« 土9☆演歌の女王(最終回) | トップページ | 金色のコルダ2♪レポ2 »

金色のコルダ2♪レポ1

これほど幸せなゲームはありません。終始クラシックに囲まれて

ヴァイオリンを鍛錬しつつ、仲間たちと交流を深め、バザーコンサート

創立祭のミニステージ、文化祭、市民ホールでの本物のコンサート。

4つの段階を踏んで、みんなで確実に成長して、心を通わせて

音楽を歌わせて、伝えて、訴えて、楽しんで、苦しんで、拍手を貰う。

前作に比べて難易度が落ちるんではないかと怪訝されていましたが

とんでもない。4つのステージを「難易度=ふつう」で「評価=成功」

させるのがギリギリです。動員数なんて、いつも間に合うか、ダメか

スレスレだし、アンサンブルの完成度はBPポイント稼ぐために

100越えますが、1曲毎の個人の熟練度に関しては、厳しい。

自分一人だけじゃなくて、他のメンバーにも、しっかり練習のお願いを

しておかないと、新加入ヴィオラの加地くんは、なかなか……。


1周クリアしました。月森くんの、恋愛エンディングに入れたと思います。

恋愛連鎖は全てクリアしましたが、スチルはガラガラでした。

そうとう気合い入れないと、全員分の全部は集まりませんね。

同時攻略で王崎さんは、スチル+イベント共オールクリアです。

ウィーンのコンクールで、ファイナルに残って、オケを背負って

演奏なんて、そうは見えないんだけど、この人もの凄い人なんですね~。

前作で、どうやっても珠玉EDに辿り着けなくて、苦戦した人なので

達成感はありました。月森くんは、主人公を悲しませることがあっても

止まらない。音楽の道を選ぶ。そう言って一人旅立っていきますが

王崎さんは、迷わず、主人公の意志も聞かず「一緒に行こう」と言う。

この差が、ルビーパーティうまいなぁと思いました。もしかしたら

ゲームの難易度を上げて、主人公の腕を磨いて、月森の評価を

MAXまで上げると、一緒に行こうというEDが見られるのかも?

でも、正直、それをやるとなると、アンサンブルの完成度は辛い。

--そうなんだよね、そういうこと。月森は、正直、学園の未来や

ファータたちの契約なんて二の次、いや、1が音楽で、2が主人公

だから、3番目以降なんです。だから、アンサンブルに関しても

やっぱり3番以降で、やるなら成功させるに越したことはないけど

そこまで集中する物ではないと、自分の中でケジメがあるんです。

そして、一緒に行くなら、主人公にもそのレベルを求めるでしょう。

……まぁ、もう少し慣れて効率よくレベル上げられるようになるまで

難易度=ふつうで、他のメンバーとの恋愛EDを狙います。

次は土浦くん狙い。音楽科転科?・・・白のブレザー似合うのか?

|

« 土9☆演歌の女王(最終回) | トップページ | 金色のコルダ2♪レポ2 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/14324319

この記事へのトラックバック一覧です: 金色のコルダ2♪レポ1:

« 土9☆演歌の女王(最終回) | トップページ | 金色のコルダ2♪レポ2 »