« 水10※ハケンの品格(9) | トップページ | スキップ・ビート!(15) »

土9☆演歌の女王(9)

「小さな親切、大きなお世話」私が子供のとき、同じ子供に言われた

一番傷ついた言葉でした。相手のことを思って、相手の為にしていた

つもりが、相手の迷惑になっていた。それに気づかずに、私は

余計なことをし続けていた。このときから人のために何かするのは

辞めました。結果的に他人の為になることであっても、やるなら

自分の為でなくてはいけないんです。誰かの為ではいけない。

そうじゃないと「あんたの為にやってやったのに、この報い?」と

相手に責任を押し付けてしまう。やったのは自分なのだから

相手の為でも、その責任は自分が背負わなくてはいけない。

そこを間違うと、自分を見失って、もうどうでもよくなる。

「もう、歌わなくていい」

誰かの為に、お父さんが褒めてくれたから歌い続けていた。

それは一番脆い。歌うなら、自分の為でなくてはいけない。

歌うなら、聞いてくれる全ての人の為でなくてはいけない。

誰か独りの為に歌うなら、それはプロではない。素人でいい。

ひまわりの目標は最初からNHKホールではなかったんですね。

あれだけ不死身のお人ですから、真冬の山でも生き残りそう

な気がするんですが……、冬眠して春になるとか……?


感想ログ->1話2話3話4話5話、6話、7話8話8話(2)、9話

|

« 水10※ハケンの品格(9) | トップページ | スキップ・ビート!(15) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/14216712

この記事へのトラックバック一覧です: 土9☆演歌の女王(9):

« 水10※ハケンの品格(9) | トップページ | スキップ・ビート!(15) »