« バッテリー(1)/あさのあつこ | トップページ | ポセイドン »

土9☆演歌の女王(7)

「あずさ2号」

これまでのコメディ路線から、明らかにギアチェンジしましたね。

演歌の女王じゃなくて、歌謡曲の女王でもいけそうです……。

アパートでのケンカシーンも、今回は妄想じゃなくて、もの凄く

キレがあって、かっこよくて、ホントに久しぶりに

天海さんのミュージカルとか舞台が見たくなりました。


先週見のがしまして、公式HPであらすじを確認しようとしたら

なんてゴージャスなホームページ。舞台裏が動画で見れます。

山本ジョージさんご出演だったんですね~。天海さんはこの

ドラマが無かったら会えなかった存在だと、おっしゃってましたが

それは多分、山本さんも一緒だと思います。演歌界も見守る

「演歌の女王」番組中にNHKホールは無理かもしれないけど

今年の年末、もしかしたら「女の分かれ道」見られたりして…・・。

この曲の歌詞も、HPにしっかり掲載されてます。

ドラマ視聴率は低いらしいけど、打ち切りなんてしないで欲しい。

このドラマが訴えてることは、そんな浅いことじゃないのに、ねぇ。


このマサミさん役の女性は、よくこの役が出来るなぁと……。

私なら、この人のセリフがウソでも冗談でも絶対言えない。

聞いてるだけでも辛い。でも、現実はもっとしんどい--。

家族がアルツハイマーになったら、現実的にはもっと非道。

その人の年金で入れる施設を探して、そのままです。

でも、ご近所や親族に非道と言われようと、覚悟して決めたなら

私はいいと思う。生きてる人の人生を潰してはいけないから。

そんなことは思って無くても、考えて無くても、将来「あの時

あの人の面倒を見ていなければ」と後悔する可能性があるなら

絶対、安請け合いしてはいけないんです。本人にも失礼です。

その上で、全部背負う覚悟をして、マサミさんは頭を下げる。

彼女は、今まで誰にも本心を見せてこなかった。あれを信じろと

言われて、信じられるかと言ったら私は、たぶん信じないけど

ひまわりは……信じないんじゃなくて、きっと最初から疑わない。

本物であればいいと心から願います。ひとりぼっちは寂しいよ。


助けて助けて全部失う。誰かを幸せにして自分を戒める。

その為に、悪女を演じて、嫌われて、大好きな人を遠ざける。

この手段は、選んだ人間にしか分からない苦悩の始まりです。

「あんなことを言ってしまった」「あんな素振りをとってしまった」

その後悔は、絶対消えることが無い上に、自分で決意して

やったことだから、誰に対しても弁解できない。してはいけない。

私は、これを会社を辞めるときにやりました。どうせ辞めるなら

自分が辞めることで、この会社にメリットになるように、恨まれて

憎まれて、私を追い出すことで、バラバラの会社がまとまれば

それが、辞める私にとっても、この会社にとってもメリットだと。

でも、そこから、悩みと後悔が始まります。お墓まで持っていきます。


感想ログ->1話2話3話4話5話、6話、7話

|

« バッテリー(1)/あさのあつこ | トップページ | ポセイドン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/14034597

この記事へのトラックバック一覧です: 土9☆演歌の女王(7):

« バッテリー(1)/あさのあつこ | トップページ | ポセイドン »