« プラダを着た悪魔 | トップページ | 呪われた転校生(メディエーター2) »

DEATH NOTE(後編)theLastName

つい先日まで映画をやってたような気がするんですが

あっと言う間にDVDになってました。世の中の速度に

ついていけてる自信は全然ないけど、この映画に関しては

たぶん、市場の期待以上に、DVDが速かったと思います。

death note/death note/death note/death note/death note/death note

140分。予告やプレミア試写会のトレーラーを入れると

だいたい3時間。没頭(集中)して楽しませて貰いました。

コミックは、ヨツバ編、メロ・ニア編と続いていったんだけど

編集部の意向が無ければ、原作もここで終わりたかった

んじゃないかなぁという、スッキリしたエンディングでした。

でも、延長された分、キラの存在がより世界的になって

ラストの、本当の「キラ崇拝」に繋がっていったんだけど。

death note/death note/death note/death note/death note/death note

例えば、現在進行形の立てこもり事件。誰もデスノートを

想像しなかっただろうか。キラがいたら、と思わなかった

だろうか……。実際にいたなら、この瞬間、キラは希望。

でも、実際はいないので、ただの妄想。現実には、大事な

人命が失われ、負傷した方は、一生その傷と恐怖を背負い

周囲に住む方々は、例え事件が解決しても

そこに住み続けずっと事件を忘れることはないでしょう。

その恐怖や人を疑う心は人生を変えてしまうと思います。

母親を殺してしまった少年。キラは猶予を与えると思う。

若いし、考えが未成熟だし、立ち直るチャンスがあるから。

death note/death note/death note/death note/death note/death note

--なんて、いつの間にか、私はこうして「キラだったら」と

考えてしまっています。これは、私の中の理想にキラという

名前を勝手に付けた物で、結局は私の意志なんですが。

でも、優しい世の中を望むことは、間違ってはいないはず。

頑張った人が報われる世の中も、間違っていないはず。

平和だろうけど、その世の中って楽しいんだろうか。

個性があって、ぶつかりあって、思いに個人差があるから

世の中って楽しいんじゃないだろうか。矛盾してしまいます。

犯罪はもちろんだけど、誰かの心を傷つけて、自分が幸せに

あるいは利を得ようというのは、良くないことだとは思う。

けれど、例え誰かを傷つけても、譲れない思いならば

その時は、私も譲らないと思う。その人を傷つけること

傷つけた意志を自分に刻みつけ、その報いを受ける

覚悟を持って、やりぬいてしまうだろうと、思う。

ライトはその覚悟をもって、デスノートを使ったのでしょう。

death note/death note/death note/death note/death note/death note

ラスト、デスノートのことを忘れてしまったミサは「思い出せない」と

嘆く。兄がキラに殺されたと思ってるサユは「許せない」と嘆く。

だけど、世の中はキラのことを忘れない。いつかまた現れるかも

しれないという、驚異あるいは希望となって、記憶に残っている。

ライトの思い描いた「神」ではないだろうけど、ライトの最初の

小さな純粋な願いは、たくさん人の心に留まり、祈りになる。

この小さな純粋な願いだけならば、それは警察だって同じ。

デスノートという手段を、ライトという天才が得てしまった物語。

death note/death note/death note/death note/death note/death note

夏頃、西尾維新さんの小説版デスノート番外編が劇場公開予定~。

と言っても、こちらにはデスノートは登場しないはずですが、たぶん。

death note/death note/death note/death note/death note/death note

DEATH NOTE-感想ログ

映画:前編、後編

原作:9巻、10巻、11巻、12巻

小説:ANOTHER NOTE ロサンゼルスBB殺人事件

|

« プラダを着た悪魔 | トップページ | 呪われた転校生(メディエーター2) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/15112961

この記事へのトラックバック一覧です: DEATH NOTE(後編)theLastName:

« プラダを着た悪魔 | トップページ | 呪われた転校生(メディエーター2) »