« 蟲師(3) | トップページ | 蒼天の輝き(レディ・ガンナー外伝) »

土9☆演歌の女王(5)

間の悪さも日本一だけど、生還率も日本一。

激突から始まって、屋上からおちたり、生き埋めになったり

今度は刃物で刺されて、おまけに特殊タイプ血液?

「大河内ひまわり=運×(最凶+最強)+強靱な肉体Xおせっかい」

あくまでコメディとして描いてるけど、ちょこっと見えてきたかな。

人生、こんな不運ばっかりな女もいるけど、絶対生きることを

諦めないし、まして死ぬことなんて考えない。女王の教室と

根本的には一緒なんだなぁと。あっちは、押さえつけることで

芽吹く自我を描いたけど、今はコメディで伝えようとしてるだけ。

そして、ありきたりなコメディみたいに、どうにもならない状況から

何かきっかけがあって、なんだか全部うまい方向に転換するって

いく、どんでん返しも今のところなく、当たり前の一般人の

人生のように、不安とか不満とか自分では動かせない

状況や都合が毎日積もり積もっていく、とてもリアルな展開。

でも、そうすると、ひまわりの設定「売れない演歌歌手」と

「夢は紅白NHKホールの舞台」も、やっぱりリアルな設定で

天海さんは本気を出してないんじゃなくて、あのくらいしか

歌えない演歌歌手という設定なんでしょうか……。

本気の歌声が聞きたいのに。いえ、私も希望は捨てません!


感想ログ->1話2話3話4話、5話

|

« 蟲師(3) | トップページ | 蒼天の輝き(レディ・ガンナー外伝) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/13866349

この記事へのトラックバック一覧です: 土9☆演歌の女王(5):

« 蟲師(3) | トップページ | 蒼天の輝き(レディ・ガンナー外伝) »