« 土9☆演歌の女王(1) | トップページ | 春期限定いちごタルト事件(読中ログ) »

月蝕の復活譚(スカーレット・クロス)

先読み、深読み、祓魔師+下僕ヴァンパイアの壮絶バトル。

最後は、天使と悪魔とか、神様とか、創造主とか、人間の思考を

はるかに越える存在が相手で、先読みも深読みもできず

ギブにとっては「気に入らないが、のせられてやる」という状況。

一度、戦いが始まってしまうと、それは大地とか現在をかけた

戦いのはずなんですが、妙なところで、ギブもツキシロも

コメディにひきもどしてくれるので、息が詰まらなくて済みました。

スカーレット・クロス (角川ビーンズ文庫)月蝕の復活譚
瑞山 いつき
税込価格 : \580 (本体 : \552)
サイズ : 文庫 / 319p
ISBN : 4-04-449710-9
発行年月 : 2006.12
@niftyBOOKS~アット・ニフティブックス

色々あって、決着はつきましたが、救われたなぁと思ったのは

愛なのか、愛じゃないのか、既に愛を通り越したものなのか

オウカを失ったビル師匠と、愛するたった一人をこの世で守るため

全てを捨てて力を手に入れたのに、間に合わなかったウォルターが

出会い、双方が願って、パートナーというか、相棒になれたこと。

たぶん、この二人が至上最強のタッグになるんでしょうね~。

娘を見守る(見張る?)為にも、良いポジションだと思います(笑)

ギブとツキシロのこと、ハクティバとイブリスのこと、凝縮された

読み応え有る最終巻でした。どう、まとまったのかは、ぜひ

読んでみて下さい。ここに書くのは、勿体ないので書きません(笑)

キレイに終わったのでその後ストーリーは、なくていいと思います。

(読むならビルとウォルターがいいなぁ。)次の作品に向かって

欲しいと思います。どんな世界が読めるのか、待ち遠しいです♪

さて、私の次の読書は……、07年の「このミス」の中から1つ。

|

« 土9☆演歌の女王(1) | トップページ | 春期限定いちごタルト事件(読中ログ) »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/13515069

この記事へのトラックバック一覧です: 月蝕の復活譚(スカーレット・クロス):

« 土9☆演歌の女王(1) | トップページ | 春期限定いちごタルト事件(読中ログ) »