« 積読本の悲劇 | トップページ | テガミバチ(1) »

蟲師(1)

ちまたで話題のコミックをまた1冊手に取ってみました。

ヤフー!コミックスで、70ページくらい試し読みができて

ハマってみたいではなくて、読んでみたい世界だなぁと……。

蟲師 1 (アフタヌーンKC)
漆原 友紀
税込価格 : \590 (本体 : \562)
出版 : 講談社
サイズ : B6判 / 218p
ISBN : 4-06-314255-8
発行年月 : 2000.12
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

ギンコさん自身のことが、ほとんど何も語られないまま1巻終了。

たぶん男性で、片目が義眼であることくらいしか、分からなかった

のだけど……、映画化するってことは、彼の関わったエピソード

だけじゃなくて、彼自身のことにも関わってくるでしょうから、2巻

以降で少しずつ語られているのかもしれませんね。

私が幼い頃、見ていたのは全部人だったので、動物や植物

くくりのない世界というのは、世界の見方、物事の考え方を

もっと視野を広くし、集める耳を持ち、惑わされず自分で

判断しなければいけないと再認識させられました。

そう、幼い頃は、全て亡くなった人たちだと思っていたんですが

今思い返すと、そうじゃなくて生き霊みたいな強い想いの塊も

人としてみえていたのかもしれないなぁと思います。--現在は

全然見えませんし、感じません。高校生の頃、人の不思議体験を

聞いて、その時その霊(?)が、一時私にくっついたのが最後です。

高校生の時、既に分かる、感じるだけで、もう見えてなかったです。

この辺の不思議体験というか、体質の話は、思い出したらまた。

|

« 積読本の悲劇 | トップページ | テガミバチ(1) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/13688057

この記事へのトラックバック一覧です: 蟲師(1):

« 積読本の悲劇 | トップページ | テガミバチ(1) »