶えてくれていたという意味だったんですね……。

そこから自分で、夢を見つけて、夢を叶える場所に立って

夢を捉える努力をする。やがて、小さな子供や、後輩の

夢を掴むチャンスを導く。そんな存在に自分が変わっていく。

いつのまにか、私の目線は、そういうところまで来たんだなぁと

思うと同時に、やはり私個人の夢も失ってはいけないのだと

改めて感じました。生きるということ、働くということ、夢を追うと

いうこと……、情熱を持って、ホントの意味で生きたいなぁ。

だけど、情熱を失うのが、奪われるのが怖くて、何にも興味が

無いふりをして、クールにそっけなく、ただ憧れている……。

弱い身体のせいにして、たくさんのことから逃げている。

いつ死んだっていいと本気で思ってるなら

逆に何だってできるはずなのに、ホント矛盾してる。

ホントはずっと元気に生きていたいんだよね。

あー、また、検査で病院通いだー。

体力落とさない為にもダイエットせず、夏を乗り切るぞ!

ビタミン注射も痛いから、夏バテしないぞ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金9ドラマ◆女帝(1)

ハッキリ申し上げまして、私、女ですが、女同士の泥沼は

死ぬほど大嫌いです。昼ドラなんか見た日には発狂します。

だから水商売系も、苦手です。でも、このドラマの番宣。

「のしあがっちゃる!」という下剋上宣言が、気になって

見てしまいました。見て正解でした。これは女の世界だけど

誇り高い、女の戦いです。それも生半可じゃない。今までの

水商売系だと「心と愛は売っても、身体は売らないわ」的な

清純気質が見え隠れしていて、気持ち悪かったんですが

「身も心も、全部武器!」これは、爽快です。潔い覚悟。

……ここまできて、一歩間違うと「姐さん」路線ですが……。

いや、そうなんですよね。生半可でないホントのヤクザなら

おそらく、こういう誇り高い気質が今もキッチリあるはず。

そういうホントの任侠の心意気なら、ゴールデンタイムの

TVでも胸張って描いて、今時の若者に見せてもいいと思う。


最初のスタート地点、火の国という店の文字を見て

このお母さんはとても誇り高い人だろうと、一瞬で察しました。

譲らない人だろうと。

この国で、女の頂点って何だろう?どこでしょうね?

銀座のナンバー1ホステス?ただのナンバー1ではダメですね。

可能なら、政財界のトップの弱みを握ったナンバー1ですね。

絶対、首相の妻ではない。それでは、首相の伴侶ですから。

高名な占いの先生とか、口の上手な宗教の先生とか?

想像するだけなら楽しいですが、実際に足を踏み入れるのは

ものすごーく怖いです。ドラマやフィクションだとしても……。


加藤ローサちゃん、実は、玉木くんの彼女というゴシップを

見て、勝手に毛嫌いしておりました。でも、相応しいお嬢さん

かもしれないですね。相応しいと言われるよう、のしあがれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田太郎ものがたり(2)

昨今の、ドラマの傾倒として……こんな風に、誰一人

傷つかない展開は、珍しい部類に入るかもしれません。

完璧な癒し系?完璧すぎても、逆にどんでん返しが

怖くなるのは、人を信じない私の性分なんでしょうか……。

格差社会とか、イジメとか、たくさん世の中には人の関心を

ひく話題が溢れていて、それをモデルにドラマが出来たり

それを見て、こうしてブログに書いて考えたりするんだけど

例え、差のある世の中を恨んでいても、身近に実際に

存在するお金持ちを特別恨んではいないんですよね。

逆に、品があったり、キチっとしてたり、そういう面では

ものすごく尊敬したり、羨むことはあっても、恨んではいない。

山田くんは、御村くんの育ちを羨むこともなくて、普通に

級友として、友達として接している。御村くんも、山田くんの

境遇をどうこう考えるんじゃなくて、彼個人を面白いなぁと

見守ってる。ドラマとして、この環境が、そう変わることは

無いんだろうし、次回もスーパー作戦みたいなので

あんまり勘ぐらず、素直に見れたらいいなぁ……なんて(笑)


ドラマ「山田太郎ものがたり」感想:1話、2話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20年後のちびまるこちゃん

配役が見事すぎて、ある意味「イケメン軍団」も真っ青な

お笑い界のトップが集まった、すっごい同窓会でしたね~。

その中で、違和感ない、樹里ちゃん。世の中、清純派とか

視聴率女王とか、いろんな若手女優さんたちがいるけど

彼女は、間違いなく、コメディの女王にjなれる逸材です!!

コメディ、笑いの映像って、のだめでも感じましたが、実は

一番難しい分野だと思うのです。やってる方は全然笑えない。

だけど、ステージや舞台じゃなくて、ブラウン管(液晶)の

向こうの視聴者の笑いを、想像して追求して、尚且、絶対

笑いだけでも終わっちゃいけない。すごく難しい分野です。


鍵の謎は、おそらく、なくしちゃいけない、忘れちゃいけない

だからずっと身につけてることに決めたんでしょうね。

あの、ジャラジャラの鍵の最初の一個が、タイムカプセルの

鍵だったんじゃないかな。残り50個くらいあったけど

本人もきっと何の鍵か、全然覚えてないんでしょうね(笑)


まるこちゃんには、もう一つ「未来ネタ」があったと思います。

ノストラダムスの予言が当たると信じて、貯金とか将来とか

何も考えてなかったまるこが、遂に予言の日を迎える、とか。

そっちも、いずれ見てみたいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ♪のだめカンタービレSP

2008年お正月、2夜ドラマで復活!

フランス編かな?なんでもいい、やったー!

今夜は、のだめメンバーが

20年後のちびまるこちゃんにて集結(笑)

まるこ=上野樹里ちゃん

たまちゃん=サエコちゃん、etc...

ドラマ公式サイト→のだめカンタービレちびまるこちゃん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタルノヒカリ♪第1夜

はじまりました!この夏、私の大本命です♪

マコト君、かっこいいー。予想以上でしたが、初回は

彼自身のことには、ほとんど触れられず……。天然さが

にじみ出てくるのは、こっからね、楽しみにしてます!

あのルックスで、どれだけの天然っぷりを見せてくれるか。


東京ド真ん中のOLが、仕事が終わって直ぐ帰宅。

夏の夜だから、8時くらいには家についてるのかな。

それにしたって、都心からはそんなに離れてない設定

なんでしょうね……。ホントなら、けっこうな家賃だろうな。

オシャレでも何でもない、ちょっと古い冷蔵庫を開けると

予想通り、ビールとおつまみ。ビールは6本パックのまま。

サントリー、プレミアムモルツ(黄)1200円ってとこ?

コンビニ買いのホタルの場合、もう少し高いかな。


高野部長の目線だと、会社のホタルがホントの姿だと

思っているから、家のホタルを見ても「嫌がらせ?」と

感じてしまう。それほどのギャップ。だけど、実はホタルも

それは一緒で、干物の自分が素の自分だから、外で

あった、やりきれない気持ちを、家に持ち込んでも

ギャップのあまり、どうやっても消化できない。

クサクサになって、コンビニで目につくもの全部買って

ビール飲みまくり、おかし食べまくり、脳と身体の回路が

おかしくなってるの分かってても、自分では制御できない。


私もそうだったなぁと思い出しました。電車の中で

12センチのピンヒールを、カツカツ鳴らせたり

家に帰っても2~3時間くらい、自分に戻れなくて

ドアの開け閉めや、階段の上り下りに、すごい音立てて。

ホタルには、怒ってくれる部長がいて、いいなぁって。

そうじゃなきゃ、ストレスで壊れていく。


「干物だって恋をする!」だけど、自分の中の想いを

コントロールできなくて、把握できなくて、どうしようもない。

その心の揺れ動きこそが、人を磨くんでしょうけど

そんなものに振り回されるくらいなら、恋なんてしない。

--私自身は、もう干物以上になってるみたいです(笑)

干物以上だと……燻製かなぁ。干物は水で戻るけど

燻製は戻らないよね(笑)いえ、恋もしてるんですよ。

だけど、それで自分が壊れるのが怖い、嫌だという想いなら

それは、自分の為の恋なんです。そんなものでは相手に

申し訳ない。相手に迷惑。申し訳ないとか、迷惑さえも

超越するくらいの壮絶な想いでないと、プライドや人生を

懸けることなんか、絶対出来ない。なんて、それも理屈じゃ。


○ホタルノヒカリ感想ログ○

コミック->1・2巻3巻4巻5巻6巻7巻8巻8巻おまけ

ドラマ->1夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心霊探偵八雲SECRET FILE絆

既刊分7冊。追いつきました~、かなりハイペースで。

あとは、雑誌に掲載されてるのだけですが

そっちは単行本に収録されるのを待とうと思います。

心霊探偵八雲 SECRET FILES絆
神永 学
税込価格 : ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
出版 : 文芸社
サイズ : 19cm / 322p
ISBN : 978-4-286-00006-0
発行年月 : 2007.6
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

一心と2人だけで暮らしていた八雲の日常に、学校の先生や

後藤が加わり、現在の環境が構築された時の、エピソード。

トゲトゲの八雲が、神経ピリピリ状態で、他人とぶつかって

ケンカして、会話を成立させることが出来ない状態の頃です。

八雲にとって、ものすごく大事なエピソードだと思います。

特に、ナオちゃんが、本当の意味で、八雲の●だとは思って

なかったので、驚きました。全然、血は繋がってないように

みえて、あの食卓を囲んだ面々は、家族だったんだなぁと。


このシリーズ、ホントにミステリーとして面白いし、人の成長とか

生き方についても、すごくマジメで、考えさせられるし、オススメ。

2007年はまだ半分だけど、上半期、であった本の中では

五十嵐さんと並んで、トップ2。長編物、連載物が好きな私の

中では、若干、こっちが上かな。短編の良さでは五十嵐さん。


心霊探偵八雲、感想ログ→1巻2巻3巻4巻5巻6巻、絆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探偵学園Q(2)

スピーディな展開と、リズムあるカメラワークや、雰囲気バッチリの

BGMの中、個性あるキャストたちが、それぞれ自分の分野で謎に

迫る。その緊迫感と、緊張感と、みんながライバルという、神経質な

空気の中で、唯一、キュウ(神木くん)が、すごくおっとりというか

冷静って感じでもないんだけど、ずっと自然体で、立ち回る様が

すごーーーーく、キュウっぽくて、大好きですっ!他の役者が

言っても、スルーされそうな、正直すぎる訴えも、キュウがまっすぐ

曲がらず、自分の言葉で、素直に声にすると、伝わってくる感じ。


何かに追いつめられて、誰も信じられなくなったとき、キュウ

みたいに、直接、ホントの言葉で、話してくれる誰かが側に

いてくれたら、すごく救われるだろうなぁって。次回も期待です!


ドラマ感想:1話、2話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花ざかりの君たちへ(2)

1話見たとき、コミックの設定だけ借りた別物と思ったのですが

2話は、大逆転。コミックの設定を知らないと、意味不明セリフ

ばっかりで、なんだかアンバランスなドラマです。でも、男子校の

男子寮ってそんなもんかもしれませんね。女子校の女子寮だと

情報の共有が命。派閥、グループ問題ですけど、男子校なら

誰がどんな情報知らなくたって、それが何かに影響することは

無い。というか、影響すると思ってない、その器の大きさの違い。


キス魔、佐野。そういえば、原作コミック読んだときも、男子って

女子ほど、ファースト・キスに夢抱いてないんだなぁと心が

乾いた記憶を思い出しました(笑)いや、でも、これ一応少女

コミックで、作者さんも女性だろうから、ホントかは分からんけど。


ミス・コン。意外に骨太な、ミズキの女装。あれなら、ひばりの

方が……と、ちらりと思ったりもしましたが、原作だと、全く別の

男子がやはり女装で、優勝してます。ひなのちゃん。もう一回

ドラマ半ばか、後半で、ミズキがドレスを着るシーンが出てくると

思います。そこでは、ひばりとオスカーが見せつける……はず。

でも、イマイチ、オスカーの美しさが、伝わってこないドラマ。

もうちょっと、王子様でもいいんだけどな、あれだと変態(笑)


ドラマ感想:1話、2話

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パパとムスメの7日間(2)

第1話、見のがしてしまいました。

ドラマのタイトル見たときに、なんか感じたのですが

本屋さんで原作フェアのテーブルを見て、ショック……。

私が、今、もっとも注目してる作家さん、五十嵐貴久さんの

小説が原作でした~。ガーン。「リカ」にしろ「交渉人」にしろ

この方が、とりあげるテーマは、ありがちなんですが

そのありがちなテーマを、ありがちでない物語に

書き上げられる作家さんは、そんなにいませんっ!

「パパとムスメの心が入れ替わった」なんてシチュエーションも

今までありそうで、なくて、なんか展開も読めそうなんだけど

でも、五十嵐さんの力量だと、想像以上が待ってるはず。


第2話は、ムスメ(心は父)の初デートを尾行して指示を出す

パパの奇行姿と、会社という組織の中で、分からないなりにも

奮闘し、やがて成功に辿り着き、信頼を得るパパ(心は娘)。

主役、お二人の演技も見事だけど、周りの役者陣も豪華です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライフ(2)

この世の中は、イジメで回っているんだろうか……。

政治家→企業(親)→子→政治家(親)。いい子の仮面

かぶった変態たちが、世の中を少しずつ壊していく……。

誰だって、戦って向き合うのは、自分なのに

外にばかり敵を作って、自分を省みようとしない。

「イジメと戦う女子高生」という、このドラマの本質は

イジメと向き合うということ。これを描いた作者、ドラマを

作ってるスタッフ、演じてるキャスト、見ている視聴者。

常に、自分自身と向き合わなくてはいけない。

他人事ではいられない。色々、思い出して怖いし嫌だけど

それをやめたら、自分から逃げてるみたいで、悔しい。


いろいろアレンジされて流れてるBGM「G線上のアリア」

なんつーか、ホラー調のアレンジが、ものすごい不気味です。

ダークなベースにアリア。不安定で、落ち着かない音です。


ドラマ「ライフ」感想ログ:1話、2話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田太郎ものがたり(1)

……ヒロインさん、たぶん黙って立っていれば、美少女なのに

なんで、この役引き受けたんでしょう。妄想したり、破顔の度に

顔がくずれて、かわいいんだけど、品質は落ちる……というか。

いや、でも、この子「フルバ」の透ができる逸材かも……。

ドラマは、原作知らずに見たのですが、山田くんは、自分から

貧乏隠してるわけじゃなくて、隠したいわけでもなくて、周りが

勝手に勘違いしてるだけなんですね。そこに悪意があれば

ちょっと嫌なドラマなんですが、そうじゃないみたいなので

この先の展開、静かに楽しみに見守りたいと思います。

私が働く理由は、紙の為です。本です。読書の為です。

生活の為では無いんです。だから、山田くんの気持ちは

ホントは全然分かってないんだと思います……。私なら

自分に稼げる体力があるのなら、とっくに家を出てるかも。

でも、私は、あのお母さんと同じで、満足に働ける身体を

持ってないので、捨てられる側だなぁ。今も貧血だし……。

夏ドラマ「ライフ」「花ざかり~」「探偵学園」「山田太郎~」と

スクールドラマがこんなにぶつかって、若手の役者さんたち

撮影かぶってる人たち、全然いないんだろうか。気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風林火山

「春日の局」以来、大河をほとんど見のがしたことの無かった

私が、今年は見てませんでした。1話というか、年末にNHKの

番宣を見てたときに、あまりにも役者さんたちが汚くて……。

いえ、実際はもっと汚かっただろうし、役者さんたちも最初

もっと汚くて、スタッフがお願いして、あのくらいキレイ(?)に

なったそうなんですが。それでも、見る気が失せてしまった。

ですが、後半突入と同時に、若(越後の龍)が登場~。

綺麗で、儚くて、色鮮やかで、若の登場の回からは見のがさず

仕事が急がしくても、なんとか夜10時前に帰ってきて再放送を

見てます!毘沙門天(北天、軍神)の化身と呼ばれる謙信ですが

どの大河でも、その圧倒的カリスマにより、そうとう美化され

神仏化されて、本当の彼の生き様とか、心の揺れとかには

あまり注目されていません。来年は、大奥。その次に、直江が

きます。再来年の謙信の役、その解釈に注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リスト編曲ベートーヴェン交響曲第7番

久しぶりにクラシックCDを買いました。

「のだめカンタービレ」でいっきに有名になった「ベト7」です。

「ラ・カンパネラ」「愛の夢」で有名な、超絶技巧曲のリストは

7番だけではなく、1~9番全てのピアノ編曲をしています。

ソロと連弾、どちらもあるらしいですが、私が辿り着けた

7番ピアノ版CDは、シプリアン・カツァリスのソロだけです。

交響曲第7番イ長調 - カツァリス(シプリアン)

DTM(MIDIやMP3)制作者の方々の中には、打ち込みで

リストの7番を作ってる方も何人かいて、聞くことはできますが

機械の作るピアノの音は、ピアノの音以外にはなりません。

本物のピアノは、打楽器であり、弦楽器であり、鍵盤楽器です。

本当にオーケストラの音がします。私はリストの譜面を見たことが

無いのですが、ものすごいリズムで、もちろんカツァリスの

表現力もあるんでしょうけど、本当に1人で、10本の指で

1台のピアノで弾いているのっ!?っていう、響きです……。

機械で作った音と、生音では、こんなにも躍動感が違うのだと

改めて感じさせられました。のだめ~のドラマやアニメでは

華やかなリズムの第1楽章と、豪華な第4楽章がメインですが

この7番の美しさは第2楽章にあります。私はオケより先に

シューマンで聞いて馴染んでいたので、ピアノソロを聞くと

「シューマンっぽいなぁ」なんて感じますが、こっちが大元。

美しい第2楽章、古典的な華やかさの第3楽章。ステキです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もやしもん(5)

ようやく手に入れました。ショッキングピンク。

へぇアニメ化するんですね~。菌役の声優さんが

ものすごいたくさん必要かもしれない。

菌だけじゃないか。学生役も、すごい必要かも。

あ、でも、農大が舞台ということで、農業への関心が高まって

イメージが変わったり、見直されるきっかけになるかも。

できれば、研究だけじゃなくて、ホントの農業のことも。

もやしもん 5 (イブニングKC)
石川 雅之
税込価格 : \560 (本体 : \533)
出版 : 講談社
ISBN : 4-06-352192-3
発行年月 : 2007.6
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

収穫の秋。農大の収穫祭は、主婦の乱で幕を開け

多彩なイベントや事故やサギを抱えつつ、なんとか閉幕。

稼ぎになるはずだった収益は、没収されちゃいますが

教授からチケットを頂き、いざフランスへ~。

お嬢様(女王様?)はまだ、戻ってきませんが……

別に迎えにいかなくても、自分で勝手に帰ってきそうな

気もしますが、せっかくだからフランス歩くのもいいよね。

物語はおいといて、今回も、お酒のこと、コンビニのこと

バーテン君のこと、いろいろお勉強になりました~。

教授の話は、長くて細かいかいけど、学校の教科書が

こんな風に楽しかったら、良かったのになぁって思います。

菌が見える沢木くん、菌ばっかりでショーケースの中の

チーズが見えませんでした。でも、現実ってそんな

感じなんだろうね。除菌しても、この梅雨時期は特に。

いつも食べてる食パンのカビが「もやしもん」を読むと

なんか違う世界に見えます。学ぶ楽しさを思い出します。


oooもやしもん感想ログooo4巻ooo5巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探偵学園Q(1)

こちらは、よくこれだけの天才子役を集めましたね~。

もう、それだけでドラマ成り立ってるのに、更に陣内さんとか

山本太郎さんで補強。要潤くんも入って、完璧ですね~。

欲を言えば、キャストには問題ないのですが、ケルベロスは

もう少し、硬派に演じてもいいんじゃないかと思いますが

なんか、あやしすぎて、変(笑)甘く妖しくだと変なおじさん。

トリックも、ただ原作に沿うんじゃなくて、舞台を変えて

設定を変えて、ひねってひねって、いい感じですね♪

何より、今までも推理物と違うのは、推理の核を受け持つ

リュウが主人公ではなく、事件の背後、本当の真実・真相を

追い求めるキュウが主役だということ。神木くんにピッタリ!

この先は、彼ら自身が巻き込まれる事件を経て、彼らの

絆がどんどん深まって、その一方で謎も深まっていくでしょう。

ドラマもだけど、役者としての彼らの成長も、期待したいです。

だがしかし、こっちも、BS「天ラブ2」の方が面白かったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花ざかりの君たちへ(1)

これはもう、キャラ設定だけ借りた別物ですね。

読者や視聴者がそう思うくらいでいいんだと思います。

松田聖子さんの校長(椿)が、なかなか良かったと思います。

佐野と中津は、原作ではあんなに、つれなくありません。

どちらかというと、最初からミズキに好意的で、優しいです。

ドラマでは、ちょっと遠いところから始まる感じですが

なんというか、これは逆に、くったくのない、警戒のない

ミズキの方が異常なのであって、彼ら二人は普通ですね(笑)

でも、第一話は、正直、公開以来今まで何度も見た

BSの「天使にラブソングを2」の方が面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金色のコルダ2アンコール

追加ディスクがでます~♪売り払わずに持ってて良かった~。

追加の音楽イベントは、ついにきました「オーケストラ!

しかも日野香穂子の参加は大前提、っていうか「コンミス!

冬休み明けの3学期。現主要キャラが、同じ学校に揃う最後の

イベントになると思います。ここで、このシリーズが終わるか

新たなメンバーを迎えた、新章に繋がるかは分かりませんが

9月の発売、楽しみに待ちたいと思います♪→公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライフ(1)

独占欲。自分の可愛さも、友達も、彼氏も、全て独占。

そこからはみ出したものを、除外。

彼女にいじめているつもりは、おそらくない。

彼女がやっていることは、自分が女王様でいられる世界を

守ること。その社会から、彼女が要らないものを吐き出す。

最初から、その世界に足を踏み入れなければ、何も始まらない。

だけど、女王様は、全部が欲しくて、全部の愛が欲しくて

全てに手をだす。それは、マメで器用でないと、できないこと。

私は原作を読んでいないんだけど、たぶん、このイジメの

サイクルを止めるには、女王様の意識を変えないといけない。

単純に、女同士のケンカなら話は早いんだけど

教師とか、男とか、親とか、家とか、絡んできそうです。


自殺した親友はね、私が思うに、主人公のことを本気で

恨んでいたのなら、絶対自殺なんかしなかったと思う。

恨んで、死んで、呪ってやる……じゃなくて、親友に対して

とってしまった、自分の言動に幻滅して、消えたかったんだと思う。

ただ、第三者として、そう受け取るのは勝手だけど、本当のことは

本人にしか分からないよね。でも、死んでしまったら、もう聞けない。

って、葬式シーンは無かったね。死んだわけじゃないのかも。


夏クールの先陣を切って、6月末日スタート。いい勢いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »