« スキップ・ビート!(15) | トップページ | メディエーター(読中ログ) »

ゲーマーOL(其の七)PS2時代

時間さえあれば、ドえらく時間のかかるシミュレーションRPGに

どっぷりハマりたいところなのですが、なかなか出来ないので

ジオラマ物に手を出したことがあります。その時は、レベル-5

という会社名も記憶してなくて、たぶんソニーエンターテイメント

から発売されたソフトだったのだと思います。レベル-5の名を

世に知らしめたのは、やはりDQ8でしょうね。1作目になるのかな?

その前に隠れた名作があるのかもしれませんが、私が出逢った

最初のゲーム「ダーク・クラウド」ダンジョンの中に散らばった街の

記憶(核)みたいのを集めて、街に持ち帰り、それを配置して

何かの条件にあてはまると、ヒントが貰えたり、物語が進んでいく。

「ダーク・クロニクル」は更に武器成長・他たくさんのミニゲームを

詰め込んだ、ものすごいボリュームで、クリアするのを忘れます。

釣りも、ゴルフも、魚育成も、写真撮影も、発明も、何でもあり。

アニメ調の映像もかわいくて、きれいで、ホントに楽しいです♪

DQ8はレベル-5の技術力と、スクエニのシナリオ・音楽・映像の

スタッフが作った、ゲーム王道の名作だと思います。が、スクエニ

無しで、レベル-5だけで作ったRPG「ローグ・ギャラクシー」は

システムや映像の美しさは言うことないというか、FFシリーズにも

負けないレベルに達してますが、シナリオが薄い。勿体ない!

この会社に必要なのは、エンジニアじゃなくて、シナリオライター!

脚本家、演出家、誰も考えない物語を生み出すクリエイターです。

私が、福岡県民だったら、九州在住だったら、ここで働きたい!

いや、違うなぁ。普通にOLしてる私だから、会社という箱に

とらわれない物語が書けるのであって、会社の為に物語を

書けと言われたら作れないかもしれない。歌と同じで物語も

自分の為、読んでくれる全ての人の為でなくてはいけない。

そうか、だから、作家は出版社に所属しないんですね。

今年、クリスマスあたりになるんでしょうか、DQ9forDS。

とっても楽しみに、期待して、待たせて頂きます♪

|

« スキップ・ビート!(15) | トップページ | メディエーター(読中ログ) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/14140343

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーマーOL(其の七)PS2時代:

« スキップ・ビート!(15) | トップページ | メディエーター(読中ログ) »