« 蟲師(2) | トップページ | 土9☆演歌の女王(4) »

黒猫館の殺人(読中ログ)

そっかー、小説って漢字が多すぎてもダメなんだ~。

編集者・江南くんが手記を読んだ後、漏らした言葉ですが

漢字ばっかり使う私にとっては、意外に盲点でした。

漢字を減らしても文脈が幼稚にならないようにするには……

書いてみなきゃわかりませんね。現在、半分くらいですが

時計館を読んだ後だと、読むのが早くなった気がします(笑)

1年前に遭ったらしい事故を手記にしたノートと、それだけを抱えて

記憶喪失の状態で助かったおじいさん。その内容が真実なのか

このおじいさんが書いたものなのか、現段階で事件は全て

終わっていて、真相を解き明かすだけなのか、今までのミステリー

とは、緊張感がどっか違うところにある気がします。状況的には

過去の事件を紐解くって感じに思えるんだけど、例えば、この

老人が本当は誰なのかによって、その状況さえも変わってくる。

この人が記憶喪失になる原因となったホテル火災さえも、その

事件の一部だとしたら、まだ終わっていないのかもしれない。

それと、この手記ですね。鹿谷さんと同じではないかもしれないけど

私も違和感を覚えます。

この手記は、本当は、誰が何の為に書いたものでしょうね。


◎綾辻行人作品読書ログ

->十角館(読中ログ1読中ログ2ネタバレ

->水車館(読中ログネタバレ

->迷路館(読中ログネタバレ

->人形館(読中ログネタバレ

->時計館(読中ログ1読中ログ2ネタバレ

->黒猫館(読中ログ)

|

« 蟲師(2) | トップページ | 土9☆演歌の女王(4) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/13774443

この記事へのトラックバック一覧です: 黒猫館の殺人(読中ログ):

« 蟲師(2) | トップページ | 土9☆演歌の女王(4) »