« おおきく振りかぶって(7) | トップページ | 積読本の悲劇 »

土9☆演歌の女王(3)

最後にお約束で、おまけ程度に、ホントに蜘蛛の糸のように

紅白衣装を作るための反物が残りましたけど、NHKホールは

近づく気配どころか、問題ばかりで遠くなる一方のような気がします。

今回の演歌曲は「帰ってこいよ」でしたが、今回もそう力は入って

ませんね。どちらかというと「分かれ道→逃げない」を選んだ後

教室の中で「自分の世界」にハマリ、啖呵を切った時の声が

--宝塚男役時代を思わせるような見事な発声でした……。

ふらふら遊んでばっかりで、わけわかんない言動の男。

ホントに妊娠してんのか?って程ハイヒールの猫かぶり女。

自分の痴呆が気になって、店が心配で仕方ない女将。

学校には行ってないが人生経験たっぷりの少年。

ひまわりを、あっという間に抜き去りそうな弟子の少女。

職場と私生活、二面性を見せる刑事と医者。

一癖、二癖あって当たり前の事務所の皆様。

そして、演歌の不幸の女王ひまわり。

みんながエンディングで口ずさむ平井さんのメロディによって

ものすごーく、ドラマが暖かい物のような錯覚に陥りますが

ものすごーく不幸で不運で、だけど、世の中こんな皮肉が

溢れてるよねって、同情や共感して見てしまうドラマですよね。

そうか、ひまわりみたいに不幸な人がいるのだから、あんたなんて

まだずっと幸せよって、勇気づけてる物語なのかもしれない(笑)

感想ログ->1話2話、3話

|

« おおきく振りかぶって(7) | トップページ | 積読本の悲劇 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136751/13681836

この記事へのトラックバック一覧です: 土9☆演歌の女王(3):

« おおきく振りかぶって(7) | トップページ | 積読本の悲劇 »