« 暗黒館の殺人(読中ログ上100) | トップページ | NO.6#1/あさのあつこ »

水10※ハケンの品格(6)

自分で心を閉ざした自覚があるから、自分で心をガードしている

負い目があるからこそ、他人の裏の無い思いやりや好意に対して

より敏感で、そのありがたさと、自分の裏返しな言動の申し訳ない

気持ちがこみ上げて、体温より、熱い涙になって、こぼれ落ちる。

春子は、どんなに優しくされても、周りのみんなが自分に好意を

持って接してくれていると分かっていても、スタイルを崩さず

時には、しっぺ返しのように、相手が一番言われたくないことを

人の前で、はっきり声に出して、訴える。--そうすることで

柔らかくなりかけた自分を守る壁を、また引き締める……。

相手にも「大前春子は攻撃的な人間」と、再度植え付ける。

このドラマの会社は、今時、そうあり得ないほどアットホームで

その空気を保つために、里中さんやみゆきが、頑張っているの

ですが……、この状態が良いのか悪いのかは、私はちょっと

判断できません。人として生きる環境としては、とても楽でしょう。

でも、この雰囲気で果たして仕事の効率はいいのだろうか。

例えば、ちょっとしたミス→直せばいいよ~、という空気が

蔓延しがちにはならないだろうか。だとすると、この部署に

春子のように、誰かに疎まれることを承知で、はっきり悪い点を

声にして指摘してくれる人がいることは、まして、それが派遣の

期間限定の人間で、どんなに疎まれても雇ってくれる場所が

他にいくらでもある人であるならば、それはとても都合がいい。

春子は自分から、職場を辞めたいとか、変えたいとか、そういう

ことは言わないし、そういう後ろ向きな姿勢も全くないけれど

万が一、そうなったとしても、彼女自身に間違いも後悔もない

スタイルを貫いている。いえ、間違いも後悔も今まで、たくさん

してきたからこそ、そんな経験も全部、自分の成長・勉強の糧だと

苦しんで歩んできたんでしょうね。だからこそ、優しさに弱い。


私もそういうところがあるので、少し彼女の気持ちというか

立場が分かるつもりです。誰かを信頼することを辞めるというのは

(私の場合は、自分も信頼していないのですが)一人で生きることを

覚悟するということ。誰にも頼らず、甘えず、好意をあてにしない。

この生き方を「寂しい」「強すぎる」と、周りは言うかもしれない。

それは、その人の考え方であって、私の意見ではないから

そういう周りの言葉に振り回されない意志の強さも必要です。

何より、そんなことを人に言えるほど、あなたは「余裕」が

あって「優しい」のね、という皮肉にもなり兼ねません。

--この考え方を、更に「ひねくれてる」とか「嫌味っぽい」と

表する人もいるでしょう。それは、そうじゃないことを、自分が

分かっていればいいんです。本当の意味を汲んでくれる誰かに

伝われば、それでいいんです。安易に答えをあげる必要はない。

伝えたい、分かって欲しいと思った人にだけ諦めずに話せばいい。

一見、ぽややんに見えて、それが出来てるのが里中さんです。

春子に何を言われようと、自分がどう表されても、自分のスタイル

「優しさと甘さ」を変えない。それは、彼の決めた彼らしい生き方。

だんだん、哲学っぽくなってきましたが、今回の本題。チョコの話。


義理チョコ。いまどきは「世話チョコ(いつもお世話様ですチョコ)」と

呼ばれますが、私もヴァレンタインという日がカレンダーに無ければ

毎日、ラジオで「ヴァレンタインデー、キーィス」と流れなければ

無視するイベントですが、これが私一人で無視できるものでは

ないので、発想転換で、自分も楽しむイベントにしております。

男性職員はもちろん、女性職員にも、自分にも配って○○個。

みゆきちゃんは、たかだか5個で「けっこうな出費」と言ってましたが

そんなもんは世の中甘い。525円x○○個。これを配る覚悟と根性!

お正月にお年玉を配ったら、即・予約注文。一般に出回るものとは

異なる限定商品を確実に予約。ポイントもしっかり頂いて買うのです!

確かに○万円あれば、服買えるし、春子にしてみたら

新しい資格を取る為の専門書が買えるお金だよね……。

だから、どこにお金をかけるのかは自分で決めなくてはいけない。

だって「義理チョコほど無駄なものはありません」という春子の

フラメンコの衣装と靴だって、私には必要ないものだもん(笑)


感想ログ->1話2話3話4話5話、6話

|

« 暗黒館の殺人(読中ログ上100) | トップページ | NO.6#1/あさのあつこ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/13918057

この記事へのトラックバック一覧です: 水10※ハケンの品格(6):

» ハケンの品格 #6「残業バレンタインと涙」 [@もろいことない?チャングムにくびったけ]
今回のハケンの品格は「鬼春子の目にも涙」今回のお話は私が望んでいる展開が7割くらい詰まっていたので◎ ま、最後はホロリとしてしまう浪花節的展開でしたが、嫌いではないのでこれまた◎という大甘の評価となってしまいました。特に忘れて久しかったハングリー... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 23時31分

» ハケンの品格 ネタバレ&あらすじ [ハケンの品格 ネタバレ&あらすじ]
ハケンの品格 ネタバレ&あらすじ [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 03時01分

» 華麗なる一族・あらすじ・ネタバレ・結末は・・・ [華麗なる一族・あらすじ・ネタバレ・結末は・・・]
華麗なる一族・あらすじ・ネタバレ・結末は・・・ [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 18時28分

» 沢村一樹さんの似顔絵。「今週、妻が浮気します」第5話「ハケンの品格」第6話 [「ボブ吉」デビューへの道。]
●「今週、妻が浮気します」第5話 男の浮気と女の浮気って、根本的には違うんでしょうか? 4話の記事のコメント欄で書いたんですが、このドラマとは逆に 旦那の浮気現場に妻が乗り込んだ場合、旦那は「理由は聞かないのか?」って 言いますかね?妻にしても「いやいや、ベッドを前にしたこの状況で 理由も何もないやろ?」ってなりません?(笑) そう考えていくと、男の身勝手かもしれませんが、女の浮気は違うのか・・ と思ってしまいます。 さて�... [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 13時53分

« 暗黒館の殺人(読中ログ上100) | トップページ | NO.6#1/あさのあつこ »